RSS | ATOM | SEARCH
Frank Zappa Vancouver Workout Sleep Dirtが聞ける数少ないライブ フランクザッパ

JUGEMテーマ:ROCK

 

Vancouver Workout10月1日

トータル2時間 たっぷりのライブです、75年は特にファンが多いと思います

 

ビーフハートやノーマベル、そしてNovi Novogのヴィオラ等の参加があった年です。

実際 ザッパ生前には数曲のオフィシャルリリースがあったくらいで全貌はブートレグや死後のオフィシャルリリースでしか知る事も出来なかった時代なんで とくに興味があると思います。

 

2008年リリースされたオフィシャル"ジョーのメナージュ"は、10月1日

今日のブートは、11月1日となってます。

 

ザッパ バンクーヴァー75年

 

実際のところブートレグでは、かなり以前に出回った4CDのハワードカーターの"Zoott Allurely!"に同日のサウンドボードCD2枚分がありましたが、残念な事に zoot alluresがフェイドアウト その後の数曲も未収録の不完全やったことです。

 

(でもハワードカーターの"Zoott Allurely!"はオープニングイントロが長く 今回のヴァンヴァーワークアウトはいきなり曲から入ります。)

 

未収録の中に始めてライブテイクを聞ける事になったSleep Dirtが収録されました

ネットで聞ける同音源は結構音が酷く 今回のCDは、ずっとマシですね。

 

メンバーは、

Napoleon Murrhy Brock

Andre Lewis

Roy Estrada

Terry Bozzio

Frank Zappa でノーマベルは参加していない

 

Disc 1 
01 Intro / Bluse Jam
02 Apostrophe 
03 Duke Of Prunes 
04 Honey Don't You Want A Man Like Me ? 
05 The Illinois Enema Bandit 
06 Carolina Hardcore Ecstasy 
07 Lonely Little Girl 
08 Take Your Clothes Off When You Dance (以前紹介した4CDはここまで収録)
09 What's The Ugliest Part Of Your Body ? (この曲から15曲目の途中までだった)
10 Chunga's Revenge 

 

Disc 2 
11 Swallow My Pride 
12 Any Downers ? 
13 Canadian Customs Routine 
14 T'mershi Duween 
15 Zoot Allures 

16 Sleep Dirt

17 Black Napkins

18 Advance Romans

19 I'm The Slime

 

デイスク2の14曲目までは、同じ音源の別ブート紹介にあります。↓

75年10月1日 パート1

75年10月1日パート2

 

15曲目から19曲目の感想です。

 

ザッパ バンクーヴァー75年3

 

ザッパ バンクーヴァー75年2

 

 

15 Zoot Allures 

以前のブートCDは、ファイドアウトされてましたが・・・

このCDはしっかりと収録されてます。

76年来日記念盤やったズートアリュアーズ収録のザッパのギター代表曲の1つだと思っています。

80年以降では、テンポがどんどん速くなり このメランコリーで神秘的なイメージが全く感じられなくなってしまいます。

 

スローで浮遊感たっぷりの初期ヴァージョンです

エコー又はディレイがたっぷりのプログレヴァージョンです。

 

2008年リリースの75年音源の"Joe's Manage"も同じような浮遊感をたっぷり持ったヴァージョンでしたが

フェイドアウトしてたと思います。

 

また 今回のCDのは、実験的な部分、場面があります、テーマを中心に繰り広げられています

7分ほどあります。

 

シンミリとした雰囲気とそんな臨場感が伝わります

 

いつしか次の曲に繋がって行きます。

 

16 Sleep Dirt 〜

17 Black Napkins

僕は、この未収録やった5曲の為に買いました。

さて 初めて聞くライブヴァージョンです。

 

まあ当時海外のファンなら どうかわかりませんが・・・・・タイトルだけでゾクゾクきました

スリープダート収録の生ギターチューンのエレキヴァージョン それもライブ

 

