RSS | ATOM | SEARCH
onkyo 最新情報  新しく出ましたプリメインアンプ アウトレット 今日のアナログLPJan Hammer The First Seven Days

JUGEMテーマ:音楽×映像

 

★オンキョー最新情報 アウトレットなど

 

★この10月に新しく出ました、ONKYO A-9110(S) プリメインアンプ

クラスを超えたハイグレードパーツを随所に搭載

エントリーモデルながらも、随所にハイグレードパーツを惜しみなく投入

メインコンデンサーにはカスタム設計された8,200μFのコンデンサーを2基搭載

 

大容量・高出力EIトランスの採用

カップリングコンデンサーには音質に定評のある

Nichicon社製Fine Goldを前モデルの2倍以上の箇所に採用

 

こだわりの設計

1.6mm厚の高剛性シャーシを採用することで、極めて高い剛性を確保

特定周波数の共振によるカラーレーションの排除や、機械的および電磁的干渉を抑制

 

スピーカー端子には、4mmのバナナプラグを接続できる非磁性体の端子を採用

外来ノイズの影響を受けにくく、信号を高純度でスピーカーへ伝送

 

アンプに必要とされる洗練された機能を凝縮

視認性に優れた新デザインINPUTディスプレイ

独自開発の低音増強技術「Phase Matching Bass Boost」を搭載

 

更なる経路の最短化を実現したダイレクトモード

小音量でも豊かなサウンド表現を可能にする「オプティマム・ゲイン・ボリューム」

 

ヘッドホン端子搭載

高性能フォノイコライザー(MMカートリッジ対応)搭載

トーンコントロール、バランスコントロール機能

サブウーファープリアウト装備  これはとくに良い 迫力出ますね

リモコンで可能なRI端子搭載

オートスタンバイ機能搭載

税込み ¥39290 勿論3年保障 

 

(これはお金があったら僕も欲しいです 持ってるアンプは最近調子悪い)

 

興味のある方 是非 覗いてみてください↓

ONKYO A-9110(S) プリメインアンプ 新作

 

もう一つ

出て来ました これは最高級 パイオニアです。

★Pioneer UDP-LX800(B) ユニバーサルディスクプレーヤー ブルーレイからSACDまでOK

UHD BD対応ユニバーサルディスクプレーヤー 3年保証

[予約販売]11月中旬発売予定。

 

使用可能ディスク

Ultra HD Blu-ray(BDMV)、BD-ROM(BDMV、BDAV

BD-R/RE(BDMV、BDAV)、

BD-R DL/RE DL(BDMV、BDAV)

BD-R LTH(BDMV、BDAV)

DVDビデオ、DVDオーディ

DVD-R/RW(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)

DVD-R DL(ビデオモード、VRモード/CPRM対応)

DVD+R/+RW(ビデオモード)、DVD+R DL(ビデオモード)

AVCHDディスク、DSDディスク、

音楽CD、SACD、CD-R/RW(音楽CDフォーマット)

USBメモリーとなんでもいけそうです。

 

パイオニアでは最上位UHD BDプレーヤーで

最高のディスク再生可能ではないかな と思います。

 

高品位なディスク再生を基礎から支える高剛性筐体

電源部、ドライブ・デジタル部、アナログオーディオ部をそれぞれ独立配置した「3分割シャーシ構造」

 

筐体の静音性と高剛性を実現する「鋼板トップパネル&アルミサイドパネル」

静音性と筐体の高剛性化を実現した「放熱孔レスボンネット」構造

高剛性と低重心を実現する3mm厚鋼板「リジッドアンダーベース」

UDP-LX500で採用したハニカム構造シールドに黒色制振塗装を施し、

より高い制震性と高剛性を実現した 「リジッ ド&クワイエットBDドライブ」 搭載

BDドライブから外部へ伝わる動作音と振動の遮断を実現する「アコースティックダンパートレイ」

となってます。

 

それと

高S/N設計を徹底した、厳選されたパーツ

素材 ・瞬時電流供給能力に優れた、大容量電源トランス

高S/Nを実現するメイン基板

徹底して高音質にこだわったオーディオ専用基板

 

