RSS | ATOM | SEARCH
読者の皆様 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
JUGEMテーマ:ROCK

今日HMVからメールが届き去年に注文してたザッパ2組、アイザックヘイズ1枚そしてペリーコモのCDが入荷したとのこと・・・

もう すでに聞いてはる方も多いと思うけど
届いたらザッパの最新2組ロードテープともう一枚をレヴューします

でも去年の途中のmake a jazz noise here と ビーフハートの5枚組が残っているんで そちらも同時にレヴューの続きをしますね

make a jazz noise here7

Captain Beefheart & His Magic Band - Grow Fins: Rarities28

去年の暮れと一昨日届いたCDがあるねん
まずは、やっとこさゲット出来たスティーヴ ライヒのMP3
あとB級になるのかな? プログレ70年代のバークレー ジェームズ ハーベスト
そして こちらもイカツイサイケプログレの こいつも70年代だが・・・
ホークウインドウをゲットした

スティーヴ ライヒはミニマル現代音楽だ
LPは4枚 CDは1枚持っていたが、MP3の怒涛の収録にはかなわない
10セット収録で1つはCD10枚組ってのが収録されていた

ただ例によって曲ごとに途切れる難儀なMP3の収録形態だが
欲しかった4枚分の作品は嬉しい事に途切れ無しの1曲づつやった

これだけでも買い!やったよ

もう部屋中がアカデミックな音楽に包まれ、気分も何時もと違った
アリスクーパーをガンガン鳴らしてるのも ええけど その内疲れてくるが

アカデミックなスティーヴ ライヒやと落ち着くよ

そして バークレー ジェームズ ハーベスト 
これは you tubeで聞いて買ったが・・・名前だけ知ってたんやな これが
なんでも (知ってる方はスルーして・・・)ビートル後期のサウンドってあったが

なんとも言えないプログレやった 初期の2枚ほどは流石にサイケロックだが
3枚目が どうも有名なアルバムらしい

それを聞くと 笑う
ビートルのワインディング ロードのメロがイントロで出てきたり
これって パクリ+才能無し って思われても仕方ないぜ

あと 良いメロが1行というか1パートづつあって 1曲として聴いてみると全然繋がりも起承転結も無い お粗末なポップなプログレって感じだ

そしてパンク以降ニューウェイヴ時代の80年となるとプログレやったのがいきなりニューウェヴって感じになっとるやんけ・・・一体なんやねって感じ

ただ始めの方はメロトロンがガンガン鳴っているんで それだけでも聞けるって感じだ

まあ酷過ぎるって事は無いけど こいつぁB級だな

そして ホークウンド
サイケ ハードロックだ 大昔Space RitualのLPを持っていたが・・・

なぜか欲しくなってMP3でゲット
当時の(1970年とか)この手のバンドってのは初期はサイケロックが多いと思ったな
ピンクフロイドも同じような路線やったと思う

またホークウインドは、ギターは歪んでってシンセのスペースサウンドが舞い
シンプル過ぎるベースがポンポンと鳴っている

それをバックに少しダサ気味の歌が入る
でも酷く悪い物ではないな

またピンクフロイドのシンバラインなんてのもカバーで入っている
嫁さんに言わすと 四人囃子のシンバラインの方が良いと・・・痛いところを突いて来たな

まだまだゲットしたいものはあるんやけど・・・

今年はMP3でゲットしたバンドの詳しいレヴューもしてきたいと思ってる。

では 今年もザッパ ギタリストのフランクザッパ どうぞよろしくお願い致します。



author:パピネン, category:管理人日記, 13:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
エドガーウインター 恐怖のショック療法 管理人好き勝手にホザク
JUGEMテーマ:ROCK

今日は軽く管理人日記でエドガーウインターです。

Edgar Winter 6

エドガーウインターは もう昔 ガキも超ガキの頃
夜にやっていたミッドナイトスペシャル、インコンサート、ソウルトレインのインコンサートで初めて見た

やたらグラムなファッションで ギターと声の掛け合いや、ベースとギターが楽器を持ち替えてギンギンの演奏をしている・・・を見た

ぶっ飛んだ・・・その前後 ちょっと曖昧なんやけど 恐怖のショック療法ってのを聞いて 買ってハマった

喉から血が吹き出そうなシャウトは別にして、キラキラ輝くポップなロックに やられた
去年の11月に紙ジャケット DSDリマスタリングでエドガー関連が5枚リリースされた

