RSS | ATOM | SEARCH
Hollow Bamboo Rumu Majumdar Ry Cooder Jon Hassell
JUGEMテーマ:音楽

ジョンハッセルのリーダーアルバムやないけど 今日はハローバンブーです。
まるっきしインド音楽だが・・・

Hollow Bamboo jon hassell and

これは、2000年にWater Lily Acoustics ってところから出たアルバムだ、
主役はバンスリ(笛)のMajumdar って人

インド音楽で知ってるってのは?
まずは、ラヴィシャンカールにジャグチット&チトラやったかな? それにマクラフリンのシャクティ、ザッパのLシャンカール,ザキールフセインぐらいかな あとインド人の友人に貰ったインド映画のサントラとかインドのカセットテープぐらいだ

CDで持っているのがLシャンカール、シャクティ、ジャグチット&チトラ(?)、Indira Kalyan とかぐらいかな

時間の止まる音楽で とにかくボワ〜〜ってなる音楽だな、ただジョンマクラフリンがやってたシャクティは高速アコースティック フュージョンだ。

これは、3枚持っているが 凄すぎるし 早いし 今回紹介するCDとは雲泥の差がある。


Hollow Bamboo jon hassell and 3

んで、ジョンハッセルはたった2曲にしか参加していない、ライクーダーは4曲に参加しているだけ、んで全8曲入りだ

#1 Vaisnava Bhajan 6:06

Rumu Majumdar    Bansuri
Abhijit Banerjee    Tabla

インドの(?)トラッド曲だ

タブラと笛のデュオのはずだが、バックでタンブーラのドローンが入っている
スローにフエが流れ、バックにドローンが流れていく、時間の無い世界に突入していく、インドに行った事は無いが アジアに行ったときには、必ず時間が止まる

時刻表なんぞ無い国だけに日本人がいかに時間と同じに生きているのかアジアに行けば即分かる
まあアメリカに行ったときにも時間なんぞあってないようなモノだった。

この曲は、始めはダラダラとしてて だんだんとテンポやリズムが加わり 曲らしくなっていく
ただ メロのしっかりある楽器が笛だけに 和音なんぞテクスチャー以外存在無しだな

雲の上状態の音楽だ

#2 Krina Kantha Kandam

Ry Cooder   e.guitar
Rick Cox     e.guitar
Ronu Majumdar   bansuri

今度はエレキ2本と笛のトリオ演奏、ライとリックのギターは、もう従来のギターとは少し離れたアンビエントギターだ、トレモロヴィブラートのかかったギターとヴァイオリン奏法らしき・・・で進んで行く

雰囲気が ツインピークスのサントラを薄めたような感じかな・・・それから始まっていく

この曲は、流石に和音はあるし、ちゃんとコード進行だって少ないが存在する
あのブライアンイーノとは 全く違うセンスのアンビエントだ(まあよく似たものだが)

#3 African Queen
 
Ry Cooder  Turkish Oud
Ronu Majumdar   bansuri
Jon Hassell     trumpet
Joachim Cooder  percussion
Abhijit Banerjee  tabla

どこか懐かしい田舎の風景が浮かぶ曲だ,そして我等のジョンハッセル氏も登場する
ライクーダーは身内と参加しているのかな? それでトルコの弦楽器を演奏(まあ中東の弦楽器は、音程の安定は難しいが演奏は そないに難しくもない)

まあ ポップというか牧歌的な感じで アンビエント性もあるし、ヒーリング効果もあるような普通の音楽

取り立ててハッセル氏でなくてもいいような演奏

Hollow Bamboo jon hassell and 4

#4 The Charmer of Braj

バンスリとタブラのデュオ曲で、これもトラッド

こちらもストップした時間の音楽 もうズルズルになるほど 滑らかで小鳥のように囀り、暫くしてからタブラが高速フィンガーテクで突き進んで行く・・・でも所詮アコースティックなインド音楽だ

以前 フルコウ クニヒロって言うインド音楽家とライヴをした事があった、彼は友人でインドにタブラ修行に何年間も行ってて勉強して帰ってきたミュージシャン

タブラは、なんでも32音符、64音符なんてあたりまえで、曲など演奏の時には、たいがい16小節で一回って数えるんやってゆうてた。

西洋音楽は12音階やけど インドのミュージシャンは半音を幾つかに分けても聞き分けれるなんて事もゆうてた。

んで、それだけ聞き分けれたとしても どうなるんやろう??????

