RSS | ATOM | SEARCH
涙誘うメリサの初期ヴァージョン収録のDuane & Greg Allman 31st of Februaryの2枚目

JUGEMテーマ:ROCK

 

今日はオールマンです。

オールマンズのドラマーが在籍してたグループでゲスト参加したオールマン兄弟

オールマンが売れてからリリースされたお蔵入り音源っていわれています。

CD化はされたのかよくわかりませんが、amazon見てたらMP3ダウンロードがあります。

僕はLPを持ってますが デジタル音源の方はituneでゲットしました。

(それもmp3でなくmp4やったんでPCアウトからCDレコーダーで録音しました)

 

またこのアルバムからは数曲オールマンの4CDドリームスに収録されてましたが

肝心のメリサと素敵でメランコリーなin the morning when I'm realが未収録やった

がっかりですよ

そんなイナタク 悲しく 涙無しでは聞けないアルバムの紹介です。

 

the 31st of february (1).JPG

 

1968年に録音され1972年にリリースされました。

曲目↓ オリジナルは#5のみで残りはカヴァー曲

 

#1 Morning Dew 3:45

#2 God Rest His Soul 3:55

#3 Nobody Knows You When You're Down And Out 4:32

#4 Come Down And Get Me 3:40

#5 Melissa 3:15

#6 I'll Change For You 2:57

#7 Back Down Home With You 2:25

#8 Well I Know Too Well 2:15

#9 In The Morning When I'm Real 2:40

 

The 31st Of February 

Bass – David Brown

Drums – Butch Trucks

Guitar – Duane Allman

Vocals, Guitar  keyboard– Gregg Allman,

Guitar - Scott Boyer と言われています。

 

the 31st of february (2).JPG

 

the 31st of february (4).JPG

 

the 31st of february (3).JPG

 

#1 Morning Dew 3:45

この当時60年後期から70年 多くのロッカーがカバーしてた曲

デッドやジェフベックなど・・・

軽くポップなベースラインから始まり鐘の音そしてギターが絡み

ファズギターが参加し、渋いヴォーカルが入る

 

とてもメランコリーにアレンジされてます。

今聞いても過剰なミックスでなく生々しいサウンドで時代は感じますけど(ファズギターとか)

80年代のあの当時流行ってたダサイ古臭さはあまり感じません

 

グレッグは22才 もう出来上がってる声は特にかっこいいです。

生ギターもキラキラとミックスされててとても良いです

オルガンもばっちり入ってます。

 

#2 God Rest His Soul 3:55

とてもシンプルな編成での演奏

どう聞いても間違ってるベースとかが愛嬌です

淡々と進む

そしてサビに 結構ベースが引っ張っています。

マイナーゴスペル調なんですが アイクなどのゴスペルではなくて

どこかフォーキーです。

 

ここでも生ギターが全編入っています。

 

#3 Nobody Knows You When You're Down And Out 4:32

そしてブルースとゴスペルの融合曲

ゴテゴテのピアノにブルースギターががっつり絡みます

音質が前曲とはかなり異なりますね

 

ピアノとオルガンが入っているのも中期のオールマンBB風

合いの手のギターフィルはDuaneですね

 

ギターソロはコテコテの大阪ブルースみたいです

どちらにせよシンプルなドラムビートとベース

歌中心でとてもリラックスして聞けます

 

サビでみえみえの盛り上がり方もとてもええ感じ

 

グレッグのこれでもかって歌もとても良いです。

最後にエンディングフィルインギターもナイス

 

#4 Come Down And Get Me 3:40

とてもメランコリーな演奏です、ギターがキラキラ

シンコペーションフィルもイカしています

バックで暴れまくるギター

ファズギターでもコードワークもとてもカッコいい

 

キメのブレイクやリフもクールです。

ここでもグレッグの歌はとても良い感じです。

ドローンのように鳴り続くオルガンも効果抜群のアレンジだと思います。

 

#5 Melissa 3:15

サザンロックのメランコリー名曲の初期ヴァージョンです

これは超目玉曲ですね

 

オールマンBBと殆んど同じアレンジですがeat a peachではイントロは生ギターから始まります

本人も気に入ってた曲でアンプラグドなどもありますね

そして もう一つはスライドギターがスカイドックして舞い上がります

 

オルガンもスライドギターのアンサンブルはとてもメランコリー

ジャカジャカ鳴る生ギターもとても清々しく良いです

全編飛び交うスライドギターと涙なくしては聞けないヴォーカルはとても素敵です。

 

#6 I'll Change For You 2:57

メリサぽい曲です、こちらもメランコリーでオルガンがフューチャーされています

レイドバックしたヴォーカルも最高です。

イナタサの中に光り輝くメロとギター

LPではB面の1曲目

 

コーラスのハモりまで出てきます

柔らかく暖かな夢のような雰囲気があります。

 

#7 Back Down Home With You 2:25

こちらは少し音質が変わりますね

またメリサ調の曲で サビでいきなりゴテゴテのブルースになります。

でもメランコリーです

ギターフィルも素朴な良さに溢れています。

 

ドラムがリーダーかの様にしっかりしてて奥まったミックスではないですね

 

#8 Well I Know Too Well 2:15

ノリノリのR&B でもポップです

男ばっかりのコーラス

ペキペキサウンドのギターソロ

アメリカ南部の空気を感じます

 

#9 In The Morning When I'm Real 2:40

こちらも目玉曲です、キラキラクリスマスを思い浮かべるようなチューン

メランコリーです

ミックスが適当なのを感じますが

歌メロ、コーラス、ギターがとても美しくフォーキーでとても良いです。

ポップで甘く 楽しい楽曲です。

 

キングクリムゾンで言う所のGG&フィリップのような世界制覇する以前のまだまだ青いけど出来上がってる

そんなアルバムです。

 

the 31st of february (5).JPG

 

the 31st of february (6).JPG

 

今日はグレッグも死んで無くなってしまったオールマン達の

デヴュー前のメランコリーなアルバムの紹介でした。

オールマンはまだまだ つづく

 

★アマゾンにMP3ダンロードと中古LPあります

興味のある方 是非 のぞいて見て下さい↓

アマゾンのduane & greg allman

アマゾンのAllman Brothers Band 一覧

 

★スマホならメルカリオークションです

初めての方、気に入った商品などありましたら必ず商品についての質問をしてみてください

細かな質問にも答えられない出品者はパスした方が良いと思います。

結構トラブルがあるので注意してください↓

メルカリ

 

★こちらもオークションです、同じくトラブルを避けるために気に入って欲しいモノについては

必ず質問等をしてからがおすすめです 僕の場合 一度悪質な出品者とトラブり

17日間かかって商品代金とそれに関わった経費を取り返しましたが

かなりしんどいですので 注意してください↓

入札予約を使って「外出中」「電源OFF」でも快適オークションライフ

 

★世界のオークです興味のある方は、allman brothers band で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 

★HMVです、allman brothers bandで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

 

 

 

author:パピネン, category:Allman Brothers Band, 15:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409429
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...