そんな訳で 聞いてみます

ギター1本から始まり

ドラムのシンバルが加わり、ベースやサックスが加わります

ジャジーです。

 

オフィシャルLPやCDとはかけ離れたアレンジです。

テーマは、もう数人が絡んで演奏します。

 

テーマも同じフレーズに近いですが、リズムも違うし

サックスソロも入ります。

 

バンドヴァージョンがあったのには、驚きました。

結局 オフィシャルリリース出来る出来栄えでは無くて 今回ブートで初登場したんですね

youtubeのは音が酷かったですが、これはマシです。

 

リムショットが頻繁に入ってきます、派手な曲ではないのですが、曲が進むにつれて 結構ハヴィーになります。

キーボードのソロも そんなにカッコいい訳ではないですが、収録されています。

 

ザッパが気に入らなかったのか、直ぐにギターソロ場面になります。

また別アレンジなだけあって 、違う曲にも聴こえますが、この辺は毎度の事ですね、突然違う曲のフレーズやったりは 

一杯あります。

 

その内 いつしか ブラックナプキンになってます。

 

これもギター代表曲ですね、いつもの良い場面の編集は無くてまるっぽ聞けるところがブートの良い所です。

アーミングもガンガン出てきます、勿論コーラスも加わります。

なんとなく終わります、ザッパのMCが入り 終わります。

 

そして アンコール フェイドアウトします。

 

18 Advance Romans

フェイドイン いきなりワウワウギターが炸裂 そこからの収録

そしてリフ(ベースで)が流れ、ザッパが加わり

 

曲へとなります、ヘヴィーブルースロックヴァージョン

まあ もともとそうなんですが とてもヘヴィーなリフです。

 

この年の5月はビーフハートとのジョイントでしたが、10月には もう違うメンツですね

オフィシャルでは75年の"ボンゴフューリー"収録曲

 

どことなくノリの悪い演奏で とっとと切り上げられます。

そしてザッパが歌う曲へと

 

19 I'm The Slime

73年の凝りに凝ったアルバム”オーバーナイト〜”収録曲

ザッパのヴォーカルにはたっぷりのエコー(ディレイ)がかってます。

 

そしてギターソロは もうギンギンで煌びやかなサウンドで 勿論ワウワウも駆使したかっこいい場面です。

すごい臨場感とシンバルが響き渡っています。

 

そしてブレイクでザッパが観客に話しかけます、その後 いやその直前 ギターが入りテーマに戻ります

この辺り もうクレイジーな展開です、あっという間に終わります。

 

ともてゾクゾクする5曲でした。

アマゾン中古なら 届くまで1ヶ月ほどかかりましたが 安かったです。

1000円チョイ なら買ってもいいと思いますが、以前の4CDを持ってたら ちょっと考えますね。

 

 

今日は、ここ最近ゲットした2CDブートでした。

 

次回、ビートルSGT50周年のアウトテイクについて、ザッパのLittle dots(ワズー時代の未発表)

100枚目のDance me thisまたは、シカゴ78 2CD そしてA Token of his Extreme 例のTVライブの音盤

これは とても良かったけど 同じのが幾つもリリースされてるだけに微妙です、数曲始めての収録が目玉かな

そして期待してたアンクルミート3CD (期待はしない方がよかったかも)のどれかになります。

つづく

 

Frank Zappa で検索してください♪ ↓


★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓

 
★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪
★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:パピネン, category:1975年のザッパ, 15:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
1975年4月26日 Providence College Rhode Island April 26th 1975 part2
JUGEMテーマ:ROCK

前回のつづき・・・ラッキーな事にProvidence College Rhode Island April 26th 1975
オークで1500円でゲットできました。

なんで一緒くたになるけど レヴューします。

まずは、メンバー
Frank Zappa
Captain Beefheart
Napoleon Murphy Block
Denny Walley
Tom Fowler
Gorge Duke
Roy Estrada
Terry Bozzio
Bruce Fowler


