RSS | ATOM | SEARCH
廉価盤5CD オリジナルクラシックRock&シリーズ 十分満足できる5CD Stanley Clarke Modern Man

JUGEMテーマ:音楽

 

大手レコ屋やアマゾンにはクラシックRock等の簡素な作りのBOXがいろいろあります

3枚や4枚,5枚がペラなジャケットにディスクが直に入ってます

リマスターや個々のアルバムも勿論いいけど

安くて名盤5枚揃えば それでいいって方におすすめです。

ボーナストラックなど一切収録はされてませんがオリジナル音源が聞けますね

 

お得な5CD廉価盤 (6).JPG

 

この手のBOXモノは2種のレーベルを持ってる

千円台からあります(中古を含む)

 

お得な5CD廉価盤 (8).JPG

 

てんでバラバラですが

リッキ リー ジョーンズ

サイプレス ヒル

オールマンブラザーズ バンド

そして一番最初に買ったのがスタンリー クラーク

 

お得な5CD廉価盤 (7).JPG

 

コスパ優先時代 これはお得やったな

 

zappa日本公演 (10).JPG

 

スタンクラークを知ったガキの頃

ギタリストに憧れた時代

ギルモアにペイジにブラックモア んでベック

ちょっとマニアでザッパにズートホーンロロとか

何故か周りのギター少年達はジェフベック

 

初め聞いたジェフベックはBBAのLIVE in Japan

当時 何が良いのか? どこがクールなのか?

全くわからんかった

でも皆は ジェフズブギーにゾッコン コピってた

僕はサントラ上がりの音楽ファンやったんで戸惑ったが・・・

やはり一番爆弾喰らったんがビートルHELP!の映画でした 

そんなこんなでサントラとRockの洗礼を受け 今日に至ります。

 

お得な5CD廉価盤 (1).JPG

 

初めての外タレ観に行ったんが JベックとSクラークの大阪府立体育館コンサート

期待地獄に陥ったコンサートだった

このコンサートに行く為に予習

Sクラークのアルバムを数枚輸入盤格安でゲットしたがな

 

しかし 当コンサートは マジに酷過ぎるカスやった

Sクラークの歌なしスキャット

演奏は音数多すぎ 団子状態......

来ると思ったヤンハマーは来てない

 

ドラムが

分けのわからん音数多い酷過ぎるサイモンフィリップ

お前 誰?

 

バーナードパーティーやないやん

とは いわへんが

何がしたいのか分からんドラマー

 

ジェフベックの不安定な音程のローランドギターシンセも酷い

演奏が始まるとテク合戦&戦争だ!

 

この2人は

1975年にジェフベックがスタンリーの曲を2曲カヴァーしてから
交友関係が出来きた その2曲は
今回の5CDオリジナルアルバムクラシックスにも入っているCD
74年発表のStanley ClarkeのLopsy LuとPowerなんですね!

そして1975年には、journey to Loveで2曲ゲスト参加
1978年には、トータルアルバム Modern Manに1曲、
カーマインアピスとベックそしてクラークの3人

インスト曲録音

ジェフベックのおかげで日本のロックファンからも
注目されるようになったんやな

またこの名作Modern Manは裏ではSGTペッパーズのSクラーク版って呼んでいた

単品でモダンマンのCDはなかなか手に入らなかった事もあって
(当時オランダ盤でえらく高い値段で一度見た事がある 今は安いですが)
廉価版を購入しました。

さて、スタンリーの魅力といえば、ベースなんでしょうが!
少し外れ気味の歌が良いですね ムーディーでアダルトな雰囲気が堪らなく良いんですね!
またこのアルバムはジェフベックとの急遽来日の少し前に発表されました。

 

1. Opening (Statement)
2. He Lives on (Story About the Last Journey of a Warrior)
3. More Hot Fun
4. Slow Dance
5. Interlude: A Serious Occasion
6. Got to Find My Own Place
7. Dayride

