RSS | ATOM | SEARCH
Frank Zappa 77年2月3日 titties and beer Pavillon de Paris アナログLPbootleg
JUGEMテーマ:ROCK

Frank Zappa   in paris 3/2/77 Titties and Beer

77年2月3日パリ公演のアナログ盤です、
当然完全収録ではありませんが・・・そこはアナログ
ジャケットだけでも 嬉しいアイテムですね♪

77年2月3日パリ

丁度この年の一年前は日本公演 京都 節分でしたね
さて一年後 テリーボジオ以外総入れ替え
以下がメンバーです。

エディ ジョブソンが参加なんで ちょっと期待したかな
ヴァイオリン出るのかと・・・

Frank zappa
Ray white
Eddie jobson
Patrick o'hearn
Terry bozzio

SIDE1
The illinois enema bandit
My guitar wants to kill your mama
Tryin' to grow a chin
Broken hearts are for assholes
Dong work for yuda

SIDE2
Manx needs women
Titties & beer
Black napkins

1977/02/03 concert paris, france

77年2月3日パリ2

77年2月3日パリ3

とにかく音質が良いです、そして後にリリースされるアルバム収録のプロトとも言えるタイプのアレンジとかで ちょっと興奮ですね!

何度もリイシューされてて 有名なブートなんで
まだ入手可能な 素敵なアルバムです。

77年2月3日パリ5

曲タイトルは間違いあります♪
LE SERVIETTE NOIR は、ブラックナプキン フランス語ですね
その前に2曲収録されてます・

77年2月3日パリ6


SIDE1
#1 The illinois enema bandit 
フェイドインします、1978年リリースされた Zappa in New York で初出しました
76年のハロウィーン3日間からの抜粋

その後1992年のオンステージ6に84年ヴァージョンが 収録され

2002年には、FZ:OZ 2枚組ほぼフルライブCDに収録
これは 76年1月のヴァージョン 古いライヴテイクになります、
日本公演でもやってましたね

2008年6月リリースのOne Shot Deal コンパイルもん に81年のライブテイクが
9月には、75年の もっと古いテイクが収録されてる Joe's Menageに収録

96年9月には曰く付きの Lather に Zappa In New York と同じテイク ミックスは多少違いがあるみたい)がリリース

ブートレッグなら 結構収録もされてるでしょうね
とにかく1曲なのに幾つものヴァージョンやテイクが存在しまくってます。

もともとポップなメロディーでノリノリの曲と違うので、そんなに魅力ないけど
ネイキッドな演奏が かなり細かなディディールまで聞く事ができます。

結構 音がスカスカ まあ この曲はスポークンもんなんで こんなもんかな

#2 My guitar wants to kill your mama
1曲目のノリで次の曲へ 切れ目無しで突入
オリジナルは、69年9月のシングル
その後 も一度シングルに収録(片面が違う曲)その後LPに 有名な いたち野郎 に
 
オンステージ4にビート ザ ブーツ ARKには68年のライブテイク
オンステージ5にも まだまだいろいろあります。

かなりファンキーなリズム隊で進みます、フィルのギターもばっちり出てきます、メロはおんなじ でも 違いがたっぷりのヴァージョン

演奏はスカスカで歌は、ハモリたっぷり サイドギターはレイでしょう
ギターソロも出てきます、ファンクリズムをバックにブルージーに 

#3 Tryin' to grow a chin
そしてテリーボジオの1.2.3.4.で入ります。シークヤブーティ 収録曲
殆んど同じアレンジです。
音圧とメンツの数では 違うけど ギターリフも出来上がってたんだな
まあ こんなもんだな

日本公演で演奏やLetherやら いろいろなアルバムに収録されてる曲やね

#4 Broken hearts are for assholes
こちらも上と同じシークに収録

殆んど一緒のアレンジだね ボジオ 頑張ってるね
そしちぇザッパとハモリで進んでいきます、ブレイクでのコーラス隊との掛け合い
手拍子まで出てくるし 歌だけになる場面も出てきます、ちょっと聴き物だぜ。

#5Dong work for yuda

ザッパのMCが入り 重圧なコーラスのみから始まります、何故か どこか ドゥーワップになったり・・・79年の ジョーのガレージ2・3からですね

もうアカペラバージョンなんで レアです。
ちょっと得したがな

77年2月3日パリ4

SIDE2
#1 Manx needs women
カットインします 後半部分で ものすごクリアな音質

In New Yorkで初出します、インスト曲 ザッパさん あまり好きでなかったのかな
この曲は、何度もリリースされませんでしたね
没後のリリースでは 今後 出るかもしれないけど 本人は あまり執着してないね