#1 Improvisations 
#2 Camarillo Brillo
#3 Muffin Man
#4 Stinkfoot
#5 I'm Not Satisfied
#6 Carolina Hard-Core Ecstasy
#7 The Velvet Sunrise
#8 A Pound For A Brown
#9 The Torture Never Stops
#10 Montana

ここまでが前回
購入したCDは、10曲目のモンタナから入っていました。

#11 Improvisations 
    (incl. Chariot, Moon Trek,  Sam With The Showing Scalp Flat Top) 
#12 Sam With The Showing Scalp Flat Top  
 ( Straight No Chaser) 

(買ったCDは、マスタリングのせいか音が良くて、広がりもある!)

ジョージデュークのアドリブ即興ワールドです、歌と(スキャットとかアドリブなど)とエレピでプレイしますが・・・まるでフュージョンそのものになってます

ドラムやベースが参加してくる、ムーグとスキャットでユニゾンをブチかまします。
スキャット・・・聞いたことある歌詞とメロ ザッパの曲だぁ〜〜アドリブと言いながら出てくるのがザッパらしい・・・でもインクルードの曲目が違うが・・・

2人が絡み合い歌を飛ばす・・・ジョージとナーフィー

ブライクしながらも 場を取り持ちながら進んで行く。
寸劇も含まれてるのかな・・・喋りと笑いの場面が続く よく笑うのがナーフィーだよん

とにかくとんでもないメンバーなんで 何があってもゲットだね

その後ザッパのMCが続き・・・ショウが進んで行く
客が大喜び・・・ビーフハートも参加しだす、ポエムか?

ブレイクがちょっとずれたが合っているので、これも練習したの?と言いたくなる即興曲風

ビーフハートの喋りに応答して 各々の楽器が鳴ったりと

#13 Penguin In Bondage 
落ち着いた雰囲気の中、ザッパのMCで囚われのペンギンが始まるが・・・ダラッとしててルーズで遊び満タンで 面白いテイクでもある。

ザッパの歌が 何時も以上によく聞こえる(ブートらしきモノでは)ブレイクも遊びだらけで、ロキシーとはまた違った 雰囲気がとっても良い

ギターソロ これは すごいぞ デニーやんかい ペキペキのサウンドのギターソロやん
ブルーノート基準のソロだが、ザッパとは全く違うアプローチってのが 面白い
その後 ムーグのミュートっぽいソロ これも凄いわ

ベースもゴリゴリっぽく聞こえるエッジの効いたサウンドでザッパらしからぬミックスだね
(当然かラジオ録音らしい)その後 ファンキーなリズムに 時折ビーフハートのハーモニカが参加する・・・これだけでも買いです。

その後 ビーフソロがつづく・・・どこかイナタイ感じだが・・・バックはザッパバンドだぜ

ユニゾンで進む場面も出てくる・・・あのビーフハートが練習を???と思うが
この練習地獄でザッパと再び仲たがいするのだが・・・

そしてやっと出てきたザッパのソロ マイルドで太いサウンドで 左右に飛び散る
ブレイクたっぷりのザッパも珍しいのでは・・・いっつもポリリズムでゴチャゴチャしてたが このライブ音源に限っては スカスカな場面などあって聞けば聞くほど味が出てくるね

レンジがあまりにも広いのか、ベースがかなり広々と聞こえる。
そしてデニーのギターソロ ドラムがこれまたタイトでCOOLだぜ

その後 歌に戻り オンエイオンエイ オ〜ン
ここで編集が入ったのかな??? ちょっと変
11分のロングライブヴァージョンだ

#14 Poofter's Froth Wyoming Plans Ahead 
ワイオミング これはカントリー調 スライドギターも入ってます デニーやね
ビーフハートが歌う ハワイアンカントリーだ
ボンゴフューリーに入ってますね

#15 Echidna's Arf 
カントリーから一転して 難解なインストになる かなりの変化にぶっ飛んだが

#16 Drum Solo 
いつしかドラムソロに

#17 Advance Romance
そして これもいきなり始まる ボンゴフューリーにも入ってますね
ナーフィーが歌うのかな 声が何時もと違うように聞こえるのは、ザッパが監修してへんからだろうか?

