RSS | ATOM | SEARCH
Grandmothers LP CDについて
JUGEMテーマ:音楽

グランドマザーズ Grandmothersです。
以前にチョロっと紹介しましたね!

神戸のレコード屋に行ったとき偶然見つけた、もうジャケットからしてザッパ関連やと思ったがな そしてゲット 聞いて嬉しくなった・・・

初期マザーズのドンプレストンとガードナー兄弟が結成したバンドだ。
この3人はザッパとは仲が悪く 当初ザッパをいらつかせたん

ろくに曲に対す印税も払わないし、使用許可もなく 支払いはゼロ
宣伝のためにザッパの名前を使った など ザッパはご機嫌が悪かった・・・が

ファンからすれば嬉しい結成だった・・・♪

Grandmothers

1stLPは1980年にリリース
ボーナストラック入りCDが1993年にリリースされた

メンバー全員がマザーズ出身ではなく、コンピレーションアルバムです。
では、LPからです

sideA

#1 '59 Chevy
Jimmy Carl Black
Bass – Tom Leavey
Drums – Andy Cahan
Guitar – Denny Walley
Horn – Bunk Gardner, Buzz Gardner
Lead Vocals – Jimmy Carl Black

#2 Sweet Fifteen
Don Preston
Bass, Guitar – Dave Parlata*
Drums – Chris Parlata
Percussion – Emil Richards
Piano – Eric Linderman
Synthesizer [Moog] – Don Preston

#3 Qualude To Chaos And Fine
Bunk Gardner, Buzz Gardner &John Balkin
Performer – Bunk Gardner, Buzz Gardner, John Balkin 

#4 A Bit Blue
Elliot Ingber
Guitar – Elliot Ingber
Larry Taylor Harp – Johnny Dyre

#5 Motorhead's Bumble Bee
Motorhead James Sherwood
Bass Clarinet – Bunk Gardner
Bass Drum – Keith Olson
Clarinet – Tjay Contrelli
Piano [Tack] – Andy Cahan
Saxophone [Baritone] – Motorhead James Sherwood
Tambourine – Denny Walley
Trumpet [Bass] – Jimmy Carl Black

#6 Basement Theme Downstairs
Bunk Gardner, Buzz Gardner &John Balkin
Performer – Bunk Gardner, Buzz Gardner, John Balkin

sideB

#1Eye Of Agamoto
Don Preston
Bass, Guitar – Dave Parlata
Drums – Chris Parlata
Percussion – Emil Richards
Piano – Eric Linderman
Synthesizer [Moog] – Don Preston

#2 Trail Of Tears 
Jimmy Carl Black
Bass – Tom Leavey
Drums – Meatball
Guitar – Denny Walley
Horn – Bunk Gardner, Buzz Gardner
Lead Vocals – Jimmy Carl Black
Piano, Synthesizer [Moog] – Don Preston

#3 One For The Girls
Bunk Gardner, Buzz Gardner & John Balkin
Performer – Bunk Gardner, Buzz Gardner, John Balkin 

#4 We Don't Feed No Livestock Here
Elliot Ingber
Drums – Richie Hayward
Guitar – Lil' Johnny (2)
Lead Guitar – Elliot Ingber
Washboard – Ira Ingber

#5 I Can't Breathe
Don Preston
Drums – Sandy Reiner
Synthesizer – Christy Rundquist, Phil Davis 
Vocals – Don Preston

#6 The Fight Is Out
Grandmothers*

Design – Cal Schenkel

Grandmothers2

Grandmothers3

Grandmothers5

Grandmothers6

Grandmothers4

Grandmothers7

#1 '59 Chevy
ジミーカールブラックとガードナー兄弟が出してきた曲
イントロでスタジオ録音風景が少し入っている 
そう これってオムニバスLPでCDとは収録曲が違っててたりしてるねん。

ノリノリのテキサスファンキーなロックンロール ファンクにならないギリギリの線を狙ってるのかな
ブラスがお決まりのリフと勢いをつけてくれる、初期マザーズの名物男 ジミカルブラックが歌う、カッチョええぞ

ジミカルってゆうたらザッパ時代 カントリーを2曲ほど ぶっ飛ばしたよね
「200モーテルズ」でロンサムカウボウイ バーツ
「我つまるところ己なり」でハーダーゼンユアハズバンドなどなど まだあるな・・・

特徴ある声 なかなかハスキーでええやん
ドラムは本人でなくてアンディって奴、デニーウォ〜リ〜がギターソロをぶちかます
カッコいいソロだ

フィンガリング凄いね〜 クチャとしたチャンクなサウンドで弾きまくる
歌のバックでのフィルやらもカッコイイ

1971年の録音やって。

#2 Sweet Fifteen
Don Prestonが出した曲で作者はドンプレストンとパーカッションのリチャードって奴
CDには未収録曲やね
ドンゆうたらキーボードーやけど 初期マザーズ時代 自ら考案したシンセを弾いてもいた

