RSS | ATOM | SEARCH
ジャケ買いやん ブートによくある重複音源 The Mothers Of Invention Child's Playとビートブーツ開封動画

JUGEMテーマ:音楽

 

今日は懐かしのLPブートとアクセスの多いビートブーツボックスの開封動画です。

 

LP時代のブートレッグ(CD以前)はネットも無くて ジャケットで選んでた

それがこれです。

 

guitar 022.JPG

 

当時ウロウロしてた京都大阪ではアホのようにブートレグLPが売ってました

今ではネット大手でも売ってますが、当時はタワーやHMVなどではブートレグは見かけることなく

個人のレコードショップや中古レコードショップにいっぱいありました。

 

当然内容も聞くことは皆無に近く店員やお店のオーナーに 尋ねるくらい

ジャンクショップやジョーズガレージではオーナーと話してて内容など教えてくれはって買ってました

 

そんな時代にゲットしたのがこれ これは京大横にあった時のジョーズガレージで1000円で売ってた1LPブートレグ

まだZAPPA VOXが出る前で初めて見る写真 それもカラージャケット

買うしかない でした。

 

内容は、60年代ライブのコンピで

何度もリリースされたもの

 

A面

A1 King Kong   11:05

A2 It Can't Happen Here 11:05

A3 You Didn't Try To Call Me  2:14

A4 Petroushka

  (Stravinsky) 1:33

A5 Bristol Stomp  1:00

A6 Baby Love

  (Holland-Dozier-Holland )1:00

A7 Big Legged Emma 1:00

 

B面

B1 The Big Medley -

  "Freak Out""Absolutely Free" "We're Only In It For The Money"

  からの選曲メドレー17:01

B2 No Matter What You Do -

  Interpolating Tchaikovsky's Sixth Symphony  0:47

B3 Blue Suede Shoes

  ( C. Perkins)0:37

B4 Hound Dog

  (Leiber & Stoller )0:17

B5 Gee Written 1:33

 

 A1 to A7, B2 ~ B5 were recorded live at Music Fair

Stockholm, Sweden, 30 September 1967.

B1 was recorded live at the Royal Festival Hall

London, 1968.

日時の記載は無いけど調べてみると

1968年10月25日ではないかと思います

また重複してるCDやLPも混在してます。

そしてこれはイタリア盤ブートレグ

 

guitar 024.JPG

 

guitar 025.JPG

 

では、再び聞いてみます。

 

A面

A1 King Kong   11:05

懐かしのスクラッチノイズ プチプチゆうてます。

若々しいザッパのMC 曲名はキングコング・・・

良い残響音と広がりのある音質 かなりレトロサウンド

 

さあ始まります

ワンコードでロイがベースをブンブン弾き鳴らし

テーマが始まります。

 

いつもの曲ですが60年代のマザーズは特別ですね

メンバーは

Frank Zappa          guitar

Jimmy Carl Black   drums

Roy Estrada          bass

Bunk Gardner       woodwinds

Moterhead Jim Sherwood   sax   

Arthur Tripp        percussion  

Ian Underson      keyboards  /  winds

Don Preston        keyboards

 

おそらくこのメンツだと思います。

インストが殆んどなので 

このツアーは出たり入ったりのレイコリンズ不参加

また A面に関しては こちらから以前書いたCDのレヴーがあります。

Tis The Season To Be Jelly

しかし曲順が違います。

 

テーマ後の管楽器のインプロビゼーションはやはり聞き物です

ザッパは強烈なギターでアクセントをぶちかまします。

時折半開きのワウワウが聞こえてきます。

 

管楽器後にティンパニが打ち鳴らされ

早くもザッパの運指揮法が炸裂し 自由に前衛ロックの世界を構築してきます。

 

そして戻ると

ベースが軽やかにグルーブをキープ

そして別の管楽器がインプロします

今度はオルガンがアクセントをキメてきます。

どこかfela kutiっぽいオルガンソロ

キーボードが2人います

 

Donは電子キーボード楽器なのでシンセや電子音は彼だと思います。

またジャジーなソロも彼でしょう。

Ianは音大なので普通のソロかと思いますね

 

そして奇声が発しられ もっと前衛的なパフォーマンスに移り

ザッパの合図などでいろいろなハプニングが起こります。

 

音だけでも奇抜なステージが伝わる

 

A2 It Can't Happen Here 11:05

いつしか アカペラ曲に移りますが

LPフリークアウトのライブヴァージョン

これも今聞くと かなりイッてます

サイケデリックな世界です

 

ダラダラ始まる 叫びや呻きやいろいろな声や奇声が飛び交う

そして電子楽器が鳴り出し パーカッションが場を持ち上げていく

 

やたらアヴァンギャルドだ

初期マザーズの異様さが凄い

観客は黙って見ているのか?