Hollow Bamboo jon hassell and 2

#5 A Day for Trade Winds

Jon Hassell    trumpet
Ry Cooder    e.guitar
Ronu Majumdar   bansuri
Rick Cox      e.guitar

この曲は、ハッセル氏も作曲に参加している、まあゆうてもトランペットのところだけ吹いただけだろう

タイムレスで のぼ〜〜とした空気、だらける前に寝てしまいそうだ、ちょっとシジャジーなのはハッセル氏の影響やろう

とにかく静かだ、ギターもクリーンでマイルドなトーンでハッセル氏をサポートしている、バンスリも同じくギターのサポートでプレイしている。

ちょっとダークな音だが、こんな モノなんだろう


#6 Bay of Bengl

Ry Cooder  e.guitar
Ronu Majumdar  bansuri
Rick Cox    e.guitar

インドのベンガル地方の湾の曲という事だが・・・インドな音楽だ これも・・・
ギターがやはりトレモロかビヴラートがかかっている・・・そんな始まり方だ

スローだ、バンスリを取り除くと 全く持ってブライアンイーノだぜ
まあ彼の場合 ギターなんぞアンビには使っていないような使い方だが、これはちゃんとギターって分かるからね

夕日が沈む地平線 潮騒の囁きに耳を傾けているような うっとりとする音楽やで

また珍しくエレキギターでトレモロ奏法が聞ける。

Hollow Bamboo jon hassell and 5

写真には、しっかりとハッセル氏が載っているよ 良かったぜ

#7 River Song

バンスリとタブラのデュオだが これにもタンブーラのドローンが聞える、始まりは笛だけだが その内タブラがポテトンテカテカなんて演奏しだす

なんとも言えないよなタブラって 演奏した事あるけど 指使いで音程が変わりミュートも絡ますと様々な音が出る 面白い楽器だよ

#8 Hollow Bamboo

これもトラッドで、Conch Bansuri ていう別の太さの笛でのソロ 少し太く低いサウンドだ

タイトル曲だが、腑抜けになりそうなトロトロの曲だよ
んで このCDはお終い

さて このCD ハッセル音楽を目的ならばパスした方が良い、インド音楽までOKなら まあまあって感じだ

500円ぐらいやったら買いやろうけど 高い金だして買うまでもないと思う。

今日は、ハッセル氏参加のインド音楽でした。

関連記事↓
ジョンハッセル

ジョンハッセルまたは、Jon Hassell で検索して見てください。↓


TOWER RECORDS ONLINE
PC用
HMVジャパン
モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】

ヤフーオークです、ジョンハッセル Jon hassellで検索してみてください。↓


高額買取のブックリバーです。
本・DVD・CD・ゲームは業界トップの買取率で無料査定で金額チェックできます。
興味のある方は、是非 のぞいてみて下さい。↓


本・CD・DVDの高額買取専門店『ブックリバー 』

今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ
 

author:パピネン, category:jon hassell ジョン ハッセル, 16:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Fascinoma Jon Hassell ファシノマ ジョンハッセル
JUGEMテーマ:音楽

ジョンハッセルの1999年にリリースされたFascinoma。

八ッセル氏が他人の曲を演奏した初めての試みのアルバム
そして 自分の魂を投影し鮮明な色彩のオアシスを表現した作品だそうだ。

今までのハッセル節は無いが ここにいるのは正しくハッセル音楽やと思うアルバムだ

あの瞑想的でバルド トゥ ドゥル、ミニマル、音響、インドやエスニックをエレクトロを境界線を逸脱した個性的なワン アンド オンリーのハッセル氏は、遂にここまで行ったか って感じの作品でもありますね。

彼岸のマイルス接近アルバムだと思う。

fascinoma

クレジットを見ても分かるようにオリジナル曲に混じってエリントン等の名前が見える。
#1. Nature Boy (Ahbez)2:45
#2. Datura (Hassell) 4:31
#3. Caravanesque (Ellington/Tizol) 7:18
#4. Wide Sky(Hassell/Cooder/Cox/Majumdar) 6:35
#5. Mevlana Duke (Hassell) 6:16
#6. Secretly Happy (Hassell/Majumdar/Muhoberac) 6:33
#7. Poinciana(Bernier/Simon) 4:28
#8. Sensuendo (Hassell/Majumdar) 5:15
#9. Suite de Caravan (Ellington/Tizol) 12:09
#10. Estate (Summer) (Brighetti/Martino) 4:40

fascinoma 2

Jon Hassell—trumpet
Ry Cooder—guitar
Jacky Terrason —piano
Ronu Majumdar—bansuri
Rick Cox—guitar, bass clarinet, samples
Jamie Muhoberac—zendrum
Joachim Cooder—drums
Rick Masterson—tambura
Rose Okada—tambura

