RSS | ATOM | SEARCH
Frank Zappa の〇△ロ Ship Arriving Too Late to Save a Drowning Witch のフランクザッパ アナログリマスターCD
JUGEMテーマ:ROCK

ザッパのアナログリマスター 〇△ロです。

frank zappa ○△ロ

これはもう3枚目だ、初めがLPで 次が初期CD そして 数年前にリリースされたアナログリマスター なんでおんなじのばっか幾つも買わなければならないのか?
ったく 幾ら金があっても追いつかないのが現状
持ってる全てのCDやLPがリマスターでこれでもかってゾクゾク出てくる
どこかで切り上げないと・・・と思いつつ 好きなCDがリマスターされたら買ってしまう

嫁さんは、今回リマスターのRIDE SMILE を注文してる・・・そろそろ届くが・・・
ピンクフロイドの傑作 アニマルズと炎のアウトテイク集もブート化されたようだ・・・欲しいけど・・・

そうそう久しぶりに、音の悪いロシア盤MP3のオールマンを買った 10日ほどでロシアから届くだろう・・・これは デュアンオールマンボックス7CDとグレッグのソロが数枚収録のMP3だ・・・はよ 聞きたいな

今日は、〇△ロ
1980年にリリースされたLPでゆうたらA面は、スタジオ B面がライヴときてる
6曲入りだ。

ヴァリーガールでスマッシュヒットを出した作品で、娘のムーンと一緒に写っているザッパは、82年のザッパと違うような気がするよね・・・ずっと後ではないかな・・・そう病気が発覚してからのような気もするが・・・写真だけでも珍しいかな


ジャケットが長い 12面で中にムーンの手紙かな?それが載っている
以前持ってたのは、ユートピアとの2イン1CDで音もザラザラでキツイ そして〇△ロのどれかの曲が飛んでた・・・エラーしよるねん

今回は、1100円台で買えた 勿論輸入の中古CD


曲は、以下の通り
#1. No Not Now
#2. Valley Girl
#3. I Come From Nowhere
#4. Drowning Witch
#5. Envelopes
#6. Teen-Age Prostitute

メンバーは、
Frank Zappa / Lead Guitar,Vocals
Steve Vai / Impossible Guitar Parts
Ray White / Rhythm Guitar,Vocals
Tommy Mars / Keyboards
Bobby Martin / Keyboards,Sax & Vocals
Ed Mann / Percussion
Scott Thunes / Bass (on 2. 4. 5. 6)
Arthur Barrow / Bass (on 1. 3(first part))
Patrick O'Hearn / Bass (on 3(guitar solo))
Chad Wackerman / Drums
Roy Estrada / Vocals
Ike Willis / Vocals
Bob Harris / Vocals
Lisa Popiel / Vocals (on 6)
Moon Zappa / Vocals (on 2)
   
多くのメンバーが参加してる作品で
ライブでは、例の繋ぎテクニックが使われている。
なんで同じ曲でもメンバーが多かったりするんだな

シングルカットもされたり、と話題の多いアルバムやった。
ただ音がホンマに悪く、最後の3曲辺りは、ヘッドホンでガンガン聞くと疲れるか寝るかのどっちか・・・でも今回のアナログリマスターは、聞き良い音質と音圧だ。

#1. No Not Now 
珍しくヘシャゲたディストーションのかかったスラップベースから始まる、ザッパでゆうたらポップチューンになるのかな? ほんまのポップってゆうたら全く違ってくるけど・・・

スタジオ録音、いつからか声が・・・ヴォーカルが異常に多くなるザッパ曲、シークヤブーティーあたりからかな? コーラスにヴォーカルに声にと・・・”我こそつまるところ己なり"辺りでは、もう声の洪水やったね・・・その後の作品やから コレぐらいはてって感じだ

またファルセットか、それ風のコーラスでザッパとアイクは、普通に歌う
裏でハリスとかがファルセットで頑張ってるんだろう

テーマとサビ 1発の簡単な構成の曲で、繰り返しばっか・・・まあ引っ掛けはあるけど
音がね 随分すっきりしてマイルド、そして全体に音圧が上がってる。
タムタムがずっとマシな音に、ベースは、ゴリゴリのサウンドで一緒かな

歌もバックのコーラスまではっきりしてるね、輪郭が見えてきた
アーサーバロウがベース

#2. Valley Girl 
作った動機が どんなんだったか 予想が付くが ムーンのおしゃべりが曲にはめ込まれたそんな曲 なぜか12インチも出てたよね もってるよ
これまたグリグリいうベース  テュニスのゴリゴリベース
頭2曲は、ベースが引っ張ってるよね・・・これも全部の音が団子にならずにくっきり聞こえる・・・この辺がリマスターの力だな

