RSS | ATOM | SEARCH
Jeff Simmons ストレイト イヤーズ 2CD ジェフシモンズ パート2
JUGEMテーマ:ROCK

Jeff Simmons Lucille Has Messed My Mind Up 
ストレイト イヤーズ 2CD ジェフシモンズ パート2です。

jeff simmons0

まずは、曲と写真です。
#1 Appian Way
#2 Zondo Zondo
#3 Madame Du Barry
#4 I'm In The Music Business
#5 Lucille Has Messed My Mind Up
#6 Raye
#7 Wonderful Wino
#8 Tigres
#9 Aqueous Humore
#10  Conversations with a Recluse

bonus
#11  Bucket of Bluse
#12 Lucille Hmmu

jeff simmons18

メンバーは、
Jeff Simmons bass, piano, organ, accordion & vocals
Frank Zappa lead guitar on #5 
Craig Tarwater guitars
Ian Underwood saxophones
Ron Wood drums , tambaline , maracus
John Kehlior drums on #5 #6
ザッパ 2曲に参加してます。

jeff simmons17

jeff simmons15

jeff simmons14

jeff simmons13

69年に録音したんかな、70年にリリースされました。
では、
#1 Appian Way  2:32
いきなり熱唱からやん あ〜〜〜〜〜〜 ソウルフルだな
そしてサイケ時代の演奏に突入 ポップだな 当時としては イケテルやんか
それに絡むのはブルースリードギター 右からね
左はサイドギター コード進行 ちょっと変わってる

しかしこのリードギター いまいち
ため過ぎ、キュインキュイン言い過ぎ まあええか

歌もだんだん 適当になる
左は 何時しかギターリフに・・・・・

最後 まるで連続射殺魔(70年代の日本のロック) テープがいきなり グニョ

#2 Zondo Zondo 1:50
変態的なリフ しかし8小節 一瞬変拍子かと思った ハードロック
アップテンポでぐいぐい持ってく 歌がダブルトラッキング 少々ダブリングなんでわかる
ビージーズだと わからんだろうな

これもギターが リードギターが同じ音色で手癖で弾いてるな
サビでクールダウンし まったり
また戻り ブレイク有りのリフをバックに手癖2発 お前はジェフベックかい と言いたくなる くっさいソロ

あっと言う間におしまい

#3 Madame Du Barry 2:42
ちょっとメランコリー そんな声とバックとメロ
縦のりのリズムから始まる まるでジェフベックのタリーマンとか恋は水色っぽい

当時のサイケデリック アメリカが色濃く出てる
オーケストラっぽいサウンド シンセかなキーボードかな

メロウな歌だな、リズムも古いブレイクなどでレトロさ一杯
歌とリズムが一体になるアレンジも レトロ

サビ後 ベースがメロデイアスになり ファルセットヴォーカルが・・・
起承転結のあるような あるけど・・?って感じの構成

ビートルのようなポップなメロでない オルタナやギターポップでもない
でも不思議な良さが滲み出る そんな曲だな

さすがにベースはデカイ音でミックスされてる(ヘッドフォンやしかな?)
最後 無理やりかい

#4 I'm In The Music Business 4:02
メロウな歌い方から 今度はハードロッカーになる
フェイドインかい またかい このギター ベースがジミヘンドリック&エクスペリメントみたい ブイブイ

リフがあって、絡むエコーかけたフィルインギター
全曲ザッパに弾いてもらわないとね

癖が丸出しのピッキング 何度も何度も出てくる 溜めの癖 
それにきついピッキングなんで余計に気になるがな

音分離が 時代的で良くない団子状態に1歩近いわ
そして シャウト気味に歌うので メロが無い

#5 Lucille Has Messed My Mind Up 3:14
目玉曲 ジョーのガレージでは、たしかザッパが作ったとなってる ずるいぞザッパ
違うんちゃうの

ハードロック仕上げ ウタメロは同じ
バックがブラスてんこ盛りの 間違えばドゥーワップになりかねん

ギターがザッパでフィルインでギンギンに攻めてくる ジョーの〜とはまったくの別カテゴライズ

ハードでミディウムテンポで 重たいビート ピアノが8ビートを淡々と刻む これが重たいのか? ブラスはイアンの多重録音かな まるでアンクルミートの音質見たいぜ

LPでは、ここからB面
#6 Raye 4:43
ゴスペルロック 3連ピアノやトレモロピアノ ブレイク有り(この人好きっやなブレイク)
ザッパさん ギター弾いています
アッタクの強いメジャーなブルース スローなリードギターですね
絡むピアノ サビなるとに突然テンポが変わり 即 戻る(彼の芸風かな)

