RSS | ATOM | SEARCH
レザー Lather Frank Zappa 5
JUGEMテーマ:ROCK

ザッパ関連のスライドギタリストって数少ない。

思い当たるのは、72年のトニーデュランとデニーウォリーとローウェル ジョージぐらいかな?

エイドリアン ブリューもスライドギターは弾くかもしれないが・・・

子供の頃
京都の二条にあるワタナベ楽器へよく行った。
行くと必ず 誰かがギターを試し弾きしてる。

ロンゲの兄ちゃん達だ!(客)
パンクはいない。
リクエストするとたいがいのリフとかソロは弾く

ある時
リッチーブラックモアのアラビアン スケールってのを教えてもらった。

あと オススメって聞くと
オールマンブラザーズが良い と言う

全員男兄弟?ってか!

その後 何年か経ってオールマンを買った。
フィルモアや桃を食べろ!は有名なライヴレコードやったが

一番カッコイイと思ったのが1stLPやった。
あれは、LPしかないけど カッコイイギターや幻想的な曲が一杯の好きなアルバムやった。

そしてスライドギターに目覚めるのであった。

それにしてもサザンロック系の連中は、結構スライドギタリストがいる。

知ってるのは、少ないけど

古くは、デュアン オールマンやディッキー ベッツ
サザンやないけどライクーダー、JJケイル、
ジョニーウインター、キャプテンビーフハートバンドの連中もいる。

そう云えば、ボニーレイットもアコギでスライドバー持ってる写真見た事があるな

最近やとジミーヘリンも弾くのかな?
あと、デレク トラックスやウォーレン ヘインズ

もっと古いのではレス デューディック
ドブロギターを抱えたインナージャケットもあるしね

彼は1枚目と2枚目が好きやな

まあジミーペイジやジェフベック、クラプトンなんかも弾くやろうけど
専門でないとね。

ただジェフベックは、ピックを持つ手でスライドバーを持ち
メロを弾くのではなく、弦に擦り当てたり、叩いたり

使い方が 全然違った。
あれには、影響を受けたなぁ

ジェフベックで一番好きなのは、やはりラフ&レディーかな

これのギターは特にカッコイイと思った。
曲もいいのが一杯やし、
マックス ミドルトンのジャージーなキーボードは今聞いても美しいし

コージーパウエルのドラミングは最高だ

まあワイアードとかヤンハマーの炸裂する疑似ギターも凄いけど・・・・
話が飛んだが・・・・・

また、チューニングもオープンチューニングやレギュラーの奴もいるし
結構様々や

ストラトキャスターもいればレスポールやSGも
でも 割りとフレーズ的には同じような連中が多いが

サウンドとなると みんな変わってくる。
ライクーダーなんて キレイ過ぎるほど澄んだストラトの音だ

オールマン関連は、乾きながらも粘っこい引きずるような音をだす。

デニーウォーリーの乾いていながらフィンガーノイズが出てるのは特に良いよなぁ!!

UKの連中は、湿って空間エフェクターも同時にかましたりしてる
クラプトンは別か

また音を伸ばす為に、エフェクターのサステナーやEボウなど使ってる奴もいる。

ドブロギターなんて弾いた事無いけど・・・重たいのは知ってるけど
いったいどんなサウンドで、どんな具合で弾くんやろ?

まあスライドギター初心者さんには、何がオススメかって
最近のはしらんけど
70年代前後やと オールマンを薦めるかな

それもスタジオやと1stかな

最近やと インスタントライヴって ライヴコンサートを殆ど全部CD−Rにして売っていたりする。
(全部や無いけどプレスCDで大手でも売ってるライヴ盤があるが)

3枚組が殆どかな!

