RSS | ATOM | SEARCH
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート5
JUGEMテーマ:ROCK

TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 パート5です、


その前に、途中だったHOT RATS これはやっぱりセレクターを使い、旧CDとリマスターを交互に聴きながら出ないと 違いのレヴューは、出来ないと なんで も一度しますね
ダンブオールオーバーライブ レヴュー後になりますが・・・・・・

やはり全くの別物と言っても いい位 違いがありました・・・

さて アル ディ メオラ登場 少し前からでうすね

dumb all over live 81 2

#8 Stricitly Genteel
前回も少し書きましたが も一度
ブラストーンのキーボードシンセから始まります、当時流行したエレドラパーカッションがやたらト〜〜ンと鳴り テーマが流れます マリンバも軽やかに舞い上がってます

ビートが変わり 2つ目のパートに リズムがオリジナルトは全く別物 メロディがしっかりしているので驚きも少ないかな ワルツのリズムは、とても良いですね

金物も響き、タム連打に近いドラムもザッパのミックスでない分 ドラムしてます
ザッパミックスでは、浮いたかのような突っ込んでつんのめる そしてダサい跳ね方をしてますが これ マシです。

ヴォコーダーも出て来て 豪華絢爛なアレンジです、メロの降下部分の難解なメロはヴァイ
そして ザッパのMCが・・・・・・・

OK now 2回のアンコール・・・帰るなよ・・・・そないな事ゆうてはる
今夜のゲストは、・・・・と

#9 Intro Al Dimeola ~#10 Ride Like The Wind
チューニング模様も入ってますが・・・ここらでカット 編集が入ります
んで、ザッパの解説MC 新曲がどうのこうの 心配するな 歌はブライアンピータースとアルデメオラ 拍手

始まります、ザッパらしくない曲だわ 他人の曲だろう
でもコーラス 入ってるぞ 譜面あったんか それとも・・・・・リハで
裏でデメオラ 弾きまくり もう完全にザッパテイストが無いです、とんでもないサーヴィスでんな

曲は、普通のアメリカン チョーキングするする 早弾きもしっかり確実な演奏 ザッパのソロとはかけ離れたアカデミックな どうでもええ 個性もわからない ただのテクだけって感じ 色気無いね っ全く ギルモア博士ぐらい色気だせよ

んでレゲエになる ザッパのMCが、デメオラ ミュートで ヴァイ シタールギター弾いてる 何かステージで行なわれてる雰囲気

ザッパがばにやらトミーマーズ呼び・・・・・彼のソロになるのか
オンステージ3やったかな あれのキングコングと同じレゲエだ ギターピックアップのノイズも拾ってるね いいね! この臨場感

そして突然 音が団子状態 別音源の編集入り 自然とステレオ音源にもどり 上手にくっつけたよな ブート屋

#11 This Is My Story
聴いた事あるような わからんな  ドゥ〜ワップです。
ザッパが歌ってます、ザッパ楽しそうに歌ってます ほんまに好きなんだなあ 50S

コーラスたっぷり ギターのアクセントくっきり
突然 オールマンに移る デメオラは もういてないのかな

#12 Whippin' Post
出たぞ オフィシャルと違うリズムで チトつらかったろう 聴いてて分かるね
レゲエビートに歌詞は 同じだろうが メロハサビ以外違うぜ おもろい

派手なフィルたっぷり 決めフレーズは、ハモってるぜ
んで、ソロ ザッパだな バックでチャリチャリのリズムギターが聴こえるね

フランジャーたっぷりかかてますな レイかな
んでソロは、やっぱりロングトーンで攻めてくる、ポリリズムなんで頭を聞き逃したら小節の初めが分からなくなる  ベースが変な事しだしたな 止めとけ

んで 合図が見えないが(当然やね)曲に戻った そして最後の歌部分 歌はレイかな この辺よくわからんわ

エンドを歌い ぎこちないフレーズが鳴る

#13 Watermelon in Easter Hay
この曲は、もうジョーのガレージ2.3を超える事ないでしょう
あの浮遊感たっぷりでメランコリーな世界 負けてます

まあメロディはアドリブやなかったんだ、ある程度のフレーズは、一緒です
バックの盛り上げ方は、大きいシンバルが鳴り響き 高い細いキーボードが始終鳴ってます

アームも使い でもゆったりしてます してきたのかな
結構弾いてますね コーラルシタールエレキギターが9拍のテーマを ヴァイだね

ライブでもエレキシタール弾いてたんだ
綺麗なフィードバックで奥に引っ込むザッパ MC グッナィ

最後にレジオキャスターのMCで終わります。
買いなさい 
聴き始めは音がきついと思ったけどヘッドホンで聴く限り 大丈夫 
アマゾンの中古やらでチェックしてみてください3000円は高いので せめて2000円前後ですね♪

今日、ザッパ音源3作品注文しました 届いたら紹介しますね♪

前回までの記事は、こちらからでも見れます↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 11:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート4
JUGEMテーマ:音楽

