RSS | ATOM | SEARCH
Isaac Hayes 最後のアルバム2種類を聞く その1 Raw & Refined

JUGEMテーマ:SOUL・FUNK

 

アイクことIsaac Hayesの最後のアルバム2種類です。

ヴァージン移籍後 初のアルバム インスト2曲は声や歌入り(Raw & Refined)と歌もの(Branded)が95年にリリースされました

前作からおよそ6年ぶりに出ました。

 

歌もの(Branded)

プロデュースはアイク本人で、カバー曲が2曲収録

インストもの(Raw & Refined)は、タイトルにShaftが付いている曲など収録されています。

 

 

m 005.JPG

 

m 004.JPG

 

Raw & Refined

収録曲

殆んどが70年代の雰囲気たっぷりのチューンです。

70年代ソウルファンクブ ラックミュージックのファンなら絶対 気に入ると思います。

 

なんでもメンフィスで70年代と同じやり方で録音されたアルバム。

曲名は、

#1 Birth Of Shaft 3:34

#2 Urban Nights 4:33

#3 Funkalicious 5:39

#4 Tahoe Spring 4:29

#5 The Night Before 4:41

#6 Memphis Trax 3:36

#7 Soul Fiddle 6:37

#8 Funky Junky 7:05

#9 You Make Me Live 3:48

#10 Making Love At The Ocean 5:46

#11 Southern Breeze 5:58

#12 Didn't Know Love Was So Good 3:55

#13 The 405

 

isaac hayes last album

 

#1 Birth Of Shaft

ドンドンドンとバスドラから始まります、硬いザクザクとした切れ味のカッコいいテレキャスターみたいなギターが入ります

シャフト似ですが、ワウワウペダルは使っていないストレートなサウンド

 

インストなのに女性コーラスなど入っていないのが残念ですが・・・

シャフト似のノリノリのインストです。

 

#2 Urban Nights 4:33

えらく変わってデジタリーな音質 ドラムサウンドはホントに臭いサウンド

前作の"love attack"同様のサウンド あまりの打ち込みループ丸出しです。

まあメロは、いつものアイク 左右にパンするシンセ木琴サウンドも分かるけど

 

ギターが出て来たらフェイドアウト なんやこれは 有り合わせた感があります。

 

#3 Funkalicious 5:39

生サウンド全快 とても良いサウンドでファンキーでデリシャス

ギターが心地良いビートを刻みます、オルガンが絡み メロが薄っすらとあります。

もう主旋律メロで無くて 皆がフィルや短いメロを順に演ってる

 

ベースがなかなかカッコイイです。

タイトなファンク

個人的にはダルでルーズなファンクが大好きですが

 

だらだらと長いです、短くて良いのに

CDだからって70分や60分以上 収録する必要なは全くないのに・・・

聞く側は、短い方がいい せめて50分でしょう LPと同じで良いです。

 

bootは別 全貌があってこそ臨場感に浸れます。

 

#4 Tahoe Spring 4:29

タイトル見て あ〜〜タホ湖かな 行った事あります Lake Tahoe 

2LPのライブはLive At Sahara Tahoeでした

古巣に帰ってきた そして 思い出の曲名ですね

 

全編ストリングスが美しい〜〜 素敵です、雰囲気が名作ブラックモーゼスです。

甘く切ないメロディーで時代を超えたサウンドです。

 

サックスがメロメロな世界に連れて行ってくれます、左右に散りばめられたギターやキーボード

右チャンからミュートトランペットやストリングが流れて 雲の上状態がたっぷり4分半 楽しめます。

 

#5 The Night Before

タイトルがビートルですが同名異曲、ゴスペル調のインストです。

田舎臭いところが このゴスペルです でも 途中からアーバンなピアノソロが入ります

 

ビート感が少ないイージーリスニング、ギターソロもどこかイナタイです、ストリングスは全編を覆っています。

 

#6 Memphis Trax 3:36

曲名が・・・もうそのまま メンフィスサウンド 16ビートで疾走するグルーブ

左右のギターもクール チャカポコワウワウ風ギターがこっそり暴れています。

 

ブラスの潔いフレーズ、グイグイ引っ張るベースもナイスです。

勿論 ノリノリのメロも最高

またマットなドラムサウンドもナイスです。

 