さて これは もうザッパ 見事にザッパの難解なテイストタップリのインスト
キメや展開 細かなリズム 細かいメロ ブラックペイジ風

グラスの割れる音や会話がコラージュ イントロでね・・・
それから始まる 76.7年頃のザッパみたい 1970年に書いたとある
録音は、そのあとかな 音が70年とは思えないから

目まぐるしく廻るリズムに乗ってザッパテイストのメロが舞う
ヴィブラフォンが大活躍 凄いね
ゴリゴリ風のベース ボトムをしっかりサポート ザッパバンドよりいいぞ
ギタリストが弾くベースは、特に良い時があるよね

ドラムやらもユニゾンリズムで突き進む
テーマ後 ギターソロになる マイナーで暗く しかし アッパーな雰囲気
ギターソロもええやん ディメオラの真似をしてたヴァイ風のつかかったリズムでソロる

デイブ Parlataってのがベースとギターを担当
ヴィブラフォンソロのバックでアクセントでぶちかますチャイナシンバルの効果的なこと

#3 Qualude To Chaos And Fine
ガードナー兄弟とバーキンの出してきた曲
ザッパらしい現代音楽 アヴァンギャルド
キ〜キ〜ヴァイオリンやピアノ 喋り パーカッション ブラス フルート
69年と72年 この4年間で作り上げたのかな

かなりいいね この手の好きやん
まあ 好みやけど かなりプリミティブだ


#4 A Bit Blue
「フリークアウト」でギターを弾いていたエリオットイングバーが出してきた曲
リズムボックスかな・・・をバックにギターとブルースハープ
70年初期の録音かな ただのブルースインスト


#5 Motorhead's Bumble Bee&
モーター シャーウッドが出してきた曲
ちんどんや音楽で、ラッパ タンバリン パーカッションのお祭り前夜 そんな感じの短い曲 ザッパ風だね

メンツが6人中4人マザーズってのがいい

#6 Basement Theme Downstairs
3曲目と同じメンバーで つづきかな
割りといいよ 前衛アヴァンギャルドだな

Grandmothers9

#1Eye Of Agamoto
これは、ドンが出してきた曲で#2曲目と同じライン上にある曲
ムーグが大活躍で、スピーディーに目くるめく世界が展開していく、クロスオーヴァーだね

ファンキーでタイトで これはなかなか良いよ ドラムもなかなか素敵だ
ムーグがチトクラシカルだが 70年代ロックファンには受けそう

70年頃に作曲したってクレジットがある
おすすめかな

クールダウンして終わっていくところなんて いいよ

#2 Trail Of Tears 
ジミカルブラックの2曲目 プログレとアメリンカンサイケとテキサスを足して割ったような カッチョいい曲 ブラスも入ってるし ヴォーカルも最高にいい

キメもあって フィルが  ザッパみたいのがあったり ギターのコードカッティングもナイス
ソロになると 弾きまくり リフなんて 間違えればキングクリムゾンだな
ノリノリで持続音のあるリフなんて とてもカッコイイぜ

何時の録音だろう。


#3 One For The Girls
これまたガードナー兄弟とバーキンの出してきた曲
3つ目のパートかな 前衛だよん

今度は、長い曲だ うるさくなく ゆったりしてる


#4 We Don't Feed No Livestock Here 
エリオットの出してきた2曲目

バリバリの古いブルース それも変形ブルーズ
1971年の録音とある

ファジーなギターとギンギンのギターが絡む
ドラムはアタマをキープ ベースレスでワンコードブルースロック

かなり雑い収録だが まあ1曲くらいあるのが このLPを良くしてるのかな

#5 I Can't Breathe

ギターレス キーボードロック シンセやけどね(ムーグか)
ノリノリのビート ドラムと2人のキーボードと歌のドンプレストン

70年代プログレだな そしてサイケデリック
ホークウインドウを思い出したがな

最後 声だけになり
咳払いがあって・・・ザッパっぽいね

#6 The Fight Is Out 
グランドマザーズ連中のおふざけ 大暴れの模様
楽器は、好き勝手に鳴らしている

なんやろうね?


Grandmothers8


さてと このLP CDとは曲数も少ないけど CD未収録があるから
ややこしい まあLPなんでジャケットが価値あるかな

ザッパ関連では、おすすめ なんせ4人以上ザッパ卒がいてるもんね
興味のある方は、のぞいて見て下さい↓

スマホモバイルはこちらからです。↓
アンソロジー


★Frank Zappaで検索してみてください↓

タワーレコード↓
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓



音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:ザッパ周辺&ビザール&ストレイト等, 16:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409313
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...