RSS | ATOM | SEARCH
ZAPPA / MOTHERS ROXY performances 7CD パート5

JUGEMテーマ:ROCK

 

ZAPPA / MOTHERS ROXY performances 7CD パート5です。

 

movie 015.JPG

 

movie 016.JPG

 

movie 017.JPG

 

movie 018.JPG

 

movie 019.JPG

 

movie 020.JPG

 

movie 021.JPG

 

3枚目のディスクは4曲目から73年12月10日の録音 アーリーショウが収録されています。

 

#4. Monday Show 1 Start

#5. Montana

#6. Dupree’s Paradise

#7. Cosmik Intro

#8. Cosmik Debris

DISC 4

1. Bondage Intro

2  Penguin In Bondage

3. T’Mershi Duween

4. The Dog Breath Variations

5. Uncle Meat

6. RDNZL

7. Audience Participation – RDNZL

8. Pygmy Twylyte

9. The Idiot Bastard Son

10. Cheepnis

11. Dickie’s Such An Asshole

 

 

 

DISC 3

73年2月10日の録音 アーリーショウ

#4. Monday Show 1 Start

テープオペレーターの声が入り録音スタートします。

そして会場のオーディエンスの歓声

ステージ上でのチューニングが始まる。

キーボードの確かな音程にそれぞれが合わしていく

 

ザッパのMCが入る

メンバー紹介

再びチューニング

またまたMC

 

#5. Montana

バスドラ4発イントロが聞こえテーマがプレイされ

2台のドラムのリムショット

歌が始まる・・・マットな音質

 

ザッパのパートが終わると

ナーフィーが歌う

 

いつもと同じ手堅い演奏

ザッパのライブやらで この曲は もう何度聞いた事か

 

聞きモノは なんとゆうてもギターソロだけですね

アレンジが同じなのは 同年のツアーだからで

メンバーが変われば多少の違いはあるものの 殆んど変わらない

 

今回のギターソロは、初めて聞くソロパートでワウワウペダルの中途半開きのこもった音色

たまにペダルによるトーンの変化があるけど

リバーブや残響音の無い ほんとにマットで その辺で演奏を見ているかのようで

ブートレグでは味わえない臨場感です。

 

サビのコーラスパートもザッパ生前の音処理とは全く違うのでネイキッドな場面で 

少し驚いた

 

#6. Dupree’s Paradise

そしていつもの様にブレイク無しで次曲へ

リフが2回演奏され ブレイク 即クラビのソロに2度ハーモニーが付いてるので

不協和音的な響きだ

 

そしてチャスターのドラムとベース クラビネットで即興が繰り広げられます

左のラルフはタンバリンで参加し細かなリズム隊をバックに

ジョージデュークがミニムーグを操る

 

ザッパの運指揮によりブレイク アクセントが飛び交い

宇宙的アドリブで進む

 

再びブレイク マリンバのソロ それに絡むミニムーグ

ドラムのアクセントはザッパの運指揮法だと思う

 

チャスタートンプソンが歯切れ良いリズムを刻む

即 全員がノリに乗ってくる

ラルフもハットで参加 とても細かなポリリズム場面

 

運指揮で別パートが流れ エレピソロに

ドラムのロールが入り デュプリーズ天国のテーマが演奏される

とても印象深いテーマです。

 

管楽器がハモりながらパートを演奏

そしてトロンボーンのソロ

ドローン そこにフルート それに声を混ぜてユニゾンでソロをプレイするナーフィー

 

ワンコードで進む 2人のドラムのフィルが良く聞こえてクールです。

フルートソロは この手のフルライブ音源でないとじっくり聞けないですね

 

その後 ベースソロ

時折 躓くが なんとかソロしてるって感じ

フィルでマリンバのパートが入り込み それが数回ある

 

音が切れた時 ドラムだけになり

奇声が飛び交う

 

まだまだ続くベースソロ 絡むマリンバ

トローンボーンがやって来て 他がクールダウン

じっくり進むソロだが・・・ザッパバンドでなくてもありそうなソロだ

 

左右のドラムは別々のパートを演奏している

オールマンブラザーズとは違うタイトな演奏

そしてアクセントとブレイクが出てきて ソロが続く

 

この辺りから楽器が増えだし、いきなり止まる

ステージで何かが行われているのか?

