RSS | ATOM | SEARCH
Hammmersmith Odeon 3CDのフランクザッパ パート4
JUGEMテーマ:ROCK

ウチのレコードプレイヤーは、もうかれこれ15年以上前に、
インドへ行って帰って来なくなった友人から貰った物で、

それも年代モノのSONY PS-X70って言うダイレクトドライブ プレイヤー!
最近、回転が変になったりする日が増えてきた。

もうそろそろ買い替え時期なんかも知れん。

今日は調子が良いみたいなんで朝からチューブスのNOWを聞いている、
77年作品でビーフハートのカヴァー1曲とビーフ参加の1曲が収録されている。

惜しくも、去年の暮れ12月17日にこの世を去ったビーフハート! 69歳やった。

このチューブスって言うバンドのアルバムは3枚持っている。

1st、2ndそしてこのNOWって言うLP!
以前は、これにライブとラブ ボム、リモートコントロール等を持ってた(売った)

あとヴィデオもダビングやけど1本持っている。

なにかと話題になった時には、ザッパと同じように言われたりしていた時期があった。
でも同じアメリカのバンドやけどザッパとは、違うロック   
メロが全然違う(あたりまえか)

それもサンフランシスコの70年代のロックで変則リズムや演奏テク有りのバンド。

そして、SMショーを交えたコンサートで、日本では少し変態的な風に思われた事もあった。
でも実際 音楽は通好みのロックで女性メンバーが1人いたりしていた。

最近は、いない見たいやけど・・・

またデヴューアルバムには、日本語のMCが入っていたり
2ndのヤング&リッチは、プロデュースがケン スコットやったりする。

今日聞いているNOWは、メンバーからの熱い熱いラブコールによってビーフハートが参加したと言われとる。

曲自体ポップやない初期の作品やけど、曲作りがプログレっぽいけどテクく、
イギリスのプログレとは全然違う感じ。

メロは100回ぐらい聞いて歌えるようなモンや!
でも なぜか カッコイイロックなんや!

ヴォーカルもチョイ個性的な声で、鼻が詰まったような声だ。
で、メンバーは9人とザッパバンドみたいだ。(このアルバムでのメンバー)

全部は聞いていないけどHMVとかでもとにかく安い!
1000円以下でも買えるモノがある。

まあ CDまで買おうとは今は考えていないけど・・・・・



Hammmersmith odeon3


今日は、Hammmersmith Odeon 3CDのフランクザッパ パート4です。

#5 Titties'N' Beer

1月26日の音源からだ!

始まると喝采が起こる!インニューヨークに収録されていた曲なんで
みんな知っているんやな。

ザッパとボジオが掛け合いながら歌う曲。
アレンジはインニューヨークと同じようなモンやな

ドラムのサウンドが凄くいい
ザッパがミックスすると こんな風にゃならへん。

ザッパ没後のCDは、サウンドが違って聞きやすい楽器の音とか増えてきた気がするな!!

ミディウム テンポで語り歌が多い、英語が分らんと やっぱりオモロナイよな!
リズミカルな演奏でノリはいい。

エンドあたりでハットがリズムを刻みだすと 一段とノリが良くなる。
ボジオって揺れるハット&シンバル ワークが凄くいいと思う。

そう云えば、ジェフ ベックと一緒にやってた頃のブートを持っているが
ベースレスでキーボードが入っているトリオの時期のモノ。

95年8月2日かな?ニューヨーク サラトガでのライブなんやけど
とにかくカッコイイブートで1曲目がスペーシーで、
またオーディエンスなんで会場の臨場感もたっぷりある。

そう云えば、シュワルツの映画 ツインズでもジェフベックの演奏シーンがあって
ボジオがドラムを叩いていたな!!