パート4です、
dumb all over live 81

ディスク2は、インスト現代音楽のロックヴァージョンからです。
#1 Sinister Footwear
第三楽章は、81年の我つまるところ己なり に収録
ザッパのギターソロを〇コピしてヴァイがなぞったのは、ご存知ですね
84年のゼムオアアスにも収録 ザッパさ二度も収録したね 好きなんだろう

80年のツアーから演奏しだした楽曲で、明らかにロックでないです でもロック ここがザッパの素晴らしいところですね(ロックは金になる だからやってる)

採譜係りのヴァイも参加してる この音源 テーマはキーボードから フィルはザッパのアームダウン かな そして運指揮法 ウィンストンを・・・吸いながら鑑賞中!なのか

ソロになると、ゼムオアアス同様 よく分からない 難解 とっつきにくい それです

そして ヴァイかなシタールギターは、コーラルのギターやと思うけど まだまだrolandのギターシンセやモデリングエフェクたーは、無かったもんね

因みにBOSS(ローランド)のGP−10は、モデリングサウンドのエフェクターでシタールサウンドしっかり出ます。

チト難解ですがザッパ節炸裂の現代ロック音楽ですね♪

#2 Cocaine Decisions
洋画を観てたら、白い粉をガラスやミラーの上で剃刀なんかで叩き線状にしてラインを作りスニッフ・・・・・アレですね チョップ ライン ナウ
83年の蝿蝿蚊蚊蚊 雑ッ派 っ派に収録された・・・・・

実は、最初のLP(CD)より、かっこええかも
淡々と鳴るベース たまのアクセントがタンバリン 転げまわるタムタム ベルまで登場
駆け上がるサビ前のスリル感 ゾクゾクくるね メランコリーなマリンバも大活躍

そしてハモる場面 いいぞ ここでヴァイのフィルが入る・・・・・・こいつぁ ビデオと同じ? かな? 聞き比べてないが・・・この手のフィルなどで判断してます。

そして次に

#3 Nig Biz
3コードに毛の生えたブルース レイがギターかい ヴァイやなさそう
ブルージーです、スローハンドでかっちょええ がバックのシンセの音色はイマイチ

1989年」リリースのオンステージ3に始めて収録されたんやったかな・・・曖昧ですみません なぜそれまでリリースされなかったかは、聴けばわかります。

あまりにも その辺の既存曲とおんなじやったからやな ザッパでなくてもいいような曲
ギターソロは3人が交代で弾きまくる デス♪

そして この後
音源のソース(別場所からの録音)が変わります。こもった感じですが、いい感じに聞こえます。

#4 Doreen
ドヘヴィーな音圧、違う音源を編集
81年我つまるところ己なり からだ
この作品は、歌もんの中でもよくい聴いたなぁ ザッパのヴォーカルオーバーダブは、恐ろしい多重だ!

ハモリも当然だが、裏のメロディが2つも3つもある 曲によるけどね

この作品(我つまる〜)はスゴイ、シークヤブーティ も凄いけどね
んで、このテイクは、団子状態モノラル 次の曲からは、いきなりのザラついたステレオですが・・・

団子状態サウンドなんで、細かなディティールが把握出来ません・・・

#5 Goblin Girl
んでステレオ ゴブリン カズーもしっかりフューチャーされてます
我つまるところ〜からだね キーボードがオフィチャルとは 違う音が聞こえますね
微々たるもんだが ふ〜ん そんなことやってたんだ・・・と面白い発見があります

最後のコーラスは、かっこいいね んで 次の曲に

#6 Black Page #2
なんでレゲエなんだ ベースがレゲエしてる けど ブッラクペイジです
他が、ザッパの譜面どうりなんで ザッパ不在時のナヴィのスコットテュニスだから 許されたのかもね

豪華なロックだ、ブレイク場面 カッコイイ〜〜
マリンバ大活躍曲だけ、ドラムなんて大暴れだぜ んで、フィードバックが流れザッパ登場だな・・・テーマから程遠いギターソロになる そして この部分だけで1曲にするザッパ

ロングトーンで一回りし、ドラムが暴れだし 他の楽器も暴れだす ポリリズム全快となり たんまに見え隠れする音空き部分 もうグニョグニョだな

ヴァイが ゆうてた ソロになると 客席が冷めることもあった 見たいな事とか
ソロファンは、その逆で しっかり聞き入ってるとか・・・

ロングトーンのバックは、もう怪獣か野獣 凄い大暴れ模様だ
ギンギンに歪んだギターソロも他の楽器でかき消される場面もあったり とにかく凄まじい

ブートまがい物の凄さが伝わる・・・まだまだつづく ギターソロ 
いつしかギターソロが奥まり、テーマに戻る またレゲエビートを刻むスコット もうええっちゅうねん

そして終わる MCが入る メンバー紹介だ ここで終わるのか?
クワイエット・・・・・・・・・直ぐ戻ってくるぜとかなんとか ゆうて もう1曲

#7 Tryin' to Grow a Chin
あお〜〜歌はスコットか? お〜 あまり聴けない声だから スコットだろうと思うんやけど もともとはザラガラの声のボジオだったが 近いザラガラ声のスコットが・・・