短い収録です。

#2 Titties & beer
クラビネットがファンキーなリズムを刻み 始まる
In New York 初出の曲で これも その後ライブもんがいっぱい出てきますね

どれも同じようなアレンジなんで 余程でないと違いが分からんですわ
ただ このライブテイクはザッパのアニメヴォイスが笑わせます。

歌と言うよりスポークンタイプなんで 英語堪能でないと イマイチ楽しめないぜ

中ほどボジオが暴れたりしてます、トレビアン ザッパが叫びます

退屈な曲だ ザッパ イン ニューヨーク2CDはLP時代退屈だった
CDになり追加収録曲が凄かったんで その後 そればっか聞いてたな
クルージングフォーバーガーって曲 あれは ぶっ飛んだがな

そしてザッパのMC後

#3 Black napkins
サイドギターがハッキリ聞こえるライブテイク ナイキッドな雰囲気がとてもいい
オフィシャルじゃ聞けないような でも ゲイルザッパも他界したんで 今後 何が出てくるのかわからんですね

そして 待った甲斐があった バイオリンソロ登場 まったりディレイたっぷり 
炸裂もする・・・・・
U.K.に繋がるプログレな場面です。

そうそう これは来日記念盤だった ズートアリュアーズに初出
日本公演でもぶっ飛び演奏を披露し、各メンバーのソロをかっ飛ばし大阪でのライブを収録

その別ライブもんですよ 長いバイオリンソロが たっぷりと堪能出来ます。

大喝采が巻き起こり、フランジャーたっぷりレゾナンスもたっぷりのクリアトーンでギターソロをザッパが披露します。

バグパイプ奏法が、飛び出します それもクリアトーンで この感じは、zappa in new yorkと同じフレーズやらが出てきますよ

その後 歪んだトーンになりグイグイと突き進んで行きます

これもすんごいネイキッドな音源で、ちょっとハマったです、
これ見つけたらゲットです でも3000円とかなら スルーですね!

今日は、アナログ人気再来 LPブートでした。

★ザッパいろいろあります、興味のある方 是非 のぞいて見て下さい
Frank Zappa で検索してください♪ ↓

★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓


★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪

★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン





HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
author:パピネン, category:1974年〜79年 ザッパ LIVE音源, 16:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
'76 oct. 31 Happy Halloween to You Frank Zappa ハロゥ〜イン コンサート 2ショウ 4CDs パート4
JUGEMテーマ:ROCK

パート4です。


ザッパの有名な裏話 その1

69年 ザッパはマザーズメンバー達10人に週給$200を支払っていた 年間通して
当然 権利を所有することだった、しかしツアー中 デュークエリントンが楽屋で必死で工業主に$10のい前借してるのを たまたま見てしまった・・・あのデユークがたったの$10を必死で・・・そして 馬鹿らしくなりマザーズを解散 ツアー中 宿泊費 旅費全て負担してたところ1万ドルの赤字になった、突然の解散にマンバー達は激怒しまくったが・・・マザーズがザッパ&マザーズになりザッパになった。

当時の200ドルって$1が360円だったのかな? 凄い出費だったんだな
それも10人 毎月8000ドル ツアーのギャラを引いても1万ドルの赤字とは
つづく 

さて ハッピーハロウィン アーリーショーのアンコールからです。
encore 
#5 My Guitar Wants To Kill Your Mama 
この素晴らしい曲は、反抗分子そのものだ、ギターで うるせい おかん をブチKILLしちまえ 苦そったれ親父を燃やしてしまえ・・・と 過激だね この路線なら 良かったが
下品さまで出てくると英語圏人には毛嫌いされていった、中高大学とロクでもない通用しない英語を習ってきた日本人にしては、英語がわからない分 音楽をしっかり聴く耳を持ってたと思う。

楽曲の響き メロディ〜 グルーブ ザッパが何を歌おうが 聴くのは歌詞でな音楽だった
しかし この歌詞だけは、パンク以前の反抗分子丸出しで これこそロックだと思った。

さて 能書きはこのへんにして 全く違うアレンジだ、まるでただの70年以前のロック丸出し だらけたイントロ オフィシャルではモノにならんかったアレンジかな

スローで スカスカの音像 数人がユニゾンで 勿論ザッパもビアンカも歌ってる
リズムギターは、レイホワイトかな ハモりだした

ギターソロ ミストーン見つけたぞ! これはブートの醍醐味っす!

