RSS | ATOM | SEARCH
LATHERについて フランクザッパ ラザーまたはレザー関連の話 パート2

JUGEMテーマ:音楽
 

 

LATHERについて フランクザッパ ラザーまたはレザー関連の話 今日はパート2です。
 

 

Lather4Lather
 

 

あと以下の曲が収録されてます。

8. Broken Hearts Are For Assholes - 4:40  シークヤブーティー
9. The Legend Of The Illinois Enema Bandit - 12:41  イン ニューヨーク
10. Lemme Take You To The Beach - 2:46  スタジオ タン
11. Revised Music For Guitar & Low Budget Orchestra - 7:36  スタジオ タン
12. RDNZL - 8:14  スタジオ タン

 

CD2
13. Honey, Don't You Want A Man Like Me? - 4:56  イン ニューヨーク
14. The Black Page #1 - 1:57  イン ニューヨーク
15. Big Leg Emma - 2:11  イン ニューヨーク
16. Punky's Whips - 11:06  イン ニューヨーク
17. Flambé - 2:05  スリープダーツ
18. The Purple Lagoon - 16:20  イン ニューヨーク
19. Pedro's Dowry - 7:45  オーケストラルファイバリッツ
20. Läther - 3:50 
21. Spider Of Destiny - 2:40  スリープダーツ
22. Duke Of Orchestral Prune - 4:21  オーケストラルファイバリッツ

CD3
23. Filthy Habits - 7:12  スリープダーツ
24. Titties 'n Beer - 5:23  イン ニューヨーク
25. The Ocean Is The Ultimate Solution - 8:31  スリープダーツ
26. The Adventures Of Greggery Peccary - 20:56 スタジオ タン
27. Regyptian Strut - 4:42  スリープダーツ
28. Leather Goods - 6:01  
29. Revenge Of The Knick Knack People - 2:25 
30. Time Is Money - 3:04  スリープダーツ
 

 

Lather4
 

 

8. Broken Hearts Are For Assholes - 4:40  シークヤブーティー

これもシークに収録される曲の別テイク

ジオボの無理やりヴォーカルからして違う

かなりのオーバーダブ処理が施されている。

 

ザッパのヴォーカルからして多重録音

ザッパ イン ニューヨークのメンバーでの音源(ルースを除く)

Frank Zappa - guitar & vocal
Ray White - vocal , guitar
Eddie Jobson - violin , keyboards
Patrick O'hearn - bass
Terry Bozzio - drums vocal

 

突然のカットアウトで次の曲に
 

 

9. The Legend Of The Illinois Enema Bandit - 12:41  イン ニューヨーク
新聞の小さな欄に載った記事からできた曲。

こちらもザッパ イン ニューヨークと同じメンバー

それに豪華メンバーがゲスト参加

こちらには

Ruth Underwood - percussion & synthesaizer

David Samuels   -  timpani & vibes

 

Randy Brecker   -  trumpet

Mike  Brecker   -   tenor sax , flute

Lou Marini       -   alto sax , flute

Ronnie Cuber    -  baritone sax , clarinet

Tom  Malone    -  trombone , trumpet piccolo

Don Pardo    - sophisticated narration
歌中心の曲でよく聞くと音像の広い事 臨場感はあるものの

スカスカな感じがする そこにザッパのギターが左右に分かれて飛び交う
レイホワイトが熱唱 ザッパもボジオも歌うが・・・

ザッパ&他の声にはかなりのディレイ処理がされている
最後には、アカペラになり キャンハプンヒア〜〜のフレーズが飛び出てくる

10. Lemme Take You To The Beach - 2:46  スタジオ タン
コケティッシュなキュートな曲
ザッパはテープスピードを変えて録音 戻して再生
そのテクニックを使いアニメボイスを得た この声だな
ヨーデルまでとび出す 豪華ポップチューンである

短い曲だけに とても印象に残る名曲だな
メンバーは
Frank Zappa - guitar & vocals
David Morie  -  vocals
Eddie Jobson - keyboards , yodeling
Max Bennett  -  bass
Paul Humphrey   -  drums
Don Brewer    -    bongs

驚くメンバーはドンである 
この頃ザッパはGFR(グランドファンクレイルロード)のレコードをプロデュースしていることから
参加したんやろう
ベースにホットラッツのマックス 聞けば一目瞭然 彼のベースは直ぐにわかりますね
ポールはセッションゴラマー
あとはザッパ関連だが
珍しい顔合わせやん

ヘッドフォンで聞くと 奥にいろいろなサウンドが隠れているのがわかる
タンバリンもしっかり入っているし、ギターもいくつか シンセもかなりの多重録音である

凝りに凝った曲作りと構築さがかっこいい
最後にはザッパらしいフィルで終わる
コラージュが入り 次の曲に

つづく

Frank Zappa で検索してください♪ ↓


★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓

 
★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪
★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:パピネン, category:1970年代のザッパ , 15:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409352
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...