RSS | ATOM | SEARCH
フランク ザッパ来日 東京日本青年館2 Frank Zappa & The Mothers of Invention パート2
JUGEMテーマ:ROCK

フランク ザッパ来日 東京日本青年館 Frank Zappa & The Mothers of Invention2です。

日本青年館ザッパ

今日は、ディスク2からです。

disc-2
#1.THE ILLINOIS ENEMA BANDIT
当然のファイドインからです、日本公演全てで演奏された曲だね
1978年の"ZAPPA IN NY"初出曲。

殆んど語りなんで 日本では そないに人気はないやん
篭り気味音質だが・・・ヘッドホンなら 結構いろいろ聞こえますよ。

75年頃からやりはじめた曲で、オリジナルリリースまで 多少なり変化してるね
ザッパ部分以外はナーフィーが熱唱

ギターソロになると、結構地味なところからジワジワとザッパの世界に・・・
凄いグルービーで なかなかカッコイイぜ

勿論 ワンコードで突き進む
ザッパのワンコード展開は、侮れない時が結構あるねん

長いソロで、シンバルワークでビシバシとボジオがザッパをたきつけるやん
そして歌に ザッパとナーフィーが掛け合いながら 客も英語堪能な奴 きっと西洋人だろう・・・の声も聞こえるかな

しっかりステレオ録音ってのは、客の声とかで分かるってもんだな
最後辺りは、アカペラになる ノイズが出てるぞ・・・ギターからかな

そして いきなりの2曲目

#2.WIND UP WORKIN' IN A GAS STATION
1976年来日記念盤に収録された曲、日本公演でも当然演奏された リフ中心ロック曲
ハードロック調なハヴィーなチューンだ!

繰り返しが多くて、歌とコーラスを持ってきて、なんとか曲にしたかのような 簡単過ぎな曲だがハードロックだね 
歌の部分では、オルタナって感じやけどね

単調やね・・・そして音が団子状態になって 細かなディティールは聞き取れないわ

#3.TRYIN' TO GROW A CHIN
1979年リリースの”シークヤブーティー”に初出曲 ボジオが歌います
サックスのフィルなどが入ってる初期ヴァージョンかな

曲アレンジは、殆んどおんなじ
最後辺りのコーラス 音程ずれてて・・・狂ってておかしい(笑)
最後のギターは、初めて聞くフィルだぜ ボジオのワンモーでまた始まるテーマ部分
んで エンディングギターフィル 長いよ 少し

ちょっと トチった?
次の曲への橋渡し場面 トチった見たいね

#4.THE TORTURE NEVER STOPS
さてさて 日本公演でオリジナルLPに収録された曲だが・・・”76年来日記念盤ズートアリュアーズ”
アレンジが全然違うやん イントロやで・・・

ドローンの低音ベース シンセかな(ミニムーグ)がずっと鳴っている
重たい始まり方だ ギターがルーズ そしてブルージーに ゆっくり絡んでくる (何時もと違う)
曲が〜〜〜なんとか〜〜〜メン と 聞こえる

そしてザッパの歌が始まる、呻き声は、テープでは無い ここらでヴォーカルのリヴァーブエコーが 少し深くなったかのような・・・
とにかくプロトタイプみたいな感じだが、もともとはビーフハートヴァージョンがオリジナルだったが、ボンゴフューリーツアーヴァージョンは、やはり使われなくて、”オンステージ4”で初登場したんや 75年の音源

そして このテイクはビーフハートとも全然違う オリジナルLPに近いとは言え、やはり微妙に違う場面多数有りやん
ギターソロになると・・・何時ものワンコードで炸裂するのだ。

大人しく終わるのも このテイクだけか???
そして これまた繋ぎ悪く次の曲へ

#5.CHUNGA'S REVENGE
音が右に寄り始めた、デジタルなノイズが2回ほどプチッと
録音者が移動が 何かあったんだろう 
この手のブートは、たんまにエラーしまんなあ〜

まあええ 仕方ない
”チャンガの復讐”初出曲 でもサックスソロは入ってないよ
凄いサックスソロが延々とつづく エコーたっぷりに飛び交うサウンドで続く

大変音が篭り出して来たがな もう団子状態丸出し
しかし 日本公演やもん しっかり聞かんとあかんわ

何処に合図が あったのか? 運指揮法だったのか
いきなりアヴァンギャルド 声とドラムの前衛芸術の世界に 結構遊んでるやん
ミキサーも 時折 エコーたっぷりにしたり 物凄い事が起こっている
聴き物だやん この場面 凄いね あっ! またデジタルノイズが・・・まいったな