Produced by Ry Cooder

メンバークレジットを見るとゼンドラムってのがある、木魚なのか?
ライクーダーがプロデュースしている。
日本人もクレジットされている(まあタンブーラなんぞ 誰でも演奏出来るインドのドローン楽器だが・・・)

録音がカリフォルニアのサンタバーバラのSt.Anthony's Seminary  ようは教会でレコーディング された。

1997年10月 1998年の8月と11月録音

fascinoma 3

#1 Nature Boy (Ahbez)

スタンダードジャズでブルックリン出身のエデン・アーベって人の曲だ

ジャズは知らないけど聞いたことのあるメロディーだ
寂しさを目一杯トランペットで表現したような曲で、暗くて深い

トランペットの多重録音かな?2本入ってくる たぶんクラリネットかバンスリやろう(音の加工が相変わらずハッセルサウンドだ)楽器はそれだけ

もの悲しげな雰囲気は、今までのハッセル氏からは想像出来ないほどだ

甘くマイルドな音質、教会でマイク1本立てて録音したのかもしれない・・・
1曲目から アダルトでダークな演奏だ

#2  Datura

ハッセル氏のオリジナル

タンブーラのドローンをバックにハッセル節が流れるが、タイムレス ビートレスでこれも深い深い所まで連れて行ってくれる。

スローで幻想的だが、いままで必ず同居していたプリミティヴで宗教的なエッセンスは あらへん

まあ 楽器がインドだけあって 神秘な空気は漂っている。

でもタイトルがダチュラって 猛毒朝鮮アサガオやん 種を一杯 食べたら死ぬやつだ
友人が以前 バリで騙され食べて気を失って死にかけたってゆうてた。


#3 Caravanesque (Ellington/Tizol)

デュークエリントンの曲だろう(ジャズは全然知らんので すみません・・・)

静かなるハッセル氏の次の曲は、すごい
輪郭のぼやけたベースやドラムにドローンのタンブーラが絡みつき

これもボケた音質のピアノが襲いかかる凄く魅力的な曲だ
大音量で聞いたらぶっ飛んだ

ヘッドフォンでも低音を上げると もう完全に連れて行ってくれる。
空間的宇宙的と言うか とにかく音響が凄い

放射能を撒き散らしながら浮遊する得体の知れない生き物のようだ、恐怖と疑似安心感が一体化した現実とでも言えそうな雰囲気が堪らない。


fascinoma 6



#4. Wide Sky 
 
ハッセル氏と仲間のオリジナル
イントロからして その空気は漂っている、ハッセル節にアーバンなテイストを加えたような雰囲気や

民族的なメロとバックの音階、バンスリのインドカラーが混ざって まるでジャワに行ってジャワニーズに騙され毒キノコとダチュラ少量を喰わされ気持ちよくバルド トゥ ドゥルを旅しているような曲だ

不思議な組み合わせが、スゴイケミストリーを生みましたって感じで すごくリラックス出来る 静かに胸が躍る 素晴らしい曲と思う。

トランペットとバンスリ(笛)のバトルもあるし、ギターも聞える ライクーダー得意の枯れたシングルコイル ピックアップサウンドだ そしてだんだん民族エキスが増してくる。

これも教会で録音したんだな と思うと不思議な感じや

#5. Mevlana Duke

ハッセル氏のオリジナルだ

ノイジーな管楽器の音とトランペットから始まる その後

たしか2008年にリリースされたLast Night The Moon Came Dropping Its Clothes In The Street に使われた6ビートのサンプリングサウンドが ここで使われていたのかもしれない

そのサウンドが襲い掛かってきて トランペットが舞い散る
ギターも変てこな事をしているし、疾走感もあって ハラハラする

ハッセル節は炸裂し、ピアノがキラキラと装飾的に流れていく、そのスゴくヤバイ感じだ

#6. Secretly Happy

コンコンと聞えるパーカッションから始まる ハッセル氏と仲間が作ったオリジナルだ

暗い とても暗い
闇夜 ストーカーに襲われそうな 恐怖をもたらす雰囲気が漂う

また このCDとおしてなんやけど 不思議な音像だ、モノラルみたいで疑似ステレオみたいな感じの部分もあるような
マイク1本で録音したのかもしれんが・・・よく分からない