#7 Soul Fiddle 6:37

これは夜のファンクチューン 

プッシャーがうろつくダウンタウン もうあの映画Shaftです。

ミディウムスローテンポでダンスビート 

次から次へと楽器が変わるので飽きない作りになっています、インストの弱みですね

 

キラキラヴィブラフォン バックで響くトランペット いかしてます。

長い分 これでもかって 最後にヴィオリンのソロが出てきます、そしてフェイドアウト

 

#8 Funky Junky 7:05

これまた あまりに単純なタイトル

その通りの曲です、ギターは3本くらい入っています、ワウワウギターから入る

 

16ビート いつものハイハット 絡むコンガ タンバリン

引っ張ります・・・CDだからな LPなら引っ張りません

生演奏バリバリです。

ちょっと退屈ですが 7分やもんね

 

#9 You Make Me Live 3:48

なぜか歌入り それもリメイクです、ネタ不足か 意図しているのか?

"for the Sake of Love" 収録の Don't let me be lonely tonightのリメイク演奏と別歌詞

そしてワンフレーズだけ使ったチューン アレンジは同じ

もしかして・・・バックは同じなのかな それをリフレインして語りをオーバーダブ

 

やはりCDと言う大容量の為の苦肉の策か?

では 次の曲

 

#10 Making Love At The Ocean 5:46

美しいチューン 生演奏でデジタル臭さ無し 生ベースの存在感がとてもあります。

ハープまで登場します、メロメロでスローで高音ピアノが切ない

 

そして待ってました女性コーラス トロトロにメルトします

高音ストリングスと混ざり合うピアノと女性ヴォーカル

 

これでないとね、インストゆうても歌入りが入ると このアルバムの価値はぐんとアップですね

でも これっ リメイクみたいやけど 思い出せないです。

とにかく夜のムード音楽です。

 

#11 Southern Breeze 5:58

素敵過ぎるイージーリスニングです、ワウワウギターも出てきます、ドラムがいいグルーブで進みます

ハモるテーマのメロ ストリングスが追いかけます。

そして盛り上がる ブレイク そして各楽器が 飽きないように矢つぎ早に出てきます。

ハイハットのシャプな切れ味 素敵なチューン

 

#12 Didn't Know Love Was So Good 3:55

10曲目と似てます、やはりネタ不足やん でもええねん

スローなのに このハイハットは無いやろう

ドラムのアレンジがイマイチのアイクらしい曲です。 インスト

 

#13 The 405 6:42

マイナー調から始まります、そして出てくるオクターブ奏法のギターフレーズ

ほんと初期のバーケイズとアイクが そこに居ます

そんなメロウチューン 勿論ストリングが大活躍 珍しく歪んで甘いギターもチラッと出てきます。

 

そしてクリーントーンでギターソロ たっぷりあります。

サントラ シャフトにも入ってそうな安心なアイクがいっぱいです。

 

このCD 150円とかでオークなどで見かけます、amazonでも 安いです。

ゲットしても損しません大丈夫だと思っています。

 

 

関連記事↓

興味のある方は、Isaac Hayes 等で検索してみてください↓

セカイモン

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE

 
★アマゾンはコチラからです。↓ 
amazonのIsaac Hayes
モバイルamazonのIsaac Hayes
 
★HMVです、isaac hayesで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓

 

 

 

★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。

★ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓
万物同一サイズの法則 アクセスが凄いので 
初期CDと20ビットCDと最新リマスターLPの検証と感想をそろそろします。

one size fits all アナログ&CD

 

今日は、アイクのラストアルバムの1つでした♪

 

 

 

 

author:パピネン, category:Isaac Hayes アイザック ヘイズ, 16:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Isaac Hayes Love Attack アイクのラブアタック アイザックヘイズ88年の作品
JUGEMテーマ:SOUL・FUNK

今日は、アイクことアイザック ヘイズ

88年のラブアタック
この80年代ってのは、ドラムサウンドがおもちゃ又はダッサいサウンドで 
最近聞くと かなり古臭過ぎる音に聞こえる
まだビートルのリマスターのドラムサウンドの方が新しく聞こえたりする。
88年やし もっとマシかと思ったが
80年中ごろに出てきた このサウンドをそのままやってる とは
実は、このCD買い直したねん
リリース当時 あまりの退屈さと この音質
いろいろと売り飛ばしたCDの中にあった。
まあええ
love attack
love attack3
love attack2