絶対欲しかった ショックトリートメント(恐怖のショック療法)があっという間に売り切れ
アマゾンでも 即プレミアム価格 オークでたまに見かけたが・・・安くない

持っているCDは、初期リリースで非常に音が悪い
もうベースなんてぼやけて奥まっていて 聞けたモンやあらへん

そうこうしている内にMP3がオークに登場(前からしてたかもしれないが・・・)
数回目にゲット 恐怖の〜が勿論収録されているが・・・音はMP3のクセにかなり良かったが・・・

何故か曲順が全然違う・・・まあ ええねんけど
そして 他のアルバムは 音トビが結構あった・・・まあ これもロシアやし文句は言えないが

最近 毎朝ハヴィーローテーションしている

Edgar Winter 9

Edgar Winter 10

エドガーは、全部は持っていない
LPで数枚とカセット2種 そしてCDは恐怖〜とMP3と イマイチのミッションアース

音楽ファンは 例えばビートルが好きでデッドが好きな奴がいてたが
どうもデッドは好かん・・・オールマンの方がずっと好きだ

全員微妙に好みが違う まあ違って当たり前なんだが・・・

エドガーでゆうなら ポップでエメランコリックな曲だけが好きなんやな
ロックンロールの定番やクラシックは、全然あかん

LPでゆうたら 1・2曲良いのがあれば 大当たりやと思っている

5曲も入っていたら それは砂漠でダイヤモンドって感じだ

そうなんや この恐怖の〜は 11曲中6曲が煌びやかなポップなアメリカンロックなんだ
作者はエドガーやないベースのダン ハートマンだ

彼はマルチプレイヤーでエドガーグループ以前はキーボードやら ソロではドラム、ギターとなんでもロック楽器をこなす凄い奴だ

このCDにも 1曲素晴らしくポップでメランコリック そしてキラキラ輝く そしてヴィブラフォンも入ったのがあるが・・・歌はエドガーだ でも2人の競作だ

エドガーの一番の魅力は 声だな
この声ってのも もう10人居たら全員が違う好みを持っているからね

バリーホワイトとアイザック ヘイズは どちらも低音色気ヴォイスだが
聞くと全然ちがう アイザックの方が良いが バリーホワイトの方が好きだ という奴もいるからな

Edgar Winter

またロックンロールのエドガー大好きなら
甘ったるい曲の多い 恐怖の〜はどうなんやろうか?

まあ セールスみてても分かるように 恐怖のショック〜だけが売り切れ これが答えだな

70年代 光輝くキラキラしたアメリカンロックが好きなら オススメのアルバムだ
輸入盤ならいくらでも大手レコ屋にあるんで チェックしてみてください。

Edgar Winter 2

一番が恐怖のショック療法(1974年)で
2番目は やはり 同じ時期にリリース(1975年)エドガーのソロ第二段
ジャスミンドリームナイト これもまったり曲を含む 掴み所の無い名盤だ

4曲目のテルミー インア ウィスパー もうトロトロの名曲 メランコリーで蕩ける歌声とメロ
聞いてみて欲しいですね(この手の音楽好きにはオススメ)

そして インストのSolar Stut これは凄くカッコいいインストだ10分以上あって 全然飽きないアレンジだ

同時期にリリースされたグループ物の 謎の発光物体 上のブルーの写真だ
これは恐怖の~の次に出たグループ名義のアルベムで 恐怖の〜が100点なら40点の作品でガッカリしたな

エドガーウインターグループとしては3枚しかない 1枚目は1973年にリリースされた They Only Come Out at Night ってのがあった 

このアルバムからヒットが出た それもインストやって
フランケンシュタインって曲で メンバーがスタジオでジャムってた長い曲を切り張りして編集したもの
継ぎはぎだらけ やったんでドラムのチャック ラフがフランケンとゆうて曲名になったとか

歌入りやなかったんだな・・・

また このエドガーウインターグループ以前は もうゴリゴリのR&Bやゴスペル入りのホワイト トラッシュってのをやってたが・・・あまりのR&Byaゴリゴリやったんで 人気があるのに解散してしまった