ワーキン ブルースワーキンとザッパが言う

ブルースフォウラーの場面なんだろう

 

突然何度も出てくるマリンバのリフ

そして再びテーマのバックに リズムが整いギターソロに繋がる

 

ピックが弦 スレスレに擦られるサウンドで早弾きが混じる

かなりのコンプレッサーサウンドだ

 

途中 演奏中にギターがチューニングする

即 別のトーンでグニョグニョなソロプレイ

このギターソロは 今までオフィシャルでは聞く事の出来ない変わったサウンドだ

 

それにしてのショーの2曲目から こんな演奏とは 

時代ですね

20分以上のテイク

 

その後ザッパのリズムギターが聞ける

細かなドラムのリズムが流れる中

マリンバの”変わるぞっ" てパートが流れ

テーマに戻る

 

エンディングで リズムを変えるザッパのギター

なんだろう

そして終わる

拍手

すかさずギターのチューニング

かなり狂ったんだ

 

#7. Cosmik Intro

初登場ってゆうても これはMCだろう

わざわざ初登場って言うことも無いけど

ザッパのMCがつづく

 

#8. Cosmik Debris

ザッパのカウント

テーマ後 スポークンで進む

コーラスばっちり タメばっちり

ハモりもばっちり

2台のドラムヴァージョンなんで なぜかゆったり聞こえる

 

ザッパの力の入ったヴォーカル

ヴォーカルが生々しいのが やっぱりとても不思議だ

 

サックスソロになる ナーフィーだ

それに絡むザッパのギターリフ

続くサックスソロ

 

その後 エレピソロに ブルージーに決める

そしてまだ続くクラビネットソロ

 

絡む静かなるギター でも良く聞こえます

そしてギターソロ

またしても不思議なサウンド

ゲートリバーブ、リバースなディレイにワウワウをかましたようなサウンドだ

まあ この時代リバースサウンドなんかエフェクターでは無かった

 

コンプ一杯のギターサウンド 詰まった音だが 細かなニュアンスが一杯含まれている

そして歌

その後別リズムの別パートに ファンキーな縦ノリ演奏になる

 

そしてリズムも戻り コーラスになる

エンディング 細々とギターフィルが入る

終わる

 

つづく

 

興味のある方は、frank zappa で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 

★HMVです、frank zappaで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

 

★amazonです↓

アマゾンのフランク ザッパ♪

スマホ モバイル アマゾンのザッパ

 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓
7ネットなら簡単コンビニ受け取り本BOOKとミュージック
 
★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。
 

★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓

 

 

author:パピネン, category:1973年のザッパ LIVE音源, 13:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ZAPPA / MOTHERS ROXY performances 7CD パート4

JUGEMテーマ:音楽

 

ZAPPA / MOTHERS ROXY performances 7CD パート4です。

 

zappa 3

 

DISC 3

12-9-73 Show 2の続きから

#1. Tango #1 Intro

ザッパのMC オフィシャルでは今回初登場のMC場面

 

#2. Be-Bop Tango (Of The Old Jazzmen’s Church)

カウントから始まります、やたら細かなリズムが洪水の如く溢れてきます

トロンボーンなど 合ってのか分からない即興またはアドリブが繰り広げられ

 

途中奇声が飛び交う しかし なだまだ続く混沌とした世界

だんだんとクールダウン 別曲でも何度も出てくるマリンバの下降パートが入ってきて

ザッパのMC

 

明らかにオリジナル[roxy and else~]と違います。

ジョージデュークのエレピの&のユニゾンが始まる

ザッパの解説付きで繰り広げられます。

 

長々続くMCとエレピウとのユニゾン

英語堪能でない限り退屈な場面です。

 

ステージでは、何かが起こっています

ヴィデオやと分かるんかな

 

そしてジャズが始まります

(個人的にはクロマチックなベースラインを聞いてジャズと認識するんで・・・)

しかし 即戻ります。

 

見て楽しい曲でしょう

その後 ロックなリフが出てきて それも3コードのブルースチェンジコード3

2回ほどあってザッパのMCが絡んでくる

 

そして3コードが続く ギターソロが絡んでくる

ブルースギターをプレイするザッパは さすがカッコいい

ワンコードアドリブばっかが多い中 これはいけますな

 

因みにJ.レノンと小野とザッパの共演やった 

サムタイムインニューヨークでもwell well wellは 

ザッパのブルースギターソロの頂点やと思います

 

ギターソロで終り

大喝采 

ここで一反 バックステージに行くのかな?