それでどこがオススメかと言うと
スライドギタリストが2人もいて 必ずソロがあって

またデヴュー当時の古くて有名な曲をガンガンやってくれるところ。

ザッパも1曲オールマンのウィッピングポストをやってたな
とか、ドリーミンのスライドギターは勉強になる

3や6拍子なんで ノリやグルーヴが8ビートとは全然違うし
波のような横揺れグルーヴになるところが心地よいな

知らない方は、是非大手CD屋の試聴やyou tubeで聞けたり出来ると思う。

★レザー5です。

Läther2

18. The Purple Lagoon
イン ニューヨークからの音源だ!

この曲は、賛否両論があった

インストだがザッパエキスが少ないとか・・・・
エキスが少ない分良いとか・・・・・

オーハンの訳の分からんベースから始まる
そして 難解なザッパクラシカルが怒涛の如く轟く

レザーよりニューヨークの方がブラスの音がデカイ部分があったり
ようは、ミックスが違う。

またレザーは、リヴァーヴが少ないミックスやな

んで、ザッパのApproximate と
セロニアスモンクのBlue Monk のメロなども含んでる。

サックスのソロがドカンとフューチャーされてて
聞いてるとまるでジャズフュージョンだ!

ボジオのドラムはさすが ノリノリで乗せてくれる。

ソロは、これまた何時ものザッパやけど 何時も違う?
何かが違うような部分がある。

ゆっくりフレーズを弾く所なんて 一体誰だって感じやし

またこの曲の短いテーマだけのCDやブートもある

それにしてもベースソロは、ザッパが書いたのではないような気がする
オーハンが手癖一杯でやってるだけと ちゃうんかい!

その後に来る場面は、なかなかスリリングで好きやな

ハーモナイザーをかけた たぶん管楽器ソロだ!

そやから不協和音っぽくてナイスや!
でもその内眠たくなって 再びテーマが来たらオーハンの声のコラージュがあって
次に曲へと

19. Pedro's Dowry
オーケストラルからだ!

もうシリアスなザッパクラシカルだ!
75年9月19日 UCLAでのライブ音源からだ

ザッパクラシカルは、好きなんやけど
自分のセッティングがちゃんとしてないと 眠たくなる場合が多い

とにかく音の断片が矢継ぎ早に流れているって感じ
こんな事 ゆうたらザッパに怒られるなぁ

聞いたようなフレーズは、一杯出てくる

20. Läther
パープルラグーンの間に前曲があって またパープルラグーンが始まったみたいだ。

ようは間に違う曲を挟んだのかな?

レゾナンスが一杯のフランジャーをかけたペラペラのギターが入っている
オーバーダブかな?

そして、またまたコラージュだ!

21. Spider Of Destiny
スリープダーツから

しかしこれは、歌なし
スリープはタナハリスの歌がオーバーダブされてた。

これは、ホットラッツ3とも言われるぐらい カッコイイインストやった
やっぱ インストのほうが好きやな

これも、ベイシックは74年12月にコロラドのNederlandのCaribou Studioで録音したものや
それを76年にベースをオーバーダブしたものだ

因みにタナハリスの歌は80年以降にオーバーダブしたもんやな

そんで これは スペクタル映画のサントラみたいな曲だが、
歪んだギターが違う世界に連れて行ってくれる。

最後のチュブラーベルズは特にカッコイイ


22. Duke Of Orchestral Prune
オーケストラルからだ

古くは2ndのアブソリュートリーフリーに入っていたが(歌いり)

作ったのはもっと古い

通販専門LPセット オールドマスターズBox1に入っていた
ミステリーディスクに入ってのは、かなり古いヴァージョンだ!

その後CD化されたが・・・・

メランコリックなメロが魅力のインストだ!

75年9月のUCLAライブ音源にギターソロを被せたものやろう

ほんとに良い曲で、なぜか良い曲のメロは短いよな

この日の、オーバーダブ無しのヴァージョンも全部リリースして欲しいな
つづく

関連記事↓
Lather
Lather2
Lather3
Lather4
Lather5




一応大手レコード載せておきます。
店によって値段もマチマチなんでチェックしてみてください。

大手レコードショップ タワーレコード↓



TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】


アマゾンはコチラからです。↓ ここ最近ずっと送料無料キャンペーンやってます。
アマゾンのザッパ検索結果

モバイル用 ザッパ検索結果


ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓




今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ

author:パピネン, category:1976〜1977年のザッパ, 15:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1408775
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...