また歪が綺麗に収録されててザラツキが殆んどないね

#3. I Come From Nowhere 
ヘヴィーな曲、フィルが物凄くカッコイイ シンセだね
これも音が全然持ち上がってて良い、歌は? これってロイエストラダの得意な歌とちゃうの? そう思う

合ってるのか狂ってるのか 微妙な位置にある曲で とにかく歌が凄い それに絡むベースもザッパ歴史では、ここまでグリグリのベースが入っているアルバムは、そうあらへん

ギターソロになると バグパイプ奏法やら 出るわ出るわ いくつかのライブ音源を編集したんで楽器がだぶって書いてあるんだ、途中からは、オーハンがベース? クレジットにはギターソロとギターもベースもギターだからややこしいが フェイドアウト

#4. Drowning Witch 
そしてライブ音源 ザッパが一度も完璧に演奏されなかった・・・ゆうてた曲だろう
これまたスラップベースがハネハネだ これもベースが人一倍仕切ってる感じだが

そしてドラム あいつや この音 直ぐに分かるペタペタドラムは跳ね過ぎて あかん

ザッパが歌うが、その後のアルバム ユートピアで出てくるスポークンナンバーの初期モノかな・・・そっくりな雰囲気

それに加えてマリンバなどのパーカッションパートが素晴らしいが・・・音も抜けが大変によろしい、 笑い袋SEなんかも登場

ギターソロになると・・・だんだんおかしくなって行く途中と言うか これが始まりかな
この手のギターソロは、なかなか手強く イマイチの部類に入れてる そんな難解な・・・カッコ良くない・・・聴きづらい・・・眠たくなる・・・の4拍子揃ってる

ハードで難解、複雑な曲だが今回のリマスターで随分聴き易いよ

#5. Envelopes 
77年頃からパートや部分的に演奏されてたと思う曲、現代音楽風に始まり、マルマルのマリンバが響き渡る。
コロコロに転げまわるマリンバは、とても素晴らしい
曲展開も怪獣映画さながらのスリル。

効果音やシンセの西洋音楽ポップを逸脱したハモりが凄いパートがあるね
途中 モノっぽくなり 割とセンターに集まった音像、勿論 今までのCD(最初に出たCD)とは音が違うし聴き易い

#6. Teen-Age Prostitute
そしてラスト曲 オペラロック もう聴けば分かるが 全然ポップさがないが聞き入ってしまうよね ヴォーカルは女だ 凄まじいゴリゴリのベースは、もういいよ

そして終わると大喝采 ほんまにライブで歌ったの?リサさん
どちらにせよ93年リマスターは、知らんけど・・・それ以外の持ってる方、全然持ってへん人は、買いです、中古でもアマゾンとかに一杯あるのかな
今日は、〇△ロ でした。

Frank Zappa 又は フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン
HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

ウチでも2台使ってます、オススメ!安いし使い易いレノボはこちらからです。↓



author:papinen (mofuriko), category:1980年代のザッパ, 15:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Jazz From Hell Frank Zappa ジュズ フロム ヘル フランクザッパ
JUGEMテーマ:音楽
 
1986年ザッパは、世にも恐ろしい作品を地球に投下した!
人間の可能な音楽の演奏を遥かに超えたマシンによる自動演奏の作品だ!

ジャズ フロム ヘルと題されたアルバムは、
いずれグラミー賞をとるんやけど(本人は喜んだんやろうか? まあ嬉しく無いわけないか)

今日は、ザッパ初心者さんは、外せない登竜門的作品の紹介だ!

jazz from hell

80年代になって登場した怪物シンクラヴィアを手に入れ
自分のスタジオでコツコツデータ入力を構築し出来たのが コレだ!

様々なインタヴューによると
この怪物に投資した金額が2億6500万ドル!

瞬きするだけで どんどん金がかかる

メモリーだけでもスゴイ金額が湯水の如く流れていく・・・・

今では、マッキンがローコストで同じモノを出したが
当時は、すこぶる金喰い虫だったそうだ!

サテこのアルバムは全篇インストで
以下が曲になる↓

1. Night School - 4:50
2. The Beltway Bandits - 3:26
3. While You Were Art II - 7:18
4. Jazz From Hell - 3:00
5. G-Spot Tornado - 3:17
6. Damp Ankles - 3:45
7. St. Etienne - 6:26
8. Massaggio Galore - 2:31

7曲目だけがライヴであとは自動演奏だ!