 

トレモロサウンドの機械音電子音が会場を埋めつくす

誰も聞いた事のないサウンド

宇宙音、ジェットサウンド 後に効果音なんて言われるサウンドだ

 

この当時 ムーグが発売される直後かな

ビートルのハリスンが68年頃にムーグを入手してますね

これはドンプレストンが開発した電子音ユニットが結構フューチャーされてます

 

どないしてやって終わったのかわからずまま終わると大喝采が続く・・・凄いです。

ザッパのMCが入る 一反音が切れて次の曲に

(このLPは曲順が編集されていたのがわかる)

 

A3 You Didn't Try To Call Me  2:14

そしてフリークアウトから

3拍子 ザッパが1.2.3.1.2.3.とカウント

ポップでレトロな曲が始まります

 

初めて聴いた時 なんていい音のブートなんやと思った

歌ものなんでレイコリンズがいてるのかもしれないが

数人が歌っているんで よくわからない

 

ハモってもいます、キラキラのキーボードがまるでクリスマスのように聞こえます

この頃はドラムがとてもシンプルでとても聞き易いです。

 

そしてブレイク テープ回転がよれますが 戻ります

 

A4 Petroushka

(Stravinsky) 1:33

メドレーで矢継ぎ早にどんどん曲が変わり進んでいきます。

この曲がどれにあたるのかもわからん・・・・・

インストです楽しいコミカルなチューン

これもどれかのブートでは耳にした事がある曲

オフィシャルにも収録されてたのかわからん

 

リフではすでにメロの2度上の音が加えられている

ザッパ楽曲の特徴の1つ

 

A5 Bristol Stomp  1:00

短い歌モノ 懐かしのポップって感じ

これも知ってる曲だが どこに どれに収録されてたかは

ブートレグとオフィシャルが混在してて ほんとうにわからない

 

A6 Baby Love

(Holland-Dozier-Holland )1:00

いきなりClashのロンドンコーリングかと思う箇所が数秒あって

ファルセットの歌が始まる

懐かしのポップチューンだな

 

A7 Big Legged Emma 1:00

そしてザッパの大股のエマ 歌い方がまるでボンゾドックバンド

マジカルミステリー映画で出てきますね

なぜかダブります。

ポップチューン 歌うはザッパと誰か

 

 

B面

B1 The Big Medley -

"Freak Out""Absolutely Free" "We're Only In It For The Money"

からの選曲メドレー17:01

 

これは別の日のライブ 68年10月25日

一連のポップチューンのインストメドレー

恐らくレイコリンズはいなかったと思われます

オレッジカウンティーや3枚目の歌モノのインスト

そしてOh Noやらが出てきます

 

そしてギターソロも登場します、ブルースギターバリバリ時代のザッパが見れる

ここからが聴き物でインプロ応酬で もうハチャメチャにいろんな楽器がソロを絡めてきます

 

テーマが鳴りだすと皆が揃って変化する

そして再び強烈なギターソロがあってテーマに

この辺りはスリリングでワクワクします

 

時折音が途切れ気味になったりするけどキニシナイ

イタチ野郎と同じ流れて それもずっと長い

これが実は元になったのかと思われるくらい完璧な演奏です

 

再びギターソロ 今度はワウワウギター

とにかくソロがたっぷり収録されています

 

その後管楽器のソロが続きます

キングコングのテーマが出てきたり

なんでもアリのインプロ場面

 

スローダウン

今度はキーボードソロ ザッパのMCで幕を閉じます

 

B2 No Matter What You Do -

Interpolating Tchaikovsky's Sixth Symphony  2:47

MC後歌が始まる

途中で止まったりと演劇風の場面ですオルガンと話だけになったり

初期マザーズの面白い雰囲気が伝わってきます

 

B3 Blue Suede Shoes

( C. Perkins)0:37

突然始まるR&R

B4 Hound Dog

(Leiber & Stoller )0:17

 

B5 Gee  1:33

そしてザッパの歌モノ

普通にポップな曲

後に黙ってギターを〜に同じGeeってのが出てきます。

関連性は本人しかわからないのでは

 

終り

 

guitar 023.JPG

 

 

このLPは海外やオークならゲット出来る事がありますが

同音源ならアマゾンで格安ゲットできます

チェックしてみてください↓

アマゾン Tis the Season to Be Jelly ザッパ

 

セカイモンです ↓

セカイモン ザッパ

 