ハイテンポ曲 もともとは、シークヤブーティ〜〜だったね

そして超名曲だ!イェ〜〜〜〜

#8 Strictly Genteel
200モーテルズ やったね これ大好きな曲だ メランコリックなメロとハードな演奏
もう仕事なんかやってられんわい

まあオリジナルが一番だけど メンバー違う演奏って事で・・・・・・

ヴォコーダー登場 今ならきっとヴォーカロイドつかうだろうザッパさんのことだから
ほんと素晴らしい曲です。
つづく

ディメオラ登場あたりからです! wow
前回までの記事は、こちらからでも見れます↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓




author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 16:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
TEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 1981 Frank Zappa フランクザッパ パート3
JUGEMテーマ:ROCK

今日はTEENAGE Rockin' Combo Dumb All Over Live 19813です。

dumb all over live 81 3

#11 Envelopes
出たな1982年リリースの〇△ロに収録されてたね・・・難解曲で たしかザッパがゆうてたのが、正確に演奏出来た試がないとかなんとか んでLP(後CD化されるが)では、編集が入っていて 良い所取りしたんだ

本人にしか分からない 未完全演奏らしいが・・・聴く方からしたら 十分凄い演奏でカッチョええやん

マリンバや金物系 キラキラサウンドで進んで行く、ギターはアクセントとヴァイがややこしいパートをプレイしてる。

トミーマーズのアッタク無しのブラスキーボードも大活躍だな
テーマがダイナミックなメロディ(メロでいのかな なんていうのかな)で聴くが分からしたら現代音楽をロック野郎達が演奏してるって感じだが 凄いわ

テーマ後が、トミーマーズソロ

この曲では、ザッパのぶっ飛びソロは、鳴く 運指揮法で 聞き入ってたんだろう
ここでのスコットのベースは、正確なボトムキープも兼ねて グイグイやってますな

オーハンなら こうはならんだろう
和音も感じられないほど前衛のくせに トロピカルな演奏だ!

#12 What's New In Baltimore
さあさあ これも引続き曲にピッタリの難解曲 テーマがね
これって1985年のミーツザM.O.I.
1986年の音楽にユーモアは必要か? ってやつに収録されてたね

それから4年も前にライヴでは、演奏してたんだ・・・くっ! 一度でええから見たかったな
んで このテイクは、とてもいい演奏だ バランスがいいのだろう どれもこれも演奏に関しては良いに決まってるが・・・・・・・・

テーマ後 トミーマーズ ヴォコーダー風 ブラスサウンドキーボードが大暴れする 一緒におお暴れる のはドラム

そしてギターソロ おっと一瞬 ウォーターメロン イースターヘイ かと思ったがな
違うけど まあザッパのギターは手癖と脳内のメロディを弾きたくる自分のメロが中心なんで 似てくるのも仕方ないな

かなり長いギターソロだが・・・リズムギターまで聞こえるじゃん 珍しいね
ここがブートやライブ音源の醍醐味ってことだな

ほんとコード進行からして スイカ(ウォータオメロン)曲だな
それにしても ドラムやら 音数多いね〜〜〜 ザッパらしいけど チトしんどい

そしてギターソロを どない切り上げたのか? どこで合図を? なんて 考えずに・・・・次の曲に行ってしまった。

#13 Moggio
あう〜〜こいつぁ 1983年リリースの蝿蝿蚊蚊蚊ザッパっぱ に収録された ちょい珍しいザッパ流変形ミニマル(これゆうたらザッパさん 怒るけどね)クルクル廻る感じがミニマルって思っただけで 全然違うけど ミニマルはジョンハッセルでしょう♪

とてもいいメロディね ホーンサウンドのキーボードが反対方向にハモってるぜ ちょっとスタイリッシュなアレンジ ここでやられると 曲の良さが半減したと思うね

個人的主観の塊 ブログなんで なんでも言うけど・・・♪

もうこれなんか丸々暗記 指も身体も覚えてこその演奏だね

#14 Bambooziled by Love 
1981年ティンゼルタウンの暴動に収録されたやつ、5月に出たんで そのままライブのソングオーダーに入ってたんだな

ボビーマーチンが歌ってる 他の連中も歌うけど・・・ レイホワイトの声やによね
歌モノで、グイグイ行く このコード進行とリフ ちょっとダサイが・・・なんせ古い音源だからね

歌の合間に聞こえるギターフィルは、ザッパとヴァイなのか
リフがヴァイでフィルはザッパみたいね

どうでもええ曲だわ 
ブレイクごとに入るフィル つぶれた高音と歪んだ全体は、さすがにロックしてるね

んでギターソロに突入 カッコイイね
グニョグニョだね 地球外生命体ギターだぜ 真似ないとあかんわ

そしてブレイク 歌が張り切ってるが いまいち感動せんわ そしてザッパかな低音ヴォイスで参加(合いの手部分の歌詞を歌う)

そしてエンディングありで終わる (大抵続くが・・・)
編集入ってます。

今日は、ここまで ディスク2は、シニスターフットウェアからです♪

前回までの記事です↓

★Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1980年代 ザッパ LIVE音源, 16:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...