そしてメジャーからマイナーになる ザッパのギターが駆け上がり タメる
歌に沿ったギターだが どこか変やなな

そしてサビ2 リズムやらアレンジが凝っているね バラードピアノがちらっと
また マイナーになるやん

ソウルフルな歌にザッパの早弾きが絡む 全編にギターが絡みだす
ピアノが跳ねだし、それでも歌に絡むのではなくザッパのギターが荒れ狂う
終わる

#7 Wonderful Wino 2:54
目玉2 ザッパの76年のズートアリュアーズ収録曲のオリジナル
サイケな逆回転イントロから入る まだ続く逆回転ギター
ギター3本 4本 いっぱいだね

サビのメロは同じ これもザッパと共作になっている ズートアリュアーズ
ザッパが少し変えて共作にしたのか
そんな事が許されるのか? ビートルのディア プルーデンスのメロ少し足し変えて歌詞変えたら共作にはならんけどな・・・ヴォーカルは カッコいいぜ

ワウワウペダル半開きギターが全編に またお前かい ザッパやないぞ

ブラスてんこ盛りのハードロック ファンキーだね エドガーウインターのホワイトトラッシュみたい

#8 Tigres 3:13
オルガンたっぷりのサイケロック これまた不思議な構成とメロ
いきなりブリティッシュぽくなったり もどったり ベースはブイブイメロディアスにグルービーに かなりフューチャーされてるね

流石に あの手癖ギターは無い オペラチックなヴォーカルでもある
よく分からんデヴィッド ボウイほどではない

キメ沢山の構成 騒がしいロック

#9 Aqueous Humore 3:25
そして メロウ&スロー ソウルだね まるで映画音楽
ブラッシングでドラムが演出 アコーディオン ここで登場したな
ジャズギター(厳密にはヴォイシングが 無いような・・・)が絡む
ベースもゆったり アメリカの古いポップスみたい ミュージカルっぽい

これだからザッパも気に入ったんだろう そしてサイケデリク ムチャクチャに細かい音数のイアンアンダーウッドのサックスが 多重録音されてるやん

んでバーっぽく拍手

#10 Conversations with a Recluse 3:50
んで 最後の曲 またサイケデリックだな
この人 歌が コロコロ換わる 歌い方がね

とてもサイケな構成とサウンド アレンジ 
また 曲の雰囲気もどんどん変わる 凄いな〜 なんだろう?
んで オペラチックに・・・
ギターが絡むが 早いテープの回転???速度

どないなっている これは聞くしかないでしょう。
あまりにもいろんな要素が入ってます。

何度も聞いていると 大好きに なるようなアルバムです。

bonus
#11  Bucket of Bluse 2:42
ファンキーなロック 声も変わっている ずっと後の録音なのかな
サウンドの分離も違うし 音が違う
ソウルロックで イカシタ曲

ワウワウギターが絡む
とくに歌が いいよ
サビ 転調して 粘っこいギターソロが入る
同じ奴 みたいな手癖があるな でも 同じやったら以前より上手
ジェフシモンズかもね

カッコイイ曲です、新しい録音だね

#12 Lucille Hmmu 8:22
無理やりステレオにしたような音像 いつの録音かしらない
ドラムだけ差し替えたとか 何か分からんが
ルシールのインストヴァージョン
歪んだギターがメロを ボートラで最後の曲にぴったりだね

バックでアームダウンが聞こえるし ジョーのガレージ以降かな
気になる方  ネットで調べてください。

暫くしてライブ音源が流れだす ブルース スポークンで歌うジェフかな
グラスの音がギンギンと 近いぜ音が

歌になる ブルースだ どんなつもりで シャレなのか 受けを狙ったのか?
そして終わる 客の少ないこと・・・まあええ 不景気やもんね
つづく

関連記事↓


まあ これは、おすすめです、ザッパのロックが好きならいけます
ザッパの複雑なのが好きなら 止めたほうがいいかもしれないです。

興味のある方、覗いてみてください
オークションにも出ていますね!
スマホ モバイルはこちらから↓
アマゾンのジェフシモンズ

jeff simons ジェフ シモンズで検索してみてください↓

タワーレコード↓
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓


音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓





author:パピネン, category:ザッパ周辺&ビザール&ストレイト等, 16:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Jeff Simmons Lucille Has Messed My Mind Up ストレイト イヤーズ 2CD ジェフシモンズ
JUGEMテーマ:ROCK

