RSS | ATOM | SEARCH
オンキョーダイレクト 試聴イヴェント デモ演奏 D-412EX,A-5VL,CS-5VL
JUGEMテーマ:音楽
 
今日は、オンキョー試聴イヴェントのデモ演奏を聴いて!レヴューです。

オンキョーの辻さんが語る制作秘話。

D-412EXスピーカーについて

とにかく贅を極めたもので、空芯のコイル部分については太い線で沢山の回数を巻いてありコストもかかっている。

スタンドについては一本足のデザインで下の鉄板も若干しなるように作られている。

前回も書きましたが、スピーカー端子が真鍮の削りだしなのでプレスではない。

また、コンパクトスピーカーとラージスピーカーを比較したら、まあ誰でも知ってると思うのですが、大型のスピーカーでは音が開放的に鳴り、ドラムの渇いた音などがいい。

小型のスピーカーではやはり、締め付けられた音になる。

それでいて今回のスピーカーD-412EXでは、箱の振動を止めずに自由に出す工夫などを施してある。

振動に対してもブレーキをきちんとかけることも重要。
このような事を語られていました。

スピーカーケーブルについては、振動の仕方等が重要。
なんでもケーブルを手で掴むと振動がわかるそうで、この手に感じる、来る振動をチェック、またケーブルの巻き方のネジレによっても音が変わるそうなんです。

コネクターについても、振動の影響を受けてしまう とのことなんです。

フム〜〜
なかなか勉強になりました。うちのケーブルはm=100円ほどのなんで、このようなモンスターケーブルに変えるとどうなるんでしょう?

それと、圧縮音源については、今回良く聞くVLCA変換技術が圧縮音源に良く効き、より良い音で再生できるんです。実際デモ演奏でMP3音源を聴きましたが、PCで効くのとは大違いでした。

このMP3音源は、デジタル メディア トランスポートND-S1を使って聞いたんです。
ショボイ音ではありません。

このトランスポートND-S1に興味のある方は、コチラから覗いて見て下さい。↓



ONKYO DIRECT オーディオ販売







あと、ワードレコードから田中さんが来られて、CDのデモ演奏と裏話など聴けました。
ニューヨークのスタジオでの録音に立ち会ってこられたんです。
なんでも、ニューヨークのスタジオでは、エンジニアがマイモニタースピーカーを持参して実際にモニターして音を決める人もいるんですって!

スタジオにはラージスピーカーがおいてもあるそうなんです。


ワードレコードの田中氏



そんで、今回3枚のCDを試聴!
アルディメオラが参加してるジャズのスタンダードがありました。

ディメオラと言えば、チックコリアのリターントゥーフォエーヴァーギタリストだったり、ソロではエレガントジプシーとかカジノなどがあります。ザッパのティンゼルタウンの暴動にもゲストで参加でしたね、

で、彼は超気分やで、実際アポを取ってニューヨークへ行っても3日も待たされた!とか、譜面を見て、なーんだスタンダードじゃないか!なんて言ったそうです。

で、どんな演奏だったかというと!フルアコの生の音で弾いてました。オベーションギターでも出てくるのかと思いました。

また、ここはライヴハウスなんで音がでかく出せるので、家で聞いてるのとは音量が全然違い、物凄く大きい音でのデモ演奏だったんですね。

実はこのデモ演奏は一番前の席で聞いたんです。時間ギリギリに来たんで前しか開いていなかったんです。

大音量!
あと生ベースの音がやけにリアルに聴こえました。指のフィンガーノイズといい、セッションなんで割りと緊張感もなく、演奏中にも声が聞こえたりとか、なかなかスタジオにいるみたいな生の音が強烈に残っています。

他のCDでヴォーカルモノとかは、くっきりとリアルにヴォーカルが聴こえました。

またエレキベースの音の太い事!ピアノの中低音も太い音、ハイハットが抜けるように良い音でもありました。

エディゴメスも聴きました、こちらもくっきりとしたピアノのベースライン!でもあまりにも原音忠実主義なんですね!

SA-CDも聴く事が出来ました。クラシックで聞いた感じが、とてもやないけど生ピアノだけで、いったい良い音なのか全然わかりませんでした。

中音がメインに聞こえて、ただ良くない音にしか聞こえなかった。まあ普段聞くことの無い音楽ですので、良く分からなかった というのがホントのことです。

SA-CDは、ほんとに原音に忠実なんです。

で、質疑応答があってイロイロの方が色んな質問とかして見えましたね。

そして体験コーナーがやってきました。
持参のCDを持ってきたのが、僕1人でして、ジョンハッセルのマーリファストリートの1曲目をかけてもらいました。CD-RWに入れたもの!

それも かぶりつきの一番前の席で!!
いきなり ぶっ飛びました。家では聴こえないような音が次から次へと、まるでスピーカーから色んな楽器の音が飛び出してくるんです。

なんて凄いスピーカーなんでろう!でかい音なんでこんなにもイロイロと聴こえるのかと思えました、が ヘッドフォンで聞くと聴こえるのかもと家に帰って聴くと聴こえましたが!!

とにかく 家で聴いている音楽でないと分かりませんでした。CDを持参してよかった。

実際のところCDプレイヤーとデジタルアンプ、モンスターケーブルそしてコノスピーカーが揃ってこそ、こんなに凄いサウンドに聴こえるのかは分かりません。

また、ジャズは良く分かりません。プレイヤーがみんなで色んな方向へ向って行くようで、
音があっていない、狂っている、ように聴こえるんですね、
またテーマがあってアドリヴがあって らしいんですけど何処がテーマなのかも全く分からないので、音がいいだけとしか分かりませんでした。

まあ音が良いのを聴くイヴェントでしたから当然ですね。



デモ演奏で使われたAV機器です。
興味のある方は、是非!覗いてみて下さい。↓


D-412EX↓
D-412EX


A-5VL↓
A-5VL(B)



C-S5VL↓
C-S5VL(B)




またアウトレットものぞいてみて下さい。↓
アウトレットオーディオ




ONKYO DIRECT オーディオ販売



オンキョー製品のレヴュー記事はこちらから見れます。↓

onkyoのインシュレーター



今日のリンクは、マシューソープで体臭対策
author:パピネン, category:ONKYO DIRECT オンキョー, 10:36
-, -, pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...