RSS | ATOM | SEARCH
このブートレグのギターソロはかっこいいBig Mother Is Watching You - 1984 Tour Frank ZappaのLP、レグ

JUGEMテーマ:ROCK

 

マジこのブートのギターソロはカッコいい 

そんなLPbootlegの紹介です。

84年のライブ音源

3箇所からのコンピライブです

ただこのジャケットはあまりにもボンクラですな

 

guitar 001.JPG

 

見ての通りそのままのデザイン↓

zappa.JPG

 

84年9月1日 サラトガパフォーミングアーツセンター、ニューヨーク

8月12日  カイヤホガフォールズ/クリーブランド

7月21日  パレスシアター、ハリウッド

 

個人的にゆうたら80年以降のザッパは そないに好きではなく

買った頃 1.2度しか聞いていないLPやって

数十年ぶりに今 聞いてます とりあえずステレオサウンドボードです。

 

A1 Ride My Face To Chicago 3:08

オンステージ3に収録されてる曲で日に違いで回転速度がチト早い

またオンステージよりギターソロはメチャクチャ良いです。

男ばっかのコーラスも炸裂

音質がマットで当然のスタッフ流れのサウンドボード音源

 

歌もの曲でイケイケのチューン

歌の後 即これでもかって野太いギターソロが迫って来ます

とにかくかっこいい

回転数が早いだけあって 物凄いソロに聞けますがな

 

84年のメンツは

Big Mother  : vocal Guitar  Composed

Bass – Scott Thunes : bass

Chad Wackerman : drums

Ike Willis  : vocal guitar

Alan Zavod : keyboards

Ray White  : vocal guitar

Bobby Martin : Keyboards, Saxophone 

Voice, Saxophone の Napoleon Murphy Brockは1週間ほど参加しました

のっぺりしたサウンドですが後にリリースされるCD-Rとは格段に音がいいと言われています。

 

A2 I'm The Slime 4:19

ザッパのカウントからスタート

ナーフィーのサックスだと思います が入っています

お得意のナンバー 歌が始まると

部分的にバックのアレンジが違ってきますね

まるでZappa In New Yorkのパンキーみたいな雰囲気が漂ってます 

あのナレーションのバックみたいです

 

ザッパのエフェクターなしの歌声はスタジオオフィシャルと違うので

下手に聞こえたりしますが・・・

 

ギターソロになると延々とドロドロソロで突き進みます

84年は改造レスポールだったと思います なんで野太いディストーションです

 

ついでにバックもえらく大暴れしてます

特にベースが特にエグイ ホワイトファンクしてます

彼はザッパ不在時のボス役をしてました ついでに変態とななんとか・・・

んで ケネリー以外のメンバーは文句を言いだしたんで 

その時点でザッパは88年バンドを解散したといわれてます

ソロ後テーマパートになって 次の曲に

 

A3 Be In My Video 3:12

ゼムオアアス収録曲 ギターワトソンが歌ってましたがライブではザッパ&他

ストレートに聞こえるけど凝ったアレンジはザッパならではですね

歌や声がかわるがわる出てきてエンタメ度が高いです。

曲自体モロ アメリカンですね

簡単にドゥーワップアレンジできるコード展開が普通な曲

 

A4 He's So Gay 2:21

これも歌もの ハモり コーラス 合いの手 なんでもぶち込んでます

(これでもか歌モノは”シークヤブーティー”や”我つまる処己なり”が特に歌洪水ですね)

楽しい雰囲気のライブ

気になるんがドラムのタム音 特にダサいです。

この頃はスリリング&キワドサが全くないので やはりザッパは69~70年代かな

 

A5 Cocksucker's Ball 1:04

これはカヴァー曲で

(たしかバースウェイジョンズのブートレッグからだったと思うけど)

ザッパの4枚組カーネギーホールCDに2

5分も収録されたましたね↓

 

zappa (1).JPG

 

A6 WPLJ 1:37

個人的にザッパのベスト5に入るアルバム

熱々ウインナーのサンドウィッチの1曲目やったチューン

ザッパも好きですね この曲

オリジナルより早いし おふざけが楽しい

ヴォーカルのアレンジは流石にスゴイわ

 

A7 What's New In Baltimore? 2:42

アナログからデジタルに移行した頃

ザッパが初めてリリースしたCD

ダズユーモアビロング イン ミュージック(全曲ライブ)に収録↓

zappa (2).JPG

 

当時京都の中古ショップで同ジャケットのブートLPを見たことがある・・・

 

そして

音が途端に悪くなりますね 団子状態です

これも歌モノ

歌メロと同じソロから始まり だんだん変っていく

ふっくらした歪んだサウンドは気持ちよい

歌モノなんでみんなが歌ってます

 