バンスリのソロもタップリ聞ける 怪しげな曲だ
リズムカウンター見たいな感じで ピアノだろうか?低音が定期的に演奏されてる。

fascinoma 5


#7. Poinciana(Bernier/Simon)

ポインシアナって曲でBuddy Bernier と Nat Simonって人の曲だ
これも なんにも知らない・・・

重たいピアノから始まり、トランペットが絡んでくる 特に暗い曲だな

あまりピンと来ない曲なのは、ピアノの比重が多いからだと思うね

またダイナミックレンジが広すぎて 周りが静かでないとよく伝わらないな
トランペットも最後あたりで ハッセル節が絡んでくる。 

#8. Sensuendo

前曲と似たオーラを持つハッセル氏と仲間のオリジナルだ

結構ヘヴィーに感じる曲だ、2つのメロがぶち当たるすれすれで交差している
不思議な民族的なビートとパーカッションサウンドをベースにインド人宜しく バンスリが駆け巡る

これも変わった音像だ・・・そしてギターだろう 深いトレモロがかかっているサウンドで時々顔を見せる

悲しげなメロディーや
バンスリとトランペットのずれたユニゾンも魅力の1つかもしれない。
その内消えていく。


fascinoma 4

#9. Suite de Caravan (Ellington/Tizol)

エリントンの曲か!

トランペットから始まり 前衛ピアノがのた打ち回り まとまりの無い世界に突入する。

キースティペットなら聞くけど この手のアヴァンギャルドピアノは耳が痛いし、脳まで突き抜ける
エキセントリックなピアノとトランペット
やはりピアノのアタックには負けるハッセル氏

聞いたことのあるメロディーも出てくるが 特に駄目な曲だ それも12分もある
プレイヤーだけの自己満足曲だな 

嫌いや こんな曲は入れなくてもいい この曲が入ってるんで あまり聞かなかったCDだ


#10. Estate (Summer) (Brighetti/Martino)

またカバーだ、この手の悪魔的な音楽は超苦手なんで なんともコメントしがたい 出来へん
好きな人なら ええけど ハッセル節好きには オススメしないな

エリック サティもそないに好きやないし・・・どう聞いて良いのか分かりません。

ピアノがメインに聞える その隙間をトランペットが行き来する 暗いが光も差し込む そんな感じかな
その程度しか書けない。

そして このCDはお終い
まあ この作品 2曲ほど外して他が良いから 1000円までやったら買っても良いかも
オークで探すかアマゾン中古を探すか してたらゲットで来ると思います。

今日は、1999年リリースのハッセル氏Fascinomaでした。

関連記事↓
ジョンハッセル

ジョンハッセルまたは、Jon Hassell で検索して見てください。↓




TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】


ヤフーオークです、ジョンハッセル Jon hassellで検索してみてください。↓



今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ
 

author:パピネン, category:jon hassell ジョン ハッセル, 14:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Sulla Strada Jon Hassell / i magazzini ジョンハセッル
JUGEMテーマ:音楽
 
ジョンハッセルの1995年にリリースされたSULLA STRADA です。
これは、サントラや演劇のBGMに使われた音源なのかもしれん?

曲自体、既存のナンバーに何かをプラスしたような感じですね

Sulla Strada

曲は、

#1 Sotto il cielo, in un punto qualsiasi del pianeta
 (Beneath the sky, in a point of the planet) 1:19

#2 Passaggio a nord-ovest
   (North-west passage) 7:05

#3 Ho avuto una visione, anch'io!
   (I had a vision, me too!) 1:16

#4 Temperature variabili
  ( Variable temperatures) 7:00

#5 Camminavo nella sera piena di lilla
   (I walked in the lily-filled evening) 0:55

#6 Tenera e la notte
  (Tender is the night) 13:28

#7 Frontiera a sud-est
 
 (South-east frontier) 11:26

#8 Tramonto. Caldo umido
  ( Sunset. Hot and humid) 22:22

#9 Notte. Umidita crescente
 (Night. Increasing humidity) 0:27

そしてメンバーは

Jon Hassell —trumpet, synth, tapes
Nana Vasconçelos —Udu drum
Miguel Frasconi —percussion
Michael Brook—guitar

Julie Ann Anzilotti —narrator
Marion D'Amburgo—narrator
Sandro Lombardi—narrator
Federico Tiezzi—narrator
となっているが・・・???