 

拍手が続く 口笛が飛び交う

雄叫びも飛び交う

 

そしてザッパが再び現れ チューニング

 

#3. Medley: King Kong

  Chunga’s Revenge

  Son Of Mr. Green Genes

 

メドレーで収録

ワンワンワンで始まるが、ちょっと変やと 思ったら

やり直し

 

テーマ1回 その後 別パートが入り込む

(初めて聞いたのはサムタイムインニューヨークでのキングコング)

 

そしてトローンボーンのソロ 続くミヌムーグの単音ソロ 

あの時代丸出しのスペーシーなロックジャズフュージョン

 

このサウンドは、Humingbirdのマックスミドルトンやヤンハマー似ですが タッチや音並びが違う

スペーシーですよ

 

そしてチャンガの復讐のリフが出てきて それもサビから入る

独特のベースラインをベースにジワジワと怪しい雰囲気が増します。

 

何度かテーマがあってギターソロに入るけど 出だしがズッコケタ感じ

仕切りなおし ソロがグイグイと始まります。

 

ワウワウペダル スイッチオン

グニョグニョなソロが展開する

 

そしてアンクルミートからのメロデアスなチューンにバトンタッチ

終わります。

 

つづく

 

興味のある方は、frank zappa で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 

★HMVです、frank zappaで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

 

 

★amazonです↓

アマゾンのフランク ザッパ♪

スマホ モバイル アマゾンのザッパ

 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓
 

★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。
 

★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓

 

author:パピネン, category:1973年のザッパ LIVE音源, 13:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ZAPPA / MOTHERS ROXY performances 7CD パート3

JUGEMテーマ:音楽

 

 ROXY performances 7CD パート3です。

12月9日アーリーショウの残りの1曲はディスク2に収録されています。

 

DISC 2

#1.Dickie's Such An Asshole

88年のラストツアーでの音源[Broadway the hard way]と翌年の「on stage3」で初収録された曲です、

73年当時はなんやかんやでリリースを見送られたみたいです。

レコード会社からのクレームがあったんでしょう

 

当時の大統領ニクソンをなじった歌詞 ウォーターゲート事件の歌

1972年6月17日にワシントンD.C.民主党本部での盗聴侵入事件に始まった政治スキャンダルでしたね

 

(ザッパの解説では、

我々マザーズは当時何度も演奏した、このヴァージョンは特に良い出来のを見つけ選んだモノだ

73年12月12日の音源

イントロパートは前ロードマネージャーのマーティン ベレリスだ)

 

(今回のロキシーパフォーマンス7CDには収録されてませんが、USBリリース盤には収録されてるのでしょう

それは持っていません)

 

フェイドイン喝采から入ります、アンコールみたいですね

リリースこそされませんでしたがライブではガンガン演奏していました。

 

ザッパのMC解説があり、軽いチューニング

バンドのコーラスの披露があり MC2回あって

曲が始まります

 

ハモるコーラスが生々しいです、

ナーフィーが歌います、ワウワウかましたギターフィルが入ります

ブレイク多数 そしてマリンバやらが例によって細かなフレーズを叩き入れます

 

ブルース調でとてもブルージ〜〜 エレピのソロが始まり

2人のドラムがやたら入ります、そしてワウワウギターソロ 

とてもエキセントリックなソロで もうバックもやたら元気一杯です。

 

この後 レイトシューが待ってます。

そしてブレイク 演奏と歌が交互に出てきて 続きます。

[Broadway the hard way]と聞き比べるのも楽しいのでは・・・

 

曲のテンポもいろいろ変わりヴァラィです。

そして別パートに ここではパーカッション軍団が これでもかって早いパートをぶち込んで来ます。

 

アメリカソングもインクルードされ 曲は終わります。

大喝采ですね

 

とにかく歌のもん でした。

客が喚いています 最後にMC

 

12-9-73 Show 2

#2. Sunday Show 2 Start

ショー2のガイド声が入り

ザッパのMC

 

拍手が沸きます。

そしてチューニング

メンバー紹介

 

#3. Inca Roads

超名曲の初期かな?のヴァージョンです、2014年の「roxy by proxy」で既にリリースされてますが

ブートレッグでは一杯収録されていました。

また「roxy by pro.」にはこのコンサートの8日から10日からの選曲です

ジョージデュークのグランジ風ソロから入りますが、「万物同一サイズの法則」とは全然違う緊張感無く

メロウなヴァージョンです。

 

そしてジャジーなヴォーカルが乗ってきて他の楽器が所々 フィルが入る

それぞれのパートは「万物〜」同様に幾つも出てきます。

 

マリンバとナーフィーのフルート 他のユニゾンは何時聞いてもとてもクールです。

また音処理が生々しいので ライブ会場の臨場感も味わえます

 

そしてキーボードソロのバックではカウベルや金物パーカッションが彩り美しく流れていきます

その後トロンボーンソロは、なかなか良いです 絡むパーカッションもとてもジャジーです。

 

早いのマリンバ演奏パートもとても素晴らしい生な音で 気持ちよいです

口笛なんてのも絡んできます。

 

ギターソロが無いのは残念だ

 

#4. Village Of The Sun

オリジナルロキシー74年と同じに聞こえるけど・・・どうなんでしょう?

