RSS | ATOM | SEARCH
とろとろメロメロのFor The Sake of Love Isaac Hayes アイザック ヘイズ
JUGEMテーマ:SOUL・FUNK

今日は、アイク(アイザック ヘイズ)の1978年リリースのFor the Sake of Love です。
for the sake love isaac hayes (1).JPG

オーストラリアのレーベルでリマスターの2for1
1枚のCDに2枚分のLPが収録されたCD

1979年にリリースされたDon't Let Go とのカップリングで、このアルバムはこのほど1枚ものでリリースされたけど それ以前に初CD化されたのが 今日紹介するCDです。
for the sake love isaac hayes (2).JPG
for the sake love isaac hayes (3).JPG
for the sake love isaac hayes (5).JPG
for the sake love isaac hayes (6).JPG
for the sake love isaac hayes (7).JPG
for the sake love isaac hayes (8).JPG
for the sake love isaac hayes (9).JPG
for the sake love isaac hayes (10).JPG
このCDの魅力はなんと言ってもShaft 兇砲弔るが・・・18枚目のアルバムで
1曲づつ紹介していきますね

まずは、参加ミュージシャンから
keyboards : Jesse Casper Butler
                 Isaac Hayes, Bill Purse , Travis Biggs , Cedric Lawson

guitar :  Kim Palumu , Michael Toles , Charles Skip Pitts
bass  :  Derrick Galbreith , Willie Weeks
drums & percussion   : Willie Hall
congas & percussion  : Daniel Zebulon

violin solo Travis Biggs
alto sax solo Isaac Hayes
background vocal Hot Butterd and Soul Unlimited : Pat Lewis , Diane Davis , Rose Williams, Debra Carter

strings & horns Mickey Erbe , Ben Picone
mix : A Jim Burgess   
                     
プロデュースはアイク そしてアレンジはアイクとジョニーアレン
歌のアレンジはアイクでジョージア アトランタにあるマスターサウンドスタジオで録音がされた、

ジョージアって言うとオールマンブラザーズバンドもそうだった

#1 Just The Way You Are
Billy Joel の曲のカヴァー    
ビリ−ジョエルは聞かないからよく分からないが、1曲目に よく持ってきたなって思う曲だ

スローで それもサイレントで甘いバラード 眠たくなる 
深い深いラブソングだろうが メロディーはアイクらしくないがアレンジでアイク節になってる
そのアイクの歌に絡む女性コーラス この辺も何時もと同じアレンジだ

それにしてもLPの1曲目ってのは信じられん

 

始まりはラップ語りがず〜と続く 愛の話なんやろう・・・

そしてバスドラムが3発 ドスローな歌が ブレイクし 力が入る歌

テンションがドンドン上がり 女性コーラスの登場

 

そしてクールダウン

歌とピアノが耳に入ってくる ♪=50位 

お決まりのサックスソロ ラブバラード200%

ピアノフィルはゴスペル

いきなりのスローチューンでした。

 

#2 Belive In Me
Isaac Hayes の曲 、引き続き同じ様な曲 テンポも雰囲気も メロはアイクだが まるで続きのような甘ったるい曲
歌詞がダイレクトに分かれば もっと何かが分かるやろうけど・・・サビの盛り上がりは1曲目より盛り上がる
フェイドアウトする

#3 If We Ever Need  Peace
Isaac Hayes の曲
そして アイクの曲だが これまたスロー ゴスペルテイストが一杯のい曲で、コーラスがまるで教会音楽だ
ストリングスも この曲ではっきりと分かるようなアレンジだ
掛け合い女性コーラスは、インストとの掛け合いってのもアイクらしいね

そして ホーンセクションもだんだんと絡みだしゴージャスさが出てくる
演奏の方は、淡々としてて終わっていく

for the sake love isaac hayes (4).JPG

#4 Shaft 
待ってました この曲の為に買ったと言っても過言やない
譜面通りの演奏にアレンジを加えたヴァージョン
なんで この時期に この曲を入れたか、なんとなく分かる 

インパクトの無いアルバムだけに往年のヒット曲をぶち込んだんだ

 

オリジナルから7年後に再録音 イントロからして同じハットで安心する ギターの一発目はワウとグリッサントを混ぜた音で始まる ギターのチャカポカは健在 それに絡むフルートも同じ ストリングスも同じメロディー ただバスドラの4連打ちが 当時のクラブ、ディスコを意識したんだろう

オリジナルより軽い演奏に聞えるのはミックスのせいかな?
そしてテーマが始まると ホーンのアレンジが違うのに気が付く

テーマ以降のメロもちょっとアレンジが入っている、女性コーラスの シャフト はあってもアイクの歌は出てこない、インスト中心に女性コーラス部分が入ってくるって感じ

違うホーンのフレーズが出てくる そしてドラムとコンガソロが入ってくる なんか変な感じだが そのバックにチャカポカワウワウギターが延々と流れる

ベースもこの当時のスラップベースだ 4連打ぼバスドラが あまりにも時代を感じるね
最後のリフも健在だが その場面でベースソロが組み込まれている

面白いが 決してオリジナルを超えることはありえないな

10分弱のヴァージョンだ

#5 Zeke The Freak
Isaac Hayes の曲だ、女性コーラスの入ってるクラブ、ダンスミュージック 、ディスコミュージックだな
ダンスチューンならではの4発頭打ちのビートにキャッチーなフレーズ、リフが乗っかる
ホーンのアレンジがスリリングだ、それに絡むギターもファンキーでカッコイイが、ナツメロ ダンスミュージックって感じもある
ノリノリのアップテンポ アクセントの手拍子も良い感じだ フリークならOKな曲

#6 Don't Let Me Be Lonely Tonight

James Taylor の曲
この曲 いろいろリリースされたベスト盤にも入ってるぐらいラブソングだ
始まりからしてメロメロソング ヴァイオリンが これまた切なくてムーディー

前奏の長いのは、これまたアイクらしい ラップも交えた曲でしっとり と歌いあげる それに絡む力強い女性コーラス 大人の音楽だ
そして だんだんと盛り上がり始める 悲しげなストリングスも効果的に鳴り響き 同じリフでアイクが絡みフェイドアウト。

 

★1枚ものでもリリースされた2枚の感想など↓

1曲目からこの緩さ For the Sake of Love ボーナス2曲入りのアイザックヘイズのCD

ボーナストラック6曲+されたIsaac HayesのDon't Let Go CD アイザックヘイズ

 

18枚目のアルバム For the Sake of Love でした。

未だCD化されていないのは残り一枚となりました、

Lifetime Thingsです。
 

関連記事↓

興味のある方は、Isaac Hayes 等で検索してみてください↓

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE

 
★アマゾンはコチラからです。↓ 
amazonのIsaac Hayes
モバイルamazonのIsaac Hayes
 
★HMVです、isaac hayesで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓

 

★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。

★ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓
author:パピネン, category:Isaac Hayes アイザック ヘイズ, 16:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1408972
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...