しかしロイやナーフィーが暴れ捲くり ステージ どないなってるんや??????
音だけでも凄さが伝わってきたぜ。

そして違う曲に・・・ソロ回しだ
リズムが違うしキーも違う これでミニムーグソロに突入するのだ、バックで聞けるザッパのコードワーク じっくり聞いてみるのも良いやん

ムーグソロ 単音なんで ポリフォニックのように和音が出せないねん・・・
ついでにドラムも凄いね コール&レスポンスでムーグとベースが掛け合ってる場面も出てくる、完全に即興モード!

そこから突然テーマに戻り ドラムソロになる
あう〜〜日本公演 このどれかが”オンステージ3”に収録されたドラムソロになる。
たぶん これっ!

#6.ZOO ALLURES
そして代表曲 それもギターの代表曲5本の指に入ります・・・の日本公演ヴァージョンが始まる
70年代それもリリース前後の この曲は素晴らしいね

スローでまったり ザッパワールドを広げて行くにはピッタリのナンバーだ
”1976年来日公演記念盤ズートアリュアーズ”初出曲
あまり人気が無い とか言われているアルバム ズートアリュアーズだが

こうしてみるとブラックナプキンに拷問は果てなく続く、ズートアリュアーズと3曲も収録されてるやん
どうしてどうして 僕には名盤です、大好きなアルバムでもあります。

さてギターソロですが、まあ いつもとおんなじや
テーマや決めのリフやフレーズ以外 ワンコードで突き進む おんなじやね

このテイク バグパイプ奏法やオクターバーで分厚いサウンドで低音をなぜ繰り廻したり、いろいろな実験演奏みたいな場面も出てきます。
中近東ソロも飛び出します、連打のバスドラも凄まじい、ワンコードを淡々と打ち鳴らし 時折フィルいれたりのロイもカッコイイぜ

そして最後辺り アームを使いグニャグニャに・・・危うい感じで終わって行く・・・その後 "Ship Ahoy"に行く
未完成でボツタイク丸出しのライブ音源 これは使われなかったね(黙ってギターを弾いてくれ)一度音が切れますね

そして続きが・・・グニョグニョです。
勿論VCSフィルター(ステップ、バイフェイズなど)を通して泡のようなサウンドで会場を駆け巡る

殆んどの客は黙って 眼が点になりながら 見てるんだろう 1人アホが叫んでいるが 
そして決めのエンドのフレーズは すでに出来ていたんだろう この部分 オフィシャルで聞いた事あるやん

その後 英語が飛び交う 外人の客だな・・・ドラムソロだぜ 時折グニョグニョギターが絡む
分からん内にリズムが変わりザッパのMCが メンバー紹介後 外人の客が大騒ぐ・・・そしてイントロになり終了♪

音 最高に悪いけど 日本公演なんで ええことにしよ♪

2000円台やったら 買いです。
ブート屋 高いです5000円前後やん

今日は、日本公演青年館でした。
つづく

関連記事↓
★ザッパの日本公演76年
 
★ザッパいろいろあります、興味のある方 是非 のぞいて見て下さい
Frank Zappa で検索してください♪ ↓

★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓
 
★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪
★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



 
author:パピネン, category:日本公演1976年のザッパ, 14:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
フランク ザッパ来日 東京日本青年館 Frank Zappa & The Mothers of Invention ライブインジャパン
JUGEMテーマ:ROCK

1976年2月5日フランクザッパ東京公演です、
日本青年館でのライブ音源について

日本青年館ザッパ

RECORDED AT NIHON-SEINENKAN, TOKYO 2/5/76
disc-1
1.INTRO~STINKFOOT
2.DIRTY LOVE
3.FILTHY HABITS
4.HOW COULD I BE SUCH A FOOl?
5.I AIN'T TO NO HEART
6.I'M NOT SATISFIED
7.BLACK NAPKINS
8.ADVANCE ROMANCE
9.HONEY DON'T YOU WANT A MAN LIKE ME?

disc-2
1.THE ILLINOIS ENEMA BANDIT
2.WIND UP WORKIN' IN A GAS STATION
3.TRYIN' TO GROW A CHIN
4.THE TORTURE NEVER STOPS
5.CHUNGA'S REVENGE
6.ZOO ALLURES

Zappa in Japan 12

日本公演は、全部で4箇所 今日 紹介する日本青年館での演奏がベストとまで言われていますが・・・
音の良し悪しも関係すると思うけど・・・どうなんでしょう?

