RSS | ATOM | SEARCH
ザッパの興奮の一夜 Frank Zappa
興奮の一夜
Over-Nite Sensation
Over-Nite Sensation
Frank Zappa & the Mothers
興奮の一夜
 73年新レーベル デイスクリート第1弾

前回のビッグバンドから一転して、

スパイスとパンチの効いたコンパクトでファンキーなリズムとムーデイーでチョイエロチックなザッパのヴォーカル、

そして発狂乱な歌詞が入り組んだポップで素晴らしいロックアルバムです。

例の暴漢に襲われ声が変調してしまったザッパは自分の声域に合わせた曲作り
を始めた。

アダルトで低音ヴォイスが聞き所でもあります。

73年2月からツアーが始まり、アメリカ各地を回り6月にはオーストラリアであのTV番組出演と公演。

この頃ザッパのインタヴューでは、
新しいメンバーによるスタジオ録音のアルバム、オーストラリアでのライヴそしてソロアルバムの制作に取り掛かっている と述べている。

その数週間後に発表されたこのアルバムは、大方の国でリリースされて大成功をおさめた。

昔からのファンと新しいファンを引き付け
今後一層磨きがかかる作品をこれからリリースする重要なポジションにあたる作品です。

当時のプレスキットには、このバンドは誰も聞いたことのないサウンドを出し、楽器の組み合わせや響きも奇妙で、

各楽器が音を出すに当たっては、ヴァイオリンがコードの高音、または低音、中間部はクラリネット、交代でトロンボーンが入ってくる。

マリンバとヴァイブスが高音域で輪郭を描き、ドラムは所々一緒にメロをたたき出す。

いたるところで複雑な旋律とキメがリズミカルな形で重なり合う。

と 凄まじい事が書かれていた。

一曲一曲がとてつもなく計算されてなおかつ凄まじいギターソロが入っており

パロデイー、ブラックユーモア、たっぷり込められていたり、掟破りの裏技ガンガンのメチャンコ素晴らしい、楽しいザッパ流ロック魂がほとばしっています。

メンツもこれまた凄く、コーラスにテイナターナー&アイケッツが1小節を2日間リハして参加している
デンタルフロスの曲モンタナ。

イアン&ルース アンダーウッド、ジョージデユーク、ジャンリュックポンテイなどぶっ飛びもんです。

当時のロックバンドのなかではピカイチの上手いバンドでした。

当然一家に一枚のスゴCDです。

ヘッドフォンで聴くと隅々まで聞きこめて、改めてザッパの凄さが手に取るように解ります、いや 体験できます。

超おすすめです。

今回はザッパ専用とまでは言いませんが。
高級ヘッドフォンaudio-technicaエアーダイナミックヘッドホン です。

専用設計アルミニウムハウジングで繊細な音を再現。

ダイヤフラムには新素材を採用し音に厚みと自然な音場。圧迫感を低減するトータルイヤフィット設計。

icon
icon


ギター殺人者ジェフベック


京都 宝ヶ池トンネル

怪談 ホラー入り口それと

ぺぺうの携帯アフィリエイト

@美人ブログです。
author:パピネン, category:1970年代のザッパ , 20:11
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
azeeze様
はじめまして、少し前から拝見させていただいいます。
ザッパの情報量すごいですね!読みいってしまいます。そしてover-nite sensationにしても、あらためて聞き直しちゃいます。
またおじゃまさせていただきます。
失礼しました。
saitama-T, 2008/04/27 12:14 AM
saitama-T様
コメントありがとうございます。
実はこのブログを書くために、
自分も聴き直して書いております。
また見に来てください。
管理人azeeze, 2008/04/28 12:35 PM









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/815110
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...