#1. Love Attack

打ち込みドラム この時代 どこ言っても何聞いても このドラムサウンド
あまりにもクリアでグルーブがマシンのリズム
シックのナイルロジャースのプロデユースやった
ジェフベックのアルバムと同じサウンドやんけ
少し前には、
ローランドの808ドラムマシンでスタンリークラークがアルバムを作ってたな
アレも打ち込みチープなリズム隊をバックにジェフベックと多重してたが
評価悪い作品だったと思う。
まあ80年代のアイクの数作品は この音やったが・・・・・・
1曲目は、
シンセ2人とマシンとベースにギター 計4人の録音だ
アレンジはアイクで、シーケンスつかってるんかな?
キーボード&コンピュータープログラミングがアイザクヘイズとなっている
ドラムプログラムがGerald Jackson
誰やねジェラルドって・・・・・
バックヴォーカルは流石に生身の人間で2人参加している。
曲は、オーケストラヒット シンセから始まる
硬質な縦ノリビートで 同じ単純なビート感
歌が絡む 何度聞いてもロッドスュチアート&JBeckの曲に聞こえる
まあええ
ギターソロが何故かたっぷり入っている
絡むのが、パキンとしたシンセと 頭打ちなベース
アイクはディレィで飛ばすラップ スポークンだね
その後メロありの歌が流れるが・・・安っぽい仕上がりだな
生ドラムと生オーケストラだと 数倍素敵な曲になったろうが
この時期 パットしない時期 予算も最低ラインで作り上げたようなアルバムでもある
その証拠に 同じ曲の別アレンジが収録されとるやん
メロウでなく、R&Bでもなく ゴスペルでもない
アイクテイストたっぷりの曲だが・・・ドラムが・・・・・・
#2. Let Me Be Your Everything
低予算丸出しのメンツ シンセとドラムマシンだけ
それに歌が・・・まあしゃーないが
1曲目と同じ雰囲気やん
スポークンで始まり やった〜女性コーラスが絡む これくらいないとね
カツンカツンとしたドラムでスカスカの音像の中を歌が流れ出すが
抑揚ってのが全く無く、スカスカでドラムばっか まあシンセのリズミカルなコードは鳴るけど
もう退屈って言いたいぜ
そして歌が入るとマシかな
ゴスペル調な曲
どいつもこいつも嫌いなゴスペルやってるよね
カントリーの方が好きかな 
どっちも神さん関連の歌らしいね
フェイドアウトってか
#3. Showdown
今度は3人の名前がクレジットされてる
ギターがBill Mueller
打ち込みかシンせがゲラルドジャクソンだって
この曲のタイプ たいがい1曲は収録されてるよね
サビメロ インストだが ちょっとマイナーで映画音楽みたいだ
シンセが これでもかって入っている まあ当然だな
ベースもシンセベース
全員コーラス ユニゾンかな この場面は、なかなか迫力出てるね
そしてお決まりのチョーキングギターソロが ここまでせんでもいいのにね〜
そしてゲートリバーブたっぷり 持続音カットのドラムサウンド
音の流行ってのは 数年後 いや数十年後 ダサくなるんで 特にドラムサウンドは生に近いほうが好きやな
4. Eye Of The Storm
1曲目と同じ音やんけ まあしゃーない
メロウな夜のムードソウル 歌はいつものマッタリでトロトロなのだが
バックが硬質過ぎる
歌がとても良いのに 残念だわ
低音の低音まで歌が下る ところなんかゾクゾクくるね
非常にアイクらしく とてもドラマチックなメロで おすすめ
このCDでは、一番好きな曲 メロウやわ
アイク1人多重録音 いいね〜〜〜〜
#5. Accused Rap
#6. I Stand Accused '88
例のよって語りラップから続く曲
女性コーラスとのラップで掛け合い
曲は、70年リリースのThe Isaac Hayes Movementに収録された代表曲の1つだ
演奏は、2人と機械
歌の絡みにブレンダ ジョーンズ ウィリアムス そして
コーラスにジェリーバトラーとウィリアムバトラーが参加
メロアレンジは殆んどおんなじやけど違う場面もある 演奏は、デジタルマシンやし違いがある
コーラスは違うね
#7. She's Got A Way
スローだな  これは、ビリージョエルの曲
アイクがシンセと生ピアノを・・・
典型的なラブソング 失恋曲だぜ おセンチだな
アレンジは、いつもアイク流に・・・ビートルのサムシングもあったよな
だるいメローの少し入った曲だった
#8. Foreplay Rap
#9. Love Won't Let Me Wait
ラップから入る ラブソングだ 色気たっぷりに歌う スローでアーバンなテイスト
軽い打ち込みリズム キメもあるがな
8曲目のラップはアイクの曲
9曲目は、Bobby Eli & Vinnie Barrett
シンセとマシンのみで Yasmin Jonesがフューチャーされている
スローなラブソング まったり系 
まあ 1000円以下なら買っても良いかな って作品でした。
関連記事↓
★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE


★アマゾンはコチラからです。↓ 
amazonのIsaac Hayes
モバイルamazonのIsaac Hayes
 
★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓
そして
★HMV
HMVジャパン
HMV
モバイル スマホこちらからです。↓
HMVジャパン 【携帯向けサイト】
音と映像のオンキョー↓
ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓
author:パピネン, category:Isaac Hayes アイザック ヘイズ, 16:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Isaac hayes Disco Connection CD  アイザック ヘイズ ディスコ コネクション CD
JUGEMテーマ:SOUL・FUNK

ついにリリースされました と言っても7月ですが ゲットしました。
LPは見本盤をかなり以前オークで入手、その後ロシア盤MP3で このアルバムが収録されてるのを見つけましたが・・・まだCD化されてないかったんで どうなんでしょう?
レコード落としかテープ起こしになるのかな???

んで目出度く 今回ACE レコーズから初のCDリリースです。
オリジナルは1975年 まだまだディスコって言ってた時代で クラブではなかった

isaac hayes disco connection 2

isaac hayes disco connection

曲は、
1.The First Day Of Forever
2.St. Thomas Square
3.Vykkii 4.Disco Connection
5.Disco Shuffle
6.Choppers
7.After Five
8.Aruba
8曲で全部 インストです。
(ボーナストラックは入ってません)

まあ以前にLPを紹介しましたが・・・

タイトル曲は シングルカットされてて、他のベスト盤などにも収録されてます。

持ってるのでは、3枚組2CDと1DVDの Ultimate ISAAC HAYES Can You Dig It?ってのに入ってます。
これは未発表ライブも数曲収録されてました。
ブックレットには↓

isaac hayes disco connection 7

isaac hayes disco connection 8

isaac hayes disco connection 3

isaac hayes disco connection 4

isaac hayes disco connection 5

isaac hayes disco connection 6


isaac hayes disco connection 9

isaac hayes disco connection 10

1.The First Day Of Forever
オーケストラ一杯のイントロからキャッチーなメロが飛び出します。
古い ほんま古き良きクラブ時代 ディスコでした。
そんな ぶっ飛びレトロなインストです。

能天気で 平和雰囲気に包まれます、ストリングスも贅沢に使われ
サウンド的には もともとLPでも それなりに良いサウンドやったんで
こちらも デジタルで良い音ではないかと思います。

ベースがやはり しっかりしててエッジの立った感じはあるかな
結構テクたっぷりのベースは、なかなか聞き応えがあるのでは・・・

グルーブもタイトで淡々としてます、リリース当時 ダンスしてたんだと 思うと
ほんま平和な70年やったんやと 思うね

2.St. Thomas Square
そして 2曲目 アイク節出てます、フルートの多重録音かな
そんなイントロに道びかれて 同じテンポ ♪120から100の間 ダンスビートのテンポですね

安全でソフトケイトされたインストです。
勿論 ベースは、テクをちらりと ギターは聞けば即分かるスキップピッツです、あと3人いてて 計4人です 曲によって 違いますが・・・

左に流れるストリングス 右からブラス 中央寄りにフルートかな
左右には散りばめられたパーカッションなど

サウンドが これまたマイルドで毒気一切無し 当然かっ!