その前は いきなりソロアルバムからメジャーデヴューしていたんだ
1970年にリリースされたエントランス これはLPでよく聞いた
 
古き良きアメリカって感じの懐古ノスタルジックなしっとりしたアルバムだ
声の魅力に引かれ良く聞いたLPだ

でもだ・・・今は もう殿堂入りしたのか・・・もうあのポップでキラキラな曲はしていない
ファンは それが聞きたいが・・・

そう云えば スティーリーダンの生き残り2人の再結成でも メンバー曰く 皆はリキの電話番号を聞きたがっているが・・・

でも ドゥービーでゆうなら もう定番は聞きたくない・・・ドゥービーのブートは必ずヒット曲が これでもかって出てくるが

僕からしたら もうええ 聞きたくない
それより そのときに出てアルバムを全曲 やってくれ と言いたい

エドガーやって そうや ブートやライブがリリースされても あの曲が入っていない
いつものは聞きたくない・・・ まあそれがゼップなら話は別 彼らはライヴごとに即興部分も入ったり 同じ事が出来ない分 聞いていて絶対に飽きない

ピンクフロイドも1972年から1974年あたりのライヴは結構毎回違う部分があって 楽しい
アルバム狂気の手始めから完成まで 興味深く聞けるが・・・

Edgar Winter 3

Edgar Winter 4

まあ管理人のタワゴトなんやろうが・・・
またザッパに関したら 

チャドワッカーマン以外のドラムしか聞きたくない ってのが本音だ
あの 跳ねたリズムは とにかく駄目や ダサいし軽い
おまけに ザッパバンドのベースのセンスの悪さも多々ある

良いベーシストもいてるけど・・・ 少ない 少な過ぎや
ドラムは音が・・・バスドラなんで太鼓か?って言いたくなるよな

Edgar Winter 5

Edgar Winter 7

演奏でゆうなら エドガーういんたーグループのベースラインはカッコイイしドラムも歌っているフィルが心地よい

まあ あえて言うと ギターがイマイチかな 軽いというか トーンが悪いね
指動かしはテクがあるやろうけど・・・やっぱサウンドとトーンだよな

Edgar Winter 8

ほんで 話はどんどんカオスになるけど
下のアルバム 2回しか聞いてない まだまだ修行が足りないのか・・・それともカスなのか

聞く気にならない
これは1989年にリリースされたものだが・・・

edgar winter

edgar winter2

そして下が、ゴリゴリのR&Bゴスペルのファンキーなバンド
ブラスも入り なかなかスゴイが 全然ポップでない

演奏はスゴイ 物凄いヘヴィーなサウンドだ
まあ ギターソロの良いと言われているリックデリンジャー参加のキーププレイン ザットロックンロールはギタリストそれも70年代大好き ギタリストのお手本かな

Edgar Winter 12

Edgar Winter 11

どちらにせよ オススメはポップでキラキラサウンドの恐怖のショック療法(ショックトリートメント)とソロのジャスミンナイトドリームあたりかな

アマゾンやと わりと安くゲットできると思うので興味のある方は、のぞいてみて下さい。
今日は管理人 好きな事をほざく・・・でした。

アマゾンの検索結果エドガーです、興味のある方は、是非 のぞいてみて下さい。↓
amazonのエドガーウインター
モバイル アマゾンのエドガーウインター

エゴガー ウインター または Edgar Winter で検索してみてください↓



一応大手レコード載せておきます。
店によって値段もマチマチなんでチェックしてみてください。

大手レコードショップ タワーレコード↓



TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】

高額買取のブックリバーです。
本・DVD・CD・ゲームは業界トップの買取率で無料査定で金額チェックできます。
興味のある方は、是非 のぞいてみて下さい。↓


本・CD・DVDの高額買取専門店『ブックリバー 』


そろそろ飲み過ぎの季節です・・・是非ウコンを飲んで肝臓を労わりましょう。↓
二日酔いにオススメのお願いウコンです。

今日のリンクは、抗酸化作用抜群のサジージュース


author:パピネン, category:管理人日記, 15:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Ray Manzarek J Mascis Jeff Simmons のおすすめアルバム
JUGEMテーマ:ROCK