ザッパの細かな数多いリズムに疲れたら・・・フリードウッドマックなんて言わない
ザッパ学校卒のミュージシャンでも聞いてみましょう♪

ザッパ関連でおすすめは?
ジェッフシモンズの2作品 2CDでリリースされてますね
Lucille Has Messed My Mind Up
Naked Angels - O.S.T.
です。

ジェフシモンズと言えば、
ザッパ&マザーズにも在籍したザッパお気に入りミュージシャンで
たしか
Chunga's Revenge (1970)
Waka/Jawaka (1972)
Roxy & Elsewhere (1974)
You Can't Do That on Stage Anymore, Sampler (1988)
You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 1 (1988)
You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 6 (1992)
Playground Psychotics (1992)? 入ってたと思うけど・・・・・
Understanding America (2012)で名前が確認できますね

200モーテルズの映画では、キャリアの事を考え脱退 ジムポンズがベースに・・・
ベーシストですがギターもプレイしますね 72年のワカジャワカと74年のロキシー&エルスウェアではリズムギターで参加、歌もやってたな
70年チャンガの復讐ではベースでした。

jeff simmons0

69年にサントラアルバムを製作しましたB級モンド映画かな 観たことないですが・・・
それが このネイキッドエンジャルです。

#1 Naked Angels Theme 4:10
#2 Ride Into Vegas 1:16
#3 Vegas Boogie 3:05
#4 Vegas Pickup 4:05
#5 Cop Out 1:12
#6 First Desert Ride 1:45
#7 Rank 2:00
#8 Boinin' (Third Ride) 3:32
#9 Scots Breath 1:40
#10 Rat Grind 2:05
#11 Bar Dream 3:36
#12 Camper Scene 2:25
#13 Toccata for Truck 3:35
#14 End Theme 1:12
がラインナップ

jeff simmons19

では、中身を見て行きます。
LPのa面 b面の曲が書いてありますね

jeff simmons11

jeff simmons10

jeff simmons9

いかにもB級ってのが 見て分かります。

jeff simmons8

jeff simmons7

jeff simmons6

jeff simmons4

jeff simmons5

結構 豪華ブックレット付きです。

Disc1
#1 Naked Angels Theme 4:10
いきなりファジーなギターリフに数本のエレキギターがオーバーダブ
ブイブイぶっ飛ばすベース 奥に引っ込んだ音像のドラム

タイトルテーマ曲
1969年にリリースされています、
ジェフシモンズ Bassと
ギタリスト Randy Steirling
ドラムかな Al Mallosky
3人の名前があります。

ハリウッドにあるMistic Studio録音となっています。
左右にギターソロが飛び交います、少しチューニングの甘いところもB級モンドで とてもいい この手のモンド(如何わしい)個人的に好きなんでナイス

ベースがとても大きくミックスされているのは、ジェフシモンズからやと思うね
また当時のギターエフェクターもオンパレードっぽくて
左右にパンしたり、ジージーファズに ノイズまで
いかにも卓にダイレクトにプラグインしたかのようなサウンドも凄いね

#2 Ride Into Vegas 1:16
ノリノリのブギースタイルのリズムから始まる コードカッティングがかっちょええ

その後トレモロ一杯のオルガンがジャジーにコードで進む 右からクリーンなトーンのジャジーなソロが ブレイク ギターコードのフィル いかしてる〜〜〜

そしてまるでデッケネ(dead kennedys)のジャジーな世界か こっちのほうが早いけど

4ビートでオルガンとタメはってギターが ノリノリ
あっという間のインスト ほとんどインストですよ このCD

ベースのグルーブ いいぜ!
一瞬 ジミヘンかと・・・・・ギター

#3 Vegas Boogie 3:05
ブギウギ ピアノから 普通の3コードブルース
歌入り ホンキートンクピアノソロも入る

ノリノリだね わりとアバウトなのもモンドならでは
そしてベースソロやん 歌が絡む

またまたピアノ
ギターがないから ピアノは、ギタリスト Randy Steirlingかもね
ほとんど2人で作ったって 本に書いてあったな

フェイドアウト

#4 Vegas Pickup 4:05
ビーフハートや初期マザーズに通じる感じのイントロ パーカション
ギターが入ると デッド(greatful dead)かい