会場の広さが分かるね 残響音とかで

そしてデニーのソロがたっぷり入ります、バックではハーモニカが絡んでくる
なんとも言えない場面だ、フィルターをかましたのかな? ギターの音がえらく変ります

もう目の前までやって来て弾きまくるようです、その後 ハーモニカソロ
ビーフハートもワンコードなんで楽々ソロをとっています。

その後 レゾナンスたっぷりのギターソロになります、ザッパだな
ウネウネのギターサウンド その後ワウワウペダル使用 左右の音が微妙に揺れたり違ったり・・・もともと2チャンネル以上 使ってたんでしょか!!!

ソロは、存分に弾いてくれます、だらっとした場面がたっぷりありますね、編集モノでは絶対にカットされる場面ですが、これは聞き捲くらないとね イカツイ ソロです。

最後はカオス状態になり終わる

#18 encore break (tuning up) 
#19 Willie The Pimp

大喝采の中、ザッパのThank you!
そしてチューニング

始まります、あのフレーズ みんなぶっ飛びで鳥肌状態
ビーフハートが吠え捲くります、音が悪いが 気にしてはいけない

ぶっ飛びだぜ ユニゾンで このフレーズをやられたら ノックアウトでした。

ホットラッツほどの繊細さは無いけど、やっぱビーフが歌うってだけで価値が上がるってもんですね、とにかく荒削りで 最後はギターソロだらけでドラムとギターだけになる場面も出てくる その後デニーのギターも絡みだしクールダウンし 再びフレーズが襲いかかりハーモニカも鳴りっ放し その後ホーンが入り ハモリだし 崩れだし 混沌なエンディングにと 客は狂ったように大喝采 満足度 高いです。
とてもCOOLな音源でした。

★さて この2CD やっぱり買うしかない・・・
ザッパレーベルからのリリースでないので安いです。
ザッパファミリーからリリース やったら8000円くらいしそう。








関連記事

Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1975年のザッパ, 16:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
1975年4月26日 Providence College Rhode Island April 26th 1975
JUGEMテーマ:ROCK

11月末にリリース予定のザッパの新譜(アーカイヴ音源)
ビーフハートとのBongo Fury ツアーからの音源

すでに、ブートレグでも出ていたが、今回は当然の良い音でのビーフとのジョイントライブ音源と期待してる、まだ買ってないのでブートの紹介からです!

ご存知の通り 数週間でドロップアウトしたビーフハート 数少ないライブって事で膨らむ期待は隠せへん。


まずは、メンバー
Frank Zappa 
Captain Beefheart 
Napoleon Murphy Block 
Denny Walley
Tom Fowler
Gorge Duke
Roy Estrada 
Terry Bozzio 
Bruce Fowler と最高のメンバーだ
ちょっと前には、ドラムはチェスタートンプソンだった

ワンサイズフィッツオールに次ぐ最高のメンバーでのライブ音源となるね

そして 今回リリースされる予定のジャケットだが・・・アマゾンにあるのと同じだ
どうだかしらないが このジャケでリリ−スされると予想される。



Providence College
Providence, Rhode Island
1975 04 26

#1 Improvisations
さて インプロからスタート、あまり聞いた事の無い即興から始まる
前衛ロックだ、(音が客席からで 近くの音がとても綺麗だが 演奏は???)