8. Interlude: It's What She Didn't Say
9. Modern Man
10. Interlude: A Relaxed Occasion
11. Rock'n'roll Jelly
12. Closing (Statement)

 

 

モダンマンのLPと廉価版5CDの1枚

Jeff Beck & S Clarke大阪府立体育館のライブ2CD

 

 

1. Opening (Statement) 4:22

Cymbal – Steve Gadd
Drums, Percussion – Gerry Brown
Guitar – Raymond Gomez
Other [Footstompers] – A Cast Of Thousands
Piccolo Trumpet [Bb] – Al Harrison, James Tinsley
Soprano Saxophone, Baritone Saxophone – Alfie Williams
Synthesizer [Oberheim, Moog], Organ – Michael Garson
Tenor Saxophone – Bobby Malach
Trombone – Dale Devoe
Vocals – Dee Dee Bridgewater

Written - Acoustic Bass, Bass [Alembic], Narrator – Stanley Clarke
参加ミュージシャンの多い事
戦士の行進足並みの音から入りファンファーレから始まります。

幕開けです わざわざベースがドローンと下降しテーマメロが出現

シュワ〜〜オーバーハイム独特のスペースサウンドに絡むナレーション

ワクワク度120% そして連打のピアノ

高速ベースがグチャグチャ感 溢れる

そしてタメてエンドに 最後までオーバーハイムのスペースサウンド

 

2. He Lives on (Story About the Last Journey of a Warrior) 4:24

Drums, Percussion – Jeff Porcaro
Electric Guitar, Steel Guitar [Pedal], Guitar [Synthesizer] – Jeff "Skunk" Baxter
Lyrics  – Michael Mauerer
music & Piano [Acoustic], Bass [Alembic, Piccolo], Vocals – Stanley Clarke
Piccolo Trumpet – James Tinsley

アーバンでドリーミーな曲!これには当時のドゥービブラザーズの
ジェフバクスターが参加しているんです。

打って変わってのんびりムード

変てこなベースライン 下手やけど哀愁いっぱいのクラークの歌(大好きです)

時折顔をだすバクスターのハーフトーンストラトサウンドのギターリフ&フィル

サビはファルセットで聞かせてくれます

ビートルのペニーレインが出てきます(ピッコロ)

シンセみたいなのはギターシンセ

流れる歌はとても気持ちいいです

 

サビはみんなで歌えるとてもいい雰囲気とポップなメロディ

最後に再びペニーレイン

ジェフバクスターのいつものおどけたギターフィル

ドゥービーズのブート音源でも よく出てきます おどけたフィル

 

3. More Hot Fun 4:31

Drums, Percussion – Gerry Brown
Guitar – Raymond Gomez
Piccolo Trumpet [Bb] – Al Harrison, James Tinsley
Soprano Saxophone – Alfie Williams
Synthesizer [Oberheim, Moog] – Michael Garson
Tenor Saxophone – Bobby Malach
Trombone – Dale Devoe
Vocals – Julia Waters, Maxine Waters
Written & Bass [Alembic] – Stanley Clarke
 

お次は1976年のスクールデイズの中のセルフカヴァーリメイク

バスドラから始まる そして一揆に盛り上がる
ブラスとベースが大活躍するディスコ ダンスチューン
女性ボーカル入りでゴージャス

ゴリゴリのブラスサウンドが絡み付く

 

ださいミュートギターにいろいろ絡んできます

ほんとダサイよ 

そしてスラップベースのアクセント

バチッ!バチッ!ゆうててベースではないわ

タイトなドラムもええけど

あまりにもスラッピーですがな あの頃はチョッパーベースなんて言われてましたね

繰りかえすリフ曲ですね

 

4. Slow Dance 3:16

Drums – Jeff Porcaro
Piano [Acoustic] – Michael Garson
Vocals – Julia Waters, Maxine Waters
Written & Bass [Alembic, Piccolo] – Stanley Clarke
スローなダンスナンバーです。
これもワンパターンなんですが、ベースが炸裂してます。