やはりアップテンポのシングルヴァージョンか”イタチ野郎”が勝ち、オンステージの入ってるけどね

ほんとダラダラしてる んで歌の途中にザッパが次の曲名をブチかまし6曲目に

#6 Stranded In The Jungle 
オリジナルは、The Cadetsってグループの曲かな、ジャングルビートで始まるダンスチューン スポークンでザッパが・・・これ”我こそつまるところ己なり””テインゼルタウン”の中の曲に似てる感じがあるね
どうでもイイ曲。

まあイマイチな音源もあるしね 特に面白くないが このあと ザッパのMCが続き
ステージでのダンスパーティ〜か?

喝采、手拍子の中 曲はつづく・・・そして またザッパ曲に似たメロが出てきたり もうこの辺は、どうでもいいかって感じだな ”ズートアリュアーズ”の中の曲のフレーズそっくりも出てくる ステージでは、何が始まってるんだろう。

#7 Dinah Moe Humm 
そしていつしか ダイナモ〜ホムに、ビアンカ 歌ってます 花があるね ファンキーやし
客の殆んどが知ってる曲だろう 大騒ぎっぽいね アレンジも違う 基本は同じだが
ザッパ 歌詞が違うのかな 歌い方もメロも全然違う場面が、ここでまたダンスコンテストか ステージで何かやってるのは 聴けば分かる

そして倍速落としで歌になる 跳ねてるねビート もうお祭り騒ぎ用のアレンジでどっぷり聞かせてくれる 

そしてカオス状態になり ザッパの運指揮法で

#8 Purple Lagoon outro
始まった 沼はムラムラ やなくて紫沼でした。

最近 ビートルズの真実って本を読んだ まだ途中だが
ジョンレノンさんの歪んだ性質や暴力的なこと ポールのとっつき難い いやらしい性格 僻み屋で難しいジョージ それらの中でリンゴは、全く良い性格で 彼らを纏めていたのは実はリンゴなの? って思うほどだった
レノンさんは、言った あの時代は、麻薬と娼婦の時代だったと・・・
ロッカーにありがちな 楽しい話だね

アリスクーパーは、ギャラの殆んどをアルコールに使ってたとか・・・まあこの業界は こんなもんだね!

さて 次回は、レイトショーでも良いんだが・・・ビーフハートの歌なしヴァージョンにはぶっ飛んだ


ここ最近も ビーフハートのラストアルバムのアウトテイクなど出てきたが・・・
これバンドやってる連中には、とてもいいアイテムかも
ビートルは、マルチトラックがネット上に流れ 凄いことになったが ニルバーナとかもあるけど 今度はビーフハートだ

マルチでゆうなら 例えばビートルの リヴォルバ〜収録トゥモロネヴァ〜ノウズの 逆回転カモメさんの泣き声ライクのSEだけとか・・・凄いね 完全に解体されたね 解剖かな
デジタル時代なんでフェイクもあるけど このインスト物やマルチはマニア心を弄んでるぜ
んで 次回は、高くて買えなかった ザッパ 浅草か日本青年館あたりか
ビーフかってところです。

関連記事↓

タワーレコード↓

TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン


HMVジャパン 【携帯向けサイト】
アマゾンはコチラからです。↓ 
アマゾンのザッパ検索結果
モバイル用 ザッパ検索結果 
ヤフーオークです、ザッパで検索してみてください。↓



author:パピネン, category:1974年〜79年 ザッパ LIVE音源, 14:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
'76 oct. 31 Happy Halloween to You Frank Zappa ハロゥ〜イン コンサート 2ショウ 4CDs パート3
JUGEMテーマ:ROCK

ハロゥ〜イン コンサート 2ショウ 4CDs パート3です。
Disc2 
#1 Titties And Beer
#2 Black Napkins
#3 Advance Romance
#4 Purple Lagoon outro
encore
#5 My Guitar Wants To Kill Your Mama
#6 Stranded In The Jungle
#7 Dinah Moe Humm
#8 Purple Lagoon outro

76,10,31 zappa4
#1 Titties And Beer
78年リリースのザッパインニューヨーク初収録曲で、後 83年リリ−スの映画のサントラバイビスネイクス そして 96年のラザーやらに何度も出てくる曲だ

ビデオ ”音楽にユーモアは必要か?” ではザッパのインタヴュー中に部屋の外でド汚いアメリカン女性が、ほっぽり出してるシーンがあったり・・・ザッパは結構気に入ってたんだろう。

さてこの音源では、前曲から少し被って入ってくる、ビアンカのキーボードのアクセントが チト違うのが分かる 突っ込み部分もビアンカで ファンキーよん いいね!

