RSS | ATOM | SEARCH
MYSTERY BOX Frank Zappa 10枚組ブートレッグについて
JUGEMテーマ:音楽
 
今日は、オークションで出品されているミステリーボックスについて

これは、ずいぶん前に京都で一番 嫌なベタ*デ*ズってところで
新品9800円でゲットしたもの。

違うCDを買いに行った所、これを見つけた
取り置きを頼んで友人に買いに行ってもらったぐらい 行くのが嫌な店!

感じが最高に悪い店主やった
でも、いいモノがあるのが なんとも皮肉やった。

まあ  今その店があるかなんて どーでもええが

そんなグチは ここまでにして

さて、この怒涛の10枚組LP

数年後、ジョーズガレージにてCDが売っていた
ボーナスCD付きで しれがまた ファン泣かせの

75年のビーフハートとジョイントした時の音源CDやって28000円もしてた
まあLP9800円
CDで28000円と差はあるけど・・・
致し方ない!

ヤフオクでは25000円で出ているが
高い時は45000円とかで見た事もあった・・・

ちょっと高いなぁ
でもだ!かなりの良い音源が山のように収録されていると思う。

ミステリーボックス

まあザッパのブートLPは3000円から5000円ぐらいしてる時期もあったので
高いか安いかは、なんとも言えないのやけど・・・

ミステリーボックス2

まずは、細かい内容は、今度にして
大まかな内容を書いて行く。

1枚目は、何度となくブートになった音源だ
CDでも いくつもある

68年11月8日 Fullerton
69年5月23日 Appleton
この2箇所からの収録

音は凄く良い

ハングリーフリークスダディーの68年ライブって魅力あるやん

A面
1. The Eric Dolphy Memorial Barbeque
2. Hungry Freaks, Daddy
3. The Wild Man Fischer Story
4. I'm The Meany
5. Bacon Fat

B面
6. King Kong

ミステリーボックス3

そして2枚目
これも1枚目と同じ2箇所からの音源収録だ

なんで同じ日の物を分けたんやろう?

これもCDで何種類か出ていた。

A面
1. The String Quartet

B面
2. The Duke
  "Return of the Hunch-Back Duke"
  including "Aybe Sea" & "Transylvania Boogie"
3. Help, I'm A Rock!
4. instrumental jam


ミステリーボックス4

そして、3枚目

70年と71年のライヴと
1〜4曲目が200モーテルズのフィルムから
14~15曲目が、スリープダーツのヴォーカル入り(CDヴァージョン)
などなど

A面
1. What Will This Morning Bring Me This Evening?
2. Watering Holes
3. What Kind of Girl Do You Think We Are?
4. Bwana Dik
5. Latex Solar Beef
6. Daddy Daddy Daddy
7. Do You Like My New Car?
8. Magic Fingers.
9. What Will This Evening Bring Me This Morning?

B面
10. Interview (Part 1)
11. The Final Solution
12. Interview (Part 2)
13. Penis Dimension
14. Time Is Money
15. Flambay
16. Spider of Destiny
17. Space Boy

ミステリーボックス5

4枚目は、以前ちらっと紹介したもので
1〜3曲目が73年3月11日テキサス 

B面4が
1975 年UCLA Royce Hall concert
5~7が日本公演から
8が75年10月1日ヴァンクーバー
9が最高に素敵な76年マイクダグラス ショーから

A面
1. Mr. Green Genes
2. King Kong
3. Chunga's Revenge

B面
4. Sink Trap
5. Ship Ahoy
6. Munchkin Tits
7. Drum Solo
8. T'Mershi Duween
9. Black Napkins

ミステリーボックス6

5枚目は、
これまた 複雑で
1がシングルヴァージョンでギターソロが違う
2から6は74年11月8日(となっているが)キャピトル シアターでもライブ音源
7から11が73年6月24日シドニーライヴ
12から13が73年12月となっている

内数曲は、オンステージシリーズに収録されているが曲名が違ったりする
ややこしいなぁ

A面
1. I'm the Slime
2. Ruthie-Ruthie
3. No, Babette
4. Boogers of Marty Perellis ("Smell My Beard")オンステージ4
5. White Juice on His Beard ("The Booger Man" )オンステージ4
6. Smell My Beard

B面
7. Father O'Blivion (オンステージ6)
8. Don't Eat the Yellow Snow
9. Nanook Rubs It
10. Saint Alfonzo's Pancake Breakfast
11. Mar-juh-rene
12. Penguin in Bondage
13. T'Mershi Duween / Dog Breath Variations / Uncle Meat