圧倒的な高S/N、ローノイズ化を可能にする768kHz/32bit対応ツインDAC搭載

D/A変換から出力までノイズを徹底して抑える、バランス回路を搭載

優れた制振性で高音質再生を支える亜鉛ダイキャスト製インシュレーター

 

高画質・高音質再生をサポートするこだわりの機能材 として

HDMI の高品位再生を実現する「トランスポート機能」

アナログ音声をさらに高い品位で再生する「ダイレクト機能」

HDMI 端子 2 系統による映像と音声のセパレート出力

 

対応 AV レシーバーとの HDMI 接続で高純度なジッターレス伝送を可能にする「PQLS」

パイオニアオリジナル画質・音質調整用端子「ZERO SIGNAL」

ディスプレイごとに最適な画質を設定するプリセットモードを搭載

メディアや HDR マスタリング時の詳細情報を画面表示

話題の Dolby Vision™(ドルビービジョン)に対応

暗い部屋でも快適な操作ができる自照式リモコン となってます。

 

これ一台とMP3対応プレイヤーがあれば・・・最高の音/映像が堪能でいるのでは!

 

興味のある方 是非チェックしてみてください↓

Pioneer UDP-LX800(B) ユニバーサルディスクプレーヤー

 

★オンキョーtopです↓

ONKYO DIRECT オーディオ販売

 

★今週は73件あります。

今週のアウトレットいろいろ

 

★ONKYO C-755(S) CDプレーヤー

CD音源を忠実に再現するために、をモットーにしてるオンキョーならではのこだわり

CDは1982年に初めて発売され約35年が経ちますね 

僕が始めて買ったのは87年頃でビートルズのマジカルミステリーツアー

勿論中古CDで今でも持ってますが・・・

 

C-755にはこれまで発表してきたCDプレーヤーで培った技術を惜しみなく投入されていますね

(CDやソフト全般に込められた作者の想いを余すところなく引き出すために)

のINTECに欠かせないCDプレーヤーですね

(因みに僕はC-773を今でも愛用しています。)

 

独自技術と厳選パーツで高音質を実現をされてて 

デジタル機器のノイズを抑制する‘VLSC’ デジタル音声信号のD/A変換時に発声するパルス性ノイズを抑制するために、

一般的にはLPF(ローパスフィルター)と呼ばれる濾過回路が使われます。

しかしこの回路では効果が不十分なためノイズが残留してしまいますが・・・

 

このノイズ固有の正負対称の超高周波形には追従せず、

音楽波形のみに反応する画期的なフィルター回路VLSC(Vector Linear Shaping Circuit)を独自の理論で開発

 

これまで常識とされてきたLPFから脱却してデジタルオーディオ技術のポテンシャルを最大限に引き出すことにより、

原音の本来持つ細やかな音声情報まで正確に引き出すことに成功!

 

高性能192kHz/24bit DAC AK4482 再生音の品位を左右するDACデバイスには、

192kHz/24bitの分解能を備えたAK4482を採用しました。S/Nに優れており、

滑らかで繊細かつ精緻な音楽表現を可能。

 

高精度プレシジョンクロック プレーヤー内のすべてのデジタル処理の同期を図る、

オーケストラの指揮者の様な役割を担うのがクロック部です。

 

C-755には高精度±10PPMのプレシジョンクロックを搭載。

(一般的なCDプレーヤーでは±50PPM程度と言われています)。

 

クロック精度が向上することで、フォーカスがぴったり合った音像を描き出せることはもとより、

より自然な音場の再現を可能

 

音質を吟味したEIトランス 強力な電源供給能力により、

安定した信号の送り出しを可能にするオーディオグレードのEIトランスを搭載

CDプレーヤーの微小な信号もしっかりと着実に伝送。

 

音楽CD、CD-R/CD-RW、MP3CD嬉しいMP3再生ですが 

持っているC-773はCD-RWはたまに相性悪く再生不可のもありました

 

是非チェックしてみてください。↓

ONKYO C-755(S) CDプレーヤー

 

