RSS | ATOM | SEARCH
スピードラーニング10巻 アメリカへようこそ!
JUGEMテーマ:外国語学習
 
今日は、聞き流すだけの英会話スピードラーニング
10巻目

ついにアメリカへようこそ!だ

正直 最近あんまり聞いてへんかったが
この10巻は届いてから何度となく聞いている。

以前サンフランシスコからグレイハンドバスで
1時間の所 サンノゼに5ヶ月ほど わけあって住んでいた事があった。

そんで、よくシスコへ遊びに行った事を思い出させる内容やったので
尚更 何回も聞いた。

10巻

その頃は、片言&ガイドブックを片手に
ウロウロしていた。

ダウンタウンで何回か迷い込んで
所謂 危険でスリリングな場所だ

アフリカ系アメリカ人のダウンタウンやって
ヤバイと思いながらも歩いていると

もう完全にクスリでラリッたアフリカ系アメリカ人が、寄って来る

もう、あのスラングは全然聞き取れない
何いってんのか分からん

子どもやった僕は、なんとか難を逃れたり とそれも1回や2回ではない
あっちも訳の分からんヴェリースラング英語

こっちだって 片言イングリッシュやった。

10巻welcome

他にも危険な話はあるけど
今日は、そんな事はどーでもええ

さて、今回はニューヨークから始まる

ニューヨークは行った事無いが・・・

アメリカに行って、英語教師を見つけ、ニューヨークを徘徊するストーリーだ!

ショッピング、グルメ、エンターテイメントなど
フードスタンドなんて言葉も出てくる
英語やと food carts フードコートだ

日本やと 屋台なんかな?それかモール内のセルフで運んで食べるイートインかな?
そんなもんだろう。

んで、結構面白い言葉も一杯や
人種のるつぼ って言葉なんて出てくる

melting pot って言う
スラングのような言葉やね

メルトって言ったら
今の日本なら誰でも知っている言葉だ

意味は全然違うけどね

んで、お次は
サンフランシスコ

ゴールデンゲート

(誰でも知ってるゴールデンゲートブリッジ)

チャイナタウン

(チャイナタウン 一番面白かった)

フィッシャーマンズワーフ

(有名過ぎるマーケットストリートから出ているケーブル)

んで、もうこれは、楽しく聞けた。

やっぱり行った事があるだけで
こっちのスタンスが変わってくる。

ロマンチック サンフランシスコなんて表現がある

ロマンチックなんや!なんて関心した。

ゴールデンゲートにベイブリッジ
道端でやっているバスキングにパフォーマンス

コイトタワーにフィッシャーマンズワーフ(魚介類を食べ捲くった)
アルカトラズ(観光地になっていた)、ケーブルカー

マーケットストリート、シビックセンター、チャイナタウンなど
何回も行った所が 話で出てくる。

アルカトラズ

(アルカトラズ)

コイトタワー

(向こうに見えるは、コイトタワー)

シスコ

(シスコで目立つ なんて名前なんやろう 三角ビル)

ハリウッド映画でも、ロケ地で有名やし
だれでも一度は映画などで見た事のある風景

ヒッチコックの”めまい”なんて何回も見たし、
ニコラスケイジやショーンコネリーの出てた”ロック”は

アルカポネが収容されていたアルカトラズがロケされたし

スティーブン セガールの映画でもアルカトラズが出てくる
古くはイーストウッドも”アルカトラズからの脱出”ってのもあったし

まだまだある。
どうもロケはブロック毎に応じて借り切って撮影するなんて聞いたことがある。

とくにヒッチコックの”めまい”はシスコの良いとこ取りしたロマンチックなシスコが舞台で
行った事があるだけにmy favorite movie だ。

シスコのあの風景は一生忘れられないほど美しいもので
もう一回、行って見たいたった一つの場所だ!
(他に行きたい所はないけど、別に行くとしたらアムスかな)

そう云えば
夏やのにシスコは寒かった
でも、白人達はT-シャツ一枚でいてる ビックリしたな

今になって、思う事は
行くのは簡単やけど

やっぱり多少は英語で話せないと楽しみは半減するのではないか
いや、話が出来るからこそ(少しでもいいから)楽しみが倍増するはずや!

なんだか 英会話やのに全然違う話になったが・・・

10巻アメリカ

シスコの次は、ロスだ
ロスも1週間ほど滞在した。

ロスは、車が多く それもかなり危険ドライバーだらけやった
フリーウェイなんか もうどうやって車線変更するのや!ってぐらい

荒い粗い運転だ!後ろに乗っていたのに結構ビビった。

んで、この10巻にも出てくるけど
映画スターに会えるとか・・

スターには会えなかったが
フランシスコ コッポラの秘書(一杯いる)がいてるところに泊めてもらった

彼氏は、映画のプロデューサーやって
近所にライクーダーさんがいてるし 遊びに行くか?

って聞かれ 即行くって答えて行った。

サンタモニカ海岸では、こんなに寒いのに年配の男性がサーフィンしてたり

ロスは、いいところらしいけど
ウロウロせんかった。

あと この10巻には junker って言葉が出てくる。
これなんか junk と carとの混ざり造語なんやろうか?

オンボロ車の事
結構アバウトだぜ!

あと、日本人ツーリストへの注意事項なってのも 載っている

危険な所へは近づくな!
高級宝石は、身に付けるな
人前で金を数えるな などなど

個人で行ったら そんな事 何も誰も教えてくれなかったが

やっぱり わざわざ破れたジーンズにスニーカー
ドル札は、靴下に隠していた。

あまりのプアーな格好してたし
カモられた事は無かったけど

映画館で従業員に掴まれ
チケット見せろって・・・

チケット半券見せたら
えらく謝ってこられたり

酔っ払いのヤングの兄ちゃんからは
マリ*ァナくれ とか

もうハチャメチャや

メキシコ系アメリカ人にも捕まって
お前はチャイニーズか?って

いや俺はジャパニーズや!っていうと
いやに馴れ馴れしくなって

これ飲めって 訳のわからんビールやサケ差し出されたり
おまけに これ吸えって みるからにヤバイ物も差し出されたり

今から考えたら
メチャ スリリングでなんとも言えないよな

10代って事で、なんとか切り抜いて来たが・・・
とにかく良い人生勉強になった。

まあ、この頃の行った時の感想は
アメリカってドラッグとポルノと人種のルツボ カントリーやと思った。

あと 一番言いたいのが
あの頃 スピードラーニングがあって聞き流しながらも やっていたら。

数倍いや 数百倍 もっともっと楽しいだけでなく
違う喜びとかあったに違いないと思うよな

今 シスコへ行ったらもっと会話が出来たろうに!!!

つづく


もしアメリカ旅行を1年後とか2年後に行く方には、

これオススメかもしれない。
なんせ聞くだけである程度ヒアリングや片言でも話せるようになるんやから

まあ、こんな話でなんやけど!
聞くだけ聞き流すだけの
英会話スピードラーニングに興味のある方は、
是非! 覗いて見てください。↓

英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!


関連記事↓
スピードラーニング


author:パピネン, category:スピードラーニング 聞き流す英会話スピードラーニング, 15:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1408806
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...