ボジオと言えば、ジョン ウェットンとやってたUKも好きやな!
UKは第二のクリムゾンって期待されてたイギリスのバンドで

ホールズワース、ブラッフォード、そしてザッパバンド出身のエデ ジョブスンがいたグループで
1st発表後ホールズワースとブラッフォードが抜けて

ボジオが参加したんや。

ボジオは、ザッパ日本公演でも追っかけがいたくらい人気があった。
3人UKが来日した時は、デイル(ジョーズ ガレージ参加の)と結婚したばっかりで浮かれていた。

ブラッフォードとホールズワースがUKを脱退した時に、エディ推薦のドラマーやったんやね
でも、ジョン ウェットンは、 なんだこの若造!!って感じでいたらしい。

でも何故かUKはライヴインジャパンをリリースしたんやね!

話が飛んでしもた・・・・・・


#6 Audience Participation

前曲のつづきでザッパがオーディエンスを相手にエンタメをする。

例の客をステージに上げてダンスでもするやつ
このステージにオーディエンスを呼んで 
いろいろやるのはデヴュー前からのザッパのスタイルの1つ。

曲は前曲のリフがそのまま続く・・・


#7 The Black Page#2

そして、ザッパ流アメリカン ドデカシンフォニー&パーカッション チューン登場です。
これも1月26日の音源からやな・・・

アホのように鍛え上げたメンバーやし、簡単にすらっと演奏している。
ザッパに言わすと まだまだかもしれないが 素晴らしい演奏や!

またこの手のインプロ無しの難解な曲は短い
でもメロが凄く好きやな!

ザッパ初心者さんは、コレを聞いて好きになったら
ザッパの持つメロディーならOKやと思うね

まあベイシックなところにパーカッシヴなものがあるけど。

これもドラムノサウンドやミックスがとても良いと思った。

マリンバ、シンセ、ドラムのコンビネーションやグルーヴが凄く通な音楽やな!
知らない人は、このブラックページ#2 聞いて欲しいです。

この1曲にザッパのエキスが一杯詰まっているぜ!
つづく




関連記事↓
Hammersmith Odeon パート1
Hammersmith Odeon パート2
Hammersmith Odeonパート3
Hammersmith Odeonパート4

ハマースミスオデオン3CDに興味のある方はHMVが一番安いです。
ただしマルチバイすれば、

HMVでザッパをマルチバイする!↓

PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】




アマゾンはコチラからです。↓ ここ最近ずっと送料無料キャンペーンやってます。
アマゾンのザッパ検索結果

モバイル用 ザッパ検索結果



ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓
ハマースミス3CDはまだ出てきませんが そのうち出るかもしれません。



今日のリンクは、育毛剤りょうが 


author:パピネン, category:1978〜9年のザッパ, 12:53
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
いつも楽しみにしております。
他のどこよりも信頼が置け
楽しめるレビューだと
思いますが、金がないので
クリックはできません。

ザッパさんの作品は、確かに
ミクシングで、もっと稼げると
思うものが多いですね。
今のロック好きに聴かせる上で
少々障害に思う時も。
曲や演奏は最高なのに。
かえって、音の悪い海賊版の方が
バックのおいしいフレーズが
押し出されてはっきり聞こえたりとか。
ドンシャリにすると風味が飛びますが
そこもふまえた、
レコード盤の味をそこなわずに
骨太にするような、
今風リマスタリングを
希望するときもありますョ。
マルチテープが風化しないうちに。
なんせ、今のロックじゃ味わえない
音の万華鏡なので。なんてね。

引き続き楽しみにしてます。




Q, 2011/09/16 4:19 PM
Qさん こんにちは
コメントありがとうございます。

いつも好き勝手レヴューしていて 良いのかなぁ?って思いつつやっています。

同じように思っている方に出会えて嬉しい限りです。

これからも辛口を含むレヴューしていきますので
どうぞよろしくお願いします。
管理人 パピネン, 2011/09/16 4:44 PM









Trackback
url: http://rock.uranaie.com/trackback/1408702
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...