メンバーは、ザッパにナポレオン マーフィー ブルック、テリー ボジオ、アンドレ ルイス
そしてマザーズ初期メンバーのロイ エストラダと5人編成

Zappa in Japan 3

ではでは、1曲目からです。
#1.INTRO~STINKFOOT
全日本公演で使われた能楽と前衛を足したようなオープニングから始まります。
テープ演奏ですね、これがなかなか凄い 毎度違うのかな??
訳の分からん日本語のようで 違う言葉が会場に流れます、ナーフィーだろうか?
控え室にて 教えてもらった日本語 キニシナイ

このワードは、79年リリースされた”シークヤブーティー”に出てきますね
ダンシングフールの最後で キニシナ〜〜イ が出てきます。

この日本公演で覚えた日本語だぜ!

音がほんまに悪いが、これでしか体験(後体験だが)できないのや
さあ 1曲目
図太いシンセ低音とベースがウネリだし、サックスが入る 
オープニングからギターソロに凄いやん
インカロードの一場面のフレーズが出てきます、ワンコードで繰り広げられる万華鏡のようなソロのメロディ
とてもメランコリックです。

このテイクはオフィシャルで音とバランスの良いのが是非 聞いてみたい そんなソロだ

そしてスティンク フットに まずは、ザッパのメンバー紹介のMC
歌に入ります、オープニングのギターソロは、流石に日本公演でイチオシかもしれないが

そして歌ですが・・・例によってう1番の後に強烈なフィルイン
ノリノリのザッパの歌 残響音のある 少し団子状態な音像だが・・・なんとか聞けるぜ

一通り歌が終わると レクチャーが始まる
日本人のとって辛い英語の世界だが 気にせず進んで行く

途中でザッパのMCに反応した 客が ザッパはすかさず”英語分かるんやな〜”と その後もどんどん進むレクチャー
聞こえ難いMCの連発
そして いきなりの2曲目

#2.DIRTY LOVE
オリジナル73年のオーバーナイトセンセイションから 殆んど変わらないアレンジ
ギターソロ(フィル)は全く別物 これがまた凄い

多重の極みを突っ走ってたオリジナル録音からすれば 音数は少ないライブテイク
普通に終わります。

#3.FILTHY HABITS
オリジナルが79年スリープダーツだ 3人での録音だった
ザッパにボジオ そしてDave Parlato ザッパはギターとキーボードを担当
さて この5人来日メンバーでの演奏は?

5拍ビートのミニマルにサビが付いたインスト曲である。
日本のファンは、初めて聞く曲でもあった、全公演で演奏されたんや

ザラザラした音色のミニムーグかな この当時では
まだまだデジタルシンセは、無かったと思うけど・・・サンプリングシンセは この後 何年も経ってからだね

中近東テイスト一杯のギターソロだ、70年リリースの"チャンガの復讐”あたりから中近東ギターが多く見られますな
薄っぺらなエレキギター SG ダブルカッタウェイで弾き易く それがハイポジションやって 指板にピックを擦りつけながら演奏すると このようなバグパイプ奏法が 簡単に出来ますね。

だらだらと長いソロにも 光輝く一瞬があったりする 聞き逃しては・・・と言いながら なかなか忍耐と根性がいる
誰か根性のつく 薬をくれ・・・なんて

最後辺りでVCSフィルターエフェクターがオンになる 一瞬だね
この泡の様に変化するエフェクターは、アナログシンセには搭載されたたな ローランド初期シリーズだが
今では、マルチのギターエフェクターにはバイフェイズやランダムフィルター、ステップ、エンベロープフィルターなどと呼ばれています。

無事にエンドを迎えます ただサックスがかなりのフューチャーでオリジナルとは全然違う感じです。

#4.HOW COULD I BE SUCH A FOOl?
全日本公演で演奏されましたね、1stフリークアウトに始まりルーベン&ジェッツ にも収録(別モノ)
ライブでも70年代中期には、結構演奏された曲だ。

