RSS | ATOM | SEARCH
Cowtown Night and Day Frank Zappa The Petit Wazoo Orchestra 1972 フランク ザッパ72年12月2日パート5
JUGEMテーマ:音楽

今日は、カウタウン ワズーライブのパート5です。
その前に、昨日 無事CDが届きました。


全て(左上は、紹介済み)ライブ音源で、71年もんはあまりなかったんで ちょっと嬉しい
右上、


71年フロ&エディ時代のラジオ音源 古いカーラジオから流れるようなレトロな音質で ビックリした 言いも悪いも このサウンド ぶっ飛びましたがな

ザッパの顔一杯のは、73年もので これは大当たり 買わないとあかんです。
タワーが一番安かった♪

コンピライブ音源で、ザッパが編集してたのかな 継ぎ目もばっちりキマってて
内容が ほんまに凄いです。後程レヴューしますね!

3つめは2CD &ビーフハートですね
もうすでにネットでは浮遊してる音源です、まあ安いから買ったんやけど
ネットモンはすでに持ってたが・・・ジャケなしdふぇただの音源で曲間カウント無しやったんで 思い切って購入しました。

サウンドは・・・こんなもんでしょう。


ではでは、前回の続きからです。

ワズ〜

Cowtown Night and Day2

前回の記事は、こちらから↓

#5 Cosmik Debris

1974年リリースの”アポストロフィ”から
ザッパの曲紹介 喝采が・・・そして つづくMC 観客とのやり取り少しあって
イントロが始まる ブラスバンドでのイントロ これだけでも聴く価値あるかも

淡々と刻まれるリズム 全体の音が少し篭り気味だが、気にしてはイケナイのだ
なんせ古い アンオフィシャル ブートレグ 3拍子だもんね
しかししっかりとステレオ録音だ!

ザッパがおどけ気味で歌う、サビが凄い ブラスバンド全快 とてもかっちょええぞ
2番目 おどけ風のザッパの歌 笑いそうな歌い方 嬉しいかったんだろう 伝わるね

そしてサビ 誰かが歌に参加する
その後 ギターソロ 音が左右にパンするが、時代を考えればしゃーないな
時折 スクラッチノイズらしきものが入るが、まさかアナログやった訳はなさそうや
いやいやEPで出ていた この日の音源が・・・

そしてソロだが、コード進行がハッキリあるのでザッパのギターが歌う歌う
チョーキング込みのブルーノートと指癖で ぶちかましてくれる。
そしてだんだんテンションが上がる上がる ベースもやたらブイブイいわす

ブレイク もう1人のギターがしっかりサポート 変拍子が入る ブレイク込みでだ
ザッパのスポークンが冴え渡る

ほんまブラスがカッコイイ!歌詞もチト違うのかな
最後 キメのエンディング ギターフィル ブルースで終わる

少しチューニング 編集有り? そんな感じだ

#6 Chunga's Revenge

70年リリースのチャンガの復讐”から 中近東ギター曲だ!
殆んどのパートをブラス隊が・・・怪しいリフが続く
途中 カット 別音源からの編集みたいだ 音が変わる

トロンボーンソロに入る、ベースラインがものすごモンドしてはる
跳ねたリズムになってるね でも全然ファンキーやない だからリリースされなかったとか

その後 テーマに移り ギターソロ
単純なソロ ザッパらしくない導入部だ、それからミュートを取り混ぜ、いつものエキゾチックな世界に・・・行くのか? まだや まだまだ

他の連中も参加&絡みだし 団子状態になるが ギターが浮いてきた
プリングオン&プリングオフの指捌きが炸裂する、やっと来たぜ・・・グイグイ舞い上がる
ゾクゾクするね ドラムもロックだ 地にしっかりついてるところがいい
浮いてる軽い80年代とは違うぜ!
トニーのギターは、どことなくファンキーだな

時折ベースがギターソロとコール&レスポンスするのが聞ける、まあワンコードだからな
なかなか暴れまわるベースもグルーブをぶっ飛ばし自由開放的だ

ネチっこいギターソロだ ズルズルと低音で攻め捲くり 攻めあげる
インプロと言うのかジャムって言うのか 微妙な場面
ロバートフィリップならジャムと言うだろうが・・・・・・・
そしてリフに行く
テーマに戻るとクールダウン 黄昏のトルコって感じだ
そしてドラマチックに終わる。

ザッパのMCとサンキュー

#7 Don't You Ever Wash Thant Thing?

ここで編集が入る 少し声がMCか?
1974年リリースの”ロキシー&エルスウェア”収録曲のワズーヴァージョン

複雑ながら聞き易いメロと盛り上がりのインスト曲、キャッチーなリフだな
それに絡むブラスはとてもアメイジングで素晴らしいぞ これ オフィシャルでのリリースなら ものすごいいんとちゃうやろうか スリリングで金物がキンキラしてて オマケにとてもアーバンだったりして

ギターソロに入ると、他の連中 テンション上がりっぱなし
そうこうしてたらワウワウペダル オン グイグイ行くぜ ゾクゾクするぜ 倒れそうになる すんげェ〜〜ソロだ たんまのハウリングも曲にうまく混ざり込み最高だぜ

ぶっ飛びのグルーブが体験出来るぜ(インユーヨークのパウンドフォーブラウンほどでないけど)
しかしこのギターサウンド なんだろう グニョグニョだわ
リングモジュレートしてるんかい?
オクターバーではなさそうだが・・・そしてドラムソロだぜノリノリだね

そしてテーマに、もう全然違う演奏になるね これがザッパらしさだね
あまりの不協和音映画ベンハーや十戒のような壮大さが・・・ダイナミックに終わる
いいね! これCD-R盤は安いです、プレスは法外値段だが・・・

とりあえず初心者さんは、オフィシャル聞いてからの方がいいかも 音がやはりブートですわ!
次回は、日本公演東京2箇所、ホットラッツ リマスター、シャフトサントラ3cd、71年FM音源、Bebop Tango contest Live,muffn man gose to collegeこのあたりになります。
つづく

タワーレコード↓
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓



音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:グランドワズー1972年, 16:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409284
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...