今日は軽く管理人日記です。

ここ最近聞いているアルバムの話
まずは、レイマンザレック 知ってる人? 一杯いてるだろう

ドアーズのキーボードのソロアルバムでオリジナルリリースが1974年と古いがなかなかコミカルで好きや

Ray Mazarek

エジプトとサンバのテイストが合体し ノリノリの曲が一杯
コミックか冗談の様な歌も凄く楽しいし、曲作りがまた面白いアルバムや

んで、参加メンバーが凄いぞ
トニーウイリアムス ドラム
ラリーカルトン ギター
ミルト ホーランド パーカスetc
スティーヴ フォアマン パーカスetc
知らない人でジェリースッキッフ ベース
これも知らん メイルト コレア(なんて読むか分からん) パーカスetcだ。

んで、ラリーのスライドギターがカッコイイ
そうそうレイはキーボードと歌

そうだな全体の感じは、ハードでもヘヴィーでもないけどディープでずっしりしてて
それでいて キャッチーな歌とノリがとても良いよ

ボーナストラックは2ndから4曲入っている・・・まあこれは1992年リリースされたんで 最近リイシューのにはボーナスはないのかな?

タイトル曲のパーカッションだけの場面があって それがまた良いんやね

Ray Mazarek2

中古とかアマゾンでありますね、興味のある方はチェックしてみてください。↓
amazonのレイマンザレク


そして お次は、前もチョロッと書いてけどダイナソーJr のJ マスシスだ
もう これぞアメリカン オルタナロック レッチリ見たいなモンとは全然違う バリバリのギターロック

J Mascis +Fog

100万回聞いたと言いたいが それは大袈裟で
出た頃から良く聞いている

何故か胸キュン それも男の胸キュン ロック
ニールヤングよか好きならハマる筈だ(まあ好みもあるけど・・・)

J Mascis +Fog 2

2000年にリリースされた名盤だ!
ギターに大好きなケヴィンシールズが参加してて轟音ギターを披露してる

アメリカンロック好きにもUK好きにも請合う事間違いなしだ

歌声良し、ギターサウンド良し、歌メロメチャ良しの3拍子揃ったオルタナだ

どこにでもあるアルバムだ アマゾンにも中古であるよ、気になる方はチェックしてみてください。

amazonのJ Mascis


そして 今日のメインは、ジェフ シモンズだ 知ってるでしょう?ザッパのお気に入りでバンドにも参加してたカッコイイロッカーだ

このアルバムは随分待たされた 2枚組みだ 1枚は1969年にリリースされたサントラ そして ザッパのギター入り そしてザッパが2曲自分のアルバムにも収録した曲が入ってるロックアルバムだ

一枚ものはあったが サントラとの2枚組みが これが出るまではなかなかゲットできへんかった代物
プレミアやったが この度リリースされた うれしいねェ〜

中古でカケハシで買った あそこは安いよ これも1400円程やった

Jeff Simmons

マルチプレイヤーで歌は勿論ベース キーボード やアコーディオンまで
ザッパのロキシーとかではギターも弾いてる

まあ時代は感じるが 良いアルバムやで

Jeff Simmons 2

そして これが 噂のサントラだ、
これも インストだが(1曲歌いリ)大好きなアルバムだ ザラッとした感触で危険音や
サイケやガレージ、訳の分からんパンチョロックまで・・・

Jeff Simmons3

んで、24ページブックレットも付いている
ザッパのライブのポスターのフォトやら興味津々だぜ

Jeff Simmons5

ザッパも登場だ まあ ザッパのレーベルからリリースされたんだな

Jeff Simmons4

ベースを弾きながら歌うのはフリクションか?それともジャック ブルース そう云えばウィッシュボーンアッシュもベースが歌っていたかな

Jeff Simmons6

ザッパはRaye って曲と お馴染みのルシール〜でソロをとってる。
あと ワンダフル ウィノはアレンジが全然違って嬉しいよ

この作品は、また詳しく紹介しますね。

アマゾンにもあるね チェックしてみてください。↓

amazon の Jeff Simmons

と 今日は軽めに聞いてるCD達でした。

今日のリンクは、男だって必要なコラーゲンのロイヤルコラーゲン

 
author:パピネン, category:管理人日記, 16:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...