でもゆったりチューンでキャッチーな一語

その隙間を手癖連発のピッコロベースが出てくる

 

早弾きは どうもダサイわ

そして多重録音のベース群

この手癖はいかんわ

ピアノが全体を仕切っています。

 

5. Interlude: A Serious Occasion 0:21

Music & Bass – Stanley Clarke
現代音楽の短い曲!ベースのみ

弓弦弾きで多重 一瞬の世界


6. Got to Find My Own Place 3:17

Bass [Alembic], Vocals, Arranged By [Strings], Conductor [Strings] – Stanley Clarke
Cello – Harry Shultz, Jan Kelly, Niles Oliver, Ron Cooper
Drums, Percussion – Gerry Brown
Flugelhorn, Trumpet [Bb] – Al Harrison, James Tinsley
Flute, Soprano Saxophone – Alfie Williams
Flute, Tenor Saxophone – Bobby Malach
Guitar – Raymond Gomez
Music By – Gerry Brown
Music & Lyrics By – Michael Garson, Raymond Gomez, Stanley Clarke
Piano [Acoustic] – Michael Garson
Trombone – Dale Devoe
Viola – Barbara Thomason, Leonard Selic, Mark Kovacs, Rollice Dale
Violin – Alice Sachs, Connie Kupka, Cynthia Kovacs, Debra Price, Frank Foster
 Josef Schoenbrun, Kenneth Yerke, Marsha Van Dyke, Ronald Clark, Sandy Seymour, Steve Scharf
Violin, Concertmaster, Contractor – Charles Veal Jr.
ムーディー曲 サビから突然メジジャーに これはどうもイマイチのアレンジ

最初の歌部分はメランコリーで良いのに

サビで極端に変わる そして凄まじくダサイギターソロが入る

無い方が絶対に良い

その後ピアノソロ

そしてサビ オーケストラ&ブラス軍団が盛り上げます

さすがストリングスが入っているとゴージャスなドリーミーソウルになります。

7. Dayride 4:06

Drums, Percussion – Gerry Brown
Guitar – Raymond Gomez
Piccolo Trumpet [Bb] – Al Harrison, James Tinsley
Soprano Saxophone – Alfie Williams
Synthesizer [Oberheim, Moog] – Michael Garson
Tenor Saxophone – Bobby Malach
Trombone – Dale Devoe
Vocals – Dee Dee Bridgewater
Written & Bass [Alembic], Vocals – Stanley Clarke
バブリーなファンク

もうノリノリです 踊るのみ

ファンキー度数高いです

飛び交うシンセやブラス

長いイントロ後 テーマが流れ出し

変てこなブレイクしながら女性コーラスが絡んできます
時代を感じますね 40年以上前ですものね

 

最後のピチカートは美しいですザッパっぽいかも

 

8. Interlude: It's What She Didn't Say 1:24

Music & Bass – Stanley Clarke
ベースだけの多重録音 暗いチューン

指弾き、弓弾きなどで構成された
短い曲!アドリブ即興をベースに多重したんだな

9. Modern Man 3:31

Cello – Harry Shult, Jan Kelly, Niles Oliver, Ron Cooper
Drums – Jeff Porcaro
Viola – Barbara Thomason, Leonard Selic, Mark Kovacs, Rollice Dale
Violin – Alice Sachs, Connie Kupka, Cynthia Kovacs, Debra Price, Frank Foster 
 Josef Schoenbrun, Kenneth Yerke, Marsha Van Dyke, Ronald Clark*, Sandy Seymour, Steve Scharf
Violin, Concertmaster, Contractor – Charles Veal Jr.
Written &  Piano [Acoustic], Acoustic Bass, Bass [Alembic, Piccolo], Vocals – Stanley Clarke
 

タイトル曲
これもムード満点のドリームソウルです。

 

コーラスがいっぱい出てきてイェ〜〜 さあ始まった途端 良いですよ〜〜
ほんとムーディーに始まります、サビはマイナーになんでなるのかな?

