RSS | ATOM | SEARCH
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート4
JUGEMテーマ:音楽

パート4です、
dumb all over live 81

ディスク2は、インスト現代音楽のロックヴァージョンからです。
#1 Sinister Footwear
第三楽章は、81年の我つまるところ己なり に収録
ザッパのギターソロを〇コピしてヴァイがなぞったのは、ご存知ですね
84年のゼムオアアスにも収録 ザッパさ二度も収録したね 好きなんだろう

80年のツアーから演奏しだした楽曲で、明らかにロックでないです でもロック ここがザッパの素晴らしいところですね(ロックは金になる だからやってる)

採譜係りのヴァイも参加してる この音源 テーマはキーボードから フィルはザッパのアームダウン かな そして運指揮法 ウィンストンを・・・吸いながら鑑賞中!なのか

ソロになると、ゼムオアアス同様 よく分からない 難解 とっつきにくい それです

そして ヴァイかなシタールギターは、コーラルのギターやと思うけど まだまだrolandのギターシンセやモデリングエフェクたーは、無かったもんね

因みにBOSS(ローランド)のGP−10は、モデリングサウンドのエフェクターでシタールサウンドしっかり出ます。

チト難解ですがザッパ節炸裂の現代ロック音楽ですね♪

#2 Cocaine Decisions
洋画を観てたら、白い粉をガラスやミラーの上で剃刀なんかで叩き線状にしてラインを作りスニッフ・・・・・アレですね チョップ ライン ナウ
83年の蝿蝿蚊蚊蚊 雑ッ派 っ派に収録された・・・・・

実は、最初のLP(CD)より、かっこええかも
淡々と鳴るベース たまのアクセントがタンバリン 転げまわるタムタム ベルまで登場
駆け上がるサビ前のスリル感 ゾクゾクくるね メランコリーなマリンバも大活躍

そしてハモる場面 いいぞ ここでヴァイのフィルが入る・・・・・・こいつぁ ビデオと同じ? かな? 聞き比べてないが・・・この手のフィルなどで判断してます。

そして次に

#3 Nig Biz
3コードに毛の生えたブルース レイがギターかい ヴァイやなさそう
ブルージーです、スローハンドでかっちょええ がバックのシンセの音色はイマイチ

1989年」リリースのオンステージ3に始めて収録されたんやったかな・・・曖昧ですみません なぜそれまでリリースされなかったかは、聴けばわかります。

あまりにも その辺の既存曲とおんなじやったからやな ザッパでなくてもいいような曲
ギターソロは3人が交代で弾きまくる デス♪

そして この後
音源のソース(別場所からの録音)が変わります。こもった感じですが、いい感じに聞こえます。

#4 Doreen
ドヘヴィーな音圧、違う音源を編集
81年我つまるところ己なり からだ
この作品は、歌もんの中でもよくい聴いたなぁ ザッパのヴォーカルオーバーダブは、恐ろしい多重だ!

ハモリも当然だが、裏のメロディが2つも3つもある 曲によるけどね

この作品(我つまる〜)はスゴイ、シークヤブーティ も凄いけどね
んで、このテイクは、団子状態モノラル 次の曲からは、いきなりのザラついたステレオですが・・・

団子状態サウンドなんで、細かなディティールが把握出来ません・・・

#5 Goblin Girl
んでステレオ ゴブリン カズーもしっかりフューチャーされてます
我つまるところ〜からだね キーボードがオフィチャルとは 違う音が聞こえますね
微々たるもんだが ふ〜ん そんなことやってたんだ・・・と面白い発見があります

最後のコーラスは、かっこいいね んで 次の曲に

#6 Black Page #2
なんでレゲエなんだ ベースがレゲエしてる けど ブッラクペイジです
他が、ザッパの譜面どうりなんで ザッパ不在時のナヴィのスコットテュニスだから 許されたのかもね

豪華なロックだ、ブレイク場面 カッコイイ〜〜
マリンバ大活躍曲だけ、ドラムなんて大暴れだぜ んで、フィードバックが流れザッパ登場だな・・・テーマから程遠いギターソロになる そして この部分だけで1曲にするザッパ

ロングトーンで一回りし、ドラムが暴れだし 他の楽器も暴れだす ポリリズム全快となり たんまに見え隠れする音空き部分 もうグニョグニョだな

ヴァイが ゆうてた ソロになると 客席が冷めることもあった 見たいな事とか
ソロファンは、その逆で しっかり聞き入ってるとか・・・

ロングトーンのバックは、もう怪獣か野獣 凄い大暴れ模様だ
ギンギンに歪んだギターソロも他の楽器でかき消される場面もあったり とにかく凄まじい

ブートまがい物の凄さが伝わる・・・まだまだつづく ギターソロ 
いつしかギターソロが奥まり、テーマに戻る またレゲエビートを刻むスコット もうええっちゅうねん

そして終わる MCが入る メンバー紹介だ ここで終わるのか?
クワイエット・・・・・・・・・直ぐ戻ってくるぜとかなんとか ゆうて もう1曲

#7 Tryin' to Grow a Chin
あお〜〜歌はスコットか? お〜 あまり聴けない声だから スコットだろうと思うんやけど もともとはザラガラの声のボジオだったが 近いザラガラ声のスコットが・・・

ハイテンポ曲 もともとは、シークヤブーティ〜〜だったね

そして超名曲だ!イェ〜〜〜〜

#8 Strictly Genteel
200モーテルズ やったね これ大好きな曲だ メランコリックなメロとハードな演奏
もう仕事なんかやってられんわい

まあオリジナルが一番だけど メンバー違う演奏って事で・・・・・・

ヴォコーダー登場 今ならきっとヴォーカロイドつかうだろうザッパさんのことだから
ほんと素晴らしい曲です。
つづく

ディメオラ登場あたりからです! wow
前回までの記事は、こちらからでも見れます↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 16:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409267
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...