男ばっかコーラスのザッパだが 女性の声が入ると花が咲くねぇ〜〜
ボジオの歌も 当然出てくる きつい発声だな ガラガラ声だわ いややな この声
まあええは・・・

歌の抑揚こそ毎回違うけど こんなもんだな
途中の遣り合いは、ボジオだね インニューヨークと一緒 まあこの後のコンサートから作られたのが"ZAPPA IN NEWYORK"だな ドープ吸引が見つからなかったら ザッパインニューヨークにもビアンカが参加してただろう。惜しいねぇ!

#2 Black Napkins
大阪公演から 8.9ヶ月後 ライブの定番曲になったブラックナプキン
”黙ってギターを弾いてくれ”には、フランジングバリバリのクリーントーンでの音源が違う曲名で収録されてたね ピンクナプキンズだった この日は、心地良いディストーションサウンドだ

テーマの後 ビアンカのスキャット ミニリパートンまでとは言わないが えらいハイトーンだな まあフィリー76もこれだったかな

そして目玉は、エデイジョブスンのバイオリンソロだ まるでUKだ
ボジオとジョンウェットンが・・・違う ブルッフォードとアランホールズワースかな
どうでもええけど このリバーブとエコーたっぷりのソロは、ゾクゾクしたね
”インニューヨーク”では、カットされ捲くってた各々のソロ・・・・・

2コード進行で、途中からザッパのサイドギターがリズムをザクザウと刻む
スローテンポ曲だけに おっ思わせる場面だ あっという間にザッパに変わる バックのシングルコイル丸出しのサイドギターはレイホワイト ザッパもなかなか舞い上がらない なんでや 

殆んどクリーンなトーンのザッパのソロ 指捌きは、プリングオンオフの妙技を披露してるぜ 出た出た ”黙ってギター”と同じようなトーンだ でもなかなか盛り上がらない
まあ 盛り上がる曲でもないからな そしてだんだん歪み成分が増してくるトーン 溜め捲くったドラム しっかり捕らえられたベースサウンド でもどこかボケてるが

コードフィードバックの心地良いことったら そしてテーマに戻ると全員がタイトになる
当然か・・・・・・

そしてコーラスが絡む 拍車が沸き起こり バカが口笛を飛ばす
そしてエンディングに

そして
#3 Advance Romance
フィリーと一緒 ビアンカが歌うボングフフュリーからの曲 隙間たっぷりのアレンジでフィルでエディのキーボードが弾ける

ザッパとの掛け合い歌う場面も出てくる アドリブも交えながら ディスク1より ええ音だな んでオルガンが鳴り響く ビアンカ歌いながらのキーボードか?

んでなんでやのベースソロ いきなりミストーン かっこつけてフレットレスなんか弾くからだよな だっせ〜

グルーブを出せないベーシスト1位だな ついでに客の話し声たっぷり 退屈やったんだな 分かるわかる ティムボガート並みのチョーキング 奴には負けるが・・・くさいぜ

その後 ザッパのギターソロ ギンギンだが スローなんで イマイチ んで歌に戻る ハモりも出てきたぞ それにしてもロールが上手だねボジオさん

歌の中に グッナイト ビアンカだ そしてザッパのMCで 紫の沼 が始まり終わる
アンコールになる

今日は、ここまでです。 つづく
前回までの記事です。↓
'76 oct 31 パート1
'76 oct 31 パート2


★ヤフーオークションです、Frank Zappa 又は 
フランクザッパで検索してください。↓


★このCDアマゾン安いです、興味のある方 
是非 覗いて見て下さい。↓

★タワーレコードです。↓


★新星堂は、結構珍しいのあります↓


★いらないもの出品してみませんか?
ヤフオク出品はこちらからです。↓

★本はここで買ってます、コンビニ受け取りは便利です↓

そして
★HMV

HMVジャパン

HMV
モバイル スマホこちらからです。↓

HMVジャパン 【携帯向けサイト】


音と映像のオンキョー↓

安いし使い易いレノボはこちらからです。↓


author:パピネン, category:1974年〜79年 ザッパ LIVE音源, 15:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...