ミステリーボックス7

6枚目は、もうこれは
説明不要

74年のTVライブ音源
KCET-TV Los Angeles ダブルームスペシャルなどの音源だ

この音源は、オフィシャルやブートでも一杯出ていた

ただサウンドエフェクト入りとそうでないのと2種類ある。

ミステリーボックス8

そして7枚目
1.2.4が76年12月11日サタディナイト ライヴから
3.5.6が78年のサタディナイトライヴからだ

そして、7が81年12月7日 ソルトシティ ライブからでギターのミックスが小さいヴァージョン
8が81年12月11日サンタモニカ アーリーショーと
81年12月7日ノソルトレイクライブの編集ヴァージョン

9が81年12月12日サンディエゴ アーリーショーでタイトルはブートレガーが付けた名前らしい
10が81年11月17日リッツ ニューヨークでもライブ音源と
かなりややこしい

1. I'm the Slime
2. Peaches en Regalia
3. Dancin' Fool
4. The Purple Lagoon
5. The Meek Shall Inherit Nothing
6. Son of Saint Alfonzo ("Rollo")

7. Chalk Pie
8. We're Turning Again
9. Them or Us
10. Clownz on Velvet

ミステリーボックス9

8枚目は、
凄くややこしくて

もっと調べてから出ないと詳細が掴めないのやけど

デモヴァージョンとアウトテイク集

80年ごろの作品だ
スタジオアウトやメンバーが持っていたテープが元になったのかも知れない音源だ

ミステリーボックス10

んで、9枚目は
A面が1963年

the Pomona Valley Symphony Orchestraによる演奏でカリフォルニアのクララモントの
マウントサイントマリーズカレッジでザッパが指揮した時の音源

オフィシャル ロストエピソ−ドに収録された曲もあるし、他のフブートにも収録されたりしてる

B面は、フランチェスコザッパのアウトテイクらしい
実は、フランチェスコザッパはLPは持っているけど
1回しか聞いていないので全く詳細や違いは知らない!

調べなあかんなぁ!!

11曲目は、81年6月にバークレイシンホニーオーケストラによる演奏という事や
 
A面
1. Piece #1
2. Piano Piece
3. Piece #2
4. Collage One
5. Opus 5


B面
6. While You Were Art #1
7. Francesco Opus 1, No. 1, 2nd Movement Allegro con Brio
8. Francesco Opus 1, #3, 2nd Movement Presto
9. Francesco Opus 1, #6, 2nd Movement Minuet
10. Francesco Rock
11. Pedro's Dowry

ミステリーボックス0

そして、10枚目は!
これも非常に複雑なコンピや!

1。9は69年又は68年ライヴ
2・3・4がスタジオアウトテイク67年
5・6が71年ライヴ
7はフィルモアのオノヨーコとレノンとのライヴの未編集ヴァージョン(音が悪い)

んで、2はミステリーディスクに収録テイク
4はオンステージ4に収録の喋りかな
5.6はビリーザマウンテンの一部分

8は67年ニューヨークTVショービターエンドから
11が84年ヨーロッパライヴ詳細は分からん
12はスタジオ デモ
10が78年10月15日ストーニーブルックとなっている

もうわけが分からん!!

A面
1. America Drinks & Goes Home
2. Agency Man
3. Randomonium
4. "My Head"
5. Studebaker Hoch
6. Don't Fuck Around
7. Well


B面
8. In Memoriam: Hieronymous Bosch
9. 2 on the Town
10. Suicide Chump
11. Truck-Driver Divorce
12. Frogs with Dirty Little Lips
13. The Kronos Quartet: None of the Above

と頭がクラクラするコンピだ!

まあ何れ1枚ずつレヴューしますが
とりあえず これがミステリーボックスの内容だ!

まあ今ならヤフオクに出品されているんで
興味のある方は、チェックしてください。
ザッパで検索です。↓




今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ

 
author:パピネン, category:ブート音源いろいろ, 17:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
号外 ザッパ ブートレッグについて 最新オークショ情報 5月9日
JUGEMテーマ:ROCK
 
今日はブートレッグについてです。
久しぶりに ヤフオクを見ていたらアナログやけど 凄いブツが出てきた。

ザッパ ブートレグ

シリアス ミュージック
サン オブ シリアス ミュージック
そして、For Sharleena
あと、凄くないけど Pig and Repugnance と 大阪ライヴの5種だ!

