RSS | ATOM | SEARCH
恐怖のショック療法後はジャスミンナイトドリーム ポップまっしぐらEdgar Winter Group & Solo

JUGEMテーマ:ROCK

 

70年半ばリリースされたエドガーウインターグループ

とんでもないポップなアルバムです。

今日はEdgarのポップ最高作品2種の紹介です

 

edger  (1).JPG

 

まずは邦題 恐怖のショック療法

そのままやん

 

A1 Some Kinda Animal 3:05

A2 Easy Street 4:13

A3 Sundown 3:25

A4 Miracle Of Love 3:38

A5 Do Like Me 4:48

 

B1 Rock & Roll Woman 2:49

B2 Someone Take My Heart Away 4:08

B3 Queen Of My Dreams 2:15

B4 Maybe Some Day You'll Call My Name 3:52

B5 River's Risin' 3:19

B6 Animal 4:53

 

Edgar Winter Bass, Clavinet, Mellotron, Organ, Piano, Saxophone, Synthesizer, Vibraphone, Vocals

Rick Derringer Bass, Guitar, Sitar, Vocals

Dan Hartman Bass, Guitar, Vocals

Chuck Ruff Drums

 

edger  (2).JPG

 

これまでのエドガーズは地味な感じやった

ファンクバンド ホワイトトラッシュ時代もR&Bやゴスペル シャウトなど

どうもイマイチやったけど これとエドガーのソロであるジャスミンの夜夢の

2枚は特に聞いたアルバムです。

 

ショック療法の前のアルバムで

大ヒットしたフランケンシュタインはまさかのインストやった

アルバムは持ってるけど 飛び上がるほどのモンやなかった・・・

 

また ショック療法で大活躍したのはベースのダンハートマンやった

11曲中7曲が彼の作品 3曲がエドガーで 残り1曲が共作

彼のポップセンスはとても素敵ですね

また 何ゆうてもメロディーと声質です 

 

良いメロでも声が気に入らないとあかん

スマパンも歌メロは良いけど あの声ではパスやし

プロコルハルムの青い影もヴォーカルが違ったらもっと好きになったと思います。

 

edger  (3).JPG

 

では、1曲目から

A1 Some Kinda Animal 3:05

ウップテンポ はち切れロックンロール イントロリズムのベタさがとてもポップ

ダンハートマンが歌います

ギターリフもええやん

サビのリズムもかっちょええです

 

まあギターフィルはいっぱい入ってるけど

普通にロックです

 

ドラムも適度にタイトでグイグイグルーブでロックしてますね

ドラムでロックの雰囲気がまたはジャンルまでも変わりますもんね

 

最後 これでもかってテープエフェクトで遊んでます

ジミヘンやな

 

A2 Easy Street 4:13

クールなピアノのイントロにエドガーのジワっと熱いヴォーカルが重なり

シンセベースがブイブイ地面を這い回ります

ミデウムテンンポです

 

ブラスもガツンと入ります ファンキーやけどポップなロックンファンク

サックスソロも味があって 都会の夜を連想させます

 

スキャットもええ感じ これから始まるねん って雰囲気あります

ダンハートマン作

 

A3 Sundown 3:25

クラビネットのかっこいいイントロから入り

メロトロンが出てきます

ダンハートマンの空に舞い上がる爽やかな歌

サビで全体のテンションがグッと上がり

その頂点でオーソドックスなギターソロが舞います

 

歌がとにかく良いです

メランコリーで子守唄ですね

 

A4 Miracle Of Love 3:38

クロスフェイドでコオロギの鳴き声が入り

曲が始まります

エドガーで1曲ってゆうたら この曲を掲げます

 

イントロからしてポジティブな世界に連れ込まれます

完璧なアレンジ メロ、コーラス、ベタなリズムアレンジ これまたグッド

フランジャー全快のギターも遠くですがキッチリ聞こえます

 

そしてサビはキラキラしてます

歌メロがメジャーからどっとメイナーに移って

ビィブラフォンソロが入ります ノックアウトされた

そして歌に戻ります メジャーとマイナーが交互に来る

曲つくりがとても素晴らしいチューンです。

 