左からもアクセントのブラスが出てきたり かなり豪華なアレンジです。 
最後はフルートのソロでファイドアウト

3.Vykkii 
タイトルからして女性の名前かい メロウです。
アッタクの効いたオルガンから メロが出てきて
お次は、滑らかなフルート そして管楽器類に交代

またフルートに左右には贅沢なストリングスが 
スローテンポでベースが これまた歌っています。

まったり 甘い香りが立ち込めます どこかセンチメンタルで
ラヴな雰囲気たっぷり

70年代ソウルファンにはたまらん曲ですね
もう ハッキリゆうてサントラのテイストが一杯です。

4.Disco Connection
ヒットしたらしい ノリノリでシングルカットもされたん
ブックレットに2種類のジャケが載ってました

リムショットとハットから シャフトのイメージがあります。
ワウワウギターも出てきます。

ファンキーです、盛り上がりにストリングスが、そしてブレイク有り
ここでワウワウギターが猫の様に鳴きますね

クラビネットなど当時になんでもかんでも に入ってたあの刻むビートが出てきます。
左にエレピ 右にクラビ ベースはタメを効かしたブレイクベースで グイグイ持って行きます。

当然頭打ちのバスドラですが ギンギンに効かせていないのが とてもソフトで良い
クラーク&デュークあたりは いまいちですが 流石アイクはセンスがええわ

ミックスの良さやね
シンセかな ギミックも出てきます。 効果音だな
そして 突然 カットアウト

5.Disco Shuffle
出ました 濃い曲です。
スリリングでアクションテイストたっぷりのチューン

ミディウムテンポでギターが活躍してます、キュイーン キュイーン おんなギターサウンド スキップピッツでないですすね 聞けば分かります。
Anthony Shinaultです、テレキャスターかな? そんなサウンドでソロまでとってます。
指弾きみたいなアタック感があるね

左サイドからワウワウ 泡のようなワウワウバックアップギターも聞こえます。
タイトル通りシャッフルビートで ミーミーオルガンも登場

ワンコードでグイグイ持っていくソロ ワンパターンで手癖丸出しやけど許したる

6.Choppers
おっと まるでUPPみたい 
(同時代75年頃イギリスのバンドでジェフベックがプロデュースしたファンクバンド)

なかなかええやん ストリングスのリズミカルな演奏も なかなええやん
ハット 匠にノリノリのビート 長めのイントロから 抜けだすと 目の前が開らけるようなストリングス

ほぼワンコードで グイグイぶっ飛ばし サビでメロウでキャッチーになるねん

ワウワウギターと右からリズムギターが出てくる場面も なかなかスリリング
ブレイクはドラムとギターだけ そしてベースが絡み ストリングス ピアノ ブラス

7.After Five
5時以降 大人の遊びの時間がやって来た
メロウで甘い曲 タイトル通り ラヴミュージックです。

アイク節 炸裂してます ベース 歌っています
フルートの甘いサウンドのメロ まったり うっとりやな

これも サントラにぴったりで オクターブ奏法のギターソロも 雰囲気ありまんがな
このオクターブ奏法は なんでか このタイプの音楽に良く合いますね

ギターソロ ジャジーになっていきますが・・・ピッツじゃないです
また  この人 ジャズギタリストでなような感じもするよ 下手やん でも 許したる
ファイドアウト

8.Aruba
なんじゃ この声のような サウンド うめき声かい
それから始まり ビュンビュン聞こえる ネイティブな楽器 口に当てる アレのようなサウンドが流れ

なかなかエスニックなのにソウル ちょっと意表をつくようなストリングス
ブレイクたっぷりのベースに ブラスが絡む

かっちょええアレンジやん

エスノ楽器ソロのとき ノイズが なんやろテープヒスノイズ?
生々しいぜ・・・そして 戻る

ストリングスたっぷりのゴージャスな場面に・・・ギター
いつものピッツ 得意のアレだよ アレ そしてファイドアウト

isaac hayes disco connection 11

isaac hayes disco connection 12

isaac hayes disco connection LP

isaac hayes disco connection LP2

おすすめかな ソウルファンもやけど ブラックミュージック サントラファンに受けるよね

今日はアイクでした♪

まだ大手にもあります 気になる方 アイザック ヘイズかIsaac Hayesで検索してみてください↓

関連記事↓

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE


★アマゾンはコチラからです。↓ 
amazonのIsaac Hayes
モバイルamazonのIsaac Hayes


★ヤフーオークです、Isaac Hayesで検索してみてください。↓




★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:Isaac Hayes アイザック ヘイズ, 15:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...