この音源はビートザブーツ1にも入っています

こちらの動画はビートザブーツ2開封動画です

興味のある方はのぞいて見て下さい↓

 

 

今日は懐かしのLPブートでした。

 

 

 

 

 

author:パピネン, category:1960年代ザッパ LIVE音源, 10:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
1968年10月3日  Tivoli Gardens, København, Denmark フランクザッパ&マザーズ コンサート音源
JUGEMテーマ:音楽

今日は、1968年10月3日デンマークコンサート音源です。
この日は、ドンチェリーっをゲストに迎えたライブという事で、68年と言うと150回前後もライブをこなしたアザーズだった。


メンバーは、
Frank Zappa
Roy Estrada
Jimmy Carl Black
Art Tripp
Ian Underwood
Don Preston
Bunk Gardner
Motorhead Sherwood 
にゲストがDon Cherryのコンサート

曲目は、
Absolutely Free Medley
In The Sky
The String Quartet 
Oh No
Transylvania Boogie
improvisations
Octandre
とあるが・・・1曲目のアブソリュートリーメドレーってのは、なんなんか?
インプロにしか聞こえないが・・・それでは

#1 Absolutely Free Medley

ティンパニのロールらしい音から始まる・・・フェイドインだ おまけにショーの初めからではない音源だ、音はサウンドボードかな? オーディエンスにしてみたらこないに音は良くない筈だが・・・

マザーズの寸劇から始まるようだ・・・ロイを中心に雄叫びやらがザッパの運指揮法で飛び出す。
そしてジャズが始まる・・・ザッパのMCが強烈に残響音で一杯だ・・・オーディエンス録音みたいに聞こえるが・・・どっちなんやろう???

叫んだり、喚いたり・・・ザッパのMCが絡みながらダラダラと進んで行く、そして曲が始まるが・・・アドリブかい ドラムはしっかり4ビートでスゥイングしてる、鼻を鳴らす汚音が会場に流れる・・・曲はあらへんが・・・その内 またジャズが始まる

だから何処がアブソリュートリーメドレーなんだろうって感じ

#2 In The Sky

全く分からんままに2曲目に行ってるやないか! タイトルもホンマなのか どうなのか分からんが・・・これまた前衛的で音楽というより音が垂れ流れているって雰囲気

なぜかフリークアウトの中の曲のイントロが始まった・・・Help I'm a Rock やんか
タイトルはアテにならないし、またドンチェリーがどれなのかは分からんな

輪郭のボケたサウンドなんで、しっかり掴めないが、ダラダラと聞こえるのは音質のせいだな。

ゆったりでフルートとかトレモロで入ってきたり、ギターがなんとなく現れて来たり、
ドラムも結構 遠い

そして知ってるパートが次々出てくる、淡々と演奏が進むが これといってぶっ飛びの何かがあるわけでもないし、何かが起こるわけでもない ただ只管 インプロの徹しているって感じだ。

ある意味、レアな音源かもしれない、そしてギターソロだが クリーンなトーンで弾き捲くっている。
たまにノイズがズラララと入る、淡々とした演奏は、何処に行くのか? 分からん状態が続く・・・そしてドラムソロになる これが結構あるんだな

そしてなんとなくジャズが始まった、ザッパのリズムギターワークがしっかり聞き取れる。
ロックブルース フレーズのベース コード一発で進行中!

サックスのソロとかが入っているけど、誰なのかってのは分からんな、それにしてもホンマにザッパかと思うけど、MCはザッパだった。

これもタイトルがホンマかどうか分からんな そんなことゆうてる内にドッグブリスがインストで始まる・・・ほら おかしいやろう曲のタイトルが全然違うぞ それにしても録音のせいだろうマイルドなサウンドだな そして何時しかフェイドアウト

#3 The String Quartet 

フェイドイン ザッパのMCがだらだらと流れ、チューニングのあとカウント、パウンドフォーブラウンが始まった、このテイク クラシカルでまったりする
そしてテーマに戻りギターソロが絡んでくる、これもクリーンなトーンでソロる。

レイコリンズが居ないツアーだったんで殆ど歌無しのインストモノばっかだ。
延々とギターソロは続く・・・その後はテーマがあって それも幾つかのパートが流れる

それにしても毎回 微妙に違うテーマの並びや構成 ザッパの運指揮法によるものなのか よく分からんわ・・・そして 今度は 声のインプロヴィゼイションが始まる それに加えてサーカスの音楽が始まったり・・・どうなっているねんと言いたくなる

そして別のパターンになり、再びギターソロとなる、頭打ちのビートに乗ってザッパがギターソロをするが、パッとせんな なんでかな?