A8 Hot Plate Heaven At The Green Hotel 3:13

これもダズユーモアビロング イン ミュージックで初登場した曲

フェイドインします歌があってその後ギターソロがあります

ノビノビとしたギターソロ、トニカクアップテンポでカッコイイですが

フェイドアウトします。

 

B1 Carol You Fool 3:50

オモチャのようなダサいフィルインドラムから

アレンジがレゲエ オンステージ3に初出した歌モノ

歌以外演奏やコード進行がHe's So Gayに似てるじゃないか

エレピがえらくフューチャーされてます

その後アカペラになり

途中か演奏が絡んできます

 

B2 Chana In The Bushwap 3:50

こちらもオンステージ3に初出の曲

歌モノ前曲と同じような曲

ボビーマーチンのスキャットがフューチャーされてます

そして男ばっかのハモる歌が洪水の如く流れ出ます

 

B3 Kreega Bondola(Let's Move To Cleveland) 14:50

組曲ですテーマが幾つかあって交互に出てきます

タイトルが違いますね

遊園地テイストなフレーズ数回のあとドロっとしたメロのパートが出てきて

ピアノソロに移ります 

キーボーダーは前衛プレイをしたいようですが

キースティペットのようなコズミック的ソロは期待できません

これもダズユーモアビロング イン ミュージック初収録曲

 

そしてブレイク交じりでドラムのフィルソロ

それに絡むベースと太鼓類

その後とても早い場面があってテーマに戻る

中盤辺りでスローダウン

ギターソロに突入

斜めから攻撃をけしかけるザッパの怪しいソロ

アーミングが聞こえるぞ・・・ストラトかな?

左右に微妙にずれる違うジェットサウンドだ

ってことは前の曲もストラトなのかな?

 

とても変てこなバックです この場面はまるで2つ目のギターアルバムみたいです

その後ベースソロ 早弾きのベースソロなんぞ 要らないと思う

まあ それに不協音でいろいろ絡んでくる

それに対抗するようなギターソロが延々と続く

 

テーマに戻り歌が入る

いきなり音質音像が変わる 別音源を繋げた編集モノか?

そして終わります。

84年ライブでしたらダズユーモアビロング イン ミュージックがあればいいかも

まあこのブートは全く違うギターソロが数曲入っている そんな程度です。

 

guitar 003.JPG

 

guitar 004.JPG

 

guitar 002.JPG

 

★84年のライブはアマゾンにもあります 安いです

興味のある方 のぞいて見て下さい↓

アマゾンのザッパ84年のライブ

 

★楽天です↓

楽天のフランクザッパ

 

★セカイモンです なんでもありますがいいお値段です

いろいろあるので見てるだけでもワクワクしますね↓

セカイモンのザッパBig Mother Is Watching You

セカイモンのザッパいろいろ

 

★HMVです↓

HMVジャパン

 

 

★タワレコです↓

タワーレコードのZAPPA一覧

 

★オンキョーです↓

onkyo top

 

★使いやすくコスパもいいレノボPCです↓

レノボのPC他

 

今日はザッパの84年ライブLPでした。

つづく

 

author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 16:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート5
JUGEMテーマ:ROCK

TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 パート5です、


その前に、途中だったHOT RATS これはやっぱりセレクターを使い、旧CDとリマスターを交互に聴きながら出ないと 違いのレヴューは、出来ないと なんで も一度しますね
ダンブオールオーバーライブ レヴュー後になりますが・・・・・・

やはり全くの別物と言っても いい位 違いがありました・・・

さて アル ディ メオラ登場 少し前からでうすね

dumb all over live 81 2

#8 Stricitly Genteel
前回も少し書きましたが も一度
ブラストーンのキーボードシンセから始まります、当時流行したエレドラパーカッションがやたらト〜〜ンと鳴り テーマが流れます マリンバも軽やかに舞い上がってます

ビートが変わり 2つ目のパートに リズムがオリジナルトは全く別物 メロディがしっかりしているので驚きも少ないかな ワルツのリズムは、とても良いですね

金物も響き、タム連打に近いドラムもザッパのミックスでない分 ドラムしてます
ザッパミックスでは、浮いたかのような突っ込んでつんのめる そしてダサい跳ね方をしてますが これ マシです。

ヴォコーダーも出て来て 豪華絢爛なアレンジです、メロの降下部分の難解なメロはヴァイ
そして ザッパのMCが・・・・・・・

OK now 2回のアンコール・・・帰るなよ・・・・そないな事ゆうてはる
今夜のゲストは、・・・・と

#9 Intro Al Dimeola ~#10 Ride Like The Wind
チューニング模様も入ってますが・・・ここらでカット 編集が入ります
んで、ザッパの解説MC 新曲がどうのこうの 心配するな 歌はブライアンピータースとアルデメオラ 拍手