これがリリースされた翌年には
ヴィデオ フロム ヘルがリリース
このアルバムから3曲プロム的に収録されてた。

このヴィデオフロムヘルは未だにDVD化されたないが・・・
インタヴューを含む作品やけど
これを省いたら非常に面白いヴィデオだ!

曲によっては、音楽と言うより音の群れだ
それが また浮遊感たっぷりに聞こえるのもザッパだからやと思う

んで、ライヴ音源は、この映像版がヴィデオフロムヘルに収録されていた。

#1 Nigtht School

ドラムから始まるが、
シンクラヴィアサウンドでファンクでジャズでババイオニックな音質とノリだ

ポップといえば問題あるかもしれないが
ポップな曲で大好きな曲

もともとTV番組のテーマ曲として作ったがボツになる

しかし コード進行や変わり目なんかとくにザッパらしい
メロの繋がりもザッパしてるし

メリーゴウランドで間がまわるが如く どんどん廻り回りなが進んで行く

もう 人間なんぞに前奏は出来ないぞ! って言わんばかりの凄まじいインスト

最後なんて なんて美しく終わるんやろう

ヴィデオフロムヘルにPVが入っている。

#2 The Beltway Bandits

微妙にチューニングがずれてる(不協和音)
ザッパらしい現代音楽を取り入れた滑稽な曲

そのくせ浮遊感もあって ビートこそ生身の人間では無いマシンなビートがあ走り回る

SFハザード系のサントラに出てきそうだ!

#3 Whille You Were Art

黙ってギターを弾いてくれ〜の4曲目
While You Were Outのシンクラヴィア ヴァージョン
聞いても全然違うが

採譜(ヴァイにさせたか?)それをデータ入力したもの

音が羅列して動いているって感じで
最初の方は曲としての魅力はあらへん 感じへん(まあ 人によるか?)

だんだん曲らしくなるんやけどな

#4 Jazz From Hell

これまた 複雑難解な曲だが どこかジャズだ
ベース(低音)かな

怪しいメロディーをキープするベースラインと急に出てくるストリングスなど
怪奇そのももだ

まあザッパは、怪奇や怪獣など ありえへんもんが大好きやったしな

もう聞く限りテーマもサビもあらへん

#5 G-Spot Tornado

これは、LP時代B面の1曲目だ

これもヴィデオフロムヘルにPVが収録されてた
ビーフハートもチラッと出てくる このCDの1曲目と同様

バリバリカッコイイ
ノリノリだぜ

アップテンポでリズムが非常に細かいけど
なぜか浮遊感がたっぷりで アンビエント性も感じるな

独身時代 街中やけど丘の上のアパートに住んでたとき(周りには誰もいない)
大音量でスピーカーが敗れそうなくらいデカイ音で聞いたら

もう世界がなくなるほど凄かった
やっぱデカイ音で聞きたいよな 音楽は・・・・
でも住宅事情とかで ホンマはすこぶる良い音楽やのに 

良さが半減してるな音楽なんて 一杯あるよな
特に この曲なんて 何もかも違う!

知らん人は、これがザッパだ!って思うし絶対に聞いて欲しい曲だ

#6 Damp Ankles

ダンプってアホの事やん

始まりが鳥の声なんかのアンビエンスだ

その後、変てこな前のリのリズムに また不協和音が絡んでくる

現代音楽だ!しかし これじゃ楽しめないぞ

#7 ST.Etienne

バンドによるライヴ音源だ
82年5月28日 フランス Palais des Sports Street Etienne

Drowning Witch のギターソロ部分だ!

メンバーは
ヴァイ
レイホワイト
トミーマーズ
ボビーマーチン
エドマン
スコット テュニス
ワッカーマンだ

ヴィデオ フロムヘルにも映像は収録
ザッパは椅子に座ってシタラトにフロイドローズをかまして弾いている。

とても綺麗な映像だ

もし このヴィデオ 見つけたら即 ゲットして欲しい!!!
ヤフオクで見かけた事あるが・・・・・・・

溜めに効いたバックが素晴らしい
それに絡むアームダウン連発のザッパにギターは神懸りだ!

#8 Massaggio Galore

早い早い曲

最後の曲で、声までシンクラヴィアに放り込んだのかな
まあサンプリングって方法もあるしな

とにかく このバスドラの連打は いつもながら あかんわ

気分悪くなる!

曲自体 まあそれなりにとういか良いのやろうけど

さて、このCD3曲素晴らしいのがある!
そのために買うのは良いと思う

まあ ヤフオクなら中古であるし
見つけたら オススメやな

このオススメ曲が駄目なら
ザッパ現代音楽は無理やろう!!!