まずは、左上の
シリアス ミュージックだ!

これは、オークションでもCDが法外な値段であるけど
恐らくアナログ落しかも知れない?

と言うのも
72年のグランドワズーのコミック ブック エクストラヴァンガンザの2LPを持っていたが
CDが売っていたので買ったところ

イントロの楽しげな会話部分はカットされ、おまけにアナログ落しなんでプチプチ入りやった

そんな事で
このシリアス ミュージックも そうやないかと思うだけで 実際は聞いていないので分からん

まあ それは 置いておいて

このシリアスミュージックは、音良し、内容良し、ジャケ良しの3拍子揃った 
ホンマに良い物やった。

以前もチラット書いたが、
61年のザッパ作のサントラ
The World's Greatest Sinner 11:54

このテイクは、Pomona Valley Symphony Orchestra の演奏で
指揮は Fred E Graff,
Chaffey College で録音されたと言われている。

78年のバレー曲?
Revenge of the Knack People 6:20

72年のRdnzl 4:08
これは、ロスト エピソードに収録された。

72年のInca Roads
これもロスト エピソードに収録された。

そして目玉は、サイドBのSinister Footwear だ!
26分のあるもので

ザッパのシリアス ミュージックの初期頃の集大成やと思う。

また21のパートから作られており
その詳細は

1: Jake Who Designs It
2: Somewhere in New Jersey Where They Make Them
3: Illegal Aliens on a Lunch Break
4: At the Catering Truck
5: Jake Eats a Molded Jello Salad
6: Jake's Secretary
7: Illegal Aliens Work Slower in the Afternoon
8: Jake's Secretary Reads Her Magazine
9: Illegal Aliens Want to Go Home
10: Jake's Secretary Eats Cottage Cheese
11: Ugly Shoes on the Assembly Line
12: What You Think You Look Like When You're Wearing Them
13: Sometimes They Make You Walk Funny
14: Other People Pretend Not to Notice
15: Sometimes You Have to Take Them Off for a Minute
16: Then You Put Them Back On Because You Think They Look So Good on You
17: Children Can Also Have Ugly Shoes
18: The Foot Doctor Says You Might Need an Operation
19: But You're Going to Wear Them Anyway
20: Everybody Has a Pair Somewhere
21: A Place You Can Go When You've Got Them On

となっている。


僕は、このLPを出た当時3000円で買ったが
安い買い物やったと思った!

それぐらい内容が良かった
(ザッパのシリアス 音楽が苦手な方には高い買い物かも知れない)

そやから CDが針落しで無い限り
2000円の価値はあると思う

たしか1000円スタートやった・・・

そして、Son Of Serious Music は(写真上右)
これは、フルオーケストラのライヴだ!

ロンドン シンフォニー オーケストラ1と2から

Bob in Dacron
Sad Jane
未発表のSpontaneeous Minimalist Composition

Mo'N Herb's Vacation だ!

これは、1984年6月16日UCバークリーのZellerbach Auditoriumの音源からだと言われている

またFM音源らしく すこぶる音が良い
それとオフィシャルLSOとは違い演奏もこちらの方が良いとも言われている凄いブツや

これは、聞き倒すほど聞いていないけど
逃すと手に入る保障は少ないと思われる(ただしCD化されてリイシューされたら別やけど)

そして、CDで持っている右下のフォー シャリーナだ!
これは、代推薦の音源で
CDは、針落しで無かったが

もう殆ど見ないので アナログでもオススメやと思う

内容は、珍しいホットラッツバンドのライヴだ
70年3月7日ロスのオリンピック オーデトリアムの音源で

音良し、内容良し、レア度高しの こいつも3拍子揃ったナイスな音源!

シュガーケンハリスやマックス ベネット、イアンアンダーウッド、エインズリー ダンバーと
ホントカッコイイ メンバーだ!

4曲入りだが
どれもオススメだ!

Sharleena 10:25
Twinkle Tits 10:20
Directly from My Heart To You 5:50
Chungas Revenge 24:31

となっていて
各ソロも含む ジャジーでブルージーな大好きな音源だ!

是非ともゲットして欲しいブツだ!

興味のある方は、是非是非! チェックして見てください。
まだ4日あるのでギリギリまで粘るか? 出せる値段で勝負するか?

とりあえずヤフーオーク載せておきます
frank zappaで検索して見てください。↓




今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ

author:パピネン, category:ブート音源いろいろ, 18:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...