始まります、ザッパらしくない曲だわ 他人の曲だろう
でもコーラス 入ってるぞ 譜面あったんか それとも・・・・・リハで
裏でデメオラ 弾きまくり もう完全にザッパテイストが無いです、とんでもないサーヴィスでんな

曲は、普通のアメリカン チョーキングするする 早弾きもしっかり確実な演奏 ザッパのソロとはかけ離れたアカデミックな どうでもええ 個性もわからない ただのテクだけって感じ 色気無いね っ全く ギルモア博士ぐらい色気だせよ

んでレゲエになる ザッパのMCが、デメオラ ミュートで ヴァイ シタールギター弾いてる 何かステージで行なわれてる雰囲気

ザッパがばにやらトミーマーズ呼び・・・・・彼のソロになるのか
オンステージ3やったかな あれのキングコングと同じレゲエだ ギターピックアップのノイズも拾ってるね いいね! この臨場感

そして突然 音が団子状態 別音源の編集入り 自然とステレオ音源にもどり 上手にくっつけたよな ブート屋

#11 This Is My Story
聴いた事あるような わからんな  ドゥ〜ワップです。
ザッパが歌ってます、ザッパ楽しそうに歌ってます ほんまに好きなんだなあ 50S

コーラスたっぷり ギターのアクセントくっきり
突然 オールマンに移る デメオラは もういてないのかな

#12 Whippin' Post
出たぞ オフィシャルと違うリズムで チトつらかったろう 聴いてて分かるね
レゲエビートに歌詞は 同じだろうが メロハサビ以外違うぜ おもろい

派手なフィルたっぷり 決めフレーズは、ハモってるぜ
んで、ソロ ザッパだな バックでチャリチャリのリズムギターが聴こえるね

フランジャーたっぷりかかてますな レイかな
んでソロは、やっぱりロングトーンで攻めてくる、ポリリズムなんで頭を聞き逃したら小節の初めが分からなくなる  ベースが変な事しだしたな 止めとけ

んで 合図が見えないが(当然やね)曲に戻った そして最後の歌部分 歌はレイかな この辺よくわからんわ

エンドを歌い ぎこちないフレーズが鳴る

#13 Watermelon in Easter Hay
この曲は、もうジョーのガレージ2.3を超える事ないでしょう
あの浮遊感たっぷりでメランコリーな世界 負けてます

まあメロディはアドリブやなかったんだ、ある程度のフレーズは、一緒です
バックの盛り上げ方は、大きいシンバルが鳴り響き 高い細いキーボードが始終鳴ってます

アームも使い でもゆったりしてます してきたのかな
結構弾いてますね コーラルシタールエレキギターが9拍のテーマを ヴァイだね

ライブでもエレキシタール弾いてたんだ
綺麗なフィードバックで奥に引っ込むザッパ MC グッナィ

最後にレジオキャスターのMCで終わります。
買いなさい 
聴き始めは音がきついと思ったけどヘッドホンで聴く限り 大丈夫 
アマゾンの中古やらでチェックしてみてください3000円は高いので せめて2000円前後ですね♪

今日、ザッパ音源3作品注文しました 届いたら紹介しますね♪

前回までの記事は、こちらからでも見れます↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 11:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート4
JUGEMテーマ:音楽

パート4です、
dumb all over live 81

ディスク2は、インスト現代音楽のロックヴァージョンからです。
#1 Sinister Footwear
第三楽章は、81年の我つまるところ己なり に収録
ザッパのギターソロを〇コピしてヴァイがなぞったのは、ご存知ですね
84年のゼムオアアスにも収録 ザッパさ二度も収録したね 好きなんだろう

80年のツアーから演奏しだした楽曲で、明らかにロックでないです でもロック ここがザッパの素晴らしいところですね(ロックは金になる だからやってる)

採譜係りのヴァイも参加してる この音源 テーマはキーボードから フィルはザッパのアームダウン かな そして運指揮法 ウィンストンを・・・吸いながら鑑賞中!なのか

ソロになると、ゼムオアアス同様 よく分からない 難解 とっつきにくい それです

そして ヴァイかなシタールギターは、コーラルのギターやと思うけど まだまだrolandのギターシンセやモデリングエフェクたーは、無かったもんね

因みにBOSS(ローランド)のGP−10は、モデリングサウンドのエフェクターでシタールサウンドしっかり出ます。

チト難解ですがザッパ節炸裂の現代ロック音楽ですね♪

#2 Cocaine Decisions
洋画を観てたら、白い粉をガラスやミラーの上で剃刀なんかで叩き線状にしてラインを作りスニッフ・・・・・アレですね チョップ ライン ナウ
83年の蝿蝿蚊蚊蚊 雑ッ派 っ派に収録された・・・・・

