RSS | ATOM | SEARCH
1968年10月3日  Tivoli Gardens, København, Denmark フランクザッパ&マザーズ コンサート音源
JUGEMテーマ:音楽

今日は、1968年10月3日デンマークコンサート音源です。
この日は、ドンチェリーっをゲストに迎えたライブという事で、68年と言うと150回前後もライブをこなしたアザーズだった。


メンバーは、
Frank Zappa
Roy Estrada
Jimmy Carl Black
Art Tripp
Ian Underwood
Don Preston
Bunk Gardner
Motorhead Sherwood 
にゲストがDon Cherryのコンサート

曲目は、
Absolutely Free Medley
In The Sky
The String Quartet 
Oh No
Transylvania Boogie
improvisations
Octandre
とあるが・・・1曲目のアブソリュートリーメドレーってのは、なんなんか?
インプロにしか聞こえないが・・・それでは

#1 Absolutely Free Medley

ティンパニのロールらしい音から始まる・・・フェイドインだ おまけにショーの初めからではない音源だ、音はサウンドボードかな? オーディエンスにしてみたらこないに音は良くない筈だが・・・

マザーズの寸劇から始まるようだ・・・ロイを中心に雄叫びやらがザッパの運指揮法で飛び出す。
そしてジャズが始まる・・・ザッパのMCが強烈に残響音で一杯だ・・・オーディエンス録音みたいに聞こえるが・・・どっちなんやろう???

叫んだり、喚いたり・・・ザッパのMCが絡みながらダラダラと進んで行く、そして曲が始まるが・・・アドリブかい ドラムはしっかり4ビートでスゥイングしてる、鼻を鳴らす汚音が会場に流れる・・・曲はあらへんが・・・その内 またジャズが始まる

だから何処がアブソリュートリーメドレーなんだろうって感じ

#2 In The Sky

全く分からんままに2曲目に行ってるやないか! タイトルもホンマなのか どうなのか分からんが・・・これまた前衛的で音楽というより音が垂れ流れているって雰囲気

なぜかフリークアウトの中の曲のイントロが始まった・・・Help I'm a Rock やんか
タイトルはアテにならないし、またドンチェリーがどれなのかは分からんな

輪郭のボケたサウンドなんで、しっかり掴めないが、ダラダラと聞こえるのは音質のせいだな。

ゆったりでフルートとかトレモロで入ってきたり、ギターがなんとなく現れて来たり、
ドラムも結構 遠い

そして知ってるパートが次々出てくる、淡々と演奏が進むが これといってぶっ飛びの何かがあるわけでもないし、何かが起こるわけでもない ただ只管 インプロの徹しているって感じだ。

ある意味、レアな音源かもしれない、そしてギターソロだが クリーンなトーンで弾き捲くっている。
たまにノイズがズラララと入る、淡々とした演奏は、何処に行くのか? 分からん状態が続く・・・そしてドラムソロになる これが結構あるんだな

そしてなんとなくジャズが始まった、ザッパのリズムギターワークがしっかり聞き取れる。
ロックブルース フレーズのベース コード一発で進行中!

サックスのソロとかが入っているけど、誰なのかってのは分からんな、それにしてもホンマにザッパかと思うけど、MCはザッパだった。

これもタイトルがホンマかどうか分からんな そんなことゆうてる内にドッグブリスがインストで始まる・・・ほら おかしいやろう曲のタイトルが全然違うぞ それにしても録音のせいだろうマイルドなサウンドだな そして何時しかフェイドアウト

#3 The String Quartet 

フェイドイン ザッパのMCがだらだらと流れ、チューニングのあとカウント、パウンドフォーブラウンが始まった、このテイク クラシカルでまったりする
そしてテーマに戻りギターソロが絡んでくる、これもクリーンなトーンでソロる。

レイコリンズが居ないツアーだったんで殆ど歌無しのインストモノばっかだ。
延々とギターソロは続く・・・その後はテーマがあって それも幾つかのパートが流れる

それにしても毎回 微妙に違うテーマの並びや構成 ザッパの運指揮法によるものなのか よく分からんわ・・・そして 今度は 声のインプロヴィゼイションが始まる それに加えてサーカスの音楽が始まったり・・・どうなっているねんと言いたくなる

そして別のパターンになり、再びギターソロとなる、頭打ちのビートに乗ってザッパがギターソロをするが、パッとせんな なんでかな?

ワンコードでのソロが多く全体的にダラダラしてるし、ザッパのBGMって雰囲気だな
ギターソロに混じってサックスがソロをとったりと何をやってるのか掴めない珍しい音源だよ。

遠くに聞こえるのがドンチェリーだろう。
そしてテーマに戻ってきた(ストリングカルテット)

#4 Oh No
#5 Transylvania Boogie

即興でロイがバカ笑いを飛ばす・・・声の祭典となる
3枚目からの曲が突然始まった インストだ 続いてOH NOがインストで流れる
やっとザッパ&マザーズらしくなって来た。

リズム狂いのテンポでザッパがギターを絡めてきた、メロはちゃんとイアンか誰かが演奏してるが・・・

オレンジカウンティーまで行ってからワウワウギターが登場 細かいニュアンスで弾き捲くる

そしてフェイドアウト
トランシルバニアは入って無かったぞ!!!

#6 improvisations
#7 Octandre

最後のタイトルは、わからんが無かったのではないかな?
ジャケと全然違うので気をつけないとあかんな
68年のヨーロッパツアーは、他にもあるけど 似たもんだ
ダラダラと始まりダラダラと終わる そんなもんだな なんで余程でない限り 手をださなくても良いだろう。

絶対欲しいって方は、日時と曲目をじっくり見てゲットしてください。
つづく

★ヤフーオークションです、Frank Zappa 又は 
フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV ONLINE/エルパカBOOKS

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:papinen (mofuriko), category:1960年代ザッパ LIVE音源, 13:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1409173
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...