A5 Do Like Me 4:48

ホワイトトラッシュバリのファンキーナチューン

エドガーお得意の世界です

シンセベースがカッコいいぞ グイグイ攻めてきます

コーラスも もうフライファミリーストーンの様に黒くクールでタイト

 

これでもクラビネットがフューチャーされてます

この当時 クラビネットはファンキー味の代表楽器やね

 

エドガーが歌いますそしてギターソロと掛け合いのエドガーのディストーション化したスキャットも

見逃せません

 

最後の最後までチカラが入ってます・

 

edger  (4).JPG

 

B1 Rock & Roll Woman 2:49

キラキラポップなアメリカンハードロック

ノリノリですダンハートマンが歌います

的確なベースはさすがマルチのダンです

ギターソロはホワイトトラッシュやリックデリンジャーのソロに収録の

キーププレインロックンロール似てます

 

B2 Someone Take My Heart Away 4:08

打って変わってメランコリーチューン

メロトロン出てきます

爽やかな歌声のエドガー

このグループには爽やかヴォーカルが2人もいてますね

 

シタール風のショートレンジのフランジャーギターも効いています

メロよし 声よし 温い何かに包まれるような感じがします

 

エドガーのクラビもいい味を出していますね

転調し まだまだ行きます

転調と言えばユーミンの曲を思い出しますが・・・

ドラマチックな美しい曲です。

 

B3 Queen Of My Dreams 2:15

ハードチューン グイグイ来ます

シャウトするダンハートマン リバーブたっぷりでレノンスタイルです

ドラムがお祭りで 左右に飛び交うギターソロは まあこんなもんなんでしょう

デリンジャーはいつ聞いても普通のギターですね

 

B4 Maybe Some Day You'll Call My Name 3:52

そして胸キュン〜アワワ メロメロロック

ダンが歌います ここでも曲つくりにメジャーとマイナーが混ざってますね

 

キャッチーなイントロ(ドラム)から始まり 即メロメロになります

フランジングされたサイドギターが左から聞こえます

サビの後 クールダウンしますがダンはそのままのテンションで歌い上げます

右から聞こえるのはキラキラのキーボード群

 

ヘッドフォンで聞くと いろんな音が入っていますね

リマスターCDを聞いてみたいです。

 

B5 River's Risin' 3:19

がらっと変わってR&Rです

これもキャッチーなコーラスとメロで溢れています

サビにいくと一揆に空高く舞い上がります(コーラス部分)

 

少しテンポが落ち 即持ち上げます

そして再びキャッチーなコーラスをバックにこれでもかってポップに歌が流れていきます

メロトロンもコーラス場面で顔を出します

アレンジされたギターソロは短く部分的にハモっています

左右にパンするキンキラソンセ

裏切らないドラムのフィルも好感一杯です

 

ポップなバブルキャンディーチューン

 

B6 Animal 4:53

クールにキメたいシャウト&サイケデリックなR&R

エドガーが歌います

 

1曲目の続編です

歌の後のインスト場面は 物凄いことになってます

ドロドロギンギン 

このチューンはこの後リリースされるエドガーのソロに非常に通じます

飛び交うアープシンセの音の洪水で終わります。

グレイトですエドガーウインターズ

 

今日はエドガーウインターのポップ満載の名作 恐怖のショック療法でした

次回エドガーズはジャスミンナイトドリームです。

 

アマゾン安いです 興味のある方是非覗いてみてください↓

アマゾンのエドガーウインターグループ

 

高いな楽天出品店はこちらからです↓

楽天のエドガーウインターズ

 

なんでもありそう!セカイモンです↓

セカイモンのエドガーウインターズ

 

7ネットショップです↓

セブンネットショッピングのエドガーウインターズ

 

★大手レコードショップ タワーレコード↓


TOWER RECORDS ONLINE
 
★HMVです、frank zappaで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。
 

★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓
author:パピネン, category:エドガーウインターズ ファミリー, 14:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
70年代アメリカンポップロック 過小評価のエドガーウインターの2枚作品

JUGEMテーマ:ROCK

 

今日は、70年代アメリカンポップロックのエドガーウインターです。

 

エドガーウインターズ (1).JPG

 