Sulla Strada 2


#1 Sotto il cielo, in un punto qualsiasi del pianeta

 エキゾチックアニマル(小鳥など)の鳴き声ループテープと雷のSEから始まる。
音は、ライヴなのかな? 悪くは無いが いつもの感じと違う

そしてナレーションが入り

#2 Passaggio a nord-ovest

そして これはカリフルニアのIASOSのようなサウンドが流れる・・・やけにレートの早いトレモロシンセのような音が左右に流れ出す。

2分後 プリミティヴで凶暴なUdo Drumが炸裂する、ハッセル氏にしてみれば硬い音だ
それが どんどん突き進み 恐怖が増殖しるみたいだ。

叫び声や、ハッセル特有のドローンシンセが絡みだし どんどんエスカレートする、スリリングだ
何時もと違う 何かがある。

ミニマルだが そんな事は関係ないぐらい生き物だ、時折トランペットが聞える
憶測だが、ライブでテープを流し、ダンサーが宙を舞い、ハッセル氏やメンバーたちが演奏しているのかな? 全く分からないが・・・

トランペットはまるでクラクションだ、そのまま続き終わる


jh2

#3 Ho avuto una visione, anch'io!

これは、たしか81年のドリーム セオリー マラヤの中の曲にナレーションを被せたテイクだろう
手拍子も入っている。

スゴイ音だ 凶暴な音としか言いようが無い


#4 Temperature variabili

そして 次の曲もベイシック部分は聞いたことのあるようなサウンドだ

幾つものテープループをベースに土着的なパーカッションが突き進み、周期的に例のシンセが横切る

不思議な世界だ!即 入り込む

ベイシックのサウンドがたまにテープがよれたような感じになったりして塊のようだ、それも延々と続く
その後 トランペットが遠くで泣き叫んでいるようなのが聞える

もう音の洪水か音の雪崩だ

jh1

#5 Camminavo nella sera piena di lilla

これは、ナレーションから入り、あっという間に終わる、それがまたマリンバのような木琴っぽい音のループが流れ、左右にずれたりする・・・なんでやろ?

#6 Tenera e la notte

そして 1980年にリリースされたポッシブル ミュージックに入っていた曲の一部分をループにして、木を叩いたようなサウンドがアクセントになってる。

横切るモワモワのドローンシンセは、すごく不気味だ ドローンシンセがある程度絡んで その後急に無くなり 再び出てくる スゴイ緊張感が漂う部分だ

そして無造作に聞える木を叩くサウンドは、どんどん恐怖のどん底へと連れて行ってくれる、微妙に変化がある

Sulla Strada 3

#7 Frontiera a sud-est

ナレーションが入り、幾つ物ループが流れ、それも左右に揺れながらだ
いろんなサウンドが絡み、そもまま進んで行く。

Udo drumが右から聞え、中央はマリンバと虫の声を足したようなループが、左から1オウクターブ低いトランペットなんやろうか? そんなのがまるで地底の怪獣のように響く

それが 何時終わるのか分からないぐらい続いていく。

どれも似てるが違うのが八ッセル ミュージクなんだな

Sulla Strada 4

#8 Tramonto. Caldo umido

これは、1980年にリリースされたポッシブルミュージックに収録されていた曲だ、それに何か足したのかもしれない???

これは、もともとLP時代片面一杯に収録されてた大作だ、このCDを買って初めて聞いた時、違いがあるか聞いたけど あるような ないような微妙やった。

まあこうして聞いてると 音質は多少違いがあるな、でも オリジナルには、入っていないようなサウンドも聞えるが・・・謎だな

Sulla Strada 5


#9 Notte. Umidita crescente

そして最後の曲は、波の音とナレーションで即終わる。

微妙に音が悪くなる部分もあるCDだ、マスタリングなのかよく分からないが、他の八ッセル氏のCDと比べたら雑い感じがした。

でも 内容は悪くないし ジョンハッセル特有の全てが含まれてもいる。

オークで見た事あるが、大手ならまだ売ってるし、中古なら1000円以下なら買いかな!!
今日は、ジョン八ッセルでした。

関連記事↓
ジョンハッセル

ジョンハッセルまたは、Jon Hassell で検索して見てください。↓




TOWER RECORDS ONLINE


PC用
HMVジャパン

モバイル用
HMVジャパン 【携帯向けサイト】




ヤフーオークです、ジョンハッセル Jon hassellで検索してみてください。↓




今日のリンクは、消臭ソープ のマシューソープ
 


 
author:パピネン, category:jon hassell ジョン ハッセル, 16:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...