今日は、ぶっ飛びザッパのジャズ フロム ヘルでした。


このCDに興味のある方は、チェックしてみてください。
Frank Zappa 又はフランク ザッパで検索してみてください。↓



一応大手レコード載せておきます。
店によって値段もマチマチなんでチェックしてみてください。

大手レコードショップ タワーレコード↓



TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】


アマゾンはコチラからです。↓ ここ最近ずっと送料無料キャンペーンやってます。
アマゾンのザッパ検索結果

モバイル用 ザッパ検索結果


今日のリンクは、無添加石けんシャンプー


author:papinen (mofuriko), category:1980年代のザッパ, 17:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Dose humor belong in music? Frank Zappa ダズユーモアビロングインミュージック フランクザッパ 音楽にユーモアは必要か?
JUGEMテーマ:ROCK
 
1984年6月から12月までザッパバンドはゼムオアアス ツアーを
アメリカ、カナダ、ヨーロッパと行った。

その音源を使って86年に初のCDをリリースした。
日本では88年ごろからCDプレイヤーが安くなり始め

どんどん普及していった。

このCDがリリースされたころ アナログブートを京都のレコード屋でチョクチョク見かけたが

結局CDを買った、まだCDプレイヤーは持ってなかったが
いずれ買おうと思っていたから・・・

んで、このツアーで録音したのは、USとロンドンで84年6月から12月の間の音源となっている。

まあ 編集で良い所を継ぎはぎはしてるものの
100%オーバーダブなしだ!

dose humor belong in music?

また、同時にヴィデオまでリリースされた
このヴィデオは同じ曲が入っているが別テイクだ!

んで、メンバーは
Frank Zappa- lead guitar & vocal
Ray White- rhythm guitar & vocal
Ike Willis- rhythm guitar & vocal
Bobby Martin- keyboards, sax & vocal
Alan Zavod- keyboards (solo on "Cleveland")
Scott Thunes - bass
Chad Wackerman- drums (solo on "Cleveland")
Dweezil Zappa - guitar solo on "Whippin' Post"

この他に
ナポレオンマーフィーブルックが1週間だけツアーに参加
ゲストでギターワトソン、ジョージデューク、
エインズリーダンバー、ブルースフォウラーなどが参加してたと言われている。


dose humor belong in music?2

また、録音に初めてデジタル機材を導入した
今までやっていたアナログでの編集と違い
デジタルで編集が容易になった。

dose humor belong in music?3

曲は以下だ!

1. Zoot Allures - 5:26
2. Tinsel-Town Rebellion - 4:43
3. Trouble Every Day - 5:31
4. Penguin In Bondage - 6:44
5. Hot-Plate Heaven At The Green Hotel - 6:42
6. What's New In Baltimore? - 4:47
7. Cock-Suckers' Ball - 1:05
8. WPLJ - 1:30
9. Let's Move To Cleveland - 16:43
10. Whippin' Post - 8:23

また、このCDは86年のもので95年になってリミックス、リマスターされてリイシューされた
聞いた話では、ドラムがでかくなったらしい

個人的にはワッカーマンのドラムは跳ね過ぎで大嫌いだ!

dose humor belong in music?4

1. Zoot Allures

2つの音源を編集したと言われている。
84年9月24と25日のどちらかのロンドンのハマースミスオデオンの音源から

頭の部分を使い、ギターソロは10月26日USのシビックセンターでの音源を使用

イントロからカッコイイ
とにかく早いテンポになっている。

もう バンドもザッパも手馴れたもんでバッチリの演奏だ

ソロになると、野太いギターサウンドでカッコイイのが増す

フレーズ自体同じようなもんだが
バックの跳ねたリズムが75年76年ごろのテイクと比べて
安物臭い!

ベースもコード和音引きとかやってるせいか
ロックから離れて行った感もするかな

でも 見事なフィードバックも聞ける

そしていきなりカットして次の曲へと

2. Tinsel-Town Rebellion

殆どが84年11月23日シカゴ BIsmarck シアターからの音源
エンド部分が12月17日シアトル パラマウント シアターの音源を繋いでいる

そして、コラージュ的にいろんな曲が含まれている
珍しい所でDEVOのフレーズなんかも聞こえる

The Twilight Zone Theme (Constant)
I Write The Songs (Johnston)
Too Shy (Limahl/Beggs/Askew/Neale/Strode)
Rock You Like A Hurricane (Schenker/Meine/Rarebell)
Whip It (Mothersbaugh/Casale)
I'll Tumble 4 Ya (Hay/Moss/Craig/O'Dowd)
Sunshine Of Your Love (Brown/Bruce/Clapton)
Light My Fire (Morrison/Manzarek/Krieger/Densmore)
Johnny's Theme (Paul Anka)
I Love Lucy (Daniel/Adamson)
Woody Woodpecker (Tibbles/Idriss)