★今日のアナログLP

75年にリリースされたJan Hammer / The First Seven Days

ヤンハマーってゆうたら70年代にジェフベックと共演したチェコのシンセ奏者ですね

 

ファッションとヴォーカリストと他楽器奏者選択のセンスの悪さ1位のJeff Beck

どこがええのか分らんロッドスチュアートや信じられない酷いウェットウィリーのジミーホール

何がしたいのか?分らんドラムのサイモンフリップやプロデュースのナイル

そして名作と言われているBlow By Blowのリズム隊 どれも駄目やったが

 

このヤンハマーだけは別格にカッコ良かった

アメリカではJベックより有名なのがヤンハマーとか言われています

マイアミバイスのテーマ曲など手がけていたからかな

 

見た目はダサいけどJeff BeckのWiredであのワイルドなシンセは子供の頃ギターかと思った

衝撃的なサウンドやった

 

またJベックに火を点けギンギンにロックさせたのもヤンのおかげだ

今聞いてもゾクゾクするソロ合戦

またヤンの作るメロディーもJベックっぽくて これまた相性が良かった

 

g 007.JPG

 

このLPには78年に突然スタンリークラークと日本にやって来たとき

1曲目でローランドギターシンセを演奏したがグチャグチャな音程やった

それはヤンハマーのこのアルバム収録のDarknessだった

 

あまりに酷い音程だったのので以後ローランドのギターシンセは使わなくなった

温度差などで音程が狂う 代物やった

勉強不足とリハ不足やった

また音数の多いスタンリーのベースと手数足数の多過ぎるドラムによって

散々のコンサートやった

 

当時の音源を今聞いても それは酷い手数の応酬戦やった

 

またこのチューンはオフィシャル77年のJBeck With Yan Hammer Group

のライブワイアーの1曲目でもありました

 

g 008.JPG

 

さてこの作品は

カテゴリージャンルとスタイルがフュージョンではなくて

Future Jazz, Experimental, Ambient Electronicに分類するとすれば こうなりますね

またプログレって感じもありますが ほぼキーボードだけなんで また違ってきますね

 

A1 Darknesss / Earth In Search Of A Sun 4:30

A2 Light / Sun 6:40

A3 Oceans And Continents 6:14

A4 Fourth Day -- Plants And Trees 2:44

B1 The Animals 6:09

B2 Sixth Day -- The People 7:11

B3 The Seventh Day 6:08

 

全てヤンの作品でほぼ彼1人による多重録音です。

Composed, Producer, Engineer by Jan Hammer

David Earle Johnson  : Congas, Percussion – David Earle Johnson 

Jan Hammer  : Piano, Electric Piano, Synt. Moog, Oberheim, Freeman String,Digital SequencerMellotron, Drums, Percussion

Violin – Steve Kindler 

 

David Earle Johnson はビリーコブハム、エルビンジョーンズ、オレゴン等の

ジャズフュージョンミュージシャンのアルバムに参加した

パーカッショニスト、作曲家、音楽プロデューサー

 

Steve Kindlerはマハビッシュヌオーケストラのヴァイオリスト 

ヤンハマーのバンドのメンバーでもあった

 

ヤンはキーボードの使用楽器はキーボードの美味しいところを全て使ってます

メロトロンやオベーシムにムーグ もうこれ以上無い位一流モノばっかです

特にサウンドが・・・キーボード博覧会です

またこの作品は 聖書の神の創造の7デイズがアイデアだった

 

g 009.JPG

 

では1曲目から

A1 Darknesss / Earth In Search Of A Sun 4:30

ライブワイアードと同じ雰囲気

ディープなくせにワープする 

ムーグのコズミックな宇宙サウンドでのテーマから

メロトロンやオーバーハイムオーバハイムの独特なサウンドに

こんどはデジタルシーケンス 最後にドラムが絡んできます。

 

物凄くカッコいいです、古いけど これがシンセだ!ってサウンドが舞い上がり舞い散り

襲ってきます。

ワイアードで初めて知ったサウンドが実は既に演奏収録されていたとは

とにかくプログレッシヴなチューンです

いつ聞いてもカッコいい あっという間に終わります

 