とてもメランコリーなメロで誰もが好きなチューン アンナドミノもカバーしてましたね

ハスキーなヴォーカルも魅力たっぷりです。

これもナイキッドな音処理の少ないので生々しいです。

 

#5. Echidna’s Arf (Of You)

そしてメドレーで続く これも74年ロキシーと同じ感じですね

インスト曲で 結構聞き易い難解な曲です

難解曲も幾つかの種類があって 

何度聞いてもしっくりこないぎこちないのも幾つもありますね

 

これは聞き易く覚えるメロの連打です。

マリンバ他のユニゾンのすごい神業が堪能出来ます。

 

6. Don’t You Ever Wash That Thing?

これもインスト曲でトロンボーンのソロがたんまり聴けます。

波乗りのグルーブでゆったりしたリズムで進んでいきます。

これも74年ロキシー同音源かな 聞き比べていないからなんとも言えめせんが 

薄い記憶では 同じように聞こえる

 

時折聞こえるシンセサイザーはミニムーグでなかったらクレジットされていなかった

ドンプレストンなのか??

 

そしてエレピソロにつなぎます

ここのバックのドラムがとても素敵です、跳ねてるけど跳ねてない 曖昧なグルーブが聞けます

その後のドラムソロはマックスローチバリのパワフルなプレイです

LP時代とザッパ存命中には中々聞けなかったドラムソロですよね

 

そしてクラビネットが絡みだしギターソロに突入

かなり絞った音色で、ワウワウペダル踏み込んで細かなペダル運びでトレモロ効果を出している場面も出てきます

ここでのドラミングはとてもノリノリでかっこいい

 

グイグイ迫るギターソロは、かなりすごい

そしてクールダウン

ルース嬢の登場 それにテインパニ (ザッパかな)

そして映画音楽のようなのが出てきます。

 

サスペンスかクライム ブラックムーヴィー風です。

そしてSGのアームダウンがチラッと聞こえます

やっぱりライブでは板バネアームを使っていたのか・・・・・

 

そしてサンキュー チューニング

ギター弦 かなり狂ってます 曲の最後だからアームを使ったんやな

 

#7. Slime Intro

73年の「興奮の一夜」から

曲紹介で1分ほど

 

#8. I’m The Slime 

そして始まる とてもファンキーなバック演奏にスポークンのザッパ

これも生々しいですよね

 

サビ前の笑い袋が聞こえ コーラスパートに突入

そしてお待ちかねのギターソロ 圧巻です。

 

ワウワウ全快 声に近い 喋りに近いトーンでグイグイと切り込んで来ます。

そして 突然のチェンジ

 

#9. Big Swifty

マザーズのメンバーは、ザッパの全ての・・・殆んどの曲の演奏を出来たのでしょう

譜面があれば演奏可能って感じで この曲が出て来ましたね

 

72年のワカジャワカ ホットラッツから

ブラスバンドでないのでアレンジにシンセがとにかくフューチャーされています

エレピがデュークなんで もう一つのキーボードはドンプレストンなのか

また器用なデュークなのか・・・なんて思っていると デューク節が出てくる

やっぱりデュークでしたか

 

そしてマリンバを中心に下降するパートが出てきます

そして前面に出てこなギターソロが絡みつきます

まるでアメーバーのようにベタベタと纏わり付くソロ

 

ここでもまたラルフのドラムが不思議なグルーブを叩き出してます。

トンプソンとは違うノリを披露してくれます。

 

再びギターソロに なぜかタイミングを探してるかのように ちょっと間が空きます

そしてテーマに戻り だんだんテンポダウン

 

ロードテープスやオンステージやメイクアジャズノイズ他にも別ヴァージョンが収録されてましたね

そしてザッパのサンキューで終わります。

 

とてもスリリングな演奏だ

 

 

つづく

 

 

興味のある方は、frank zappa で検索してみてください↓

セカイモン
 

★大手レコードショップ タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE
 

★HMVです、frank zappaで検索してみてください↓


HMVジャパン HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
 

 

 

★amazonです↓

アマゾンのフランク ザッパ♪

スマホ モバイル アマゾンのザッパ

 

★本は、コンビニ受け取りは便利です↓
 

★オンキョーHPトップ↓

onkyo topです。
 

★ウチでも3台使ってます、安いし使い易いレノボはこちらからです。↓

 

 

 

 

 

 

author:パピネン, category:1973年のザッパ LIVE音源, 16:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...