RSS | ATOM | SEARCH
Jeff Beckのギターがとにかく良いJBGより甘いソウルファンク メローなギターUPP1st.

JUGEMテーマ:SOUL・FUNK

 

1975年 Jeff Beckのプロデュースとギターで参加した英国のファンクバンドUPPのデヴューアルバム

 

UPP (1).JPG

 

これは75年5月リリースのBlow By Blow直後かな 

その頃に参加しプロデュースした作品

飛び道具は少ないけどトーキングモジュレイター等いろんなテクを披露してます。

いつものワンパターンではなくて

マジ! ギターは歌に沿って弾いてたりするがな 

 

メンバーは

Andy Clark - Keyboards

(Fender Rhodes , Minimoog , Mellotron, Hohner Clavinet 

Stephen Amazing - Bass

Jim Copley - Drums

Jeff Beck - Guitars

 

A1 Bad Stuff

A2 Friendly Street

A3 It's A Mystery

A4 Get Down In The Dirt

 

B1 Give It To You

B2 Jeff's One

B3 Count To Ten

 

94年に初CD化されたモノ↓

UPP (2).JPG

 

2枚目↓

UPP (3).JPG

 

未発表と別テイクとあるが・・・怪しい↓

UPP (4).JPG

 

今ではネットで綺麗な画像等で見れますが、

その昔はこのブートでJeff BckとUPPのBBCスタジオライブ音源を聞いてた

とても酷い音源↓

UPP (5).JPG

 

ハードロックBBAの前後に

スティーヴィーワンダー、バジャー、エディハリス、スタンリークラークと言ったロック&ロック以外のレコーディングに参加

なぜかファンキーで黒っぽいものに感化されクロスオーバーの世界に入っていく

その後 出会ったのがUPP(75年6月リリース)だった。

 

A1 Bad Stuff

邦題は"低俗"(笑)って訳すんかな

ジューシーなサウンド ムーグから始まる、即ベックのギターフィルが絡む ブレイク

そして微妙にずれて始まる

左にメロトロン 右にエレピ 中央奥にベックのフィル

軽やかな16ビートに乗ってギターソロのオクターブ奏法が絡み 右チャンネルでエレピがコール&レスポンス

もう1本のギターは高音で軽くチューキング

 

歌が始まると右チャンはクラビネット 左からベックのトーキングモジュレイター(別の歌詞を歌っている)が聞こえる

本物の歌もユニゾンで入る

 

こまかなドラミングとファンクベースがゆったりグルーブをキープ

コーラス後 再びベックのトーキングM歌と本物歌になり

 

歌の合間に聞こえるトーキングMとユニゾンのヴォーカルは 凝ったオーバーダビングしてんだな

 

ブレイクがあって

ベックのメロウなソロが始まる レスポールのクリアーでマイルドなトーンで落ち着いてとてもクールな演奏

 

お次はミニムーグソロ 当時のスペーシーなソロでバックのシンバルワークが気持ち良い

相変わらず細かなフレーズを叩きだすベース 指弾きでスラップな軽いチョッパーも混ぜている

飛び抜けてないけどマッチしてますね

 

このパートではワウワウミュートでチャカポコギターがムーグソロのバックを勤める クールだぜ

ギターは余計なエフェクトしてないのが これまた魅力です。

その分 キーボードが暴れている。

 

そしてブレイク

歌に戻る 勿論ベックのトーキングMと掛け合いの場面

そしてサビ ファルセットヴォーカルは2本多重してますね

 

最後のギターソロパートはメロトロンとエレピに包まれてクールで落ち着いたワンパターンでないものを披露

BLOW BY BLOWで聞けるフレーズも出てきます(悲しみの恋人たちの降下トリル奏法) 

結構長いソロだがフェイドアウトしていく・・・それは残念だ!