ワンコードでのソロが多く全体的にダラダラしてるし、ザッパのBGMって雰囲気だな
ギターソロに混じってサックスがソロをとったりと何をやってるのか掴めない珍しい音源だよ。

遠くに聞こえるのがドンチェリーだろう。
そしてテーマに戻ってきた(ストリングカルテット)

#4 Oh No
#5 Transylvania Boogie

即興でロイがバカ笑いを飛ばす・・・声の祭典となる
3枚目からの曲が突然始まった インストだ 続いてOH NOがインストで流れる
やっとザッパ&マザーズらしくなって来た。

リズム狂いのテンポでザッパがギターを絡めてきた、メロはちゃんとイアンか誰かが演奏してるが・・・

オレンジカウンティーまで行ってからワウワウギターが登場 細かいニュアンスで弾き捲くる

そしてフェイドアウト
トランシルバニアは入って無かったぞ!!!

#6 improvisations
#7 Octandre

最後のタイトルは、わからんが無かったのではないかな?
ジャケと全然違うので気をつけないとあかんな
68年のヨーロッパツアーは、他にもあるけど 似たもんだ
ダラダラと始まりダラダラと終わる そんなもんだな なんで余程でない限り 手をださなくても良いだろう。

絶対欲しいって方は、日時と曲目をじっくり見てゲットしてください。
つづく

★ヤフーオークションです、Frank Zappa 又は 
フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV ONLINE/エルパカBOOKS

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1960年代ザッパ LIVE音源, 13:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Frank Zappa & The mothers 1968年4月28日デトロイト アーリーショーのライブ音源
JUGEMテーマ:音楽

今日は、マザーズの60年代ライブ音源
1968年4月28日 
The Grande Ballroom Detroit での Early Show の一部音源の紹介です。

mothers 68 4 28

これはサウンドボード音源で迫力もあり、珍しい曲あり、音良し、聞きやすいブートだ
曲目は、ジャケには、こうある↓
#1. Green Genes 
#2. Hungry Freaks Daddy 
#3. America Drinks 
#4. King Kong 
#5. Impro 
#6. Handsome Cabin Boy 
 - Wedding Dress Song 
 - Dog Breath 
 - Little House
#7. Status Back Baby 
#8. The Orange County Lumber Truck

メンバーは、
1967年 12月から 1968年8月 のメンツで
Frank Zappa
Ray Collins
Roy Estrada
Jimmy Carl Black
Art Tripp
Ian Underwood
Don Preston 
Bunk Gardner
Motorhead Sherwood となっている。

初期マザーズ 黄金メンバーだよん

mothers 68 4 28 2

#1. Green Genes 

ザッパのMCから、何時もと同じだ、音が心地よいリバーブの音像
即始まる アンクルミートからのご機嫌なインストだ、レコードと同じアレンジだよ、まあ多少の違いはあるものの そりゃライブやからね って感じ
ソロとかが多くあったり、違ったりの程度

とにかく音が聞きやすくて良いんだ
各楽器のバランスは、多少はアレやけど気にならん

サックスソロの後に来る、エレピかなローズかな ソロがこれまた良い
ラウンジっぽくて大人の雰囲気たっぷりだ。

あとジミカルブラックのドラムも良いし、中期以降のザッパには見られないシンプルなドラムが特によろしいよ、だからかしっかりしたグルーブ満点のバックの演奏

その後 ザッパのギターソロ これも何時ものようなワンコードでないから 起承転結がしっかり構築されたアドリブソロ 歌っているよ・・・

少し遠くに聞こえるけど、キニシナイ・・・そしてテーマ ザッパのワウワウかましのギターだよ、管楽器奏者が2人以上いるんで 頼もしいハモリとなる

そしてローズでエンディング
拍手・・・

#2. Hungry Freaks Daddy 

ザッパのMCが入り、少しチューニングが・・・ベースもチューニングしてる
そしてイントロがカットなのか突然 デヴューアルバムの1曲が始まる。

ヴォーカルが遠いが、キニシナイ タンバリンがしっかり入っている、サビに行く盛り上がりもカッコイイ そのバックのサックスもスリリング

そして音が小さいが、ギターソロ ここはもともとエリオットイングバーhが弾いていたのかな??? 多分ね・・・そこをザッパが弾く

そしてブレイク

#3. America Drinks 

さあ 出てきたよ〜2枚目の”絶対自由だぜ”に収録の
”アメリカンは、家に帰ってビールを飲む”だ、まるでモダンホラー シャイニングの豪華なゴールドルームで流れるような優雅なメロディと雰囲気を持った良い曲。