ウインター兄弟の弟で、ソロデヴューが70年[Entrance] 兄が参加してる

71年には非常にファンキーなグループ 「Edgar Winter's White Trash」をリリース 玄人受けしたアルバムです。

72年〜89年間、「Roadwork」兄とのライブ他等 幾つも ガンガンリリースしていきます。

 

また72年に「They only come out at night」エドガーイウインターのグループ名でリリースします

セッション&ジャムってた曲を継ぎはぎ編集しシングルカットされ大ヒット

タイトルがまさしく「フランケンシュタイン」そのものですね

 

僕が初めて買ったのが

74年にリリ−スされたスーパーポップロックンロールアルバム「恐怖のショック療法」

その後 数枚買いましたが エドガーウインターと言えば

「恐怖の〜」と翌年の「Jasmne Nightdreams」エドガーのソロ この2枚があれば大満足です。

 

エドガーウインターズ (5).JPG

 

エドガーと言えば シャウト&絶叫派ですが 甘いヴォーカルが一番の魅力ですね

エドガーと並んで素晴らしい曲を作って歌ってるのがベースのDan Hartmanです。

主にこの2人が曲作りをしてます。

 

当時のアメリカンミュージシャンは音楽ルーツがブルースとジャズとロックンロールとゴスペルが主流でしたが

(オルタナ以降は、なんでもありですが・・・)

この2枚のアルバムは、そこからワープしてポップなハードロック&メロウなメランコリーロックを聞かせてくれます

キラキラしたサウンドですね

 

エドガーウインターズ (6).JPG

 

時期に応じて参加したギタストリト2人のロニーモントローズとリックデリンジャーは、

どちらもパットとしません またゲストのジョニーイウンターは勿論別ですが・・・

 

まあしいて言えばリックデリンジャーがゲスト参加した

「White trash」の「Keep playin' that's R&R」はギタリストの登竜門的ソロを弾いていますが 

「サディスティックミカバンド」の高中正義の「タイムマシンにおねがい」の方がカッコイイです

 

エドガーウインターズ (9).JPG

 

74年の「恐怖の〜」では、エドガーの作品は小出しでしたが

翌75年のソロアルバム「Jasmne Nightdreams」では フル全快。

この2枚は 対であっても良さそうな 

ビートルのラバーソウルとリヴォルバー

SGTとマジカルミステリーのようで どれも2枚組でもよさそうな

とても素晴らしい作品やと思います。

 

エドガーウインターズ (7).JPG

 

持ってるオリジナルアルバムは少ないですが

ロシアMP3には 殆んどのアルバムが収録されてます。

 

このMP3には、

面白い事に2000年リリースされたらしい?アルバムではルカサーとのライブがあり

これを聞くとジェフベックがルカサーとアルバムをリリースするはずが蹴ったのがよく分かります

(86年ジャパンツアー共演時に出た話ですね)

このライブは まるでジェフベックです ベックはさぞ怒った事でしょう

その後 ルカサーが ”ボツるなら一言いって欲しかった・・・”などと ゆうてます

このライブを聞くと あまりにもパクリ過ぎで笑います。

 

(その後ベックは男ギタリストとはアルバムを作らなかった・・・・・・・

男は嫌だ女ギタリストならOKだぜ と叫んだ)

 

MP3には5種類のブートレッグ音源が それなりの音で収録されています

再結成のホワイトトラッシュも収録

 

エドガーウインターズ (2).JPG

 

2種類4ディスクのMP3は、ダブっていますが、

ダブリ無しも多く収録されています

ライブインジャパンなんてのも入っています。

MP3のヘヴィーローテーションなんて無理 (あまりにも多い)

全アルバム聞き通す! ですね。

MP3の欠点は、メドレーやと曲間があり途切れます

Zappaのキニシナイを思い出して聞きいてます。

 

エドガーウインターズ (3).JPG

 

そしてダンハートマンMP3は

全ての作品は収録されてません

 

エドガーウインターズ (4).JPG

 

今日は、隠れた名作がある エドガーウインターでした。

後日 アルバムごとレヴューしてきます。

 

 

author:パピネン, category:エドガーウインターズ ファミリー, 17:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...