 

派手ではないが玄人受けするチューン

 

A2 Friendly Street

ワウワウギターから始まるステジオの空気感たっぷり 口笛が右から聞こえますね

ドファンクです、重たいベースにクリムゾンの"太陽と戦慄"のブラッフォードの雑巾ドラムそっくりなのが出てくる

 

ドラムロールの出番もいっぱい

ファンキーなシャウトな歌 やはり何回かオーバーダブしてますね

そしてベースが前面にでてくる そのバックではベックのトーキングMが小さいながら聞こえます

Jベックさんは プロデュースしてんだから控えめにしようかな! って思ったんだろう

リバーブなんか全く感じないサウンドです

まあ多少はエフェクトしてると思います

 

A3 It's A Mystery

そしてバラードです ファルセットが甘いソウルしています とてもメロウ

エレピがBlow By~のMaxミドルトンと同じくステレオで動きます。(あれほどくっきりしてないけど)

声もメロディもトロトロです

 

音数の多いドラムもこちらではリムショット中心に素敵なドラミングをキープ

ムーグソロになると

 

これにはベックは参加していない ギターが聞こえないです。

 

A4 Get Down In The Dirt

ファンキーチューンこまかなベースにタイトなドラム

ファンキークラビはステレオ出力だ

 

そしてベックのソロです、まさしくBlow By Blowの歌入りバンド

ここでは歪んだトーンでグイグイチューキング チョークダウン 低音弦を擦りつけるサウンド

そして得意の2本弦を使ったチョークダウン

 

その後ムーグソロ

転調した時ベースソロになる

再び 歌に戻る

ドラムソロも少し入ってくる

 

ジェームズブラウン丸出しの場面も出てきます

クラビがバックで大活躍してます、これがファンキー味を醸し出してます。

ファイドアウト

 

UPP (6).JPG

 

UPP (8).JPG

 

B1 Give It To You

ベースとハイハットから入ります、ファンクです ハーモニクスで色付けるベース

オルガンかな シンセかな バックでリズムを刻む

ギターがスライドギターの様に聞こえる

そして突然 ポップになる

ただ細かすぎるベースは このチューンでは邪魔かも

 

歌はソウルフルで甘く激しく・・・

ブレイクで無理なリズムを入れてくる ベックのギターがここで聞こえる

ブレイク後テンポダウン メロトロンが流れる

 

突然曲調が変わりファンキー度を増す、ここからベックのギターソロ

右からトーキングM とにかく歌っている

左からは歪んで野太いサウンドのギターで いろいろな奏法が飛びだす

スライドからミュート、オクターブ等など

 

そしてドラムと数本のヴォーカルになり

その後ドリーミーな世界に突入 とても気持ち良い場面

拍子木が聞こえます スペーシーな世界に連れて行ってくれます。

 

古い感はたっぷりあるけど メロウでドリーミー こんなにもリヴァーブをかけるなんて(笑)

曲造りの凝ったチューン

 

B2 Jeff's One

そしてベックの美しく華麗なギターが嬉しいチューン

甘くメロウでドリーミーなメランコリーなソウル

スローで進む ギターが3本くらいかな? もっとあるかも

ギターがバックでチラチラと聞こえる

バイオリン奏法かスライドギターがとても美しい

 

その後 まるでソーバットレヴューみたいなソウルな場面でギターソロが始まる

ゾクゾクすしますよ

 

歌うギターソロがすばらしいです 勿論ファルセット歌も素敵だ

ギターソロのバックでスライドギターが舞います

フェイドアウトするのか!

 

B3 Count To Ten

メロウに始まるけど いきなりドファンクになる

フルートが聞こえるのはメロトロンかな この場面はアザックヘイズみたいなテイストがあるが

即変わり渋いファンクに 

 

ベックは参加していないようです。

このバンドのコード展開が変わってます ギタリストが作る曲とはかなり違うセンスですね

 

最後辺りのムーグソロにはメロトロンがへばり付いています。

そんなに特筆する曲やないな

ベック参加曲についてはいろいろな説があって 

ギターが聞こえる曲に参加してると思ってます。

 

UPP (9).JPG

 

Jeff Beck 初心者さんやベックのギター好きの方におすすめです

 

個人的に思うにはBlow By Blowのドラムとベースはいまいちダサいし

プロデュースがイマイチだな いくらジョージマーティンと言えども駄作はあるんやろう。

今日はベックベスト3ならコレッ! UPPでした。

 

このUPPは9月には1000円でCD再発されます.

AMAZONに中古などがあります、興味のある方は 是非 チェックしてみてください

アマゾンのUPP Jeff Beck 一覧

 

興味のある方は、UPP Jeff Beck で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 
★HMVですUPP Jeff Beck で検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓
7ネットなら簡単コンビニ受け取り本BOOKとミュージック
★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。
★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓

author:パピネン, category:Jeff Beck, 15:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409415
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...