スキャットと楽器のユニゾンが一瞬でて かっこいい

 

エキゾチックなサビ ここでのギターはなかなか良いね〜ゴメスだろう

そしてお得意のスキャットのクラーク

 

でも良い曲なんでOK
インストになるとこがカッコイイです。

最後のピアノとその合間

サージェントペッパーズやん

10. Interlude: A Relaxed Occasion 1:24

Music & Bass – Stanley Clarke
ベース1人舞台 コミカルでポジティブな曲調

そしてワンパターンの早弾き
今度は、ハーモニクス多様しています。

コツコツ鳴るカウンターはなんですかね?

そして長いフェードアウト

 

11. Rock'n'roll Jelly 5:07

Drums, Bass [Stereo Wah-wah], Soloist – Carmine Appice
Guitar – Jeff Beck
Music & Bass [Alembic] – Stanley Clarke

 

イントロのギターコードはカッコいいです
ドラムのカーマインアピスは相変わらずドタバタしてます

テーマのダサイこと でもその後のソロはノリノリやん

ディレイ効果いっぱいのソロ

勿論ベックの手癖120%ですぞ

 

その後クラークのペチャクチャしたサウンドのソロ

それに絡む別のベースソロ

途中のステレオのベースっぽいのはアピスってあるけど

フムフム

 

この場面でのハットが もうお祭りアピスならではのヨレヨレのユレユレビートで

笑っちまう

日本公演でも演ってたがドラムがサイモンフィリップやってがっかり(笑)

12. Closing (Statement)

Cymbal – Steve Gadd
Drums, Percussion – Gerry Brown
Guitar – Raymond Gomez
Music & Acoustic Bass, Bass [Alembic] – Stanley Clarke
Other [44 Magnum Gun] – James Fiducia
Other [Footstompers] – A Cast Of Thousands
Piccolo Trumpet [Bb] – Al Harrison, James Tinsley
Soprano Saxophone, Baritone Saxophone – Al Williams 
Synthesizer [Oberheim, Moog], Organ – Michael Garson
Tenor Saxophone – Bobby Malach
Trombone – Dale Devoe
Vocals – Dee Dee Bridgewater

 

そして最後はエンディング ファンファーレで終わります。

当然豪華でとても良いエンドィングです


38分のトータルアルバム
バライティに富んでおり、これは名作だと思います。


さてこの5CDには
クラーク/デューク プロジェクトもセットに入っています。
でもこのプロジェクトはあまりにもダサいです。
マザーズでプレイしていたルイルイが入っています。

 

アマゾンはとても安いです興味のある方 

のぞいて見て下さい↓

アマゾンのスタンリークラーク一覧

 

こちらは廉価モノ5CDとかの一覧です

クラシカルロック いろいろあります

チェックしてみてください↓

アマゾンのOriginal Album Classics

 

そしてサイプレスヒル 5CD

ラッパーです

 

zappa日本公演 (8).JPG

 

zappa日本公演 (9).JPG

 

オールマン5CD

 

お得な5CD廉価盤 (2).JPG

 

お得な5CD廉価盤 (3).JPG

 

リッキリージョーンズ5CD

 

お得な5CD廉価盤 (4).JPG

 

お得な5CD廉価盤 (5).JPG

 

アマゾンの別会社の廉価版シリーズです

こちらもいろいろあります 

興味のある方チェックしてみてください↓

アマゾンのoriginal album series

 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

original album series 又は original album classicsで検索してみてください↓


TOWER RECORDS ONLINE
 
★HMVですoriginal album series 又は original album classicsで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

 

今日は、もう全く買わなくなったCDソフト

でも廉価版なら買ってみよう でした♪

 

 

 

author:パピネン, category:廉価盤5CD BOX original album classics & series, 17:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...