もうこの曲は、81年リリースのテインゼルタウンの暴動のタイトル曲で
ブロードウェイ ミュージカル仕立てで
アレンジが目まぐるしく変化し、ザッパらしいが

今までのドンデン返しやなくて上手い事繋がり聞きやすザッパらしい曲

アイクがところどころで ハイホーシルバー!と叫んで
ザッパを笑わそうとするが・・・・

3. Trouble Every Day

ソロ以外84年12月1日フロリダ音源

ソロは9月24日か25日 ハマースミスオデオンからの音源」

曲はフリークアウトやロキシーライヴに収録されてた

テンポは速くユニゾンで歌が突き進んでいく場面がある

そして ソロになると急にクールダウンしたバック
グニャグニャとしたソロでリズムがまたレゲエやないけど

オンビートでつんのめるようなリズムだ
ベースが合っているのか合っていないのか

とてもセンスが悪い

そしてハモリタップリのサビ その後次の曲へと

それにしても編集が矢継ぎ早で聞いていても落ち着かない


4. Penguin In Bondage

Jingle Bells (Pierpont)とロッキーのテーマが含まれている

いくつかのヴォーカル部分は84年12月1日フロリダでの録音だ

ソロは12月18日ヴァンクーバー クィーンエリザベス シアターからの音源

ただし このソロは全くの別曲からみたいな感じだ

そして歌に戻るが、巧妙な編集なんやろう

曲自体、ロキシーレイヴの方が カッコイイかな
ザッパが笑ったりしている所が お茶目でいいのかも知れない

アイクの太い声が良く聞こえる


5. Hot-Plate Heaven At The Green Hotel

このアルバムで初めて収録された新曲だ!

Big Swiftyが含まれている。

録音が84年12月18日ヴァンクーバー クィーンエリザベス シアター

84年のザッパは どうもアレンジがイマイチの曲が多いと思う

これも それにあたるかな

リズムが悪いかな
ハンドクラップのシンセかサンプリングサウンドもかなりいただけない

時代と共に古さが強調されるのではないか!

曲は、キャッチーで覚え易いリフが連発
でも このリフが良いとは思えないが

始まりはなかなかカッコイイんやけど歌が始まると・・・
あと何時もやけどベースが小さいな

ソロは、スローダウンしたポリリズムをバックに
弾きまくる

ドラムの音は、玩具のように軽いし
バシャバシャに聞こえる

せっかくバックがスカスカなのに このドラムはいただけないよな

6. What's New In Baltimore?

最初の部とソロが84年12月23日LAのUniversal Amphitheaterから

歌の部分は11月10日フィラデルフィア

と巧妙なる編集

インストで始まるところは、素晴らしいインスト部分だ

まるでシンクラヴイアみたいでジャズフロムヘルに繋がりそうな雰囲気と
メビウスの輪のように輪廻するメロは流石だ!

この部分は大好きだ
なぜか歌をぶち込んで台無しにする事がザッパらしい

インストで聞きたいよな

85年のザッパ検閲の母〜に初めて収録された曲だ
聞き比べても面白い

ギターソロは何故かコードに沿ってかメロディアスだが

イマイチやな

7. Cock-Suckers' Ball

トラッドの替え歌かな?
お下品な歌詞でポップな曲

84年12月23日 カリフォルニア ユニヴァーサルシティーから

ザッパがアレンジしたものやな

歌の部分だけで即終わる

dose humor belong in music?5


8. WPLJ (Dobard)
70年に出た熱々ウインナーのサンドウィッチに収録されてたカバー曲

先ほどの曲に続きで演奏された物で
カウントが振り分けられたものかな

そやから録音は前曲と同じ

ポップなドゥーワップ風アレンジ

9. Let's Move To Cleveland

このCDの目玉曲、最後に少々歌が入るが
インスト曲として考えてもOKかな

このCDで初めて出てきた

イントロとリフの部分が84年12月23日ユニヴァーサルシティー
ピアノソロが入っている珍しいよな! この部分は12月1日フルリダ録音
ドラムソロまで入っている この部分は12月18日バンクーバー録音
ギターソロが10月28日マサチューセッツ

やはり聞き物は 何と言ってもアランザボットのキーボードソロ!
まあ各自のソロはない事は無いが

たいがいはブートで聞くのが一番の楽しみやった
ソロであるのは、ジョージデュークやシャンカール、シュガーケンハリス、
イアンアンダーウッドなど(まだあるが)

そんなに無い

バック(ベース)はもうジャズだが
やはりリズムがジャズっぽくないので(キーボードノコードはヴォイシングすてるが・・・)

ある意味クロスオーバーな感じもする

そして、嫌いなドラムソロ
ハンドクラップは何時聞いても 頂けへんよな

あと、シンセドラムもいらん!
ドラムの音のセンスは ほんと 酷いなあ

その後のキーボードノコードワークはカッチョイイな
ソロもバリバリ弾きよる

ギターの弦の滑りノイズが入り
テーマに戻る

その後のギターソロ
もう 違う曲やん

バックが全然違い 前との繋がりなんて全くあらへん

そしてジワジワとギターがうねりだす。

ここでもタムの音は硬くて好くない!