例によってミーミーオルガンのイントロから この時期のアレンジだね
メロディたっぷりのメロメロチューンですね

ドゥーワップアレンジでなくても あっても 同じやね
リズムとコーラスが違う程度なんかな

サビはメロが違いナーフィーのアドリブ調になるやん
最後のコーラスも違うし、とにかくドラムが全然違うってのが聴き物かな

#5.I AIN'T TO NO HEART
フリークアウトメドレー形式で3曲続くんだな
気持ち良く繋がり次の曲へと

”フリークアウト”からだ
同じようなアレンジだな

ナーフィーがリードヴォーカルだね
そうやな1stフリークアウトから も一度聞き直さないとな
新しい発見があるだろうな

#6.I'M NOT SATISFIED
そしてイケイケのナンバー 最後のフリークアウトメドレー
それにしてもバスドラ 連打は辛いぜ ちょっとアレンジ違うかな
まあ歌は、適当に変えたりアドリブは許されてたとナーフィーがゆうてたが・・・それだ

無事に終わります。

#7.BLACK NAPKINS
静かに始まるイントロ アリガトウとナーフィーかな? ザッパかな?
聞こえますね ザッパのMC 日本の友人に捧げます
モスラにラドン ガメラ ヒドン(?)って出てきたよ

ザッパは円谷プロや日本の怪獣が好きなんだよ
まして この曲は、大阪公演音源からオフィシャル化されたもんね

この頃が この曲の旬だったんだ アレンジは そのもの
サックスソロがたっぷり聞けるね バックで蠢くシンセ

アクセント一発 テリーボジオ

その後ギターソロに、クリーンなトーンから入る バックでグジャって音がするやん ミニムーグかな
そして段々と舞い上がる なんとなくVCSのスタンパー踏んだの? そんな音が混ざって聞こえたが

たっぷりのギターソロだ!オフィシャルのソロに似てるのも当然かな
似たようなフレーズを叩き出すザッパ

勿論コーラスも入ってます(インストと違うね)まあええかっ

この日本公演のテイクを聞いてると そうだな もう既に出来上がったてた曲ですね
エンディングに行って そっけなく次の曲に

#8.ADVANCE ROMANCE
ほぼ一年前 ビーフハートとのコンサートがあった その後リリースされた”ボンゴ フューリー”収録曲だ!
ザッパも歌うし 数人の歌が混ざり合うアレンジ
ヘヴィーな曲で、どっしりしてるが 濃いね

ワンパターン曲だな
そしてグニョグニョのギターソロに入る 何時ものようなソロだが
とにかく濃い演奏だ!

日本公演では、SGギターとストラトキャスターを持って来てたな
グイグイザラザラしたギターはストラトかも知れないな アームダウンっぽいのが聞こえたかな?

ギターソロも中盤に差し掛かるとリズム隊が変わり ノリノリになる
そして歌に入ると また戻り 静まる

オクターブユニゾンで歌が進んで行く 一瞬ブレイクみたいに音が静まるが・・・

#9.HONEY DON'T YOU WANT A MAN LIKE ME?
続くは、”ザッパ イン NY”収録された曲 78年リリースの2LP
CDでは、ボーナストラックが凄かったよね!

歌中心曲で サビでいきなりハードロックになったり クールダウンして歌になったり
バスドラバスバス連打で突き進んだと 思ったら 違う方向へ
ザッパらしい 騒音音楽の妙

いきなりのフェイドアウトやん
つづく

次回は、2枚目からです。
disc-2
1.THE ILLINOIS ENEMA BANDIT
2.WIND UP WORKIN' IN A GAS STATION
3.TRYIN' TO GROW A CHIN
4.THE TORTURE NEVER STOPS
5.CHUNGA'S REVENGE
6.ZOO ALLURES
 
★ザッパいろいろあります、興味のある方 是非 のぞいて見て下さい
Frank Zappa で検索してください♪ ↓

★TOWERレコードです、こちらもFrank Zappaで検索です。↓
 
★amazonです↓
アマゾンのフランク ザッパ♪
★HMVです、Frank Zappaで検索してみてください↓

HMVジャパン
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



 
author:パピネン, category:日本公演1976年のザッパ, 11:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Frank Zappa in Osaka 厚生年金ホール 1976年2月3日 フランクザッパ公演 リマスターCD パート2
JUGEMテーマ:ROCK