ザッパが頑張って歌っている 短いアレンジですっきりと終わる

#4. King Kong 

怪獣好きのザッパの代表曲、オリジナルは69年頃の”アンクルミート”に収録されてたね
それの旬の音源だ、この辺りの音源を編集し、当時LPは、片面一杯に入ってたんだ
インスト曲。

テーマの後は、フリーキーなサックスソロが炸裂し、その後ギターソロとなるが あかんバランスの問題でギターが遠くて小さい・・・他の楽器がガンガン鳴らすからであって、引っ込んだらギターが聞こえ出す・・・まあそんなもんだよブートなんか!

またこのソロ コードインプロビゼーションとは、言わないが似たようなコード弾き場面があったりする、だんだんアヴァンギャルドになっていく、ワンコードを一生懸命プレイするロイエストラダ・・・でも皆シラフで演奏だぜ。

そして終わるが・・・サックスが残っていたりする
そこでザッパのMC ドラムソロとなる

#5. Impro

ここからザッパの運指揮法が始まる(それまでもあったかもしれないが・・・)
その後は、おい ドツイたるねん・・・って感じの場面・・・ローズピアノだけになり運指揮法で声の雄たけび即興が始まり、再びローズソロ それに絡みだす他の楽器 だんだん盛り上がり即ブレイク そこには、ローズソロが延々と続く

曲調が変わりだし、ギターが参加し ベースは淡々とワンノートでベックを固める
ドラムも大人しい

#6. Handsome Cabin Boy - Wedding Dress Song - Little House 〜

そして オフィシャルでは、90年代にリリースされたロストエピソードに入ってた船乗りの曲で これはカバー曲だ
これを聞くとザッパのメランコリなメロディのルーツが分かる。

なんとも言えない美しいし、メランコリーなメロディのインスト
このライヴも この60年代音源でしか聞けないのとちゃうかな、良い曲だよ

ただワンコーラスあって、即 ソロ廻しになる、フルートかな? 縦笛かな?
ショボイがカッコイイソロだ、それに絡むサックス もう ここでは2本のメロディが絡む
1つは、テーマのメロを含んだソロ。

またここでもワンコードで展開する、また何時しか”リトルハウス〜”のメロが出てきて みんなが応答し 曲となっていく

#7. Status Back Baby 

そして何時しか”フリークアウト”からの曲となる、ワンコーラスやってすんなり終わるかと思えば、インプロまがいになり、リズムを刻むオルガンが妙に印象に残るが、また歌となるそしてバシッと終わる

#8. The Orange County Lumber Truck〜Oh No

ザッパのMCだ、
これは、この時期の音源をまとめたアルバム”いたち野郎”やらに収録されてたメロの良いインストだ。

始まりは、少しチューニングがありカウントで始まる。
これもザッパらしいメロディが光る、また数本の管楽器奏者がいてるんで しっかりユニゾンでなくてハモリだぜ。

まあオフィシャルと似たアレンジで突き進む・・・まぜか音が少し篭りぎみになるが・・・
そしてメロメロ曲 ”オ〜ノ〜”になる、歌はレイコリンズだよな・・やったぜ オリジナルヴォーカルだよ、もともとこれはインストとして作られた曲だが・・・その後テーマやらがりギターソロとなる、まあここでも音が小さいがキニシナイぞ

そしてクラリネットのようなソプラノサックスなんかな それのソロが始まり 他の管楽器も乱入・・・でもカオス状態にはならないギリギリの線で突き進む。

いくつかのメロが絡みだし、テーマに戻る、オルガンソロになるが おい!お前ジョンロードかいと言いたくなった。

延々とつづく即興、ロイエストラダはワンノートのままだ、飽きないのかな?
まあ給料が良いので文句は無い、17分ほどあるので満腹度は高い演奏だよ

そしてフリーキーなサックスになり(バックは小さい音)ギターだけになる。
スローになり・・・もっとスローになり・・・お終い

ザッパのSee you ・・・拍手
これでCDはお終い。

難をゆうたら、ギターの音量ぐらいであとは、臨場感たんまり雰囲気ナイス、名曲いっぱいでオススメ・・・

もし この音源をゲットするなら、ジャケットはいろいろあるんで日時と曲目をチャックしてからゲットですね・・・


関連記事↓

★ヤフーオークションです、Frank Zappa 又は 
フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV ONLINE/エルパカBOOKS

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

ウチでも2台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓


author:パピネン, category:1960年代ザッパ LIVE音源, 15:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...