そしてだんだん盛り上がってくる ワクワクするね B級モンドだよん
基本ドラムにベース 左右にギター リズムとリフ&リード

変拍子で 途中 テンポが変わったり
右からギターソロが ぐいぐいと来るけど 萎み気味

ブレイクがビーフハートっぽいね
ここから またテンプが変わり2ビートにベースがブイブイ グルーブ出してる

またまたアクセントが変わり・・・ちょっとかわったバックの演奏
それに動じてギターも変われば 凄いが・・・・・・・無理みたい

#5 Cop Out 1:12
このイントロなにかとそっくり グレッグ オールマンだ ほんま おんなじ
生ギターとドラムスティック
それに のどかなキーボードか? 笛みたいな とてもいい曲
ネイティヴで エスニックとまではいかないけど ホノボノしてて

パーカッションもいい感じ インドっぽいけど 西洋人の見たインド
2本の生ギターが これまたいいね!

ワンコードをバックにアンビエントのよう いきなりカットかい
これは10分流れてても いいのに 短いってのは時代やな

#6 First Desert Ride 1:45
もったいつけたイントロ 前曲のテイストがあるけど
今度はエレキギター
そしたらいきなりブイブイベースが絡んで来て グルービー

ブレイクもあるんかい
ちょっと普通になるかと思ったら 戻る 変拍子と幾つかのパートを組み合わせたロックインストだね

短いぜ

#7 Rank 2:00
スタジオ空気丸出しのドラムサウンド 左から それから始まる
アップテンポ オルガン ギター ベース

古きよき時代のロックしてるね 当然か69年だもんな
ステレオだが このバランス いまでは信じられない ビートルみたい
インストだが 右にベース 左はドラム ギターとオルガンは中央寄り

ベックボガート&アピスのスタジオ録音も変なバランスだったね

#8 Boinin' (Third Ride) 3:32
シンバルワークから ノリノリ オルガン まるでフラワートラベリンバンド ちょっとだけオルガンの音色が似てるくらい

コード進行 マイナーとポップが混ざってる
不思議やね んでだんだん 音が絞られていき・・・これってデモ?

サントラだから こうなんだ
そして 盛り上がる オルガンが大活躍だ その影を追いかけるようにギターが苦しいソロをとる

キラキラサウンドは、モンド度数をあげてくれる、ギターが左右にパンしてエコーの遊びになる

テープエコーのリピートが増え 回転速度が変わり サイケに

#9 Scots Breath 1:40
マーチングドラム いいね〜〜
まずはベースからだな バグパイプを真似たドローン持続音イントロ
そして いきなりLAロックに はねる

また戻る バグパイプ世界に 繰りかえす

いかに簡単に作り上げたかが分かる 良い見本的サントラ

#10 Rat Grind 2:05
ファンキーなリズム ユニゾンでリフる
そして 変にコードが換わる

その後 2本のリードギターが左右から いい加減さがとてもモンドしてていい
ピアノはドラマチックに ガーンと鳴り響く

そして始めのリフに またまたピアノがパンして 左右に飛び交う
最後 なんやろう? 唐突に音が入り 終る

#11 Bar Dream 3:36
エフェクター効果音から これってサージェントの最後や サタニックマジスティ〜やザッパの3枚目のサイケデリックだな 

コラージュ的 サイケ演出 逆回転テープ
ピアノが主体で 周りでビートルのメリージェーンって曲してる

アヴァンギャルドだが、テープエコーのいい加減な揺れ方 
映画もみんと分からんが どうせラリってるか その辺りの場面のサントラ

#12 Camper Scene 2:25
能天気 スティングのテーマのテイスト1%
インスト ホンキートンクピアノでノリノリ
ベースが 凄いね ブレイクあって崩れていく場面 マザーズっぽいね