A2 Light / Sun 6:40

70年代ロックファンなら これ等の音色は良いと思うのではないかな

こちらはエレピ JBeckのマックスとは また違うセンスで とても良いです

ジャジーなピアノソロから始まって壮大なるプログレになっていきます

 

エレピにシンセが絡むテーマ部分

そしてプログレなシンセのベース音にザッパが使ってた77年頃のシンセサウンドが出てきます

キラキラサウンドですね

野太いサウンドとキラキラが絡み合う 重たいチューン

リングモジュレイターもチラッとかけてる様な場面も出てきます

 

その後ホイッスルシンセが心地良く しかしながらバックで蠢く早いシーケンスサウンド

このシーケンスは80年のJBeckのスターサイクルに繋がりますね

ワイアードの先駆け丸出しです

 

暗い闇から抜け出した時 また違ったシーケンスがコロコロ転げまわります

それをベースにホイッスルシンセが飛び交う

 

そしてまた変化する音色

シーケンスが暴れまくり そして終わる

 

A3 Oceans And Continents 6:14

ヴァイオリンが入るがそれほどフューチャーされなくて

J BeckのバックやってたマックスのバンドHumming birdと同じ音色のシンセソロが流れます

その後ピアノやシンセピアノが矢継ぎ早に交互に出てきて目まぐるしくなる

でもそこには癒し系な感じもあります。

 

しかしだんだんと暗さを増して来て終わります。


A4 Fourth Day -- Plants And Trees 2:44

ピアノから始まります、これぞピアニストを実感するチューンです

見事な演奏であっという間に終わります

 

マハビッシュヌっぽくて それでいてクラシカル

でもヴァイシングがジャズっぽく流石です。

 

B1 The Animals 6:09

始まりは

タイトル通りパーカッションが大自然の雰囲気を出してます

それにモノの単音ムーグでギターサウンドを出してますね

勿論バックには様々なキーボードが色を添えます

 

ロックにならないロックテイスト満載のチューン

またエスニックなメロが出てきます

ワイアードのソロと比べてもほとんどセンスは同じなんですね

 

その後 細かなパーカッションは シャクティまでとは言いませんが

似通ったテイストがあります。

 

ルートのベースがもし入っていればロックになったと思うチューン

シンセとパーカッションの絡みがやっぱシェクテイみたいです

 

B2 Sixth Day -- The People 7:11

ヴァイオリンとユニゾンでピアノがテーマを演奏

フィルで超早弾きがチラホラ出てきます

 

その後まるでスライドギターの様なサウンドが飛び交います

もむキーボードの万華鏡です

テーマの繰り返しとブリッジ、音色が変わったり と工夫が見れますが

もう少し何かがあれば ええのに

特に細かなパーカッションは この曲では無いのがええ

 

最後にあ〜〜って声がしますが 生声なのか分かりません

 

B3 The Seventh Day 6:08

ピアノコード打ちから始まり やがて他の楽器とユニゾンになってきます

そして得意のホイッスルシンセの登場です

ワイアードのソフィーとかのサウンドそのものです。

 

そしてソロになります、アンビエントでエレクトロ 時代を感じさせる70年代シンセサウンド

一世風靡したシーケンス、オーソドックスなピアノにエレピ

キーボードならなんでも御座れって感じのアルバムです。

 

最後はどんどん壮大になって来ます

派手なドラムは個性的でとてもカッコいい

そして幕を閉じます。

 

とてもいいアルバムだと思います。

 

どこでもあります

興味のある方 のぞいて見て下さい↓

アマゾンのThe First Seven Days Jan Hammer"

 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

 

 

 


TOWER RECORDS ONLINE
 

 

★HMVです↓

 

 

 


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

g 010.JPG

 

g 011.JPG

 

★今日はオンキョー新製品とアナログLPヤンハマーでした。

 

 

 

author:パピネン, category:ONKYO DIRECT オンキョー, 17:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409432
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...