オートのシンセのループから入り、ボジオのタメの効いたドラムが絡む すごくCOOL!だ、ザッパのメロっぽいのがトロンボンで鳴り出す、ドラムは激しく鳴り響き・・・

その後 デニ〜のギターソロ まるでトーキングモジュレイターを使ったかののようなワウワウスライドギター(多分使ったのだろう)騒々しい始まりになり

やがて次の曲に

#2 Camarillo Brillo
ザッパがギターをかき鳴らしだす・・・音像が、わりと団子状態で歌はちょっと距離感がある、ザッパの歌が遠いが聞こえる やたらベースとキーボードが大きく
ドラムは小さい

2番目の歌が、偉くスローな編曲で、トロンボーンのリックが入る・・・どこかビートルのサージェントみたいだ。

歌部分が、今までに無いスローヴァージョンでコーラスもよく聞こえる、絡むエレピもゆったり、歌の隙間に毎回フィルが、それもやっぱり トロンボーンだ

そして最後辺りのギターソロは、ぶっ飛びである 勿論ザッパだが 
MCが入る

すでにマフィンマンになってる

#3 Muffin Man
MC用の演奏かな!

#4 Stinkfoot
そしてお決まりの曲となる・・・合いの手がナーフィーだ いいね!
抜けのよい音だ、そして歌のあとにユニゾンで歌う、切れの鋭いギターリフ後

スポークンのザッパ ブレイク有りの いつものアレンジ
ビーフは、何してるん?
ステージの椅子に座り絵を描いている

そしてソロ前の前衛場面は、ネチネチと盛り上がり、ギターソロに カッコイイぜ
このフレーズ知ってるよ チャンがの復讐に出てきた 指癖だぜ

ワウワウもかましだし、ギンギンのサウンドでグニョグニョになる いいね〜〜

ベースがくっきりと録音されてるのも ええ音源やんか
即 次の曲に

#5 I'm Not Satisfied
デヴューアルバム フリークアウトからだ ナーフィーだろう ええね
ギターが絡む、ドラムがぶっ飛ぶ 叫び声が宙を舞う
ビーフハートはハーモニカをぶちかます 最高だぜ 歌のバックにコーラスが これまたビートル、みたいでいいね!

そして間奏部分 完璧だぜ

#6 Carolina Hard-Core Ecstasy
流れよく、ボンゴズフューリー収録曲・・・だね この一連のコンサートからの収録だもんね・・・コーラスもいいし やっぱ数人で歌うと迫力たっぷり ドゥービーズも歌詞に出てくるね

歌後フィルのトロンボンは、とても夕焼けの様に美しいね、そしてドラム 手捌きが なかなか細かくロックしてる

この時期のメンバーは、ほんとに凄いね!!!
マンチキンヴォイスも登場 もうオペラッタです。

そしてギターソロ グイグイ持ってきます、ブルーノートの異種って感じのスケールとクロマチックでぶっ飛ばされます。

トーンも変わり 甘くなり モコッとしたサウンドはザッパならではですね
ワウワウ半開きのサウンドの 良いことったら

纏わり付くドラムが これまたネバくて いいぜ ハウリングも最高にイカシテル
ハウリングはロックの1部だしね!

ちょっと危なっかしい場面になり、クールダウンするが ギターはスローながらハウリングありで ズルズルと進んで行く・・・長いソロで満足だぜ

ボジオのロールから歌に戻る、男ばっかの歌をバックにハーモニカが聞こえる
そしちぇアカペラに・・・イェ〜〜 そしてジャズになる

#7 The Velvet Sunrise
誰の曲やろ? ナーフィーがまるでラウンジの様にまったりと歌う、絡むハーモニカ ザッパではちょっとレアなハーモニカ参加だね

スポークン混じりのナーフィーの歌は、冴え渡っている ほんとに音がいいね!
歌の後 ザッパがスポークン調でMCをぶちかます レクチャーの始まりだ
日本人には、チト きついが・・・その後ファルセット入りで歌に戻る

なんの曲だろうね

演奏は、いたってジャズクロスオーバー ラウンジって雰囲気

#8 A Pound For A Brown
zappaの1234で始まる 名曲 インスト

テーマ後 トロンボンからソロる、そしてブレイクなど入って、8分の6拍子のリフがクルクル ループ その上に乗り トロンボンのソロがつづく ベースの硬い音はザッパがプロデュースしてたら きっと消されるHi音だろう