しかし ギターサウンドはジュワ〜と 脳みそまで痺れさせてくれる

やっぱこのギターで70年代のバックが絶対に合っていて良いと思うよな!!

そしてリフに戻り、再びテーマになる

滑稽なフレーズやな
そして初めて歌が出てくる

タイトルを繰り返すだけ!

10. Whippin' Post

そしてツアー最後の日に、ザッパの息子がギターソロを弾く
オールマンブラザーズ バンドの名曲だ

12月23日だ!イヴイヴやな

この曲が、出てきたゼムオアアス
聞いてビックリ
こんないにもヘタなカヴァーとは

おまけにソロの部分はザッパ作ったリフをバックに?息子が手癖で弾き捲くる

歌も全然やし・・・

オールマンは大ファンで、特に初期と最近のが好きで
結構持っている

ザッパのカバーは、まるで都会の連中が面白がってやってるって感じだ

ほんとはもっとアーシーでレイドバックして ましてギターソロはスライドでないと
あの気だるく美しく悲しく凶暴性のある雰囲気は出ない。

ヴォーカルもせめてナポレオンマーフィーなんかがやるとええけど・・・
なってないよな

ザッパのロック曲カヴァーはどれもオリジナルの100万分の1ぐらいイマイチだぜ!

そやからこのCDのオススメは2曲ぐらいかな!


100%オーバーダブなしと謳っているけど
ライブ音源の良いとこ取り編集CDやね!


このCDに興味のある方は、チェックしてみてください。1500円ぐらいでありますね
Frank Zappa 又はフランク ザッパで検索してみてください。↓



一応大手レコード載せておきます。
店によって値段もマチマチなんでチェックしてみてください。

大手レコードショップ タワーレコード↓



TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】


アマゾンはコチラからです。↓ ここ最近ずっと送料無料キャンペーンやってます。
アマゾンのザッパ検索結果

モバイル用 ザッパ検索結果


今日のリンクは、無添加石けんシャンプー



author:papinen (mofuriko), category:1980年代のザッパ, 19:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTION ザッパ 検閲の母と出会う
JUGEMテーマ:音楽

 FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTION
ザッパ 検閲の母と出会う

1985年アメリカでは、音楽に(LP)などに日本で言う
18歳未満お断りのシールがレコードに張るという法律が出来た。

ザッパは当然怒りを顕わに、しこの憲法と戦いを挑んだ

発言の自由を守るためにデッケネのビアフラなどと一緒に歌詞検討会の公聴会に出席
今ではCDなどに張られている黄色い注意事項シールのことの是非をめぐる公聴会だ!

そして、その公聴会を当然録音し、コラージュされ
このアルバムでやり返した!

ポルノ ウォーズ(ポルノ戦争)と言うタイトルでリリースされた。
当時 アメリカ盤とヨーロッパ盤の2種類のLPがリリースされた

日本でも結局重なっていない数曲のために2枚のLPを買わなければならなかった

90年になりCD化されたときも、CD未収録のためにヨーロピアンヴァージョンのLPは
売らずに取っておいた。

その後、リマスターなどのリイシュー時にやっとこさ前曲が収録される事になった
いわくつきの作品の紹介だ!

FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTION

写真は、当時出たCDとLP
そして それを真似たブートLPだ

85年のアメリカLPは、

1. We're Turning Again
2. Alien Orifice
3. Yo Cats
4. What's New in Baltimore?
5. Little Beige Sambo
6. Porn Wars
7. Aerobics in Bondage


85年ヨーロピアンLPは、

1. We're Turning Again
2. Alien Orifice
3. Yo Cats
4. What's New in Baltimore?
5. I Don't Even Care
6. One Man - One Vote
7. H.R. 2911
8. Little Beige Sambo
9. Aerobics in Bondage

んで持っているCDは
1. I Don't Even Care
2. One man, One Vote
3. Little Beige Sambo
4. Aerobics in Bondage
5. We're Turning Again
6. Alien Orifice
7. Yo Cats
8. What's New in Baltimore?
9. Porn Wars
で、1曲ない

