RSS | ATOM | SEARCH
粋なギターリフがカッコいい Infatuation Jeff Beck ロッドの曲で大暴れ 12inch とブートレグ

JUGEMテーマ:ROCK

 

84年ロッドスチュアートのアルバム”カモフラージュ”にベックが3曲参加 (この曲以外の2曲はダサい)

翌年ベックのFlashにロッドが1曲参加 

 

PVではGソロの場面でベックが登場 

しかし・・・かっちょええイントロギターは Michael Landau セッションギタリストやって

当時MTV観て ベックが弾いていたと思っていたがな

 

またロッドのアルバムを買うなんて微塵も無いので12インチをゲット

これにベック参加3曲が収録されてたら最高やったのに

 

12inch jeff beck (1).JPG

 

side A

INFATUATION  (full length version)

涼しげな ひや〜〜〜とした年代を感じさせるシンセがフェイドインしてくる

そして立てノリ8ビート(80年代のセンス丸出し) に乗って例のギターリフ登場

クールなリフはベックとちゃいます、サビに行って再びリフとしわがれ歌

コーラス場面のシンセとギターリフの絡みは なかなかええがな

 

ピコピコシーケンス後 ベックのギターソロが出てくるが

どうみてもリフに負けているがな

ディストーソン度数の高いサウンドにアーミングを多用し、プリングオンオフの連打

思いっきりチョーキング そしてグニョグニョアームダウン その程度

 

エンド辺りでもグイグイ弾き倒すが・・・リフには負けたなベックさん

 

ブラスアレンジが もうほんとに"お前に"ヒートアップ"そのものです

ブラスとエレクトロのスネアやアkセント、シンセの音色、シーケンス等懐かしのオンパレード

80年代のロックはナイルロジャーズのセンスが濃厚に出ているリズムセクションで

今になっては、とても古臭いでんな 

 

この時代 アイザックヘイズまでも例のサウンドやん・・・・・・・・

 

side B

#1  Tonight's The Night (Gonna Be Alright)

ライヴ音源 AORやな 

 

#2  Three Time Loser 

ファイセズやん マットなサウンド 詰まったヴォーカル

この手のプラスチックゴスペルやプラのR&Bは苦手やねん

 

12inch jeff beck (2).JPG

 

そして ライブも持ってた

ロッドの2CD−Rで

 

12inch jeff beck (3).JPG

 

因みにロッドの2CDBootleg

ベックはディスク2 6曲のみ参加してる。

 

Disc 2

#1. Infatuation

スタジオと殆んど同じオケ

2人のギタリストがリフを分け合って構築してんだ

そしてベックがやって来て手癖とスタジオのソロ似を披露

やたらブラスがフューチャーされてますね

 

3人のギターは誰がどのパートなのかは、ソロになれば一目瞭然

弾き捲くってます そして激しいアーミング

最後辺りはロッドのシャウトに絡む手癖ソロでブチかましてくれる

 

ロッドもMC

 

#2. People Get Ready

イントロはベック 指弾き

Flashも同じようなイントロやったな

お前等 そんなにもこの曲が好きなんだな〜

初期から今までコレばっかやん

 

ソロは別にたいした事は無い

コードに沿ってメジャーでソロるだけか

 

2度目のソロはトリル連発弾きまくり、歌のバックではJBGを思い出しか

絡む絡む・・・Jeff Beckとブラスってのが珍しいよな

 

#3. Rock My Primsoul

そして出たブルースロック 得意な2人は最高のテンションでライブしてます。

それにしても やっぱカッコいいわ 

リズムが あのデジタルピコピコでないので嬉しい

 

ギターフィルは容赦なしで襲ってきます、いろんな手癖のテクも全快

まるでリングモジュレターのような不況な和音でグイグイ叩き壊します

非常に良いぞ!

 

最後は次に繋ぐブレイクしメドレーで

 

#4. I Ain't Superstitious

これも2人の持ち歌やん、トルース並みの凄さがあるやん

当時はレスポールだったが、今回はアーム付きのジャクソン?かストラト

大喝采やん まあそうやろ

 

#5. The Pump

ジェフリーベックと紹介されベックがMC

まさかの曲 マジかい これはとても嬉しいチューン

80年頃のゼア&ベック収録曲 勿論インスト

淡々とした8ビートに乗ってシンプルな構成の曲でテーマとサビのフレーズがあり

その合間でソロるのだ

 

こえでもかっていろんな手品ソロが炸裂しますね

聞いててベック自身のライブよりグッと来ますね

 

そうそうこのブートはサウンドボードです。

 

#6. Bad For You

カモフラージュからスタジオ盤にもベックが参加してますね

さてこれは もうイントロからして どうも思わないね

 

リフがイマイチやん 

シンセもあのサウンドかい

時折ノイジーなギターが・・・ベックです

 

アームを微妙にいじりながらのソロ

ワンコードやし好き勝手に弾いてるね

そしてトリルが またまた炸裂

ベックの指癖手癖の集結したソロだな(笑)

 

そしてベックが帰った後は↓

7. Passion

8. Gasolin Alley

9. Maggie May

 

Rod Stewart - vocal

Jim Cregan - guitar

Jay Davis - bass

Robin Le Musurier - guitar

Tony Brock - drums

Kevin Savigar - keyboards

Jon Coury - keyboards

Jim Zavala - saxophone

Nick Lane - horns

Lee Thornberg - horns

Jeff Beck - guitar 

 

 

カモフラージュ アマゾンにあります

興味のある方 チェックしてみてください。↓

アマゾンのJeff Beck Rod Stewart Camouflage

 

 

興味のある方は、 Rod Stewart Camouflage で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 
★HMVですRod Stewart Camouflage で検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓
7ネットなら簡単コンビニ受け取り本BOOKとミュージック
★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。

 

サマーセールやってす使い勝手がいい

★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓

今日はロッドとベックの12インチでした。

 

author:パピネン, category:Jeff Beck, 16:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409416
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...