Frank Zappa in Osaka 厚生年金ホール
1976年2月3日リマスターCD パート2です。
ザッパ ライブ イン 大阪2
Disc 2
#1. Honey, Don’t You Want A Man Like Me? 
さて前回の続き フェイドインします・・・ザッパが歌いますが キーが低いので 声の通りはイマイチですが なんせ手の入ってないブートネイキッド音源なんで それはそれでいいでしょう。
ベースとドラムばっかが目立つ演奏にヴォーカルが3~4人入ってます
時折キーボードが聞こえますが・・・・・
途中いきなりハードロックの場面が出てきて また直ぐに戻ります
オリジナル収録は、年末のハロゥインの「ザッパインニューヨーク」でオフィシャル化されたね 曲の流れも次の曲と言い 同じ曲順ですね
#2. Illinois Enema Bandit 
お馬鹿なイントロ ザッパさん ちょっとトチリそうなリフ
ザッパのスポークンで始まります、マイケル ケェニヨンのストーリーの話が続きます
数人が笑う・・・yes~~you know~と笑った外人に向かい 言います
日本人の誰一人として理解してないのが よく分かりますね
そして 寸劇かな 何かやってる 模様が 伝わってきます。
演奏の方は・・・クールダウンしたドラムとベースだけ
そして 本格演奏に入ります、ナーフィーが歌います
フィルインギターはVCSフィルターでアワアワギターが炸裂します
やはり ヴォーカルはレイホワイトより 数段上です 声質と言い ガナリ声でないのが とても良いです。
歌の後 野太い低音部分でのギターソロがうねり出します、めちゃカッコイイ サウンドもぶっ飛び 太くて もう最高だぜ!
ゆっくりなソロで区切り部分で早弾気になるフィル のた打ち回る感じがすます。
そして ザッパの歌に変わり キーボードがフィル入れてきます
ナーフィーとザパのやりとり歌が絡む瞬間も楽しく聞けます。
高い部分になるとナーヒーがぶっ飛びの歌を披露します、ザッパ氏は1オクターブ以上声が出ないとゆうてました、コックピットから突き落とされ骨が破損してからだそうです。
#3. Wind Up Working In A Gas Station 
そして 始まる新曲にあたる その後来日公演記念盤ズートアリュアーズに収録
えらくぶっとい歪んだギターです、オクターブをかましていると思います
ベースとドラムをバックに歌う ザッパは歌うときギターは上手く弾けない など ゆうてました
男ばっかコーラスが数回繰り返され
#4. Try In Grow A Chin 
シークヤブーティー収録曲 ボジオが歌う
ここでもたまにアワギターが聞こえます、アップテンポでサックスが出てきたりして、「シークヤブー〜」より こっちの方がカッコよかったりして
ア〜ウォノビ〜ゼ〜のコーラス部分いいぜ〜〜〜すごいロックしてますよ
そしてエンディング前のブレイクもギターが違うし ノリノリ 自然と体が踊りだすね
ザッパ ライブ イン 大阪4
#5. Torture Never Stops 
そして 全然違う始まり方・・・まあ 基本は似てるが・・・違うねん
ザッパが歌う・・・殆んどズートアリュアーズ収録に近いアレンジだが まあ多少の違いはあって当然だが
おっと手拍子かい・・・・・・・・とにかく臨場感たっぷりの音像なんで とても楽しくストレス無しで聞けるのが この大阪公演だな
ギターソロ突入 溜めのある始まりかた ジワジワ来るね アームも多用 ガジャ〜とノイズが出るが 誰やろ?
グニョグニョなソロに変わって行くとベースのロイもグイグイ変態なことをしだす
ええやんか〜 キーボードは白玉で 持続音
ギターの音の良い事ったら すんげ〜〜わ
そして歌に 戻る 割とアバウトなギターの音が残ったり 言い出したら限がない
前衛的エフェクト処理が コーラスでされる
非常に簡素な終わり方 そして
#6. Chunga’s Revenge 
中近東インスト曲
ギターのフィルが凄い のが一瞬
テーマ後 ディレイ これでもタップリのサックスソロ
ベースが レゲエかい 凄いリズムでバックに居座る
何時もと違う 全然違うベースラインで攻め捲くる
70年ザッパのソロ作としてリリースされた 「チャンガの復讐」
これね 2種類のミックスがあるんよな 知ってるよね
初期CDは、リバーブタップリのミックスでアナログリマスターCDはLPと同じになった