その後リイシューCDには
10. H.R. 2911
がめでたく収録された。

なぜこんな事になったか
ヨーロッパでは、歌詞検討なんてなかったんでポルノ戦争は収録されず
その代わりに3曲別曲が収録されてた。

FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTION2

1. I Don't Even Care

ベイシックトラックは、
81年82年のツアーのサウンドチェックらしいが

ゼムオアアスの頃に録音した物かもしれない

Johnny "Guitar" Watson - lead guitar & lead vocals
FZ<- guitar, vocals
Ike Willis- guitar, vocals
Steve Vai - guitar
Ray White - guitar, vocals
Bobby Martin- vocals
Arthur Barrow- bass (over-dubbed)
Chad Wackerman - drums

ギターワトソンが参加し歌とギターソロを弾いている

ペケペケのギターサウンドが堪能できるカッコイイ曲で
バックのうねるようなリズムギターがとにかくカッコイイ

スゴイグルーブでグイグイと輪廻する
イギリスのバンド シャーラタンズも同じようなグルーブのギターでやっている
まあザッパの方が古いよな

んで、この曲は、ワンパターンのリフに歌が絡むパターンや

2. One man, One Vote

邦題が一人一票
もう選挙の事をいろいろ考えていたんやろう

んで、これと以下2曲はシンクラヴィア演奏だ

リスナーからしたらバンドとシンクラヴィア自動演奏とでは
やはり感触や聞き方、好みが違うしあるけど

作者からしたら 同じモノだろう

ザッパの脳みそにある音(音楽)が具体化されただけだ

まだ紹介してないジャズフロムヘルや
パーフェクトストレンジャー84年リリースやシングフィッシュから出だした
シンクラヴィア作品

シンクラヴィアの作品は、かなりのタイトルがあると言われとる
あるインタヴューでは500タイトルとか・・・

まあ ザッパの事やし あるやろうに

んで、どんな曲かと言われても
なんとも書けないし言えないのが このシンクラヴィー曲

早いテンポのが多い
ただシングフィッシュには、スローなものもあったが

これは、語りのバックとしてのBGM的音源やったことからスローになったが

今回は、テンポより細かい音が次々と矢継ぎ早に走り去るような演奏と曲調だ

3. Little Beige Sambo

これは、後にリリースされるジャズ フロム ヘルに良く似た音の並びがある曲だ

大体どんなミュージシャンでも持っているメロディーってのがあって
癖みたいな物なか・・・

それが出ている
まあジャズフロムヘルと聞き比べると よく分かると想う

4. Aerobics in Bondage

これも 聞き覚えのあるメロだ
特にシンクラヴィアでの演奏されるメロとよく似ている

これも楽器によって癖が決まるようなメロディーやと思う

例えば、ピアノで作曲
ギターで作曲
チェロで作曲とか音の並びなどで変わってくるし

指運の癖によっても変わるようなモンだ

おそらく キーボードで適当に(そんな事言ったら怒られるかもしれないが)プレイし
それを自動演奏してる程度かな

まあシンクラヴイやからよく似た音の並び方やと思われる。

5. We're Turning Again

歌いリだ以下の曲のフレーズや断片が含まれている

Sunshine Of Your Love (Brown/Bruce/Clapton)
Purple Haze (Hendrix)
Light My Fire (The Doors)
Monday, Monday (Phillips)

ベイシック トラックがサンタモニカ シヴィック オーデトリアムからの音源
81年12月11日

FZ - guitar, vocals
Ike Willis - vocals
Steve Vai - guitar
Ray White- guitar, vocals
Tommy Mars- keyboards
Bobby Martin- keyboards, vocals
Ed Mann- percussion
Scott Thunes - bass
Chad Wackerman - drums

音が急に悪くなるのは致し方ないな

いろんな音の断片(演奏による)コラージュ満載の
ブロードウェイ風の曲だ

アイクはもうフィングフィシュのような歌い方になっている

オーバーダブ時期が、シングフィッシュの頃なんかも知れないな?

普通に楽しげな曲だが
いかんせん ギターソロなど全くあらへん

また、この曲の別ミックスが
ザッパチョイス ハヴ アイ オフンデッド サムワン?に入っている

6. Alien Orifice

久々のバンドによる難解なインスト曲

81年9月から82年7月のツアーで録音された音源をベイシックに
継ぎはぎ編集やオーバーダブされたと思われる。

途中にギターソロなど入ってくるからだ!

FZ- guitar
Steve Vai- guitar
Ray White - guitar
Tommy Mars - keyboards
Bobby Martin- keyboards
Ed Mann- percussion
Scott Thunes- bass
Chad Wackerman- drums

ヴァイのスタントギターが目を見張る!