しかしバックでは 淡々とした演奏 そしてブレイク フラメンコになる
結構アバウトな演奏だよん

カウント入って また戻るが 即フェイドアウト

#13 Toccata for Truck 3:35
おっとアビーロードのメドレーかい・・・・一瞬思ったが
どうせパクリしてたんだろうな でも 違ってくる

ピアノで始まり・・・壮大なる世界に入り込みそうになり
チャーチオルガンが おっとビートルみたいだが・・・またかい 違う

オルガンとピアノの曲 チェンバロも聞こえてくる どないなってるんや?
ちょっとカデミック

#14 End Theme 1:12
そしてエンドテーマ
ドリーミーだな オルガンと生ギター ベース 軽いドラム 
まるでボウイのスペースオデティ

歌がとてもいい 甘い 歌い上げる・・・最後オルガンが チャーチオルガンが残る
そして おしまい

もう廃盤ですね まあない事も無いです♪
アマゾンにあますが・・・興味のある方 のぞいて見て下さい↓
スマホ モバイルはこちらから↓
アマゾンのジェフシモンズ

jeff simons ジェフ シモンズで検索してみてください↓

タワーレコード↓
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓


音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:ザッパ周辺&ビザール&ストレイト等, 14:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ザッパとザッパ関連ミュージシャンのレアモノ、ブート、その他 マニシュボーイズ、キャプテンビーフハート、ロバートウィリアムス、スティーブ ヴァイ
JUGEMテーマ:ROCK

★3日ほど前 朝起きたら ここは京都南部のはずやのに外を見たら中国になってた!
黄砂やPM2.5, こっそりしてた核実験の副産物、実は事故ってた中国のニュークスたちの猛攻撃にあった・・・関西地方
西からPM2.5 東からRadioactivity もうそろそろお終いか・・・と思いたくないね

なんで今日は、ザッパ関連レコードの写真展って感じかな!

まずは、初期マザーズ、そして81年の我こそ つまるところ 己なり!に参加してた名物男 ジミーカールブラック&マニッシュボーイズ

75年にはビーフハートとツアーに出たし、グランドマザーズも結成したし、ジェロニモブラックってカッコイイロックバンドもやってた、オマケにアーサーブラウンともコラボったり、なかなかの人気者、200モテルズや我つまる〜では極上のイケイケカントリー曲を歌う! ナイスだぞ。

ジミーカールブラック

これは87年にリリースされた 
ジミーがヴォーカルでザッパのビッグレッグエマをカバーしてる
まあ個性的なヴォーカルのいてる軽いロックンロールって感じ

ジミーカールブラック2

そして こいつぁ後期のビーフハートのドラマーだ、ニューウェイヴとアメリカンが混ざったようなポップでビートル いやジョージハリスンのウィズンユーウイズアウトユーがドラム入りでカバー B級だが結構聴いたな

ロバートウィリアムス

ロバートウィリアムス2

そして スティーヴィーヴァイの これはもう有名なレコード 自主制作でザッパバンドのボブハリスとチャドワッカーマンが参加

ハンドメイド度数が高くてなかなかオモロイアルバムだ、CDではボートラ入りで、それも喋りとユニゾったり と凄いアイデア満載の インディーズらしいレコード

ザッパ譲りの展開などあるが、ザッパ以外がザッパしてもザッパにゃ負ける

スティーヴ ヴァイ

スティーヴ ヴァイ2

そして アホのようにあるのが、ビーフハートのアウトテイクやライヴ、
あんまり聴いていないな・・・いつかレヴューしないとね

ビーフハート

ビーフハート2

ビーフハート4

ビーフハート3

そして我ギターの先生 ザッパのブート
これは、音が悪い 高音がジャリジャリでヘッドフォンでは聴きにくい
スピーカーでは、暴れたくなる

ザッパ81,12,31

せっかくの大晦日ライブやのに・・・

ザッパ81,12,31 2

ワウ〜 これはね
当時 パンキーウィップスが聴けなかった時期 これでパンキーを聴いてたと言うブート

ザッパ77、12,31

音はモコモコ 輪郭無し 2枚組 高かった
曲目間違い・・・と当時は、今の様にネットもないし情報もそのまま信じた時代だ

ザッパ77、12,31 2

そして84年のブート
ジャケがあまりのダサさで、かえって良かったり・・・んな事ないか

ザッパ 84,7,10

音は、まあまあか

ザッパ 84,7,10 2

そんで 一杯一杯出てる67年68年の3公演からのコンピ
ジャケがいいね ザッパボックスにも写真たっぷりあるし、これもその1つだね

ザッパ 67,68、

もうこの辺は、CDで音源がグレードアップや針音なしで出てるんで持ってるだけになったな

ザッパ 67,68、2

と今日は、なんとなくブート等

そうそう ザッパのギターソロアルバムが3セット+カセットで出てたがブートでもあるみたいだ、各公演からピックアップされた既存に収録されてへんギターソロをかき集めた代物らしい・・・情報 入り次第紹介しますね・・・では 楽しい週末を!

次回 音源は、ちゃんと前回のつづきからの予定です。

関連記事↓


Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV ONLINE/エルパカBOOKS

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

我が家でも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:ザッパ周辺&ビザール&ストレイト等, 15:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...