実は、最初のLP(CD)より、かっこええかも
淡々と鳴るベース たまのアクセントがタンバリン 転げまわるタムタム ベルまで登場
駆け上がるサビ前のスリル感 ゾクゾクくるね メランコリーなマリンバも大活躍

そしてハモる場面 いいぞ ここでヴァイのフィルが入る・・・・・・こいつぁ ビデオと同じ? かな? 聞き比べてないが・・・この手のフィルなどで判断してます。

そして次に

#3 Nig Biz
3コードに毛の生えたブルース レイがギターかい ヴァイやなさそう
ブルージーです、スローハンドでかっちょええ がバックのシンセの音色はイマイチ

1989年」リリースのオンステージ3に始めて収録されたんやったかな・・・曖昧ですみません なぜそれまでリリースされなかったかは、聴けばわかります。

あまりにも その辺の既存曲とおんなじやったからやな ザッパでなくてもいいような曲
ギターソロは3人が交代で弾きまくる デス♪

そして この後
音源のソース(別場所からの録音)が変わります。こもった感じですが、いい感じに聞こえます。

#4 Doreen
ドヘヴィーな音圧、違う音源を編集
81年我つまるところ己なり からだ
この作品は、歌もんの中でもよくい聴いたなぁ ザッパのヴォーカルオーバーダブは、恐ろしい多重だ!

ハモリも当然だが、裏のメロディが2つも3つもある 曲によるけどね

この作品(我つまる〜)はスゴイ、シークヤブーティ も凄いけどね
んで、このテイクは、団子状態モノラル 次の曲からは、いきなりのザラついたステレオですが・・・

団子状態サウンドなんで、細かなディティールが把握出来ません・・・

#5 Goblin Girl
んでステレオ ゴブリン カズーもしっかりフューチャーされてます
我つまるところ〜からだね キーボードがオフィチャルとは 違う音が聞こえますね
微々たるもんだが ふ〜ん そんなことやってたんだ・・・と面白い発見があります

最後のコーラスは、かっこいいね んで 次の曲に

#6 Black Page #2
なんでレゲエなんだ ベースがレゲエしてる けど ブッラクペイジです
他が、ザッパの譜面どうりなんで ザッパ不在時のナヴィのスコットテュニスだから 許されたのかもね

豪華なロックだ、ブレイク場面 カッコイイ〜〜
マリンバ大活躍曲だけ、ドラムなんて大暴れだぜ んで、フィードバックが流れザッパ登場だな・・・テーマから程遠いギターソロになる そして この部分だけで1曲にするザッパ

ロングトーンで一回りし、ドラムが暴れだし 他の楽器も暴れだす ポリリズム全快となり たんまに見え隠れする音空き部分 もうグニョグニョだな

ヴァイが ゆうてた ソロになると 客席が冷めることもあった 見たいな事とか
ソロファンは、その逆で しっかり聞き入ってるとか・・・

ロングトーンのバックは、もう怪獣か野獣 凄い大暴れ模様だ
ギンギンに歪んだギターソロも他の楽器でかき消される場面もあったり とにかく凄まじい

ブートまがい物の凄さが伝わる・・・まだまだつづく ギターソロ 
いつしかギターソロが奥まり、テーマに戻る またレゲエビートを刻むスコット もうええっちゅうねん

そして終わる MCが入る メンバー紹介だ ここで終わるのか?
クワイエット・・・・・・・・・直ぐ戻ってくるぜとかなんとか ゆうて もう1曲

#7 Tryin' to Grow a Chin
あお〜〜歌はスコットか? お〜 あまり聴けない声だから スコットだろうと思うんやけど もともとはザラガラの声のボジオだったが 近いザラガラ声のスコットが・・・

ハイテンポ曲 もともとは、シークヤブーティ〜〜だったね

そして超名曲だ!イェ〜〜〜〜

#8 Strictly Genteel
200モーテルズ やったね これ大好きな曲だ メランコリックなメロとハードな演奏
もう仕事なんかやってられんわい

まあオリジナルが一番だけど メンバー違う演奏って事で・・・・・・

ヴォコーダー登場 今ならきっとヴォーカロイドつかうだろうザッパさんのことだから
ほんと素晴らしい曲です。
つづく

ディメオラ登場あたりからです! wow
前回までの記事は、こちらからでも見れます↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 16:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...