そしてギターソロもカッコよく炸裂している
バックのリフも今までに無いロックなリフだ(ギターとベースライン)

それ以外の場面でのベースもなかなかジャズのノリくせにクロマチックなどに逃げていないのがいい

シンセとパーカッションとギターのユニゾンは素晴らしい の一言に尽きる

とにかくすごい演奏なんでビビル

7. Yo Cats

作者がZappa/Marianoとなってる

 the 3rd Movement "Marche Funebre"
 of the Sonata No. 2 in B Flat minor (Chopin)が含まれている

Ike Willis- voice
Chad Wackerman- drums
FZ- synclavier

オルガンやと思ってたらシンクラヴイやて

オルガンモンドのサウンドが心地よい
因み ロング&別ミックスヴァージョンがザッパチョイス アヴ アイ〜に入っている


FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTION3

8. What's New in Baltimore?

81年12月10日にカリフルニア バークリーCommunity Theaterで録音されたパートと

81年11月15日にマリーランドのPainter's Mill Music Fair, Owings Mills,
でのギターソロを合体させたテイク

インストだ
ただ今聞くと古い気がする音だ

当時の楽器や流行のサウンドを使うと
かえって古さを感じたりするものやな

始まりはまるでパズルのようでメビウスの輪のようなクルクル回るメロが特徴

シンセかパーカッションが まるでクリスマスだ

そして、今聞くと一番古いと思うシンセ(バラス風シンセ)がたまらなくダサいかな

その後入ってくるギターソロもなんか頼りなくメロを弾く
またそのバックのドラムの超ダサイ事と来たら

その内フェイドアウトされる

メンツは以下だ

FZ - guitar
Steve Vai - guitar
Ray White - guitar
Tommy Mars- keyboards
Bobby Martin- keyboards
Ed Mann- percussion
Scott Thunes- bass
Chad Wackerman- drums

9. Porn Wars

FZ- synclavier
Senator Danforth- (R-Missouri)
Senator Hollings - (D-South Carolina)
Senator Trible- (R-Virginia)
Senator Hawkins - (R-Florida)
Senator Exon - (D-Nebraska)
Senator Gorton- (R-Washington)
Senator Gore - (D-Tennessee)


Tipper Gore- voice
Reverend Jeff Ling- voice
FZ - voice

Ike "Thing-Fish" Willis- voice, rhythm guitar
Steve Vai- guitar
FZ- rhythm guitar
Tommy Mars - keyboards
Arthur Barrow- bass
Chad Wackerman - drums
All-Night John Kilgore - voice
Monica - voice


そして、久しぶりに登場したコラージュ曲で

公聴会で録音した議員さんたちの語る卑猥な言葉を引っ張り出し
シンクラヴイにほり込んで様々なオーバーダブをしてライヴ音源なども叩き込まれた

クレイジーな曲だ

ランピーグライヴィー時代の音源もコラージュされてるみたいや
聞けば分かる。

もう時代を超えたコラージュで、またデジタル編集が出来る時代やった
だけにザッパ自身燃えたであろう 

それにアイクの語りをバックにギターソロが繰り広げられるというザッパ世界全開だ

とにかくいろんな要素満載で聞く物達を飽きさせない曲でもある。

これは久しぶりに昔に戻ったザッパを感じた

この頃は、もう70年代のような音楽はしていなかったような気がするので
尚更 この曲は良く聞こえる。

ここまでが持っているCDだ!
んでその後リイシューされたものには もう1曲入っている

★H,R,2911

これはシンクラヴィア曲だ

怪しげなインストで鼻を鳴らす音や声などを
加工したサンプリングや擬似オーケストラのようなサウンドが
散りばらまかれたような感じだ、ザッパらしい曲でもある。

以上が、ザッパ、検閲の母に出会う でした。

これは、バラつきのある作品やけど重要な曲や目玉であるギターワトソン参加曲など入ってるんで
初心者さんは、ゲットして欲しいと思う。

このCDに興味のある方は、チェックしてみてください。
Frank Zappa 又はフランク ザッパで検索してみてください。↓



一応大手レコード載せておきます。
店によって値段もマチマチなんでチェックしてみてください。

大手レコードショップ タワーレコード↓



TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】


アマゾンはコチラからです。↓ ここ最近ずっと送料無料キャンペーンやってます。
アマゾンのザッパ検索結果

モバイル用 ザッパ検索結果


今日のリンクは、無添加石けんシャンプー


author:papinen (mofuriko), category:1980年代のザッパ, 15:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...