そしてアバンギャルド 声の即興部分 声に大量のエコー 初期マザーズでやってたような世界になる ザッパのギターもジャジーなコードで 音がかなりユレユレ これはテープの撓み なのか  実際のサウンドなのか 謎やがな
そしてサックスソロ 絡むザッパのコードギターとか
依れてるし 揺れている でも ベースとドラムは そんな感じがない
とんでもないライブだったんだろう と思える部分だ
そしてテーマが流れてテリーボジオ ソロになる
#7. Terry Bozzio Solo 
テープ全体が揺れてるのが分かる 以前のCDもこうだったのかな???
テープが キュ〜〜と一瞬入る
ステレオバランスが 微妙に変わった気もするのやけど・・・ユレユレ
黄色い声が飛び交う テリ〜〜 追っかけさんだ
「オンステージシリーズ」でザッパがライナーでゆうてた ほんまのドラムサウンドについて うんぬん  これ聞くと 頷くね NODS!
#8. Zoot Allures 
そして静かに始まる この曲は やっぱりスローからが ええねん
84年とかでは アップテンポで イマイチだが オリジナル時期はとても優雅に始まり 進んで行く・・・フィードバックを駆使した演奏で ベースのグルーブも凄く良い
ドラムも表情豊かでいいぜ!
テーマ後 ソロに入る 残響音がとても心地良い 歪み方も 申し分ないね
中近東フレーズもたっぷり出てきて、バグパイプ奏法もんバッチリ 手に取るように聞こえます〜〜〜〜〜いつしかテープの揺れは収まり しゃんとしてて 聞き易くなってます。
その後 アワアワギターが出てくる フィルターが空き開き 泡の様なサウンドに
よく聞くと 結構アバウトなギターソロだってのも 分かるよ
そして 唐突にエンドに持って行き 次の曲に
#9. Ship Ahoy 
「黙ってギターを弾いてくれ」はたしか日本公演からだったな
ギターだけ それにドラムが加わり キーボードが白玉演奏
ベースもドロ〜ンで絡む ジェフベックが日本公演で披露したトーキングモジュレイターに次ぐ インパクト大有り ぶっ飛びのギターだったろう。
誰もが黙りきって聞き入っているのが この音源からも分かるぞ!!!
これだな「黙って〜」のテイクは、同じ部分発見・・・3分15秒あたりからハッキリ分かったぜ!イぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
そしてメンバー紹介
最初の オープニング曲に戻る
大喝采だ 凄い拍手と アンコール
-encore- 
テープ編集あたったのかな
どの曲がいいか!ってザッパが リクエストを受ける場面が出てきて・・・いきなり演奏が
#10. I’m The Slime 
凄いハードロックなイントロ そして歌が始まる 過剰なエコー処理されたヴォーカル
手拍子も出るわ出るわ
ほとんど笑いながらザッパさん 楽しそうに崩しながら歌う
もう 最高だぜ
そして コーラス場面 2回目からハモる 最高だぜ
ソロに入ると もうテンションは上がりっぱなし 
ワウワウギターが炸裂する グニョグニョだぜ
ちょとと短めかな そく次の曲に
#11. San Ber’ Dino
ファンキーチューン 「万物同一サウジの法則」からだ ノリノリのコミカルなファンキーロックだ
コーラスも素敵だ、2ビートになりブレイクしフィルが入り テーマリフに ギターソロが爆発する 凄いグルーブのベース もうあかん あかんわ
ギターソロは、グングン進み ぶっ飛び 歌に戻り
最後の歌は オリジナルではジョニーギターワトソンの場面だったが ここではナーフィーか 誰の声・・・・・・・・
ア〜〜〜 ナーフィーだ
最後のロックンロール場面は もうノリノリ 最後雪崩のように崩れて
オープニングテーマが流れて 興奮の一夜が終わる
これは 最高だぜ 多少の揺れ テープの劣化 カットアウトなど 気にならないくらい
良いライブ音源です。
持ってへん方 直ぐ買いなさい 期待を裏切らないです
もし 気に入らないなら ブートやコレクターズ音源には 二度と手を出さない方がいいですね!
関連記事↓
★Frank Zappaで検索してみてください↓
タワーレコード↓
 
音と映像のオンキョー↓
安いし使い易いレノボはこちらからです。↓
author:パピネン, category:日本公演1976年のザッパ, 16:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...