クッキリベースも聞き物って感じ ソロ後 エレピとミニムーグのソロとなる
パーカッシヴなシンセが軽やかに宙を舞い、バックではポリリズムがたたき出される
一緒にベースソロも絡み ゴチャゴチャな雰囲気でスリリングだ

懐かしのムーグサウンド ジュワ〜〜となり ヴュ〜〜と伸びる 今なら通用する飛び技 飛び道具だね ここではビートが8になってるね

そしてスペーシー&アバンギャルドになり また戻り ギンギンの演奏が続く

ボチボチ クールダウン(このブートでは音飛び 数小節)
ベースソロに ワウワウ タッチワウ オートワウ使用っぽいサウンドにクラヴィネットが絡む だいたいこの曲は、ソロ廻しとかで長く出来る曲だけに 各々のソロはカッコイイし長いが・・・ギターソロがあらへんやんけ

#9 The Torture Never Stops 
初期ヴァージョンだ ビーフが歌いだす リフが跳ねてる シャッフルに近い
歌詞は、似てるところもあるね 歌後の吠えるビーフも健在 絡むギターフィル

途中 ブレイク ビーフが吠える ドローンはなんだろう?
そして戻る リフはデニー そしてハーモニカが絡みだし 立てノリのまま 進んで行く

ギターソロが出てきたぜ・・・ギンギンにイコライズし 適度に気持ちよく歪んだSGのサウンドだ! 煌びやかでロックなサウンドだ まあ大改造したSGギターだが

ワンコード進行なんで あれだけど ベースラインはもっとマシなのがあったろうに!

オープンハットが、ギンギンだな そして歌に戻る ずっとワンコード進行かい
ザッパがギターのフレットを牛~~と擦るフィル入り・・・普通にフィルも入れる

最後あたりは、ユニゾンリフとハーモニカが炸裂 ザッパの指揮でクールダウン
そしてMC

#10 Montana
この編成で この曲 イントロ後 音がスカスカに これなんてレアだけど 音源が(録音者)が変ったのか? 客も一緒に歌っているのが入っている これぞライブ音源ブートの嬉しいところ

やけにドラムの細かい音が拾われている・・・ひょっとして この辺はサウンドボードかい
そして ギターソロ 入り方からして カッコいいぜ

中近東っぽくて、ブル〜ジ〜 そしてアメーバーのようで 文句なし
ドラムとギターのコール&レスポンスも息がピッタリだぜ 揺れるエレピのコードワークもユレユレでサイケデリック この長いソロも 何時もとは違うぜ いいぜ!

ワウワウのスイッチオン 音がガラッと変化し 粘りが増し 高見に行く
タムロールが連発され ロック度数が倍増するぜ

ここでも半開きハットが揺れながら大活躍してるんよ
延々と続いたソロ後 ナーフィーの神業登場 声もいいし ナイスだぜ

ルースのマリンバが無くても これはいいよ!
そしてザッパの歌になり サビではナーフィーが歌い ブレイク混ざり コーラスも最高にイカしてますね

ティピタイオン〜〜の部分は、デニーかな 下手やけど いいぜ!かなり音痴
最後は、コケティシュな終わり方・・・そしてジョージデュークのスペースタイムとなる
つづく
次回は、以下の曲からです。

11 Improvisations
  (incl. Chariot, Moon Trek, q: Sam With The Showing Scalp Flat Top)
12 Sam With The Showing Scalp Flat Top  
 (q: Straight No Chaser)
13 Penguin In Bondage
14 Poofter's Froth Wyoming Plans Ahead
15 Echidna's Arf
16 Drum Solo
17 Advance Romance
18 encore break (tuning up)
19 Willie The Pimp


Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン


HMV ONLINE/エルパカBOOKS

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】

音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:パピネン, category:1975年のザッパ, 11:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...