RSS | ATOM | SEARCH
オーケストラル ファイバリッツ Orchestral favorites Frank Zappa

JUGEMテーマ:音楽

 


オーケストラルファイバリッ LPリマスターと初期CDについての感想

オーケストラルファイバリッツ

1974年から76年にかけて製作されたという4枚組LPラザーからの1つ
オーケストラルフェイバリッツです。
結局ばら売りされ79年にリリースされました。
内容は、75年9月にUCLAのロイスホールにてのライヴ演奏にオーバダビングされた作品です。

200モーテルズ収録曲
アブソリュートリーフリー収録曲(ミステリーディスク等)
日本公演の開幕に使われた曲
後のアルバム LSOに収録された曲で構成されたオーケストラ曲集です
しかしザッパの事なので 一筋縄ではいきません。

#1 Strictly Genteel
#2 Pedro's Dowry
#3 Naval Aviation In Art?
#4 Duke of Prunes
#5 Bogus Pomp

The Abnuceals Emuukha Electric Orchestra
指揮  Micheal Zearott
Frank Zappa Guitar
Dave Parlato Bass
Terry Bozzio Drums
Emil Richards Percussion

オーケストラルファイバリッツ2
 

 

88年頃にリリースされた初期CDと 今回のアナログリマスターとの音の違いは・・・

あんまりかわらんような気もするけど、なんとなく初期CDは少しザラついた部分がある程度かな

アナログリマスター盤も作品によって 差があるのかと思いました。
 

 

#1 Strictly Genteel

200モーテルズのヴァージョンとは、全く違います 当然か!

ピアノから始まる大オーケストラ編成です、まあ200モーテルも同じでしたが

予めオーバーダブを追加する予定のオーケストラ演奏なので、

ドラムス、パーカッションやベースが上手に混ざった音像です。
 

 

かなり派手なベースとドラムの小刻みなオーバーダブがはっきり聞き取れて さすがです。

後から多重録音はお手の物って感じがします。
 

 

ギターの様なサウンドがチラっと出てくるような場面もあるのかな

ミックスダウンには相当な苦労も見れる ザッパクラシカルワールドです。
 

 

1曲目とあって派手で しかも ポップなフレーズが矢継ぎ早に登場します

3拍子が中心のテーマ場面やのどかな風景そのものが音楽になっていたりしますね
 

その合間に、ザッパ特有のパーカッシブなパートが現れて消えての連続です。

パーカッションは時には大きく、そして小さい音量でのミックスがなされてます
ドラムは流石に大音量でぶちかましてくれます。

ライブ演奏を見たお客達は、さぞかしビックリしたのでは・・・
さがせば出てくるに違いないオーバーダブ抜きのライブ演奏・・・ブートやyouのtubeなどで
マイク数や 一体 幾つのトラックで録音したのかね〜

今ザッパ新譜はオーディオドキュンメンタリー連発時期に入ってるんで 出るかも
しかし このドキュメンタリーは・・・余程のファンかコレクターのみが喜ぶもんかな

僕は、全部をまだ揃えていない
アンクルミートの3Cdが出たのかな?

とにかくまだ 持っていないザッパファンは、買うしかないCDです、アナログリマスターさえあれば十分かな
 

#2 Pedro's Dowry
後のクラシカル シリアル ザッパ音楽で登場する、ダークで奇抜な曲
凄まじい前衛的な楽曲で、オーバーダブのテクニカルな演奏に驚くばかり
テリーボジオの一寸とも狂わない演奏、パーカッションのマリンバ、ベースは まあ こんなところ
エッジの効いてコロコロしたベースはザッパ作品のなかでも珍しい音色です。

譜面があっての多重録音やろうけど ほんとに神業的仕事だったんでしょうね

この複雑怪奇な曲を どのように楽しむかは・・・個人個人の忍耐とファン度に頼るしかないわ
パーカッションは、幾つかオーバーダブされていますね、少なくとも3回?4回?
左右から途轍もなく溢れ出てきます。

そう思って鑑賞するのも秋の夜長にピッタリかも
 

オーケストラルファイバリッツ3

#3 Naval Aviation In Art?
これは多分やけど 日本公演で初演奏(テープですが)会場に流された曲やと思います。
これから始まりナーフィーが能楽まがいのヴォイスを披露しショーが始まった

この日本公演東京の最新音源は今までとは違う とても録音状態の良いのをゲットしました
また紹介しますが、 もうビックリするくらい 良い状態のライブ音源です。
まあええか

短い弦楽器中心の前衛シリアルクラシカルです、日本公演ではもっと長かったのではないかな
怪しげなテーマが何度か出てきて あっという間にオシマイ


オーケストラルファイバリッツ4

#4 Duke of Prunes
これはとても古い曲で60年以前に作曲されたんと思う
実際 蔵出し集めたミステリーディスクCD 当時はLPボックスオールドマスターのおまけLpでした
僕は、この曲の為にだけブートレグLPを3000円も出して買いましたがな・・・
大した事 あらへんかったけど・・・ まだ 持っている
その後 CD化された

2枚目のアブソリュートリーフリーには歌入りで収録されていた、レイコリンズが歌ってたのかな
その2回目の収録 今ではいろいろ聞けますが グランドワズー時代のブートレグでも聞けます

美しいメランコリーな名曲に大オーケストラ そしてザッパのカッコいいギターが入ったヴァージョン
素晴らしいフィードバックギターが目白押しです、そしてソロも入っています
これだけでも このリマスターCDは価値あります。

次から次へと変化する情景 そんなテイクでテーマが何度か出てきます
出る度にワクワクしますね

凄くドライブしててグルーブも抜群
ザッパ曲では珍しい普通に流れるグルーブです、跳ねたりしない正当なノリが凄いです。
オーバーダブでロックになる場面とかは。一体 オーケストラはどんな演奏だったのかな?
もしかして 後編集で加えたのかもしれない、またはごっそり消されたのか? 謎だらけのザッパ編集の技

ドラムの音が他と違うので、オーバダブ時期のずれや方法、またはミッククでの相違などが影響したのかな


ややこしくなりますが、ラザー3CDにも収録されているので、僅かな違いなどの発見もあるのかもしれないです。

オーケストラルファイバリッツ5オーケストラルファイバリッツ8オーケストラルファイバリッツ7

 


#5 Bogus Pomp

後のアルバム LOS兇房録される曲 これには1曲目も収録されています。

恐ろしい程の大スペクタルミュージックです。
 

 

目まぐるしく変化するメロディに付け加え テンポまでが変化の連続

また全くの狂いもない驚異のオーバーダブ どのようにザッパのスタジオで録音されたのでしょうか
 

 

ボジオらは丸暗記とピッタリのリズムで挑んだオーバーダブやったんでしょうね

ザッパバンドに在籍したプロメンバーの演奏技術は、そこらのロックバンドも足元にも及ばなかったでしょう
 

特に転がる石ころは絶対に無理無理 不可能200%

飛行船や桃色フロイドやら 全くの別物 宮殿連中なら 近いかもしれないけど・・・多分無理やろうに
 

 

これは是非 持っていてください。
 

 

オーケストラルファイバリッツ6
 

 

アマゾンが安いです、中古や新品も海外通販が安いです

僕は結構カナダやUKの海外から買っています、日にちが多少かかるけど格安でゲットしています。

興味のある方 覗いてみて下さい↓



スマホモバイル Orchestral favorites Frank Zappa

Frank Zappa で検索してください♪ ↓


★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓

 
★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪
★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

 

 

author:パピネン, category:作曲者 ザッパ, 16:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409349
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...