RSS | ATOM | SEARCH
Cowtown Night and Day Frank Zappa The Petit Wazoo Orchestra 1972 フランク ザッパ72年12月2日3
JUGEMテーマ:音楽

The Petit Wazoo Orchestra 1972 パート3ですね

Cowtown Night and Day2

#5 Cosmic Debris

1974年の”アポストロフィ”に収録されたポップなロック
さて このメンツでは、どのような感じになったのか?

ブラスいっぱいで始まる、このヴァージョン ブラスバンドアレンジと言うか、リフや決めのフレーズをブラス隊が演奏してる、ある意味 迫力満点で凄い

ザッパは歌っている そしてギターソロ大炸裂する、音がこもり気味だが この迫力は凄いぞ

幾つかのコード進行があるので、ギターソロも歌っている
そしてエフェクターもギンギンに使っている 途中から なんだろう フェイザーみたいな揺れるサウンドになる この時代にファイザーがあったのか?

66年には、ビートルがフランジングを使いリヴィルバーを制作してたから、あった
ジミヘンドリックスもバイフェイズっての 使ってたんやないかな

ブレイク有りのアレンジで、それもブルージーなギターフィル入りで なかなかよろしいテイクだ

勿論のこと 大喝采で終わる
珍しく このプチワズーはメドレーでないので聞き易く 1曲づつ終わるので ある意味レアかもね

#6 Father O'Blivion

よく全体の掴めない曲だが、インストだけに そして アドリブなんかされたら もうお手上げザッパ曲!

まあテーマがあるので、そこらへんで 何の曲なのかわかるが・・・・・・
74年の”アポストロフィ”のA面の4曲目やったやつだ

これもアレンジが異なり、トロンボーンのソロなんかたっぷり収録されたりしている、醍醐味やねブートの・・・・・

ワンコード進行にアドリブ、そしてブレイクがあってドラムフィル
リフが続く・・・・・まるで映画のサントラを生で聴いているみたいだ

テーマの後 前衛丸出しの不協和音があって、どんどん深みにはまっていく
ドデカイ楽曲に変身してるが、実は違う曲がインクルードされてたりもするザッパ音楽
どうなんだろう? 研究者に聞くしかないね

ジャズの流れ行くビートに、やたら動き回るベース 錯乱寸前の管楽器のソロ達
どこへ行くやら、もの凄いパワーを感じるね

最後は、ギンギンに盛り上がる 凄い演奏だった
そして 次は、超名曲だ

#7 American Drinks & Gose Home

まるで映画シャイニングのラストシーンで流れる 優雅なメロ 歌詞は別だが
それもブラス中心のアレンジでぶっ飛び、もともとは1967年の”アブソリュートリーフリー”収録曲
ビートルたちが、サージェントペッパーでパクった原版だある、リリースは5月だが、裏ではすでに音源が流出してたとか・・・業界ではリリース前に流れるしね

オリジナルは、3つの部屋を1つに纏め上げたかのように複雑だがキャバレ~タッチでラウンジ風 モンド風で素晴らしい楽曲だ

1981年リリースのライブもの ”ティンゼルタウンの暴動”にライブが収録された時はぶっ飛んだがな・・・まあブートがゴロゴロ出始めてからは、いろんな時代のこの曲が聴けるが
オフィシャルでは、その後のライブもんには収録されてるね

もう2枚目のオリジナルとは全く違う雰囲気だね!
そして ディスク2に
つづく

関連記事は、こちらからです↓


タワーレコード↓
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓



音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:グランドワズー1972年, 13:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409282
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...